がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
今だからMSVを語れ!「MS-06R 高機動型ザク」編
 はやくもMSVの実質主役機こと06Rを。この機体に関して今更語ることもさほどないんですが、とりあえずざっと設定をおさらいしましょう。

・MS-06RP
 ジオニック社がエリオット・レム少佐を主任に迎え、MS-06Fの「後期生産型」をベースに開発した機体。性能は問題なかったが、強化しているうちに結局全面再設計した方が早いと言う結論に達したとかなんとか。

・MS-06R-1
 というわけで全面再設計して少数が生産されたタイプ。性能は要求通りだったが、燃料の補給に手間がかかる上練度の低いパイロットが乗るとすぐ推進剤を使いきってしまうというデメリットがあり、しかも推進器の品質が悪いと、ぶっちゃけ不良品だったらしい。

・MS-06R-1A
 そんなわけで欠点を改修したのがこのタイプ。推進器はツィマッド製の性能のいい物に取り替え、補給を簡略化するために脚部の燃料タンクをカートリッジ式にしたもの。パイロットも使いこなせそうな優秀な人に限定して配備したため戦果もばっちり。ただ生産数は他の機体に比べれば少ないので、「連邦の戦艦を沈めるよりR型を手に入れるほうが難しい」という名言ができたくらい。

・MS-06R-2P
 R-1A型の成功に気を良くしたジオニック社が調子に乗ってビーム兵器を搭載しちゃったタイプ。ゲルググを一生懸命作ってた頃に何をやってるのかなこの人たちはという話です。当然実用に耐えられるものにはなりませんでした。

・MS-06R-2
 ゲルググの開発が遅れに遅れて焦ったジオニック社が間に合わせで作った新型機。R-1A型を更に上回る性能を持つが、陸戦用に開発されたはずのドムに敗れてしまうという屈辱を味わう。性能は高いので試作機はエースパイロットに使わせ、プロパガンダに活用されたとか。しかしR-2に乗った人たちは何故R-1Aを受け取れなかったんだろうか。くじ運が悪かったというなら、残り物には福があると言うことなのか。
 試作機が4期開発されただけというのが通説ですが、ゲームブック「最期の赤い彗星」では5機目が追加生産されたことになっています。

・MS-06R-2S
 ドズル専用に開発された機体と言われています。ソロモンにあったようですが、ドズルはビグザムに乗ったので使用されずに終わったそうで、データがグワジンに送られただけだったということです。実機がどうなったかは不明ですが、明らかに4機のR-2型とは別機体なので、もしかしたら「最期の赤い彗星」の5号機もこの機体なのかもしれません。S型はシャア専用機のトレードマークだし。

・MS-06R-3(R-3S)
 ゲルググの実験用に改良されたR-2型。すでにザクの原形を留めていないので開発者からはザクIIIと呼ばれていたそうだ。なお、後にF90IIという良く似た設定の機体が登場する。

 こんなものですね。ではR型の知られざる事実を語っていきましょうか。
 06Rはバックパックと足以外にも、推進剤を多く積むために大型化されている個所がある。一つは太腿。これはプラモでも再現されているし割とよく知られていること。しかしもう一つ、胴体も大型化されているんです。
06F.jpg

06R.jpg

 ほら、設定画でもちゃんと区別されているんですよ。しかしプラモではいつもR型はF型の金型流用(最初のMSVは違ったけど、後に出たマインレイヤーとの区別は特に無かったですよね?)。ちゃんと06Rは他のザクとは別物なんですよ、ということです。

 もう一つ、MS-06RPの項であえてカッコをつけて強調しましたが、R型のベースはF型の「後期生産型」なんですよ。後期生産型といえば、今では06F-2のことを指します。まぁ、MSVコレクションファイルでは「F2型とは別のラインで」とか書かれているわけですが、それでもあえてR型はF2型が母体だったのでは?という解釈はどうでしょう。どうしてもR型は神格化されていますので、カトキアレンジのような行為は避けるという暗黙の了解がある気がしてなりません。まぁ、R-1型は結局全面再設計されてるわけですから、F2型ベースなのはRP型だけだと解釈してもいいんですが。

 最後にR-2型について。この機体には「コクピットへの搭乗方法がダイレクトイン方式に改められた」という設定があるんです。これは、通常のザクは左胸から入って、そこからシートがスライドして右胸に移動するという方式になっているのが、ガンダムのようにハッチが開いたらすぐそこがコクピットになっている方式に変更されたという意味です。でも、R-2型の胸って別に他のザクと大差ないじゃないですか。MGを作れば分かるんですが、F2型もダイレクトイン方式ではないんですよ。ただ、一つだけ確実にダイレクトインっぽいザクがあるんです。MS-06FZ。「ポケットの中の戦争」用に大幅にリファインされたザクの最終型ですね。案外、R-2型ってFZ型と共通の機構なんじゃないでしょうか。FZ型ってやけに胸部が大型化してますし、R型っぽいんですよね。推力も強化されてるし。実はFZ型って、R型の生産ラインを再利用するために開発された機体なんじゃないでしょうか?そして、実はR-2型もFZ型に良く似た形状だったのかも…。実際、R-2S型ってちょっとFZ型っぽいですしね。

 というわけで、昔のMSV設定と今の設定を上手く組み合わせてもいろいろ面白い妄想ができますよというお話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>おでぶ下半身
RPでは腰部のインテグラルタンクが増大化した関係で物凄くおでぶさんですが、太腿はR-1とあまり変わらんですねぇ。腰のお肉はどこへ(--;)?


>カトキアレンジのような行為は避けるという暗黙の了解
ZEONOが発表される際に「F2ベースのR型が見られるのか?!」と思ったら違いましたしねぇ(^^;)。


>ダイレクトイン
F型じゃないのであれですが、JC型はダイレクトインに近いですねぇ。胸部のグレー部分がぱっかり開くという強烈な構造ですが(^^;)。ちなみにカトキ氏が0083時に描いた説明用の画稿ではF2と同形状のJ型として右側が開き、左は固定とあります。R型からのフィードバック?
2006/05/31 (水) 19:04:47 | URL | だっちん #TojGNFVY[ 編集 ]
>おでぶ下半身
これはRP型がF型ベースでR-1型が新設計だからということでしょうね。
後付けだからおでぶになってしまったと。
大腿部も後付けっぽいディテール入ってますし。

>「F2ベースのR型が見られるのか?!」
リペイント前提ですがコンパチで再現は可能ですよね(笑)

>JC型
JC型はMGザクの機構ほぼそのままですからね。
ただ元々ザクの胸部装甲版は緊急脱出時に排除される設定なので、MGの機構も含めてそれを流用しているだけなんじゃないかと。

>F2と同形状のJ型として右側が開き、左は固定
座席がスライドしてこないということですか?
F2型と同形状のJ型ってどういう意味でしょう?
2006/05/31 (水) 20:08:03 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>後付けだからおでぶになってしまったと
なるほど(--)。


>座席がスライドしてこないということですか?
>F2型と同形状のJ型ってどういう意味でしょう?
あ~表現が良くなかったですね、すんませんm(__)m。J型のコクピット構造の説明の画稿なのですが、胸部形状がF2型なんです。まぁあくまで説明用なので(^^;)。

URLに画像を貼ってみましたが見えますかねぇ(--)(最近おいらの方の仕組みが変わったらしいのでちょと不安)。
2006/05/31 (水) 21:16:20 | URL | だっちん #TojGNFVY[ 編集 ]
画像見れました。なるほどなるほど。
F型は左側が開くけどJ型は右側も開く設定だってことですね。
装甲を取り外せばそれでダイレクトインというのか、その辺の定義が良く分からないですね。
2006/05/31 (水) 22:01:28 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.