がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
SUPER MJ 機動戦士ガンダム 最新MS造型資料集
 F91の設定を収集するために購入しました。平成4年(当時小学4年だよ…)刊行の書物です。ちょうど、0083が終わろうかとしている時期のもので、最大の目玉は1/550デンドロビウムという感じのムックですね。
 まぁ、実際F91の設定で有用なのは1ページ分だけなんですが(汗)いわゆるF50系とかF80系という文字設定がある資料なので貴重なのです。
 他にも、F90IIVタイプとかHGガンダムベースの78-1と78-3の設定画とか、なんか珍しい物がちらほら。

 というか、何故かF91、0083の他にZガンダム全キットレビューが載っていて、資料的価値という意味ではこっちの方が高かったのが驚きでした。
 以下、気になる記述。
・RX-78-6はビームキャノン装備!
・78-4~6は実戦投入されていない
・Zガンダムのフライングアーマーは地上では切り離して使う
・メタスは攻撃型、ドック・ファイトや遠距離戦を得意とする
・ジムキャノンIIプロトタイプ
・MS-17Bは終戦間際に量産試作されていた
・マラサイはティターンズにリック・ディアス以上の性能の機体を要求されて用意したもの
・ギャプランは急な衝撃にパイロットが対応しきれず、機体のパイロットはオーガスタのニュータイプ研究所に引き継がれた
・百式のうち使用された機体はクワトロ機のみ(ビーチャ機は同一機?)
・ディジェはジオン系の技術者が開発した
・サイコガンダムはムラサメ研究所9番目のテストディバイスMA
・サイコガンダムMk-IIはサイコガンダムを宇宙用に再設計した物
・ネモは大量生産用にガンダリウムα合金が使用されている
・R-2、R-3と発展し、最終生産型のR-3SはMS-14ゲルググの先行試作型となった

 ギャプランはオーガスタで「改修されただけ」だったんだ!っていうのが個人的な大ヒットでした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
F50
あの文章にはビックリしましたね。オフィシャル設定がいい加減と言うか、R-44ってのもなぁとか思っていましたけど、この本で一応の踏ん切りはついた記憶があります。
実に納得出来る設定文なのですが、いかんせん、あまりにマイナーすぎる本ですから、大勢の人の目に触れないのが難点ですね。
2006/05/28 (日) 17:58:02 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
確かに、劇中設定は「10年以上前に開発された旧型機」というだけでしたからね。

そもそもF91シリーズ全体がマイナーなんですよね(汗)
細かく設定があるにも関わらず、それが後の資料に残っていなくて黒歴史化しているっていう。
ファースト~逆シャアの設定考察は盛んですが、それ以降を取り上げる方も少ないですし。
F91がMG化して少しでも設定が掘り起こされることに期待します。
2006/05/29 (月) 20:30:18 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.