がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ファーストガンダムの思い出
 TV版がDVD化されることもあってファーストとの出会いの話などを。実はファーストとのファーストコンタクトはかなり特殊でして、じつはケイブンシャの「機動戦士ガンダム大百科(当然絶版)」から入りました。小学生の頃、SDガンダムしか知らなかった時です。たまたま本屋に行った時に父親に好きな本を買ってやるといわれ、別に欲しい本がなかったので(爆)適当にその辺にあった本を探し、ガンダムという知っている名前のついてる本を選んだのでした。が、これが大ヒットだったのです。
 このケイブンシャのシリーズは明らかに子供向けの製本で、かなり原色がきつい表紙なんですが、中身はかなり真剣に作られています。具体的に言うと、TV版全話を1話約3ページ(+本編の画像数点)文字ぎっしりで解説するという内容で、ファーストガンダムのシナリオが全て詰め込まれてるんですよ。もうアニメ見なくても話の内容が熟知できるくらいに。しかも子供向けとあって文字は大きく、文章は分かりやすく構成されているんで小学生でも十分内容がわかる資料でした。しかもメカ、キャラの設定も形式番号付きでちゃんと紹介されていて、地名や軍の構成もしっかりフォロー。最近の下手な資料よりよほどよくできています。
 無論本ではジェットストリームがどんな物かとか、ビットが何なのかとかはいまいち分からないんですが、それは些細な物で、物語がこの時点で理解できたと言うのはかなり大きかったと思います。たぶん、アニメだけ見てもそこまで理解できなかったでしょうからね。それがキャラの心情まで含めて理解できましたから、多感な小学生の時期に与えた影響は大きかったです。実際のところこれが自分のガンダムの原点なんだと思います。MS辞典なんて作っておいて作品論まで語ってしまうのはこの本の影響が強いんでしょうね。MS好きはSDガンダムの延長線上ですが、それだけじゃない完成を養えた気はします。今ではページも一部抜け落ちてぼろぼろですが、一番大切にしたいガンダム本ですね。ヤフオクでもまず見かけないし。

 それにしても、あの本をいくら読んでもサイコミュが発動している時の「ラ・・・ラ・・・」の声の意味だけはわかりませんでした(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.