がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄
 松浦版0083です。ブックオフで100円だったので地球編・宇宙編共に購入。松浦フリークとしてはチェックしておくべき作品だったんですが、コミカライズにはあまり魅力を感じなかったんですよねぇ。
 シナリオはジオンの残光をベースにしているのか、ヴァルヴァロ戦もバニング大尉が死ぬシーンもカットでした(けどキンバライト戦は残ってるんだな)。つーか不死身の第四小隊自体が空気。キースすら空気です。完全にコウ・ガトー・ニナの3人の話として再構成されてる感じがしますね。
 アウトラインは同じですが、色々な意味でアニメ版とは全く違う内容になっていると思います。ガンダム観が根本的に違うというか。あとはOVAの作画が神レベルなので、落差を凄く感じてしまうかもしれません。まぁ、個人的にはニナは松浦版の方が可愛いと思うけど(笑)

 まず冒頭、アニメではア・バオア・クーですが、こちらはソロモンとなっています。しかしソロモンにデラーズがいるのはまずいだろう。ソロモンはドズル直轄なのに、ギレン直属のデラーズがいるわけない。大体ドロワはデラーズの乗艦ではないのです…ここは完全に間違ってますね。ケリィはアムロのガンダムにやられて片腕を失ったことになっています。これはことぶき版だとソーラ・システムによるものでしたね。ちなみにその時の乗機はビグロでしたが、この作品ではリックドムに乗っています。ついでに言うと、ソロモン攻略戦でガトーがすでにゲルググに乗っていますが、ことぶき版はゲルググに乗ったのはソロモン撤退戦からでした。このあたり、ことぶき版のほうが今は公式扱いな感じがします。
 そして模擬戦。アニメではパワードジムvsザクでしたが、こちらではザクvsジム改となっており、モビルスーツの性能差が戦力の(以下略)を示すエピソードになっています。確かに、新型機+エースに旧型機+新兵で挑むのはいくら訓練でも無理がありますよねぇ。この方が自然といえますが、これだとパワードジムがいてもいなくても同じ機体(ただのやられ役)になってしまうため、どっちをとるかというところでしょう。アニメ版ではMSの設定を、松浦版では理屈をとったと言えます。

 この作品は、0083最大の欠点であったガトーとニナの関係の唐突さをカバーするために作られたと言っても過言ではなく、GP02強奪時にちゃんとニナが気づくようになっています。この後もニナはガトーを忘れられなくて苦しむというキャラになっており、何よりコウとくっつかないという展開であるため、最後にガトーを庇うシーンの違和感がなくなっているのが最大の特徴だといえます。そのため、最後にコウとくっついても問題なというわけです。まぁ、元々惚れた女が敵のエースの元彼女でしたというエピソード自体が出来すぎという意見もあるでしょうけどね。
 中盤はかなりあっさり過ぎますが、ケリィがガトーの親友で、ガトーの話をすることでコウが立ち直るという展開になっているのもポイント。これも都合よくガトーの知り合いに会うよなぁという気はしますが、話の筋としてはかなり通っていると言えます。
 アトミックバズーカ発射シーンでは、ガトーは単なるテロリストではなく、自らの業を自覚しながら核を撃つという描写になっており、より人間味のあるキャラクターになっています。ただこれも、あのサムライ・ガトーがカッコいいんだという人もいるでしょうから、賛否両論かもしれません。これは、コロニー落としのシーンについても同様です。

 そうそう、コロニージャックの理屈も変更されていて、月からのレーザー推進で加速することで地球へ行くというものになっており、そのアイデアを出したのがガトーと付き合っていた(というほどの仲にまでなっていないようですが)頃のニナのアイデアだったという展開になっています。そこまで理屈をつなげるのもどうかと思うんですが、ニナとガトーの過去を明確に描写したのはたぶんこの作品だけでしょう。
 デンドロビウムは多少設定が変更されていて、ステイメン部分をミサイルポッドで覆い、ミサイルを撃ち尽くした後パージ→ガンダム出現!という演出に使われています。ミサイルポッド装着型もまさにMAって感じでカッコいいですね。オーキスの各ブロックも部分ごとに投棄可能となっており、各部を切り離しながらノイエ・ジールと戦います。

 コロニーが阻止限界点を超えてから、なんとGP03がそのままコロニーを追って降下、コウがコロニーを内部から破壊して被害を最小限に食い止めるという展開になります。デンドロビウムは大気圏突入可能という設定なんですね。しかもそのまま地球に下りると落下の衝撃をもろに受けてしまうため、普通に宇宙へ戻ってしまうという強引さ。すげぇ推力だデンドロビウム。
 コロニー落下によってどういう影響が出たかをちゃんと描写しているのもこの作品のいい所。アニメだとほとんど触れられてないですからね。辛うじて文字設定で穀倉地帯が壊滅したとなっているくらいで。ほんとはもっとえらいことになってるはずなんですよ…。

 大まかなアニメとの相違点は以上です。基本的に、アニメで筋が通っていない部分や描写不足だった部分を補完する内容になっています。ただ、アニメの熱さやマニアックさはほとんどスポイルされているので、アニメ版が好きだ!という方は不満に感じるかもしれません。逆に、アニメ版が嫌いだという人は、こちらを読むと多少0083への評価が変わると思います。ただ、アニメ版よりこっちを公式にしたいと思えるほどの内容ではないですね。結局あっちを立てればこっちが立たずという感じで、三角関係をベースにした分ロボットものとしての魅力は半減していますから。基本的にアニメの0083は三角関係を前提としていない内容なので、三角関係に的を絞ってしまうとどうしてもフォローしきれない部分が多く出てしまうんです。この辺は、もう少し分量が多ければ多少カバーできたんでしょうけど、まぁこれはこれでいいんじゃないでしょうか。

 基本的な位置付けは、0083をあまり好きでない人が読む本、だと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
松浦先生の想い
 松浦先生は0083の最初の頃が大好きだったようですね。ニナも可愛い女性だと思われていた様で。
 それが途中からグチャグチャに成って行き、悲しい思いをされていたみたいです。
 核弾頭も、連邦軍に向けて打たれるのではなく、コウが奪い返して、落下するコロニーの軌道修正に使うとかを考えておられたとか(?)。
 GP03は連邦のMAというのをやられたかったとか。
 私も良い所は沢山あるコミックだと思うのですが、冒頭がソロモンというところがどうしても納得行かないのです。何故、ソロモンにしたのか?ソロモンの悪夢という名称とデラーズへの臣従を手短に描く必要からかなぁとは思うのですが、管理人さんが言われるとおり、当時はコトブキ説が定着していた時期でもあり、そもそも、原作もアバオアクーなわけですから、違和感ありまくりですよねぇ。
2006/11/18 (土) 03:33:35 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
ツッコミ所は多いんですが、ガトゲルがB型なのがちょっぴりツボ。
2006/11/18 (土) 06:23:38 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
 ジオニズム全開になってしまったのが納得いかなかったのかもしれませんね。たしかにアニメではコウにいいところがなかったし。
 冒頭のソロモンは、やっぱりソロモンの悪夢なんだからソロモンじゃなきゃ、というのと、アニメとの違いを出したかったんでしょうけどね。ちょっと上手じゃなかったですね。

>突破さん
 確かにB型ですね。ガトーっぽいとは思います。
2006/11/18 (土) 21:54:39 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.