がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
シロッコとギレンを比較する
 Z版ギレンの野望を妄想していたらイデの導きにより派生したネタ。シロッコとギレンというのは敵軍の大将という意味での共通点こそあれ、相違点の方が多いので普通は比較されないキャラです。ギレンが最初から最後まで対象だったのに対しシロッコは暗殺してのし上がった人だし、ギレンはMS乗らないしラスボスじゃないし(打ち切られてなかったらラスボスだったらしいが)ニュータイプじゃないし、まぁ関連性はないですね。それでもあえて比較しようというネタ。

 まず思想から。ギレンはこてこての選民主義者で、必要のない人間はいなくなっていいという発想の持ち主です。これを更にパワーアップさせると鉄仮面になります。それに対し、シロッコは「人はよりよく導かねばならん」という台詞があるように、不要な人間がいるとは考えていないよう思えます。むしろ、全ての人類は自分が管理できると思っている節が見られます。新訳では「私にはそういう資格がある!」と言っていましたし。そういう意味では、「不要な人間」を殺すのがギレンであり、生かして家畜にするのがシロッコだと言えるのではないでしょうか。このあたりは、ファシズムから社会主義、更に資本主義へという歴史の流れのような気もしてきます。

 次に目的。ジオン軍の目的は地球連邦政府の打倒と思われがちですが、実際は地球連邦政府からの独立です。ただし、ギレンはザビ家が地球圏を管理すべきだと思っていたようなので、本気で連邦を乗っ取ろうとしていたのかもしれません。そういう意味では、シロッコも同じです。ただし、ギレンがザビ家、ジオン国民といった民族単位での支配を考えていたのに対し、シロッコは女系社会の形成を目指していた節が見られます(実はそれがザビーネの貴族主義に結びついてたり?)。どちらも、個人による支配ではなく(あくまで自分を頂点とした上で、ですが)、その後継も踏まえて世界を導こうとしているところが似ているといえます。ただそれが家族か女かの違いです。これは、家族主義から恋愛至上主義へという個人のライフスタイルの変化になっているというのはさすがにこじつけでしょうか。

 そして死に様。ギレンはキシリアに撃たれました。ギレンはあそこでキシリアに撃たれるとは思ってもいなかったように見えます。キシリアはドズルと争っていましたし、まさか自分を敵視しているとは思わなかったのかもしれません。もしくは、キシリアの真意は知っていながら、あの状況下(天下分け目の大会戦)で自らの首を締めるようなことなどするはずがないと思っていたのでしょう。結局それが首を締める結果にはなったわけですし、キシリアのあの行為は女性的な感情の爆発でやったようにも思えます。まぁいずれにせよ、家族での支配を考えていたギレンが家族に殺されるというのは皮肉な話でした。
 そう考えると、シロッコは女に殺されたと言えなくもありません。直接殺したのはカミーユですが、実際は女の霊に呪い殺されたようなもので(笑)、そういう意味でも「女たちのもとへ帰るんだ!」という台詞は実に的を射ていたと思います。
 結局、どちらも他人を駒扱いした結果、その駒にやられたという構図になっているのではないでしょうか。権力者の末路とは得てしてそういうものなのかもしれません。

 で、ここで俺ゼータ妄想発動。どうせなら、シロッコが直接女(レコアとか)に殺されるっていう展開でもよかったのかなぁと思ったりします。種デスのレイみたいに、レコアが生き残って劇場にやってきて、「シャアを撃て!」って言うんだけどシロッコを撃っちゃうみたいな。でもレコアはシャアの元へは行けないとか言ってやっぱり死亡(ハマーンにやられるとかね)。とするとカミーユの敵は誰だという話になりますが、やっぱりそこはジェリドでしょう。新訳ではダンバインのアレン程度の存在感でしたが、ジェリドのような私怨と憎しみにとらわれたキャラを乗り越えてこそ、ファを抱き締めて終わるラストが綺麗になるんじゃないかなぁと。過去の恨みより未来への愛、みたいなオチで。シロッコがラスボスでないゼータ、どうでしょ?
スポンサーサイト
コメント
コメント
ラスボス候補
ヤザンは?
2006/10/07 (土) 14:02:14 | URL | ナタル #.ZWFf9ps[ 編集 ]
ヤザンは戦闘力は高いですが、
物語上ラスボスになるだけのポジションにはいないと思っています。
直接関わってるキャラはシロッコとレコアくらいですしね。
ヤザンのポジションはVガンダムでいうファラの位置あたりなのかなと思います。
2006/10/07 (土) 20:32:24 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
むむーん
Zガンダムは結局,出演キャラクター同士の結着という意味での
終焉は迎えてますけど
あの話の舞台となっている戦争という面からでは、
なんかグダグダのままで、幕降りてるんですよね。
ティターンズが事実上の解体になった位のモンで…

なので、どちらも首謀者が死んだ後の有耶無耶加減が似てるのかな?(笑)

終戦協定でジオン共和国が出来たが残党軍存在 戦闘続行中
ティターンズ解体されたが勢力として別にアクシズが存在 以下略
みたいなかんじで。
2006/10/07 (土) 22:14:53 | URL | スウ #-[ 編集 ]
ファーストのように主人公たちと関係ないところで大ボスが死んで戦争が終わる、というのはリアリティがありましたね。
実際は打ち切りだったからそうなっただけで、怪我の功名といえるのかもしれません。
対してZは、本来はハマーンがラスボスだったけどZZに続くことになったからシロッコがラスボスになったって話も聞いたことがありますが、もしそうなら続編が作られることになったためにうまくいかなくなったという、ファーストと逆パターンだったと言えますね。

終わりがうやむやなのは、戦争って協定で終わるものですから、一兵士の視点だとどうしても終わるところまで見せられないということなんでしょう。エゥーゴとティターンズの戦争は実際はテロ活動であって正式な宣戦布告も経てないわけですしねぇ。
2006/10/07 (土) 22:48:04 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
私は「家族主義から恋愛至上主義?」というネタ振りのほうに関心をそそられます。(さすがイデの導きです。 笑)
富野監督は“悪役”の側で自分の本音を語るとはよく言われることですが、相対視してるだけで、どちらにも一方的な肩入れはしてないと思うんですね。
ただ世間の流れは「家族主義から恋愛至上主義」なのは事実として、むしろ富野さんは純愛の絶対視のようなことには疑問を持ってる節もあります。(“家族”ってのは“社会”の最小単位だものなぁ…。)
このテーマは掘り下げると面白いと思いますが、かなり難しい話になりそうですねぇ。
2006/10/08 (日) 14:25:42 | URL | 囚人022 #TJwDdEqg[ 編集 ]
個人的には、ルロイさんの俺ゼータラストが、何故新約ラストのままでは
NGなのか?というところに興味があります。

>ギレンが最初から最後まで対象だったのに対し
対象->大将ですよね? ちょっと混乱(笑)

>まず思想から。ギレンはこてこての選民主義者で、必要のない人間は
>いなくなっていいという発想の持ち主です。それに対し、シロッコは
>「人はよりよく導かねばならん」という台詞があるように、不要な人
>間がいるとは考えていないよう思えます。
ギレンの立場からすると、一年戦争以前は、人口爆発が続いていた為、
選民主義的思想(ジオン国民を煽てる為にも)で良かったのかも知れません、
ギレンの統治能力的にもサイド3ともう少しがいっぱいいっぱいだったのかも
知れません。
一方のシロッコはギレンの(選民主義、ザビ家独裁政治の)失敗を学習していて、
しかも戦後の人口が半減してしまった後の世界の統治なので、選民主義的思想は
もう不要だったのかもしれません。

>ただし、ギレンがザビ家、ジオン国民といった民族単位での支配を考えて
>いたのに対し、
ジオン国民も多民族で構成(混血は進んでいない)の様(マハルのエピソード等
から判断)なので、民族単位での支配というのには疑問です。
ガンダム世界で良く言われる「女系社会」も定義が良く分かりません。
シロッコ(男)が女系社会の頂点にいて(摂政として実質支配して)もいいのか?
とか…

>キシリアのあの行為は女性的な感情の爆発でやったようにも思えます。
>まぁいずれにせよ、家族での支配を考えていたギレンが家族に殺されるというのは
>皮肉な話でした。
ギレンが家族での支配を考えていたのなら、家族の保全とか(建前であっても)意思
の統一に注力するべきだったのでしょうが…親殺しはギレン自身による「家族での支配」
の崩壊へのトリガーだったのではないでしょうか?
キシリアのあの行為は女性的な感情の爆発では無い様に思います。親殺しは悪という観念
は昔からあり、冷静な判断の上に立った親殺しの断罪だったのではないでしょうか?
(射殺じゃあないとゲームの様に逆に幽閉->抹殺されかねない)家族から家族殺しをした
者への血の制裁だと…。

でも、デギンの講和で一時休戦してゲルググやビグザムを量産したり態勢を整えて、連邦と
再戦でも良かった様な気も…

>シロッコが直接女(レコアとか)に殺されるっていう
>展開でもよかったのかなぁと思ったりします。
>種デスのレイみたいに、

種が1stをモチーフとした現代風書き直し的作品で、種デスがZを(以下略)なので
その種デス的ラスト(出来がいいとは言えない)を新約ラストでやる意味をあまり
感じません。(富野さんは種デス嫌ってたみたいだし)

女(ここではレコアで考察しますが…)
レイ(男、(コーディネーター≒強化人間的ニュータイプ))との対比で考えるとレコア
(女、オールドタイプ)であり、ラスト付近でレコアにシロッコよりもシャアと思わせる
(選ばせる)強い動機付け(愛情・依存対象の変更)が出来なければ、シロッコの
「シャアを撃て!」に対して、レコアがシロッコを撃つは説得力を持たないのでは?
シャアが、シロッコ側にいるシロッコに心酔している女性を自分の側に向かせるだけの
強い働きかけ(キラがレイに直接語りかけた、「レイはクルーゼのクローンでは無く
レイ自身であり、その可能性や未来は誰にも阻害されない」とかの説得)が出来なければ
あの様なラストには出来ないでしょう。それには、ハマーンやシロッコをも説得できる
カリスマ性を発揮出来なければなりませんが、悲しいかなクワトロ時代のシャアにその
輝きはありません。

>とするとカミーユの敵は誰だという話になりますが、やっぱりそこはジェリドでしょう。
>ジェリドのような私怨と憎しみにとらわれたキャラを乗り越えてこそ、
「私怨と憎しみにとらわれたキャラの強さ」が、「ラスボスに相応しい強さ」キャラ(カリ
スマ性)として、パイロットとして、ヤザン、シロッコ越えが当然なのは言うまでもありません。
新約程度のままのジェリドなら、乗り越える価値は全然無しだと思いますが…。

>ファを抱き締めて終わるラストが綺麗になるんじゃないかなぁと。
>過去の恨みより未来への愛、みたいなオチで。
カミーユxファ(新約のラスト)って伏線が薄いので、あんまりすんなりこないんですけど…
ファ->カミーユの好意は分かりやいけど、新約のラストのカミーユ->ファは唐突で
遠くの1万円(レコアとかエマとかフォウ)より、手持ちの5百円な感じ(カミーユの妥協の
産物感)が…するのですが…皆さんあんなラストでOKOKなんですかね?
(我慢しろ!といわれれば我慢出来る範囲ですが…)
どうせZZへすんなり続かないんだったら、ハマーンとNTとして共感->恋愛関係に移行する
カミーユxハマーンでも新しくて良いのかも…(笑)

あと、「シロッコがラスボスでないゼータ」の存在意義(メリット)が自分には良く分かりません。。。
2006/10/09 (月) 00:33:48 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
>囚人022さん
富野監督はこういう時代だからこそ純愛を掲げたというようなことを言っていたと思うので、決して疑問視しているわけではないかと思います。
ただ、新訳Zがどれだけ純愛を表現できていたかを考えると、頭だけの理屈でそう思っているだけなのかなという気はしますね。
2006/10/09 (月) 20:32:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ねもさん

>ジオン国民も多民族で構成(混血は進んでいない)の様(マハルのエピソード等
>から判断)なので、民族単位での支配というのには疑問です。

多民族国家であるアメリカみたいなものなんですかね。
でもモチーフは枢軸国なわけで、その辺がピンとこない理由なのかもしれません。
ただギレンが(真意かどうかは別として)ジオン国民こそ優良種と言っていたので、それを汲み取った形になります。

>ガンダム世界で良く言われる「女系社会」も定義が良く分かりません。
>シロッコ(男)が女系社会の頂点にいて(摂政として実質支配して)もいいのか?

作り手の認識が曖昧なんで定義しようがないんですよねぇ。
まぁ、富野監督的にはムーンレィスの社会がその完成形だったんじゃないかと思います。
シロッコが女性とどういう関係にいたかったかというのは、カガチとマリアの関係がヒントなのかもしれません。

>親殺しはギレン自身による「家族での支配」
>の崩壊へのトリガーだったのではないでしょうか?

ギレンはデギンを邪魔者だと感じていた節があり、ザビ家<選民思想の図式になった瞬間だったという意味では確かにトリガーだったのかもしれません。

>種が1stをモチーフとした現代風書き直し的作品で、種デスがZを(以下略)なので

種はそうですが、種デスはそうでもないですよ。ゼータっぽいのはフリーダム再臨までだと思います。
それにあくまで例えなので、劇場でレコアがシロッコを撃つという展開ではなく、MS戦で撃ってもいいし、アンナマリーとザビーネのように返り討ちにされてもいいと思います。
要はシロッコをカミーユ以外に殺させてしまっても良かったんじゃないかという提示です。

>シャアが、シロッコ側にいるシロッコに心酔している女性を自分の側に向かせるだけの
>強い働きかけが出来なければ

シャアが役不足だというのは同意ですが、
新訳ではレコアはシロッコにさほど心酔していませんので、
そういう展開もありかなと思ったまでです。


あの様なラストには出来ないでしょう。それには、ハマーンやシロッコをも説得できる
カリスマ性を発揮出来なければなりませんが、悲しいかなクワトロ時代のシャアにその
輝きはありません。

>新約程度のままのジェリドなら、乗り越える価値は全然無しだと思いますが…。

無論です。これはジェリドがラスボスの位置を獲得するに値するだけの活躍をするシナリオに書き直されていると言う前提です。言葉足らずでした。

>カミーユxファ(新約のラスト)って伏線が薄いので、あんまりすんなりこないんですけど…

全く持って同意です。それが「星の鼓動は愛」を評価しない最大の理由です。
だから内容も結末も変えちゃえばいいし、内容を少し変えればあの結末でも納得できるかもよ、と言ってるだけです。

>個人的には、ルロイさんの俺ゼータラストが、何故新約ラストのままでは
>NGなのか?というところに興味があります。
>あと、「シロッコがラスボスでないゼータ」の存在意義(メリット)が自分には良く分かりません。。。

新訳ラストではダメなのは前述したとおり、伏線が何もないからです。
ラスボスがシロッコでないメリットですが、確かに他の誰かをラスボスにするとそれだけでシナリオがかなり変更になると思うので、メリットは特にないかもしれないですね。
シロッコにしてもハマーンにしても、なんで軍の総司令がMSに乗って戦ってるの?っていうツッコミがあるものですから、じゃあシロッコが戦わないゼータがあってもいいんじゃないの?というのが発端です。

あ、ラスボスがシロッコじゃない代わりにシャアって言うのも面白いかもしれませんね。無論逆シャアに繋げることを考えるとありえない話ですが。
2006/10/09 (月) 20:57:02 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
すっかり日が開いてしまったんですが、
気になっていた話題なので、書いた文章をTBいたしました。「また長々と絡むなぁ…。」とあきれ顔をされそうですが(笑)
どうかご容赦くださいまし。
2006/10/24 (火) 00:34:02 | URL | 囚人022 #TJwDdEqg[ 編集 ]
シロッコと比較すべきは
ポセイダル(アマンダラ)じゃないのかな、と思います。

政治的野心を持った悪党(大物)は
ドレイクで打ち止めだったように思っています。

どうもガンダム世界のみで議論を解決するのは無理があるという
富野信者派の発言かもしれませんが
2006/10/24 (火) 00:40:01 | URL | のりのり #MUJ7djb2[ 編集 ]
んー、この際はファーストとゼータの作品としての比較という意味を込めてこの二者を対比させたので、そこまで深く突っ込む気はなかったんですよ。
あえて誰も比較しなそうな二者を比較しよう、という企画ですので。
2006/10/24 (火) 22:41:46 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 なかなか余裕がなくて書けなかったんですけど、気になっていた話題なので、未整理かもしれないけどメモしておきます。がんだまぁBlog シロッコとギレンを比較する この中で、(記事の主題ではないのですけど
2006/10/24(火) 00:07:18 | 囚人022の避難所
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.