がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ゲルググについてさらに妄想する
 ゲルググを掘るといっぱい出てきて止まりません。まだまだ続きます。
 まず、ゲルググはビームライフル完成までに先行量産機YMS-14しか生産されなかったのか?という話。これは陸戦型をはじめ、いくつかは生産されていたんだと思います。ビームライフルがないとはいえ、スペックはザクやドムを上回りますから、おそらく06Rのように(キマイラに配備されなかった)数少ないエースパイロットに回されていたんだと思います。初期生産型ってやつですね。
 ただ、それ以外にもある部隊にはゲルググが回されていました。海兵隊です。ゲルググマリーネは、通常のゲルググとの差としてバックパックや腕、肩などが挙げられますが、頭部が異なるのも特徴の一つです。というのも、頭部のパイプが露出しているんですよ。旧ザク→ザクでパイプが外に出たのは、その分内部機構に余裕を持たせるためでした。では、ゲルググ→マリーネも頭部に余裕が出ているのか?と思うと、そうも見えません。マリーネの頭部は元々露出しているパイプを装甲でカバーしただけであり、内装しているとは言い難いのです。むしろ、余分な装甲を排除しただけというように見えます。マリーネはビームライフルを装備していませんし、実はビームライフル完成前にすでに配備されていたのではないか?と推測できるのです。マリーネには「短期間の間ア・バオア・クーで生産されていた」という設定がありますが、これが「ビームライフル完成までの期間」だったとすれば、ビームライフル未完成時のゲルググの設定が少ないのもわかる話かなぁ、と思うのです。
 要するに、うちのサイトではマリーネはゲルググ後期型と分類していますが、実はそうでもないのかもよ、という話でした。イェーガーについてはまだ妄想の余地がありそうなのでそのうちイデの啓示があったらまたということで。

 次、ゲルググキャノンのお話。このビームキャノンパックは「水陸両用MSのノウハウを応用」であるという設定で知られています。ところで、ゲルググを開発したジオニック社製である水陸両用MSと言えばアッガイですが、この機体はビームを搭載していません(一部搭載している機体があったような気もするが気にしてはいけない・爆)。じゃあキャノンパックに使われている水陸両用MSの技術ってどのMSのことなのよ?という話になるわけです。ビームを搭載しているのはツィマッド社のゴッグ、及びMIP社のズゴックです(ゾックはメーカー不明だし試作機なので省略)。そのうち、MIP社はゲルググのビームライフルを作っていたそうなので、それを作るので精一杯だったでしょうから、キャノンパックに関わっていないと考えます。だとすれば、残りはツィマッド社しかないでしょうと。
 ということで、ゲルググキャノンのバックパックはツィマッド社製なのではないか?という推測ができます。ツィマッド社は推進器も得意ですので、もしかしたらB型バックパックもツィマッド製なのかもしれません。
 ということは、だよ。ゲルググのバックパックを装備したギャンとかドムを妄想することも可能になるのでは…!?というお話でした。

 以上、ゲルググ二本立て。いかがでしょー?
スポンサーサイト
コメント
コメント
>初期生産型

物議を醸しだしたガトー機がコレの14Aに落ち着きましたね。
YMS-14生産時の余剰パーツ外装なので誤認されたとかされないとか。
他の14S乗機のパイロットとかも案外コレの誤認なのかも。

>マリーネはゲルググ後期型と分類していますが、実はそうでもないのかもよ

分類上はそれでいいかと。”A型設計終了後半年で開発(MSVコレクションファイル)”ですから。
ただ、生産はかなり早いの可能性が高いですね。ゲルググ後期量産型(MGのスカートマリーネモドキ)と同時期くらい?兄弟機のJGは若干遅れそうですが。まぁマリーネは、所謂工廠違いバリエにすぎないのかのしれんません。

>水陸両用MSの技術
個人的にはMIPかなと思ってました。
確かにライフル担当でしたが、ツイマッドも推進器担当とかドム系転用ラインとかのゲルググOEMで忙しいいだろうし(笑)。
MIPはこの時期逆に余裕がある気もします。ズゴックは生産して無さそうだし、あとはビグロぐらい。
只、推進器のツイマッドですからですからB型は頷ける話です。
そんなわけで、B型=ツイマッド、C型=MIPってことでどうか?量産型のB型がある程度実戦参加してるのに対し(カスペン機はB型の生産型っぽいね)、C型はパーツのみでほとんど間に合わなかったわけだし。MIPは納期が遅れた?

>ゲルググのバックパックを装備したギャンとかドムを妄想することも可能

この辺は統合規格さえあえば、素で可能な気もしますね。
ガルバルパーツを付けたゲルググ後期型(ハンニバル機)だって居るぐらいだし(w
2006/10/25 (水) 08:13:31 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>初期生産型
なんかでYMS-14もA型のパーツに更新されたって書いてあった記憶がありますし、
先行量産型と初期生産型は最終的にはほとんど区別のない状態だったのかもしれませんね。

>マリーネ
コレクションファイルの記述は「半月後」ですぞ。
この脅威の開発速度をジオニックマジックと呼んだそうですが、
B型=ツィマッド製と考えるとその派生型のマリーネもツィマッド製なのではないかと妄想してしまいます。

>ゲルググキャノン
MGジョニゲルのインスト見たら、「MAの技術の転用」と書いてありました(汗)
ツィマッドはMA作ってない(はず)ですし、こりゃMIPで確定ですな。ビームライフルと同時進行ならそりゃ遅れるわなとも思いますが、単純にビームライフルが完成したからキャノンパックは配備の優先順位が下がったというだけなのかもしれません。
2006/10/25 (水) 21:37:53 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>半月後
ウチマチガエタ(w

>B型=ツィマッド製と考えるとその派生型のマリーネもツィマッド製
イエーガーならなんとく判るんですが(ガルバル意匠だから)、マリーネは微妙ですねぇ。

>「MAの技術の転用」と書いてありました(汗)
う~ん、じゃあビグロ系じゃね。
でもそういえば、ビグロマイヤーだけはジオニックなんじゃよね(苦笑)。
2006/10/25 (水) 21:44:44 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>マリーネは微妙ですねぇ
じゃあFs型だけツィマッドで(笑)
まぁ、OEM生産してたくらいですから、普通のゲルググも作ってたんだと思いますよ。

>ビグロマイヤーだけはジオニック
水陸両用との併せ技を使えば、やっぱりMIPですよ。
ただ、ビグロマイヤーも統合規格という意味でジオニックなのかもしれませんね。ビームライフルを開発したMIP社のスタッフはジオニックへの参画みたいな感じだったみたいですし、その辺でジオニックとMIPの技術は交わったと考えるべきなのかもしれません。だから、キャノンパックもMIP社製であり、ジオニック社製でもあるという感じかも。
そういえば、ビグロがゲルググのライフルを使えるってのも、MIP社つながりなんだなぁ。
2006/10/25 (水) 23:01:56 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ビグロがゲルググのライフル

これって、未だにどう装備するのがスゲー謎なんですが(w、あるいは長モノ試作ライフル系(14H)をどこかにマウント可能だったのかもしれませんねぇ。
2006/10/26 (木) 06:46:35 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
腕ごと換装するんじゃないっすか?
でもゲルググの腕のビグロは嫌だなぁ(笑)
オッゴみたいな感じでマウントするんでしょうかね。
2006/10/26 (木) 21:13:29 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.