がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MSVハンドブック3
 プラモを作る時間が欲しいですこんばんわ。いまいち反応の薄いこのシリーズも今回が最終回ということで。でもこれでMSV燃えに火がついちゃったなぁ。妄想が止まらん。
 あ、小説も更新したんでよろしくです。勢いで書いたよ。

 では今回も箇条書き、それに加えて考察を。でも3冊目は作例ばっかで設定は非常に少ないのです。
<MS-06R-2>
・06R-2のダイレクトインは「スライドコンソール採用」によるものだそうで。要はコクピット正面がそのままスライドするってことなんだろうけど。ザク改のハッチ開閉方式だと考えるのはちょっと無理があるか?
・06R-2を配備されたパイロットは06R-1Aを配備されていないパイロットってことは、特に戦力として期待されてたわけではないのかも。

<MS-06W>
・作業用ザクとザクタンクのコクピットブロックは同じ。作業建設車のコントロールボックスの流用。
・当初MS-05は作業用として対外発表されたため、作業用の装備は元々あった。

<ガンダム フルアーマー量産工場>
・コンペイトウにはFA-78-1が2機、更に輸送船のコンテナの中にRX-78が5機!7機(おそらくアムロ機以外)全てが集結していることに…(笑)

<ジムバリエーション>
・GMライトアーマーはパイロットの要請で軽装甲になった機体。ビーム兵器戦を想定しているとのことだが当時ビーム兵器を搭載した機体はゲルググのみであるため、対ゲルググ、もしくは対MA用の仕様なのかも。キマイラ隊vsライトアーマー部隊とかだったら激しく燃えるぞ。
・「ハンドガンは、ビームスプレーガンではなく、ガンダム同様のエナジーキャップ方式によるビームガンである」
 →ということは、ビームスプレーガンはE-CAP方式ではないということになる。ビームライフルとビームスプレーガンの違いって、威力だとか射程だとか命中率だとかエネルギー消費だとかいろいろ言われてるけど、実際は単にE-CAP方式か否かの違いでしかないのかも?でも、E-CAPじゃないのにビームライフルより更に小型ってどうよ(苦笑)
 要するにビームスプレーガンは実はジェネレーター直結式の微弱なメガ粒子砲ってことかねぇ?
スポンサーサイト
コメント
コメント
MSV関係では最近
ガンダムマガジンのMSV戦記ジョニーライデンで壮絶に吹きました
長谷川先生…
ジョニー最後のMS 描くしかないのか!
2006/10/15 (日) 23:09:44 | URL | わんこ #2DdjN05.[ 編集 ]
>06R-2を配備されたパイロットは06R-1Aを配備されていないパイロットってことは、特に戦力として期待されてたわけではないのかも

そこで、長谷川ジョニーですよ(笑)。
ザビ家嫌いだから06R-1Aを廻してもらえなかったとか(w
実際は抽選落ちらしいですが。
2006/10/16 (月) 08:13:11 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
受領時の発言
1Aにもれたとはいえ わたしは拾い物をしたようだな ではさっそく それにあいにいくとするか。
ですからね。
ナレーション(?)には「Rタイプの要請にもれたのち、ライデン少佐は、実は予想以上のザクとめぐり
あったのである。」
だそうです。
2006/10/16 (月) 19:46:32 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
覚書
私もMSV関連の資料を見ていました。気付いたのですがMSXのうち、ガッシャ、ガルバルディ、ドワッジってのがZIMMAD社、アクトザクがジオニックという感じでしょうか??ギガンは謎ですねぇ。
2006/10/16 (月) 19:48:28 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
>わんこさん
ガンダムマガジンは買う価値があるか否か激しく迷ってるんですよね。
長谷川ジョニーのためだけに買うのもなんだし…。
フルなんちゃらとかいうザクは元々カスタム機であるR-2を更にカスタム化したわけですから、許容範囲なんですけどね。

>突破さん
抽選ってのがいまいちしっくりきませんな~。
軍用兵器を抽選で送るってどんな戦略だよって感じがします。現実にあったんでしょうか。

>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
それは長谷川コミックからの引用ですか?
やけにひらがなが多いですな(笑)

MS-Xは企業合同プロジェクトだったと思っています。
統合整備計画の延長線上ってことで。
ガルバルディの設定から、そう考えざるを得ないかなと。
ギガンだけベース機が謎なんですよね。形状的には水陸両用系っぽいんですけど。
2006/10/16 (月) 21:00:35 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
出典明記
すみません、ボンボンのエースパイロット列伝の
ジョニーライデン編第2話からです。
これが、復刻版ガンダムマガジンに収録されるのは間違いないのでしょう。問題は、同じく連載されていたアニメスペシャルモビルスーツヒストリーが収録されるかなんですよねぇ・・・・。
2006/10/17 (火) 07:38:30 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
ガッシャとギガンはデザインラインからみてMIP社主導かと妄想してます。確かガッシャはズゴック影響記述があったはずです。

>長谷川ジョニーのためだけに買うのもなんだし…。
うまくいけば、Gレジェンド短編集系に収録の可能性もありますが、貴重な潜水艦隊コミックもありますし買いかと思うよ。

2006/10/17 (火) 18:45:48 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ドムとの連携
ガッシャはドムとの連携を前提に開発とボンボンに
あったので、同じ企業がセット販売?と思ってしまいました。ついでですが、山越えハンマーは直接腕部に装着なんですね。
2006/10/17 (火) 21:28:57 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
エースパイロット列伝でしたか。あれはガンダムマガジン短編集として再販されるやつでしたね。
ガンダムマガジンの復刻はおそらく内容そのままだと思うので(復刻EBがF90Eをそのまま載せていたので)、大丈夫なのでは?

ガッシャはリックドムとの連携が前提とか、ジャブロー攻撃用とか言われてますね。セットというか、「ご一緒にいかがでしょう」という意味なんだと思います。
ハンマーガンじゃなくて直接なんですか?ドガッシャは直でついてたと思いましたが…。

>突破さん
ガッシャは間違いないでしょうね。MS-XはSEEDの初期GAT-Xシリーズに似てるのかなぁと思ったりします。次期主力機への試金石という意味で。でもギガンだけは他のMSと同列とは思えないなぁ…。

ガンダムマガジンは結局買っちゃいました。これから読んでみます。
2006/10/17 (火) 22:08:03 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.