がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
マラサイの存在意義
 HGUCマラサイを発端とする妄想はまだ止まりません。今度はマラサイのみの話です。
 マラサイは、元々エゥーゴ用に開発した物をティターンズに流した機体という設定なので、連邦軍としてはイレギュラーな機体だと思うんですよね。
 それが、自前で開発したハイザックよりも優秀だったので(ガンダリウムγのせいもあるが)、急遽採用したというところなのでしょう。バーザム配備までのつなぎとして。どこかで聞いたことのある設定ですね。そう、リック・ドムにそっくりです。
 そこで辿り着いた結論、マラサイは、ファーストにおけるリック・ドム的な機体である、と。もちろん劇中の扱いはそうとも言えませんが、MS開発史という観点では、よく似ている機体なんだと思います。マラサイもドム系同様攻撃型のMSですしね。

 ところでマラサイがそのままエゥーゴに渡っていたら、エゥーゴはマラサイとネモを両方使う気だったんでしょうかねぇ…。
スポンサーサイト
コメント
コメント
そりゃぁ
両方使うでしょう…
ただ性能の良いマラサイがより優秀なパイロットや
激戦区に優先的に回されていくのでしょうが…

多分マラサイはネモ程量産数が多くなかったのかもとか?
2005/06/03 (金) 11:55:33 | URL | スウ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.