がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
シャア少佐のカードビルダー戦記4
<あらすじ>
 コンスコン隊はアプサラスIIIがテストにてこずっている間、シャア隊は高機動型ゲルググの配備により快進撃を続けていた。そんなシャア隊に、新たにイアン・グレーデン中尉が加入したのだった。

イアン「本日付けで配属になりました、イアン・グレーデン中尉であります」
ララァ「この方は…」
シャア「彼はニュータイプだと言われていてな、私がスカウトしてきたのだ。ニュータイプの未来のためにな」
イアン「自分にはそのような才能はありませんが、シャア少佐やララァ少尉と共に戦えることを嬉しく思います」
ララァ「貴方には才能があると思います、共に戦いましょう」
シャア「ふむ…ララァのお墨付きだ、信じていいぞ」
イアン「は…」
ララァ「私や少佐と数字上の相性があるかはわかりませんが、良いコンビネーションが組めると思います」
シャア「そうだな。シャリア・ブルやクスコ・アルに比べるとコスト的にうまく配備できる。では早速、イアン中尉を交えた実戦訓練を行うぞ」
イアン「了解です」

シャア「水陸両用機は初めてだろうが、どうだ?」
イアン「宇宙と感覚が似ているので、やりやすいと感じます。しかし、何故自分をザクマリンタイプに?」
シャア「ネイビーフルバーストを何発命中させられるか、テストを行うためさ」
イアン「ネイビー…?なんですか?」
シャア「まぁ、ロックオンしてみれば分かる」
イアン「これは…全ての武器のレンジが重なっている」
シャア「そうだ。全てミサイル系の武装だからな。通常、複数の武器を装備している場合はレンジが違うから、ロックオンも複数回行わなければ同時攻撃が出来ない。しかし全てのレンジが重なっている状態では、一回のロックオンで全ての武器のロックが可能なのだ」
イアン「それでネイビーフルバーストですか。分かりました、このまま撃ちます」

シャア「ほぅ…9発当てたか。ララァと同じだな」
ララァ「彼は私よりレベルが低いですから、凄いと思います」
シャア「うむ。やはり噂にたぐわぬ腕を持っているようだ。彼ならば、私と併走できるかもしれん。宇宙へ上がるぞ」
イアン「りょ、了解です(意外と人使いが荒いのだな…)」
ララァ「少佐が急ぐのは機嫌のいい時だけなのです、察してあげてください」
イアン「あ、ああ」

シャア「では、私が高機動型ゲルググでフォワードを務める。イアンはゲルググキャノンでバックアップだ。しかし私とレンジが重なればとにかく撃って構わん」
イアン「了解です。シールドがないのでスパイクシールドを装備します」
シャア「うむ。ララァは今回コストの問題で待機だ。我々の戦いぶりを良く見ておくといい」
ララァ「はい、少佐」

シャア「よし…イアンはついてくるな。いい動きだ」
イアン「さすがは通常の3倍のスピードと言われるシャア少佐だ、ついていくので精一杯だ」
シャア「よし、仕掛けるぞ!」

ララァ「手ごたえはいかがでしたか?」
シャア「悪くないな。欲を言えば、私はもう少し格闘重視の仕様にした方がいいかもしれんが」
ララァ「ロケットランチャーと3連ミサイルの組み合わせは火力は高いですが、防御力に難がありますね」
シャア「私専用のゲルググがあればいいのだが…欲は言うまい。せっかくだからもう一戦いくか」
ドレン「待ってください少佐、指令が一旦出撃に待ったをかけています」
シャア「む?指令が何かを感じておられる、これは高級新型機の配備の予兆と見た!」
ドレン「どうやらそのようです。新型機が配備されました」
シャア「やはりな。さすが我々の指令だ。で、どのような機体だ?」
ドレン「それが…」



20061124225959.jpg

シャア「す、すごいものを鹵獲してきたな(汗)」
ララァ「しかもまたマグネットコーティングですね…」
シャア「ど、どうしたものか…使い道もないし売り払うか?」
ララァ「でも、レートはあまり高くないようですよ」
シャア「トレードにでも出すか…」

コンスコン「むぅ、シャアは着々と戦力を整えておる…こちらもアプサラスの実用化の目処をつけなければな!」
ロバート「はっ、先日配備されたグフならば、アプサラスのサポートとして十分に働いて見せます」
コンスコン「当たり前だ。この前のような無様な戦いでは、貴様を連れてきた意味がない」
ブレニフ「こちらもEXAMを搭載しました。ダメージを受けてからが勝負です」
コンスコン「だが、お前に先に落ちられると再出撃コストを使い切ってしまう。くれぐれも先走るなよ」
ブレニフ「心得ております」
コンスコン「よし、出撃だ!」

ブレニフ「グフの使い心地はどうだ?」
ロバート「グフシールドと3連マシンガンのバランスの良い装備に、ワイドレンジでヒートロッドの射程を広げてあります。機動性も高く、これならいけそうです」
ブレニフ「よし、私が先制攻撃を行うから、思う存分暴れて来い」
ロバート「了解!」

シャア「む?コンスコン隊が戦闘に入っているな」
ララァ「アプサラスの僚機はグフのようですね」
シャア「しかし、アプサラスの出番がないほどにグフが活躍しているな。アクトザクに振り回されていた時とは見違えている…」

ロバート「サイヤ人は戦闘種族だ!なめるなよーっ!!」

シャア「…彼は何を言っているのだ(汗)」
イアン「いくら貴様が戦闘力を上げたとしても、この私に勝てるわけがなーい!」
シャア「イアン!?(汗)」
ララァ「声ネタです、少佐」
シャア「む…トーマス・クルツでも連れてくるか…?」

コンスコン「有言実行とはこの事だな、ロバート」
ロバート「はっ、グフは良い機体でありました」
コンスコン「よし、アプサラスの運用も問題なかった。これで実用化の目処はついたな」
ブレニフ「少将、司令官が我々の部隊を独立させると…」
コンスコン「ほぅ!これであのいまいましいシャアともおさらばか!」
ブレニフ「同部隊で複数のパイロットを使っていると、なかなかレベルを上げられませんからね」
シャア「転属命令が出たそうですね、少将」
コンスコン「我々はアプサラスを中心とした部隊に再編成されるのだ。貴様らはせいぜいテストに勤しんでいるのだな」
シャア「は…ご武運をお祈りいたします」

イアン「心なしか肩が軽そうに見えますが?」
シャア「わかるか?」
ララァ「少佐、目の仇にされていましたからね」
シャア「ドズル中将に気に入られているからな、私は」
イアン(そうか…少佐だからまだ宇宙攻撃軍なのか)
ドレン「少佐、別部隊からアクトザクの補充要請が来ていますが」
シャア「アクトザクを?ふむ…」
ララァ「こちらでは実用化の目処が立たなかった機体です」
シャア「そうだな。手離しても問題あるまい。それで、見返りはないのか?」
ドレン「こちらのリストから選んで良いそうです」
シャア「どれどれ…ジオングがあるな」
ララァ「少佐、乗ります?」
シャア「私は軽快に動ける機体に乗りたいのだ。不要だな」
イアン「ガトリングシールドのフル装備と、鹵獲部隊はいかがでしょう?」
シャア「この中ではそれくらいだな…よし、トレード成立だ」
ララァ「価格レートを比較するとあまり得していない気がしますが…」
シャア「アクトザクは我が部隊では性能を発揮できないのだ、所有していても仕方がないのだよ」
ドレン「では、そのように処理いたします」

ララァ「しかし、鹵獲部隊なんて使い道はあるのでしょうか?」
シャア「連邦の機体や武器にも使い道はあるさ。それに、以前鹵獲部隊はゲルググキャノンとトレードしたのだ。それが戻ってきたというだけだ」
イアン「あの、少佐……月報によると、今後アクトザクは改修が行われると記されていますが…」
シャア「なに?どういう改修だ」
イアン「マグネットコーティングによるテンションの低下の軽減に、機動性の向上と…」
シャア「し、しまったぁー!!!」
ララァ「こうなったらガンダムに乗っちゃいましょう、少佐」

続く。
スポンサーサイト
コメント
コメント
いやん
くじ運的にガンダムMCはすごく良いんでしょうねー
その運ですぐにピンクのゲルググも来そうな勢いですよね
2006/11/24 (金) 23:20:27 | URL | スウ #-[ 編集 ]
ヤフオクの値段から察するに、そんなに珍しくもないみたいですけどね。
ゲルググは欲しいんですが、どっちかというとイェーガーの方が欲しいかなぁ、なんて(笑)
2006/11/25 (土) 01:32:39 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.