がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
人類全てがニュータイプになったらどうなるか・番外編
 論を進める前に、そもそも管理人にとってニュータイプの定義は何なのか、というのを明確にしておかないと、どうも不毛なやり取りが今後発生しそうな気配を感じるので、改めて「ニュータイプとは何か」を定めておこうと思います。

 まず前提にしておかなければならないのは、「ガンダムシリーズの作中においてニュータイプの明確な定義は存在しない」ということと、「ニュータイプには"観念的ニュータイプ"(ジオン・ダイクンが提唱したもの)と"科学的ニュータイプ"(サイコミュ適応者)の二つが存在するということです。
 前者においては作中だけでなく、富野監督を含むガンダム関係者一人一人においても違いますから、そもそもアニメ、漫画、小説などの描写や文字設定から定義を持ってくるのは実質不可能です。
 後者はあくまで物語中(設定上ではなく)の定義の話で、事実上定義は二つしか存在しません。ただしシャアはジオン・ダイクンの思想を誤解している節がありますし、アムロも別の答えに辿り着いているように見えます。なので、"観念的ニュータイプ"に対する考え方はやはり人それぞれです。それに対し"科学的ニュータイプ"は単純明快であり、唯一ニュータイプであるか否かを明確に判断できる要素です。ただし、この「サイコミュ適応者」がジオン・ダイクンの思想と合致するかどうかはまったく別であり、それはキリストは神だったかを論じるのと同レベルの問題です。宇宙世紀の科学世界においては、便宜上サイコミュ適応者をニュータイプと呼んでいるのであり、観念的な意味でのニュータイプとはイコールではないということに気をつける必要があります(だから、Vガンダムの時代においてサイコミュ適応者は「サイキッカー」と呼ばれていたのでしょう)。

 要するに、ニュータイプという存在について確実に言えることは「サイコミュを作動させる特殊な感応波を持っている」ということだけであり、それ以外の要素は全て推測に過ぎないということです。ならば、それを基点として「実際にニュータイプが存在するならどういう存在の事を言うのか」を考えるしか無いだろう、ということです。
 故に、本来は混乱を避けるために「ニュータイプ」ではなく「サイキッカー」と呼んだ方がいいのでしょうが、それではガンダムの話をしている気がしなくなるので(苦笑)誤解されるのを承知でニュータイプという単語を使っています。

※今回はこれに時間を費やすので、小説の更新は延期します。申し訳ないです。
 まず、ニュータイプ特有の感応波とは何か、というところから考えなければなりません。それは今の科学技術では発見されていない新しい何かである、というところまでしかわかりません。そして、その感応波の検出量には個人差があり、それが一定以上の数値を示す人間のことをニュータイプと呼びます。また、それ以下の数値でも比較的多い数値を示した人間が強化人間の候補として選ばれています。オールドタイプだから感応波がゼロということではありません。
 とにかく、ニュータイプとオールドタイプの差は感応波の強さ(量?)で決まるということです。

 さて、ニュータイプは一般的に勘がいいとか危機察知能力に優れるとか洞察力が高いとか、いわゆる第六感的な感性を持っていると言われています。それが具体的にどういうことなのかは説明されていませんが、この点は誰がニュータイプについて語っても必ず付随する共通認識なので、感応波に次ぐニュータイプの特徴と言えます。
 そうであるならば、ニュータイプが第六感に優れるのはその感応波があるが故である、と言うことが出来ます。それはどういう原理なのでしょうか。

 一般に、人間が「勘」を発揮する場合というのは、多くの場合経験の積み重ねによる物です。職人が言う「勘」というのは、その積み重ねられた複数の成功と失敗の経験によって無意識的に「こうしたらこうなる」ということがわかることを言います。その専門技術に特化することによって、常人には分からない微妙な差に気づくことができることを、「勘がいい」と言うのです。
 ニュータイプは、その経験の積み重ねがなくても微妙な差に気づくことが出来ます。それだけ「場の空気」を察知する能力が高いということです。何故か?それが、感応波によるものなのでしょう。
 ニュータイプの感応波は外に伝播します。そうでなければ、時折見せるニュータイプ同士の意思疎通は説明できません。それは多くの場合サイコミュによって増幅された結果ですが、そうでない場合もあります。程度の差はあれ、感応波は電波のように空間を跳躍できるもの(神経信号のように体の中だけでしか伝播しないものではない)だと言えます。この空間を跳躍する感応波のことを便宜上「電波」と呼びます。
 結論から言えば、ニュータイプはこの電波をレーダー代わりにすることで周囲の状況を察知しているのではないか、ということです。電波が何かに干渉したときにいわゆる「ピキーン」が発動し、他人の感応波と干渉した時にプレッシャーや何らかの意志を感じ取ったりするということです。それ以外に、感応波を用いてニュータイプの勘のよさを説明する理由を、自分は思いつきません。

 もう一つ、ニュータイプの感応波は自分の意志を乗せる事ができます。これは、いまの技術でもデジタル化された電波に途方もない量の情報を乗せる事ができるのですから、それくらいは可能なのでしょう。
 感応波はレーダーとして「受信」する機能と、自分の意志を「発信」する機能があるということです。
 優れたニュータイプは受信できる情報の精度もかなり高いでしょうし、発信できる情報の量もかなり多いと言えます。ア・バオア・クーにおいて、あまり高い感応波を持たないフラウやブライトに明確な言葉を伝えることが出来たアムロは、極めて優れたニュータイプだったと言うことが出来ます。おそらく、アムロのニュータイプ能力はこのときがピークでしょう。

 「感応波をレーダーとして用いることで常人以上の察知能力を持ち、感応波を通信電波として用いることでテレパシーのような能力を持つ人間」がニュータイプであると自分は定義します。ニュータイプが巻き起こす不思議現象はすべてその感応波によって成立しているとします。

 次回はサイコミュの原理について定義します。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.