がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MSZ-006X→MSZ-007
 Z・3さんのところでプロトZについて語られていますが、その中の「X-3型(ネモ型ヘッド)→量産型Z」からインスピレーション。

 ディアス型ヘッドってその後何の機体にも受け継がれてないよねっていう話があります。まぁガザ系の頭部なんかは同系列なんでしょうが、アナハイムの機体では直系のものはありません。
 ただ、ディアスよりの機体ということであれば、Zレイピアという機体があります。この型番はMSZ-007。あれ、量産型Zと同じやん。
 もしかして、プロトZってみんなMSZ-007に繋がるんじゃ…?百式型ヘッドは、ほら、もう一つのMSZ-007…近藤版があるじゃないですか。つまりこうですよ。

MSZ-006X-1→近藤版ゼータ(WR重視)
MSZ-006X-2→ゼータ・レイピア(MS重視)
MSZ-006X-3→量産型Zガンダム(非変形)

 なんか、綺麗にはまりますよね。元々プロトZはカミーユの乗ったZとは別ラインの機体であり、ある意味ではカミーユのZのせいで開発が見送られた機体ともいえます。それをZのデータを反映してそれぞれの部署で再設計したのが、MSZ-007シリーズだったのでは?
 つまり、MSZ-007は006X同様、Zガンダムの発展型の方向性を模索するためのテストヘッド機だったのではないだろうか?ということです。結果としてZIIやZZ、Sが生まれるわけですから、採用されたのはMS形態重視(あくまで近藤版Zと比較して、ですが)のレイピアであり、それにηガンダムの称号が与えられたと。

 こんなんどうでしょ?
スポンサーサイト
コメント
コメント
MSZ-006X-1→近藤版ゼータ(WR重視)
MSZ-006X-2→ゼータ・レイピア(MS重視)
MSZ-006X-3→量産型Zガンダム(非変形)

近藤版Zは【007II】系(ZZゲームブックのZ2ガンダム?)ですので当初の007系が廃番になった後の2番目の規格機体と解釈するのがスジなんですよね。

ということで、
MSZ-006X-1→藤田版ゼータ ってことに1票。

そうするとアクシズに譲渡されたバウ系外装の【MSZ-007R】(モデグラ)が肯定できるかなっと(w
2006/08/09 (水) 23:30:07 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
MSZ-007Rはネット上でも確認出来ますね。
モデラーの脳内設定を採用するのはちょっと気が引けますが、
藤田版ZをMSZ-007とするとZガンダムとZIIの間が埋まってちょうどいいというのも確かですね。

そういうことであれば、むしろバウの原型機が007だったと考えたいところですが…。

しかし007IIが「廃番になった後の2番目の規格機体」というのはちょっと理解しかねます。
別に廃番にならなくても問題ないような気が…。
ナイチンゲールの04IIとかリックドムIIの当初の型番である09RIIと同じようなものだと思うのですが。
2006/08/11 (金) 20:38:17 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
細かいところは抜きにして、
MSZ-006X-2→ゼータ・レイピア
というのはしっくりきませんが、
MSZ-006X(近藤版)→レイピアならけっこう
しっくりきます。

X-2の場合、あの目玉が肝ですし、
前頭部のヒサシはむしろ丸っこいんですが、

近藤版のヒサシはディアス準拠なので
これなら繋がるっちゃつながりますね。
2006/08/11 (金) 22:38:56 | URL | Z・3 #-[ 編集 ]
007枠のうち、量産型ZETAのみII記号があるってことで、007枠再利用の区別のためにIIを付けて2代目としているのではないかという解釈です(例:78のコアファイター【FF-X7】とGP01のコアファイターII【FF-X(7)II】)。現に量産型ゼータは廃案になってますし、両者はZ系とはいえかなり別プランなので、IIを冠して区別しているとかではだめでしょうか?。とはいえ、確かにナイチンとドムツヴァイは【-2】の意味で使っているわけでこのあたりは難しいとこですね。

バウ原型機も007系Z計画機の廃プランだったらいいなぁとは思います。複数乱立された007系Z計画機はすべて廃案となり、結局、新たに採用されたのは006系Zの連邦部品規格機007II(Z2ガンダム)系だったというのはダメでしょうか?(妄想)。
2006/08/11 (金) 22:41:35 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
Z系列
 何号機が何の原型、と言うのは思い入れがそれぞれにあるので、早急な書き込みはここでは出来ませんが、管理人さんの考えの大元の1つ。プロトZが単純にZガンダムのプロトタイプという位置付けではなく、Zシリーズのプロトタイプという考えには大賛成です。ちなみに今夏コミケでゲットした同人誌で、プロトZの脚部がゼッツーのそれに似ているので、プロトZはゼッツーのプロトタイプでもあったという記述がありました。そういったことから、プロトZってのは実はとても大切な機体なのではないかと思っています。センチネルではなかったことにしたい、とか言われていましたが、とんでもないことですね!
2006/08/13 (日) 09:24:44 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
○○版ZをMSZ-006と別機体として受け入れることが出来ないヘッポコなおいらではありますが、考え方は興味ありますです(*^^*)。んで一点だけ質問。

>元々プロトZはカミーユの乗ったZとは別ラインの機体であり、ある意味ではカミーユの
>Zのせいで開発が見送られた機体ともいえます。
プロトZのフレーム、アビオニクスを流用してMSZ-006が出来たとの記述から、別ラインとは言い切れないと思いますし、アナハイムにMk-IIが届けられた時には既にロールアウトしていたとの記述から、開発が見送られたとも言えないと感じました(--)(記述は共にMS大全集からです)。おそらくおいらが意味を取り違えてるのだと思いますが、解説頂けるとありがたいですm(__)m。
2006/08/13 (日) 14:26:36 | URL | だっちん #TojGNFVY[ 編集 ]
なんつーか、妄想であるがゆえに理屈を脳内で超越しまくりで文章としておかしいですよね(汗)
思いつきで書くもんじゃないなぁ。申し訳ない。

>Z・3さん
そもそもレイピアはモノアイではありませんしね。
プロトZの頭部は機能テストみたいなものでしょうから、
後の機体の直接的な母体になったというのは考え辛いんですが、
Z計画はアナハイムの各部署から集めたスタッフで構成されているようですし、
百式のスタッフがX1、ディアスのスタッフがX2、ネモのスタッフがX3を担当している可能性もあるわけで、
そのZ計画の経験を持ち帰ったディアスのスタッフがレイピアを作ったというのもアリなのかなぁ…と。

>突破さん
なんでレイピアが廃案にならなければならないのか理解出来ないのですよ。
そのような設定はどこにもありませんし、センチネル別冊のアナハイムガンダム一覧にもしっかり載っているくらいですから、
一応実機は完成してるんじゃないのかと思います。
例として挙げられているコアファイターの場合も、V作戦のコアファイターが廃案になったからGP01が開発されたわけではないですし、これらのコアファイターも外見も内部機構も全く別物ですから、
そういう前例がある以上、レイピアを全面再設計したのが近藤版ゼータであるという解釈も可能なわけで…。

>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
確かに、プロトZは(デザインラインの問題もあり)数多くのMSZナンバーに影響を与えているとも言えますね。
ゼータ・タイプにはセンチネル系ライン(Z→Zプラス/Zレイピア)とZ-MSVライン(プロトZ→量産型Z/Z2)の2つがあったのかなぁという考え方も可能ですね。

>だっちんさん
確かにZガンダムはプロトZのフレーム等を流用しており、設計上は大きなつながりがありますが、
元々「可変MS」と「非可変MS」という全く別のカテゴリーの機体であり(昔はプロトZも変形するという記述もあったようですが)、
コンセプトも大気圏突入を前提としたZと単純に強力なMSをというプロトZでは全然違うものです。
種で例えればアストレイとムラサメくらい違うものだと思うのですよ。実際ムラサメ量産後はアストレイの新型は(今のところ)オーブでは開発されていませんし、「ある意味ではカミーユのZのせいで開発が見送られた機体」とはそういう意味です。
で、ムラサメのデータを反映させた次期新型アストレイシリーズがMSZ-007系列なのではないかと。
2006/08/13 (日) 21:53:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>なんでレイピアが廃案にならなければならないのか理解出来ないのですよ.
>一応実機は完成してるんじゃないのかと思います。

あ~確かに廃案という記述はないんですよね。実機はロールアウトしてる模様です(ミッションZZ年表)。でもMSZ-007と型番しか書いてない(苦笑)。

IIと区別している理由としては、発注元にも影響を受けている可能性がありますね。
量産型ゼータやレイピアがエゥーゴ。
量産型ZETAがティターンズ崩壊後の連邦軍。
ってとこですね。
そういう意味で2代目ということです。コアファイターもそんな感じ。
確かにレイピアの換装システムはZETAに似ているんで、こっそりフィードバックしている可能性もありますよね。
2006/08/13 (日) 23:35:57 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ついでに思い付いたんで書いておきます。
007II系ZETAには可変型と同じ外装の非可変型C型と別の外装の非可変型S型が存在しています。(リターン・オブ・ジオン版)
これらの非可変型は非変形であった量産型ゼータのデータが生かされてると捉えるとイイ感じかも。
エゥーゴ主導の007系Z計画機2種のデータをフィードバックして、連邦規格でゼータを再設計したのが007II系ZETA(可変/非可変互換機)とか?
2006/08/14 (月) 18:48:10 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
相変わらず本筋とは違う部分で申し訳ないですm(__)m。


>確かにZガンダムはプロトZのフレーム等を流用しており、設計上は大きな
>つながりがありますが、元々「可変MS」と「非可変MS」という全く別のカ
>テゴリーの機体であり(昔はプロトZも変形するという記述もあったよう
>ですが)、コンセプトも大気圏突入を前提としたZと単純に強力なMSをと
>いうプロトZでは全然違うものです。
ディジェとディアスを同系列で扱うおいらとしては、フレームが流用されているなら同系列と考えてました。もっともフレームがどの程度流用されてるかってのもあるのでおいておくとして・・・。

詭弁ととられるかもしれませんが、『「可変MS」と「非可変MS」という全く別のカテゴリーの機体であり』ということを言ってしまうと、MSZ-006X-1~3と「近藤版ゼータ」「ゼータ・レイピア」も全く別カテゴリーの機体になってしまいますから「MSZ-006X-1→近藤版ゼータ」「MSZ-006X-2→ゼータ・レイピア」という流れに矛盾しちゃうんじゃないですか?おいらにはそうとれちゃいます。


>種で例えればアストレイとムラサメくらい違うものだと思うのですよ。
(種に詳しくないおいらとしては微妙にわかりづらいですが)ムラサメってアストレイの系列の機体なんじゃないですか?別ラインってことじゃなく、アストレイシュライクの発展型みたいな。「海に囲まれた島国オーブにおいて、飛行装備は欠かせないものである」ってありますから、別ラインってことじゃないんじゃなく、オーブの機体としては飛行能力が欠かせないからアストレイの発展型がムラサメになったってことじゃないかと思っちゃうですよ、おいらは(--)。


>ある意味ではカミーユのZのせいで開発が見送られた機体
おいらはアストレイ~のコメントからこの質問に対する答えを見出せなかったのですが、「カミーユのZの存在があったから(開発が優先されたor計画の見直しを迫られた)、プロトZをベースにした実践投入型の機体(プロトタイプではなく)の開発継続が先延ばしになった」って意味合いですか?本来プロトはあくまでプロトであって、それをベースに開発する機体の予定が元々あったという考えですか?
2006/08/14 (月) 20:38:33 | URL | だっちん #TojGNFVY[ 編集 ]
>突破さん
事実にないことをあったとするのはもう俺設定の領域なんですよね。
近藤ゼータが007系全てをフィードバックした連邦規格機というのはかなりいい線突いてると思います。
GP01もそれまでのRX-78系をリファインしたような機体だったわけですしね。

>だっちんさん
もちろん006も007も同じゼータのカテゴリーですので、そういう意味では系列機になります。
ただ近藤氏のコミックからもわかるように、プロトZは元々可変機とは別の案の機体であり、完成したZガンダムは当初のプロトZとは違う、エゥーゴの要求で急遽開発された機体なわけですよ。
そのニュアンスが理解していただけないのであれば、ちょっと議論にならないと思います。

自分が言いたいのはプロトZ→Zガンダムの流れは当初予定していた流れではなく、Zガンダムの可変機構や運用コンセプトを参考にした上で、改めて当初のX1~X3のスタッフがそれぞれ独自に開発したのがMSZ-007系の各機体なんじゃないかということです。

>、「カミーユのZの存在があったから(開発が優先されたor計画の見直しを迫られた)、プロトZをベースにした実践投入型の機体(プロトタイプではなく)の開発継続が先延ばしになった」って意味合いですか?本来プロトはあくまでプロトであって、それをベースに開発する機体の予定が元々あったという考えですか?

大筋はその通りですが、当初から006X→007のラインがあったという意味ではありません。
「Z計画のスタッフとして百式系スタッフ・ディアス系スタッフ・ネモ系スタッフが抜擢」→「それぞれのスタッフがMSZ-006Xの頭部を開発」→「急遽可変MSにコンセプトが変更、開発期間が短すぎるのでとりあえず006Xのフレームを用いてZガンダム完成」→「百式・ディアス・ネモのスタッフがZガンダムのデータを自分の部署に持ち帰り、プロトZをベースにそれぞれ独自のZガンダムとしてMSZ-007を開発」
という流れになります。
機体の系譜としての考え方ではなく、開発ラインの話として考えていただきたいと思います。
2006/08/15 (火) 00:47:08 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/10/16 (月) 23:04:55 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.