がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
C.D.A.若き彗星の肖像 1~3巻
 そろそろ集めようということで古本屋で購入開始。この辺はまだガンダムエースがどこでも売っててしかも立ち読みできた頃なんで内容はなんとなく覚えてるんですが、思ったよりシナリオもしっかり出来てるんですね。アクシズに至るまでの過程とか、アクシズに逃げてきた直後の状況とか、その中でのシャアの立ち位置とか、だいぶ違和感がないというか、やっぱりそれなりにシャアという人物をわかっていらっしゃるなという感じです。ま、作者が逆シャアのキャラデザイナーなんで当然ではあるんですけどね。
 あと石垣ファンとしてはMSが石垣デザインなのも見逃せません。中にはそれどうよっていうデザインもあるけど、特に石垣版リックドム(シュネーヴァイスじゃなくてノーマルの)がいい感じ。バックパックのノズルが一発なんですよ。まさにヅダと同じ土星エンジンって感じがしていいじゃないですか。当時ヅダはまだいなかったけど。

 まあ正直、この作品は漫画としての出来がちょっとアレなので(1コマごとの絵の荒さとか、キャラの表情の崩れとか)あんまりイメージが良くなかったんですが、改めてちゃんと読んでみると、シャアにしろハマーンにしろ、かなり丁寧に描かれている、それなりに質の高い作品だと思います。
 やっぱり1枚絵を書く人間が急に漫画ってのは難しいんでしょうね。なんというか、絵の線がはっきりしすぎているんですよ。アニメの設定画にトーンを貼っただけという感じで、なんか機械的な絵に見えるんですよね。この辺はアシスタントを雇うことで改善されたような気もしますが、そのせいで絵柄の方向性もだいぶ変わったような気がします。特にハマーンが。
 実際のところ、この漫画って9割が14歳ハマーン様みたいに思われてると思うんですよ。自分も最近までそう思ってました。で、多くの人が14歳ハマーン様=萌えキャラだと思ってると思うんです。それを萌えとして受け入れる人もいれば、ハマーンはこんなキャラじゃないと言って拒絶する人もいる。どちらにしろ、そこに萌えキャラの記号を意識してると思います。
 でも良く見るとですね、ちゃんとハマーン・カーンなんですよ。確かに髪型とか服装がアレですが、顔は明らかにハマーンです。各巻の表紙を見るのが一番早いと思いますが、みんな憂いを帯びた、ハマーンそのものなんですよ。顔、特に目の部分はかなり意識して描かれています。
20060715230123.jpg

20060715230143.jpg

 片方ピンぼけしちゃってますが、同一人物に見えるでしょう?流石にどっちがどっちかはすぐ分かると思いますが、それでもいわゆる「はにゃーん様」には見えないと思います。
 結局、どれだけ髪型と服装に惑わされているかってことなんですよ。他の人、それがプロの漫画家であってもネット上の素人であっても、14歳ハマーンをイラスト化すると、大抵ただの萌えキャラと化していますが、みんな騙されすぎなのです。目が違うんだよ目が!(爆)
 まぁね、作中でのハマーンの性格も影響しているとは思います。初登場時は「シャアにしか心を開かない」とか言われてたハマーンだけど、実際いろんな人に心開きまくりの普通の女の子として描かれてますし。これは単純に作者の描写の仕方の問題で、この作品内の女性はみんな同じに見えるとかって感想を見たことがありますが、要するにそういうことなんでしょう。女性キャラの引出しが少ないのです。だからハマーンがハマーンに見えなくなってしまうと。もっと綾波な感じか、もしくは逆に惣流さんな感じのように極端なキャラのほうが「らしい」とは言えます。

 ただとにかく、決して14歳ハマーンは別人ではない、ということを訴えておきたいのです。

 「はにゃーん様」などいない!
スポンサーサイト
コメント
コメント
>やっぱり1枚絵を書く人間が急に漫画ってのは難しいんでしょうね。なんというか、絵の線がはっきりしすぎているんですよ。

この辺の対局が長谷川先生といったところでしょうか(w

この作品シャアが王室警護だったり(元ネタはプロジェクトZ)、ファミリーソフト系ネタがちりばめてあったりと、影のブレーンが気になります。

そういえば、”マシュマー初登場の読み切り”がさっぱり収録されない件について。
2006/07/16 (日) 08:33:36 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
確かに長谷川氏は北爪氏とは真逆かもしれません(笑)
両方やってのける安彦御大は偉大だということでしょうかね。

エコールの裏話なんかを見ると、ダムA編集部の知識は相当なレベルにあるように思えますね。
「知っているけどやりたくても出来ないこと」もたくさんあるんでしょうねぇきっと…。

マシュマー初登場の回は読み切りでしたっけ。どこか適当なところでねじ込んでくることは確実だと思いますが、果たして。
2006/07/16 (日) 22:57:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.