がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
アクトザクのビームライフル
 「宇宙、閃光の果てに…」に登場するアクトザクは、ハイザックのビームライフルを装備している。これはZガンダムに登場した時に装備していたものがそのまま採用されたものと思われるが、一年戦争の時点でハイザックのライフルがあることは譲るにしても、ゲルググのビームライフルを完成させるのがやっとだった状況で、他にビームライフルが存在するということに無理があるのではないかと思っていた(その論だと一番問題なのはゲルググJのビームマシンガンなのだが)。
 カードビルダーにはこのアクトザク用ビームライフルがウェポンカードとして存在する。マレットも出てくるが何故かアクトザクのカラーリングは「めぐりあい宇宙」版ではなくジオノと同じ青いカラーリングになっている。まぁそれはいいとして、このカードビルダー上でのアクトザクビームライフル、パラメータが興味深いことになっているのである。

 カードビルダーにおいて、ビーム兵器は武器の「消費出力」と機体の「出力」で装弾数が決まる仕組みになっている。つまりガンダムに装備させる場合、ビームライフルよりも消費出力の低いビームスプレーガンならばより発射数が多くなるという理屈だ。
 このゲーム上のビーム兵器の消費出力を以下に列記する。

ビームライフル(ガンダム)・・・19
ビームライフル(陸ガン) ・・・18
ビームライフル(プロト) ・・・21
ビームスプレーガン(ジム)・・・15
ビームライフル(ゲルググ)・・・19
ビームバズーカ      ・・・22
ビームマシンガン     ・・・20
ビームライフル(アクトザク)・・15

 見ての通り、アクトザクのライフルは消費出力がビームスプレーガンと同じなのだ。要するにゲーム上は「ジオン製ビームスプレーガン」という扱いになっていることが分かる(威力はそれ以上なんだけどね)。
 で、これはゲーム上だけでなく実際もそうだったんじゃないだろうか?という話。

 ガンダムのビームライフルも、当初は消費エネルギーが大きく、代わりに開発されたのがビームスプレーガンだったという設定がある。同じことがジオンにもあったと考えてもおかしくはないだろう。つまり、アクトザクのビームライフルは、ゲルググのビームライフルの開発が遅れていたことに対応し、威力を落とした低出力のビーム兵器として開発されていたのではないか?そう考えると、連邦軍がハイザックの武器として採用したのもわかる話である。出力の低いザク系でも運用できるビーム兵器として、最も適当なものだったのだろう。
 もしかすると、アクトザク以外にも一年戦争中に同じライフルを装備した機体があったのかもしれませんね。

 ちなみに、カードビルダー上だと「ドム系」「イフリート系」「ザク改」はビーム兵器を装備可能となっています。これも面白い仕様ですな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
タキム社製のジェネレーターのせいで、出力が低くなったハイザックに
大戦時に試作されたビームライフル(低出力用)をアップデイトして使わせたという感じでしょうか?
2006/12/14 (木) 01:17:04 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
このライフル、マラサイが使うと威力か弾数かが上がるとかいう記述があったような・・・・
おもしろいライフルだ。

アクトと言えば、ギレン系ゲームだとまた違ったライフル持ってますね。
2006/12/14 (木) 08:56:44 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>カセクシスさん
まさにそんな感じですね。
元々ハイザックはアクトザクの延長線上にある機体でしょうし、動力系統を見直す必要もほとんどなかったのかもしれません。

>突破さん
エゥティタでは同じライフルなのにマラサイだと連射式になりますから、なんとなく実感できますね。

ギレン系だと別の武器持ってるんでしたっけ?でもビームでしたよねぇ…。
2006/12/14 (木) 21:53:29 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.