がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
シャア少佐のカードビルダー戦記3
<あらすじ>
 アプサラスIIIの評価実験中に、シャア隊に新たな母艦が配属された。その艦長を務めているのは、名将コンスコンであった。彼はシャアからアプサラスIIIを奪い、自ら運用実験を開始するのであった。

20061120223534.jpg

ブレニフ「先ほどは少将が失礼した。私がブレニフ・オグス中佐だ。この部隊に召集いただいて光栄に思う」
シャア「こちらこそ、貴方のようなエースが味方にいて心強い。よろしく頼む」
コンスコン「何をしておるブレニフ!アプサラスを出すぞ!」
ブレニフ「フ、せっかちな方だ…では、早速だが、アプサラスを使わせてもらうよ」
ララァ「中佐なら、使いこなせると思います」
ブレニフ「ありがとう」

シャア「さて、お手並み拝見といくか」
ララァ「さすがに風格が違いますね。ワイドレンジスコープも有効に使っていただけると思います」
シャア「そうだな」

コンスコン「良いな!作戦通り、まずはアプサラスで先制砲撃をかける。そしてロバートのイフリートで一気に畳み掛けるぞ!」
ロバート「了解!」
ブレニフ「敵機捕捉…!」
コンスコン「よし、一撃だ!いいぞブレニフ!」

ララァ「敵が…」
シャア「少将、敵部隊が接近しています。注意して下さい」
コンスコン「フン!どんな奴が来ようとアプサラスが消し炭にしてくれるわ」
ロバート「敵は、ガンキャノンと…」

ララァ「白いモビルスーツが勝つわ」
シャア「ん?ガンダムは見えないようだが…ん、あれはピクシーか!」
ララァ「ああ、アムロだわ」
シャア「なんだと?まずいな…」

コンスコン「ピクシーの機動性はやっかいだが、奴の装甲ならば一撃だ、ブレニフよやってしまえ!」
ブレニフ「了解です…!」
ロバート「よし、命中した!アムロ・レイも敵じゃないな…」
コンスコン「あとはガンキャノンだ!やってしまえ!」
ロバート「くっ、相手の方がレンジが長い…」
ブレニフ「こちらの砲撃も当たらないぞ」
コンスコン「えぇい!なんでニュータイプが乗ったピクシーには当たってオールドタイプのガンキャノンには当たらんのだ!」
シャア「少将、ピクシーが再出撃します」
コンスコン「わ、わかっておる!撃ち落とせ!」
ロバート「だめだ、こちらのスピードでは追いつけない」
ブレニフ「素早い…こちらのロックを全てかわしてくるというのか」
コンスコン「まずい、アプサラスが翻弄されておる」
ブレニフ「くっ、防御重視にして拡散メガ粒子砲で…」
ララァ「いけない、防御重視では格闘攻撃のダメージが倍増してしまう」
コンスコン「2発!?あのアプサラスが2発だと!?バ、化け物か」

シャア「やはりスピードで対抗されるとアプサラスは厳しいな」
ララァ「そうですね、回頭速度を上げないと」
シャア「とすると、HPが減ると機動力が上がるEXAMか…ブレニフ中佐なら使いこなせようが」
ララァ「そうですね、しかしイフリートの性能はいまいちに見えました」
シャア「グフシールドを装備できないのは痛いな。あれは防御可能になる上、ヒート剣による格闘攻撃が追加されるという素晴らしい装備だ。あれがあるとないとではかなり攻撃力が変わってくる」
ララァ「やはり、グフが欲しいですね」
シャア「申請しておこう」

ドレン「少佐、先ほど配備された新型機ですが…」
シャア「うむ。ゲルググだったな。どれどれ…」



20061120230342.jpg

シャア「エース部隊仕様…?ゲルググキャノンの装備違いにしか見えんが」
ララァ「一部資料では、ゲルググキャノンの通常カラーもキマイラ隊のカラーリングだとする物もあります。そのせいかと…」
シャア「だとすれば、適性パイロットはジョニー・ライデン、トーマス・クルツ、ジェラルド・サカイということになるが…これ以上人員を増やすのもな。まずは我々で評価試験だ」
ララァ「はい少佐」
シャア「ララァはゲルググキャノンで援護だ。私がB型に乗る」
ララァ「少佐はB型でしたっけ?」
シャア「何の話だ?」
ララァ「血液型です」
シャア「S型に決まっているだろう」
ララァ「…」
シャア「笑ってくれ、ララァ…」

シャア:「高機動型ゲルググエース部隊仕様」「ロケットランチャー」「腕部3連ミサイルランチャー」「強化炸裂弾」
ララァ:「ゲルググキャノン」「試作ビームライフル」「高出力ジェネレーター」

シャア「高機動型の格闘能力も生かしたいが、戦いは火力だ。これで挑む」
ララァ「動きが軽快ですね、少佐」
シャア「ああ、赤くないのが惜しいくらいだ」
ララァ「盾がないのがきついです、少佐」
シャア「次はバックラーシールドを用意した方がいいか。ゲルググ用のシールドがあればベストなのだが…」
ララァ「ジオンの玄人は誰でも持ってる装備なんですけどねぇ」
シャア「それを言うな、しかし凄い破壊力だ。戦艦を2発で落としてしまったよ」
ララァ「ゲルググの火力のおかげなのでしょうか?」
シャア「ゲルググしか装備できない3連ミサイルポッドが強力なようだ。それにゲルググ専用武器で固めているから威力も上がっている。これは、ザクマリンタイプどころの騒ぎではないな」
ララァ「この仕様ならどちらも1回ずつ再出撃が出来ます。現状では2機編成ならばこれが最強かもしれません」
シャア「そうだな。しかし盾をどうするかという課題もある。ロケットランチャーとミサイルポッドはゲルググキャノンに装備させる手もあるしな。とにかく、バックラーシールドと、ゲルググ用のビームライフルは申請しておく」

シャア「これは実用化の目処がつきそうだな」
ララァ「アプサラスも、上手く使えば玄人相手の複数編成を一掃できる可能性を秘めています。使い続ける価値はあるかと」
シャア「うむ。アプサラスはコンスコン隊に任せ、我々はゲルググ部隊を結成するとしよう。それと…」
ララァ「はい?」
シャア「我々に新たな仲間を配属することになった。私がかねてより申請していた素晴らしいパイロットだ」
ララァ「誰でしょう?青い巨星ですか?それとも、ノリス大佐?」
シャア「紹介しよう。入ってきたまえ」



20061120232108.jpg

ララァ(誰かしら…)


続く!
スポンサーサイト
コメント
コメント
>高機動型ゲルググエース部隊仕様

GFFではコンパチになってましたが、それ以外のイラストって意外と初?

ゲルキャボックスアートには緑系のやつはいましたが。
2006/11/21 (火) 19:26:04 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
おそらく初ですね。GFFがなかったらカードにもなってなかったのかな?と思います。
何気に微妙な名前のが登場するのも面白さの一つですね。最近はRB-79Cが「ボール(多関節マニピュレーター仕様)」となっていたところに「おっ」と思いました。
2006/11/21 (火) 21:57:30 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ボール(多関節マニピュレーター仕様)」

マジっすか?
ッてことは2本腕のC型系ボール(レガジーとかロウバストシルエットコレクションの仕様)は”通常マニュピュレーター仕様”とでも分類すべきですかな。
そのネタいただき(w
2006/11/22 (水) 16:26:07 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
なかなか上手いなぁって思いましたね。
あとはホワイトディンゴ仕様のジムスナIIの主武装が陸ジムスナイパーライフルになってたり。外付け式の頭部バルカンポッドもあるんですがコロ落ちの時点でそうでしたっけ。
2006/11/23 (木) 00:25:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.