がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Zガンダムの「何故」を考える5「ティターンズはコロニーレーザーを何のために作ったか」
 ジオンがソーラ・レイを作ったのは一発逆転艦隊一掃のためだったけど、ティターンズとエゥーゴの戦力差を考えると同じ目的はまず考えられない。
 劇場版を見る限り、コロニーレーザーの標的はグラナダだった。TV版でもグラナダを標的にしていた。しかし、グラナダを潰すために作ったとは考えにくい。コロニーレーザーを建造している真っ最中にグラナダにコロニー落としを敢行しているからだ。いくらバスクの独断だったとしても、それではコロニーレーザーの存在が無駄になってしまう。相当な資金と資源の無駄遣いになる。
 TV版では見せしめにエゥーゴ参加を表明したコロニーを撃破したりしているが、それが目的とも考えにくい。ただ、力の誇示という意味合いは含まれているだろう。
 ヒントはコロニーレーザーの配置である。ティターンズはグリプス、ルナツー、ア・バオア・クーを集結させて要塞を作っている。かつてのジオンでさえ作らなかったその強固な要塞は何のためにあったのか?コロニーレーザーを守るためか?半分はそうだろう。しかしコロニーレーザーを守るためだけというにはやや過剰である。そもそもこの要塞のポイントは拠点を集約しているという点にある。いわば貝に篭ったようなものだ。つまるところ、ティターンズには本格的にどこかに侵攻しようとする意志がないのである。コロニーレーザーやコロニー落としでグラナダを潰せばエゥーゴは終わると思ってるわけではないだろう。
 コロニーレーザーの運用法はできるだけ射線軸に敵を集めて発射、である。そのための要塞なのだ。ティターンズの敵対組織はティターンズを潰すには本拠地たるグリプスを潰さねばならない。そこに拠点が集中しているのだから、そこに攻める以外に方法は無い。が、集中的に攻めてきたらコロニーレーザーで一掃、だ。コロニーレーザーはゼダンの門と一緒に運用してこそ効果を発揮するのである。拠点を集めて攻撃目標を絞らせ、そこに一撃をぶち込むというのがグリプス戦役後半のティターンズの戦術である。
 が、それでは防衛できても、いつまでたっても勝利することは出来ない。拠点を集中すれば部隊の分散も難しくなる。結局のところ、ティターンズには攻撃の意志は無かったのではないか?

 そもそもティターンズの(というかジャミトフの)目的は戦争を起こすことそのものである。できるだけ戦争を長引かせ、人類を疲弊させることこそ目的だった。だとすれば、コロニーレーザーと要塞の存在意義もわかる。すなわち、そこに存在してスペースノイドに脅威を与え続けることこそ目的なのだ。どこからでもコロニーを撃破できるコロニーレーザーがあれば、コロニーの市民はいつまでたっても落ち着かない。いつか何とかして取り除きたいと思うだろう。コロニーレーザーはプレッシャーを与えるために存在していたのである。ちょっと目的は違うけど性質はFF6の瓦礫の塔に似ていると言える(分かる人にしか分からないネタだけど)。
 が、この要塞はアクシズによって脆くも崩れ去る。まさかゼダンの門に同規模の小惑星をぶつけられることは想定していなかったのだろう。ルナツーは側に置いたしソロモンもペズンも自軍で抑えている。ジャミトフの作った要塞は、ジャミトフがアクシズとの交渉に失敗したせいで失われたのである。だとすれば、シロッコが見限るのもわからなくはない。しかし、結局シロッコでも崩された要塞を建て直せず、コロニーレーザーは奪われ、そのレーザーによって壊滅してしまったのだから、皮肉な話である。
スポンサーサイト
コメント
コメント
「Titansはcolony laserを何の為に造ったか?comment 1」
Titansは、第一義としてcolony laserを、自軍拠点(地球を
含む)への「colony落とし(質量爆弾)攻撃」からの防
御手段・装備として入手又は建造したと思います。

「Granadaを潰す為」というのは、Titansがcolony
laserを建造する為の動機としてはかなり弱いと思います。
ルロイさんも書かれている様に「ティターンズとエゥーゴ
の戦力差を考えると…」当時のTitans(及びその影響下に
有る連邦軍とZeon共和国軍)の現有戦力で充分その目的を
果たす事が可能だと思われるからです。(colony落としの
実行等も絡めてですが)
Granada基地とその所属艦隊は早々とA.E.U.Gへ参画していて
ある程度脅威では有るでしょうが、だからといって、
Titansにとっては、まだ取るに足らないLevelの物だったの
でしょう。

Jamitovに当時の連邦軍よりも一段進んだ装備(攻撃力)
を持ち、Zeon公国軍残党に代表される様な武装terrorist
組織の活動に即応可能な(地球圏の治安警察機構と
しての)組織Titans結成を直接動機付けさせたのは
紛れも無く、0083時のDelaz Fleetによる"colony落としを
許したという事実"と、確信を持って臨んだSolar System IIで
の"迎撃(落着阻止)に(理由は色々あるが)失敗したという
現実"でしょうから。

この時の戦訓として、「colony落とし」に使われる
Space colonyなどの質量爆弾を、集点に左右される
Solar Flare Systemよりも「長距離から、早期に、より確実に、
一撃で撃破可能な、迎撃兵器としてのcolony laserの
建造と保有が必須となったのでしょう。

> コロニーレーザーの標的はグラナダだった。
第一の保有目的とは異なるが、既に保有している場合、
colony laserは、敵対性の者に対する恫喝の道具としても
有効だったという事でしょう。核に比べCleanで、毒Gas攻
撃の様に直接出向いて行って注入という手間隙が掛からず、
超々長距離から、射線をずらしたり、出力を調整して使用すれば
恫喝に、それでも抵抗すれば、直撃で消滅させる事も出来る。
時間は掛かるが、chargeすれば再射も可能と便利な武器です。
(偉いぞChar!)

> コロニーレーザーの存在が無駄になってしまう。相当な
> 資金と資源の無駄遣いになる。
あくまでも、俺説というか仮定ですが、
GrypsはSide-3にあった中古の密閉型colony2つを移動させ
て来て連結して造っている(小説版でのQuattro発言)ので
すが、大胆仮説ですが、私はこのcolonyの内、1つが実は
Machar(マハルの綴りのみ適当)かMacharのcolony laser基部
側をぶった切った物だったのではないか?と考えています。
Zeon共和国から危険なcolony laserを連邦(Titans)管理
下に置く事が出来る。(terrorist対策上も有利)
ほとぼりが冷めた頃に再度colony laserとして整備すれば
建造費は低く抑える事が出来る。(ついでに平時にcolony
laserの研究・改良も出来る)と良い事尽くめです。


> TV版では見せしめにエゥーゴ参加を表明したコロニーを撃
> 破したりしているが、
年表とかでは、「A.E.U.Gに部隊が参加した事が判明」→「直後に
"報復として"(関係が有るのか不明な、駐留?)Space colonyを
colony laserで狙撃」とか記載されている件ですよね。
Titans大人気が無くって良いですよね。こんなアホな組織好きです。

> ティターンズはグリプス、ルナツー、ア・バオア・クーを集結
> させて要塞を作っている。
細かいツッコミになって申し訳ないですが、
"Zedanの門"は、正確には、Luna II宙域に、Zedanの門(旧A Baoa
QuのTitansによる新呼称。Zeon共和国はGryps事変の初期にA Baoa
Quを地球連邦のTitansに寄付。)とGryps 2(colony laser)を
0087/06/08(<-ただのTriviaです。)に移動させて来て、Luna II
補給基地とZedanの門要塞とGryps 2(colony laser)で型作った
要塞(Titans艦隊本部)という事ですよね?

ご存知だと思いますが、Z fanの人でも案外混同されているので
念の為に、BaskによるTitans基地としての呼称がGrypsで、
(本来の名称はGreen Noa 2)Gryps自体は、Side-3から移動して
きた2つの中古の密閉型colonyのGryps 1とGryps 2を連結して構成
されていて、後に再度2つに分離し、分離したcolonyの内、Gryps 2を
移動可能なcolony laserへと改装し、Luna II宙域に移動させています。
(分離後のGryps 1は、引き続きTitans基地として、Side-7の2-Bunty
(バンチこれも綴りはいい加減)に占位…してたと思いますが失念。
未確認です。)

> いわば貝に篭ったようなものだ。~ティターンズに
> は本格的にどこかに侵攻しようとする意志がないのである。
確かに、この頃のTitansの戦略というか目的(野望)は理解し難い
物が有ります。地球上から追われ焦っているのか? 四面楚歌的な
気分に覆われている状況を楽しんでいるのか?

> ティターンズの敵対組織はティターンズを潰すには
> 本拠地たるグリプスを潰さねばならない。
この時点では、Grypsは2つに分離されていて、基地機能はGryps 1
に集約されていますが、Side-7の2-Buntyに占位?なので、
「Titansを潰すには本拠地たる"Zedanの門"(基地機能としては
A Baoa QuとLuna II)を潰さねばならない」が正解な気がしますが…
どうでしょう?

取り敢えず、まとまら無く成って来たので、commentその1終わりです。
2006/06/22 (木) 22:53:19 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
コロニーレーザーの2
 攻める側からすると、1つでも攻略が難しい大々目標が
"ゼダンの門(小=旧ア・バオア・ク)"、"ルナ2"と、2つも
固まって配置されている場合、("グリプス2"はコロニー
レーザーで、防衛拠点としての運用は難しく、逆に護衛対象の
為、除外)コロニーレーザーを押さえるよりも、どちらか
片方の要塞を攻略する事が先決となりますが、"ゼダンの門(小)"と
"ルナ2"は相互に防衛力を補完する配置の為、エゥーゴの通常
戦力のみでの攻略は絶望的です。

 だが、しかし、正攻法では難しい攻略も不可能な訳ではありません。
コロニー、小惑星等を用いた質量爆弾による同時攻撃。
補給・補充時に連邦兵として内部に潜入し、内部からの攻撃。
これらを組み合わせた攻略戦なら勝機を見出せる可能性はあると
思います。

ティターンズの恐怖とエゥーゴの恐怖
Zガンダムでは、正規軍のティターンズと、武装テロリスト(ゲリラ)
的集団のエゥーゴとの戦闘のジレンマはあまり気を使って描かれて
いない様に思います。
 方や傍から見ても直ぐにティターンズのメンバーと分る制服を着用
している組織と、方や制服を着用しているといっても連邦軍(一般、
ティターンズ)に紛れている + 普通の民間人を装った組織の戦争です。
どちらが攻撃しやすいか、どちらが守り難いかは自明です。

 定期的に思想チェック等をしていても、隣にいる者が、昨日までの
様に本当に味方(ティターンズ主義者)なのか、何らかのきっかけで
エゥーゴに付いたのかは、本人以外は分らない。
 エマやレコアの様に陣営替えが第3者に明白な場合も多いでしょうが、
エゥーゴに参加するといっても、表面上ティターンズに残りスパイ的
活動を行なうという道もあるのです。ティターンズの制服を着たエゥー
ゴメンバーがティターンズ内部にいてもおかしくないのです。
(その逆もありえますが…)疑心暗鬼を誘発するこの恐怖こそエゥーゴの
本質的な武器なのかも知れません。(積極的に活用した描写は無いですが)

対質量爆弾攻撃(アクシズ落とし)
 "コロニー落とし"を行なう者は、最初に相手側視点から"コロニー落と
しへの対抗策"を考え、"コロニー落とし"攻撃の弱点を洗い出し改良を
施す。また敵が実際に"コロニー落とし"を用いた時にその弱点を突く事
で、逆に迎撃を確実なものにしようとする。

 なので、"コロニー落とし"を月面都市に敢行したティターンズは、自分
達の拠点(要塞)に対する(ジオン残党等の)"コロニー落とし"も想定
していた筈だと思います。仮にティターンズ・スタッフ(人間)が
見落としたとしても、戦略・戦術意思決定支援システム等は、重み付け
が変化する事はあってもこの要素を見落とす事はないでしょう。

 そして、対質量爆弾攻撃への防御の本命こそが"グリプス2"コロニー
レーザーであった筈なのですが…

 ネオジオンの本拠アクシズを質量爆弾として使うという荒業と、
アクシズとの交渉が控えているという流動的な局面では、数十パーセント
にチャージし、FCS ON状態のコロニーレーザーで牽制を行なう事が政治
的に難しい等、アクシズ、エゥーゴが難しい局面をティターンズよりも
上手く立ち回り、結果的に迎撃圏よりも内側に接近を許させる判断・対応
ミスを誘発させてコロニーレーザーを無効化した事を褒めるべきなのでしょう。

シロッコの見限り
シロッコは連邦軍の上層組織としてのティターンズという
権力(の過半数以上程度)を手に入れる為の機会を伺っていた様なので、
その目的にはジャミトフもバスクも障害でしかなかったと思います。
なので、"見限った"というより"機会を利用した"という事では
無いでしょうか。
 木星からの帰還者が、地球圏で手っ取り早く、確実に権力を手中に
したいと思ったとき、統制され、当時の主流である地球連邦の政府・軍の
中枢に影響力を持つ正規軍のティターンズと、組織構成が混然とした
有志による反政府ゲリラ組織のエゥーゴとでは、クーデターを起こした場合、
どちらがより権力を掌握しやすいか?というと消去法でティターンズだっ
たと思うので…。

シロッコの誤算は、当初の読み以上に、ジャミトフ派・バスク派等の派閥が
代表者を失った際、新参者のシロッコに簡単に迎合せず、時間との勝負で
あったにも係わらず短時間で勢力をまとめきる事が出来なかったからでは
無いでしょうか?

ティターンズにとって、ゼダンの門(大)の完成以降は、コロニー
レーザーを奪われるという事態は、有り得ない事だったのでしょう。
(戦略・戦術意思決定支援システム等は、一応想定してはいたでしょうが)
その為、敵管理下にコロニーレーザーが有る戦場での敵味方入り乱れた
混戦等は想定(図上演習)すらしていなかったと思われ、

しかし、現実には"アクシズ落とし"によるティターンズ艦隊本部
"ゼダンの門(小)"の壊滅と、連邦基地"ルナ2"のティターンズへの
協力姿勢の変化と、前提が崩れた上での"グリプス2"の強奪が起こる。

それが急に目の前の現実となった時、求心力の有る指導者の不在、
戦場の混乱も重なり、浮き足立ってしまい、艦隊管制システム等のサポートが
あっても、簡単にはコロニーレーザー射線を考慮した組織的戦闘が出来ず
に壊滅を迎えてしまったのではないかと思います。

もう少しシロッコに時間があったなら、歴史は変わっていたかもしれません。
(今回も長文ですいません)
2006/06/24 (土) 23:11:09 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
こんなに長文でコメントいただけると燃えてきてしまいますね(笑)
久々に文章でまともに議論できる方に出会えた気がします。

コロニーレーザーの建造目的が
コロニー落とし(に代表される大型質量兵器)阻止
というのはなるほど!という感じですね。
非常に説得力の高い解釈です。
実際にグラナダに落下するアクシズを
コロニーレーザーで阻止していますしね。
いつコロニーレーザーの開発が決定したかにもよりますが、
予算と規模を考えれば割と早い時期から計画されていたでしょうから、
まずそう判断して問題ないでしょう。

>Macharのcolony laser基部
>側をぶった切った物だったのではないか?と考えていま>す。

確かにジオンのソーラ・レイは
破壊されたという設定は今のところ存在しませんし、
再利用されている可能性はありますね。
ソーラ・レイは複数の使用に耐え得る仕様では
なかったようなので、
作り直す部分は多かったと思いますが、
それでもゼロから作るよりはずっと楽でしょうしね。

>グリプス設定
ここは非常に複雑で自分でも正確には
理解していない部分があるんですが、
ア・バオア・クーが改名してゼダンの門になったというのが
公式の見解だとは思うんですが、
これがちょっと疑問と言うか、
グリーンノアを守るための要塞として
ア・バオア・クーとルナツーを持ってきているわけで、
だったら二つの要塞とグリプス2を含めて
ゼダンの門と呼称した方が、
現実的なんじゃないかぁと思っていまして、
ああいう書き方になりました。

というわけで、
>「Titansを潰すには本拠地たる"Zedanの門"(基地機能>としては
>A Baoa QuとLuna II)を潰さねばならない」が正解な>気がしますが…
>どうでしょう?

ジオンがサイド3の防衛のために
ソロモン、グラナダ、ア・バオア・クーを要塞化していたように、
ティターンズもグリーンノアを守るために
要塞を集結させたのかなぁと思ったんですが、
違いますかね?
実際、ゼダンの門を粉砕されても
ティターンズは組織を維持していましたし。

グリプスとグリーンノア2に関しては
完全に混乱してます(苦笑)
正直、なんであのような複雑な設定にしたのか
理解に苦しみますね。

>ティターンズの恐怖とエゥーゴの恐怖
この辺は作ってる側も区別してないんだろうなぁ
という気はしますよね。
基本的にエゥーゴ=アーガマとしてしか描かれていないし。
もっと連邦にいるスパイと連動した作戦とか、
そういう描き方にすれば
いきなり敵兵とばったり出会って禅問答するより
はるかにリアルなシナリオになったのにな~って思いますね。

実際のところグリプス戦役って
イラク戦争と大差ないのかなぁと思います。
テロ組織側が勝っちゃうけど(笑)

>"コロニー落とし"を月面都市に敢行したティターンズは、自分
>達の拠点(要塞)に対する(ジオン残党等の)"コロニー落とし"も想定
>していた筈だと思います
だからティターンズは本拠地を宇宙に移したのかもしれませんね。
その後の連邦軍はコロニーやらフィフスルナやらを落とされているので、
そこの意識は欠落しちゃったんですかね~。

>クーデターを起こした場合、
>どちらがより権力を掌握しやすいか?というと消去法でティターンズだっ
>たと思うので…。

シロッコの目的が権力だったなら、確かにそうですね。
自分としては単に地球圏を混乱に陥れたいだけなのかなと
思っていたので。
どちらにしろ、シロッコはトップにはなりたくなかったんじゃないか
というのが持論です。

ところでルナ2はシロッコに非協力的だったという
描写はどこかにありましたっけ?ちょっと記憶にないのですが…。
2006/06/25 (日) 20:28:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
時間軸等、再確認の後で
>久々に文章でまともに議論できる方に出会えた気がします。
この様に言って頂けると有り難いです。

>>グリプス設定
>公式の見解だとは思うんですが、
>これがちょっと疑問と言うか、
>グリーンノアを守るための要塞として
>ア・バオア・クーとルナツーを持ってきているわけで、

成る程。グリーンノア(2?=グリプス1)が本拠地で、
ここを最重要の防衛対象と捉えた場合は確かにそうですね。

 私は、新しく入手したより大規模拠点(ア・バオア・クー)に
グリプスの基地機能を移転・統合した(結果、グリプス2は
コロニーレーザーへ改装可能に)と捉えていて、
 この時点でジャミトフ、バスクが同時にこの拠点に座上
する事からもここがこの時点のティターンズの本拠地(守る
べき場所)だと判断しています。

>だったら二つの要塞とグリプス2を含めて
>ゼダンの門と呼称した方が、
>現実的なんじゃないかぁと思っていまして、
>ああいう書き方になりました。
いえ、この点はルロイさんの認識で合っていると
思います。二つの要塞とグリプス2を含めて
ゼダンの門とも呼称しているという設定もあったと思います。

第39話「湖畔」の冒頭のナレーションで、
「ここは、ティターンズの宇宙要塞"グリプス"である。
かつての"グリプス"は、二つに別れ、"ア・バオア・クー"も
"ゼダンの門"と改称されて、"ルナ2"と共に、ティターン
ズの拠点としてあった。」とあります。
最後の部分が、なんとも解釈の難しい一文ですが、この時点で
"ルナ2"がティターンズの拠点になっているともとれます。

>ティターンズもグリーンノアを守るために
>要塞を集結させたのかなぁと思ったんですが、
>違いますかね?

この時点での"グリーンノア"の重要性が鍵になると思う
のですが…
第45話「天から来るもの」のナレーションで、"ゼダンの門
(旧ア・バオア・クー)"を指して「最大の拠点」とか、
「ティターンズの拠点となるべき…」とも言っていますので、
この時点でのティターンズの本拠=グリーン・ノア論は薄い
様な気がします。この時点のグリーン・ノア(サイド7)の
構成は、グリーン・ノア1(居住区+基地)とグリーン・ノア2
(グリプス1:ティターンズ基地+工場ブロック)で、規模も
小さく、重要性も少なくなっていると思います。

>実際、ゼダンの門を粉砕されても
>ティターンズは組織を維持していましたし。
本拠を破壊されたとしても、ジャミトフをはじめバスク等
指揮系統が(艦隊旗艦も艦隊の大半も)無傷でしたし、短
期間(巡航可能な時間内)であれば戦闘は継続可能な訳ですし、
本拠の壊滅=即、組織の壊滅とはならないと思います。
(一応、隣には無傷の"ルナ2"も控えていますし)

>グリプスとグリーンノア2に関しては
>完全に混乱してます(苦笑)
>正直、なんであのような複雑な設定にしたのか
>理解に苦しみますね。
ZのTV版第1話で、クワトロが潜入した方が"グリプス"、
アポリー達が潜入した方が"グリーン・ノア1"とかの
テロップを入れるべきだったと思いますね。

第40話「グリプス始動」の中の一連の会話中で、
分割・移動前の"グリプス"が配置されていた場所を指して
"グリプスの空域"と言っていて、しかも"グリプス2"と
"グリプス1"を区別して話している等、より混乱を煽る様な
会話内容になっています。

>シロッコの目的が権力だったなら、確かにそうですね。
手っ取り早く目的(シロッコの理想社会建設)を達成する為に、
取り敢えず権力が必要という事で、権力獲得が最終目的では無く、
あくまでも手段だったのだと思います。

>自分としては単に地球圏を混乱に陥れたいだけなのかなと
>思っていたので。
う~ん。ちょっと乱暴な感じがします(笑)。

>どちらにしろ、シロッコはトップにはなりたくなかったんじゃないか
>というのが持論です。
確かに劇中(TV版)でシロッコは、「やはり人は、より良く導かれ
ねばならん。指導する絶対者が必要だ」、「変えるのだよ。それを
やるのはレコア、君かもしれない」と言っているので、ザンスカール的
女系社会を目指していたんだと思います。(もう少し最適な台詞が有っ
た様に思うのですが…)

>ところでルナ2はシロッコに非協力的だったという
>描写はどこかにありましたっけ?ちょっと記憶にないのですが…。

"ゼダンの門(小)"にアクシズ落としが行なわれた時点では、
ジャミトフもバスクも健在ですので、連邦軍(ルナ2)がシロッコと
いうよりティターンズと距離を置きつつあったと、とらえています。

 先にも書きましたが、"ゼダンの門(大)"において、その構成要素の
一つとしての"ルナ2"の役割は、"ゼダンの門(小)"と相互防衛戦力
補完を行いつつ、"グリプス2"の警護を行なうという物だと思います。

"アクシズ落とし"に備え「ゼダンの門(小)」から艦艇脱出を試みる
ティターンズに対し、エゥーゴ艦隊は追い討ちで"もぐら叩き(港口封鎖)"
攻撃を仕掛けますが、本来なら"ルナ2"はここで攻撃に晒されている"ゼダン
の門(小)"を積極的に支援しなければ成らない筈なのです。しかし、その
時のジュピトリス同様、協力的(支援に必死)だったという描写が無かった
様に思うので、「連邦基地"ルナ2"のティターンズへの協力姿勢の変化」
(時期的にもダカール宣言の直後)と解釈した訳です。
2006/06/27 (火) 00:29:20 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
>私は、新しく入手したより大規模拠点(ア・バオア・クー)に
>グリプスの基地機能を移転・統合した(結果、グリプス2は
>コロニーレーザーへ改装可能に)と捉えていて、
>この時点でジャミトフ、バスクが同時にこの拠点に座上
>する事からもここがこの時点のティターンズの本拠地(守る
>べき場所)だと判断しています。

ジオンでもギレンもキシリアもア・バオア・クーにいましたけどね、
という反論はできるんですが、
そもそもジオンは国家でありサイド3は本土なわけですから、
ただの一軍隊に過ぎないティターンズとは事情が違いますよね。
軍の場合本拠地というのはおそらく中央司令部のようなものになると思うんですが、
それがゼダンの門に置かれているのかというところでしょう。

>ルナツー
確かにルナツーは序盤にライラの部隊が出てきたくらいで、
あとはほとんど話に絡んでこないんですよね。
グリプスの宙域にあるはずなのに…。
それをティターンズに非協力的だったからと解釈するのはなるほど、と思います。
ゼダン崩壊後のティターンズ艦隊はおそらく
一番近いルナツーを補給基地として使っていたでしょうから、
それで帳尻を合わせていたという感じでしょうかね。

シロッコの目的に関しては別項で取り上げているので、
そちらでまた意見をいただければと思います。
2006/06/27 (火) 20:33:31 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
歴史捏造(もとい新設定追加)の果てに
「ティターンズの本拠地」についての公式設定とか、
新しく追加(捏造)された歴史は無いものかと
買ったままで積読になっていた「機動戦士Zガンダム
ヒストリカ」を調べ始めたら…。
No.10(TV版の8)のP19を見てビックリ
>大胆仮説ですが、私はこのcolonyの内、1つが実は
>MacharかMacharのcolony laser基部側をぶった切った
>物だったのではないか?と考えています。
同じ様な事を考える人(書かれた人は日下部さんという方)も
いるもんだなと感心したり、(実際のところは定かで
ないとか結んでいたりと)呆れたり。。。

第40話「グリプス始動」より
クワトロ「御苦労。グリプスの空域のゴミはどの程度なんだ?」
ブライト「工事で捨てた金属、岩石の量だ。たかが知れているさ」
クワトロ「グリプス2を、レーザー発信機に改造したのなら、
     岩石はかなり…」
ブライト「グリプス2は、ゼダンの門から月を狙撃するポイントへ
     移動しようとしているんだ。捨てたゴミは自動的に離れ
     ている」

この辺りの会話をどう捉えるかなのでしょうけど…。

まぁ、読み始めて直ぐにこの成果(?)だったので、これに気を
良くして、こんな感じで、グリプス事変終盤の「ティターンズの
本拠地」に関する記述(捏造も可)も載ってたらいいな!と思い
探しはじめたのでした。。。(笑)

>シロッコの目的に関しては別項
シロッコの目的に関してはあんまり興味は無いの
ですが(笑)。了解しました。
2006/06/28 (水) 22:47:20 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
TV版のヒストリカはノーチェックだったんですが、
そんなことが書いてありましたか。
やはり公の出版物を書く人は違いますな。
ヒストリカはかなり突っ込んでいるので
(既存の設定をなぞるだけではなく、考察が入っている)
全巻チェックすれば(笑)それらしい記述があるかも知れませんね。

シロッコに関しては、特別議論する気がなければスルーして結構です(爆)
2006/06/28 (水) 23:06:34 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
Gryps2でGranada Cityを狙撃せよ!
TV版の話の流れをチビチビと再確認しつつ、
この時期の各ランドマーク(グリプス2、ゼダンの門、
ルナ2、アクシズ、月(グラナダ)等)の時間の経過に対応した
位置関係を把握しようと思って例のZヒストリカの
宇宙地図(?)を眺めていたら…、

月(≒グラナダ市)っと、まとめ様として重大な事に
気が付いた…。

Granada City(グラナダ市);月面の"地球から見て裏側の
E180に位置する"都市。地球と月のラグランジュ・ポイント
L2向けのマスドライバーを用いた建設資材の射出基地として、
直径約2kmのクレーターを利用して建設された放射状の都市。
名物としては「Granadaの水」、「月面ピザ」等が有名…。
(※上記はオフィシャルズ記載の設定に準拠)

って、えっ? ティターンズ!? グリプス2(コロニーレーザー)を
グラナダが狙撃(攻撃)出来るポイントに移動って…!?
バスク何処まで行く気やねん!<-と突っ込んで見る。。。
ふーっ、遠い目…。

月面を移動するさまよえる都市グラナダですが…
2006/06/29 (木) 00:15:46 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
確認してみましたが、
確かにグリプスは月の裏側まで動いてますね(笑)
そりゃ、コロニー落とした方が早いに決まってるわなぁ…。
というか、グリプス2を移動させたからゼダンの門が陥とされたと言っても過言ではないかもしれません。

ティターンズ万歳ですな。
2006/06/29 (木) 21:39:04 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
グリプス2、月の裏側へ侵攻せよ!
> 確認してみましたが、
> 確かにグリプスは月の裏側まで動いてますね(笑)

エエッ!?、そんな描写(グリプス2が月の裏側が望める宙域
(=L2宙域)に進行した)が有ったかと、血眼になって捜してしま
いました(笑)。

確認されたのは、ここですか?
(違っていたら教えて下さい。)
第43話「ハマーンの嘲笑」の冒頭のナレーションで、
「そのグリプス2のコロニーレーザーは、月面都市グラナダを、
 その射程距離に捕らえようとしていた」

このナレーションは困り物で、実際には射程距離的には捉えて
いますが(というか、最大出力時であれば、射程距離的には
ゼダンの門位の距離からでも地球の影からズレれば行けそうな
気がするのですが…)、射角的には全然まだまだの位置(月軌
道よりもやや内側、L4とL2の中間辺り)で、核パルスエンジン
をグワダンに射抜かれています。

もし、グリプス2(全部か一部)がマハルだったとしたら、もと
居た場所(=Side-3)に戻って、グラナダを狙撃という事になる
ので因縁を感じますね。。。

Zヒストリ化も、グリプス2の月裏側宙域への侵攻失敗の図に、
「戦力に乏しい~ ~グラナダを直接照準可能な月の裏側への、
グリプス2の無傷での侵入を許してしまった。」という説明文を
付けるあたり、頭が痛くなってきます。。。(苦笑)

> そりゃ、コロニー落とした方が早いに決まってるわなぁ…。
確かにそうですね(笑)。ティターンズに、目標に応じて手段を
変える柔軟性が必要だった様に思います。コロニー落としする
際に、コロニーに付ける護衛部隊の損耗を嫌ったのでしょうか?

> グリプス2を移動させたからゼダンの門が陥とされ
> たと言っても過言ではないかもしれません。
グラナダ攻撃に固執し過ぎて、不用意にアクシズの接近を許した
のは戦略ミスですね。。。ルロイさんが書かれている様に、
ゼダンの門宙域に留まって、近付いて来る敵アクシズ(=ジオン
残党なので)、エゥーゴを各個撃破した方が戦力差的に安パイ
ですよね…。

新たな疑問として、思い付いた物(笑)
・何故"ゼダンの門(小)"は核パルスエンジンを噴かして(ラン
 ダム加速)、アクシズを回避しなかったのか?
 艦隊を脱出させるよりも楽なのでは?と思ってみたり…。
  核パルスエンジンは、L2(旧ア・バオア・クー宙域)から、
 L3(ゼダンの門宙域)への移動は当然核パルスエンジン使用と
 思われるので…。
 ググったらWikiに「グリプス戦役では核パルスエンジンを設置、」の
 記載有り。(公式度の解釈が残りますが…)

そういえば、グリプス2が核パルスエンジンを射抜かれて漂流するのは
分かるんですけど、引き連れていた(グリプス2と同じ慣性系にいた)
太陽光発電ユニットも加速なり減速をしてグリプス2を追っかけて行った
んでしょうかね? 一心同体とは言え健気ですねぇ。

大した事ではないのですが、太陽光発電ユニットからグリプス2への、
送電はマイクロ波無線送電なので、一心同体的行動をとらなくても、
安全な位置(ルナ2宙域)で発電して、L4=サイド2、サイド5宙域の
グリプス2へ送電すれば良かったのではと思ってみたり…。

グリプス2を移動させず、反透過ミラーフィールドを利用した自航式の
反射器(ヤマトや種運命の反射衛星砲でいうミラー衛星)を移動させて
いって攻撃の方が、効率はいいですよね。ここら辺はさすが種運命と
いうべきか(笑)

あと、(←まだ有るんかい)ゼダンの門と衝突後のアクシズなんですが、
L3(ゼダンの門)宙域から、地球と月軌道の中間位を通り、月方向へ
抜けるのは分かるのですが、地球に最接近時、地球の重力で加速スイング
バイ状態 + 月でも加速スイングバイ状態。なので月の裏側まで行って、
(月も自転しているので、回り込んで)グラナダに落着というのは考え難い
のですが…。(L4付近で、グリプス2は再加速前にエンジンをやられたから
月の裏側に抜けられなかった…。
逆に、アクシズは月の裏側に抜ける為に、地球と月に最接近時に加速され
ているので…抜けきってしまう?)

う~むっ?
2006/07/01 (土) 08:49:45 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
こうして考えるといかにご都合主義のシナリオになってるかが分かりますね(苦笑)

>そんな描写(グリプス2が月の裏側が望める宙域
(=L2宙域)に進行した)が有ったかと
よく見たら裏側に向かっているだけで
裏側までは辿り着いていないみたいです。たぶん。
ちなみにZヒストリカ最終巻の地図を見てました。

なんでそこまでグラナダに固執したのかというのは
なかなか疑問ですよねぇ。
グラナダにも連邦軍の基地はあるし、
潰したところでエゥーゴはいなくならないと思いますし。
財源を断とうとしたということでしょうか。

>何故"ゼダンの門(小)"は核パルスエンジンを噴かして(ラン
>ダム加速)、アクシズを回避しなかったのか?
これは初めて見たときから思ってました。
結構前から接近はわかってたのになんでかなぁと。
間に合わなかったんですかね?
要塞として固定していたから核パルスは外していたとか。

>マイクロ波無線送電
エゥーゴが使用した時どうしてましたっけね?
エゥーゴがアクシズから奪った時は
レーザー受信機普通にぶっ壊してましたが…。

>自航式の反射器
コロニーレーザーってよくわからないですけど
とてつもなくぶっといんですよね。
元々艦隊一掃兵器だからなんでしょうけど、
もっと集束されたレーザーでいい気はしますね。
そういう意味でも、マハルの再利用の可能性は高いかも。

>アクシズの航路
これは詳しくないのでよく分からないんですが、
核パルスでコントロールしても難しいんでしょうか?
ヒストリカの地図の方が間違ってるのかな。
2006/07/01 (土) 12:55:12 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
グリプス2のレーザー光最大直径
> コロニーレーザーって~
> ~とてつもなくぶっといんですよね。
> もっと集束されたレーザーでいい気はしますね。

グリプス2のレーザー光最大直径は4kmとも6kmとも様々な表記が
ある様ですね。

Zヒストリ化No.8 P19には、グリプス2は出力のコントロール以外に
ビームを絞る事も可能との記載が有りますが、そのわりにビームを
絞る機構の説明(概念図とか)は有りません。

ソーラー・レイのレーザー光の最大直径は4kmなので、コロニー
直径がマハルとグリプス2で同じと仮定すると、グリプス2のレー
ザー光最大直径は4kmになるのですが、劇中の描写ではレーザー砲
の砲口部は、マハル=ほぼ直径に対し、グリプス2は外周部に
障害物(円筒内壁の高層建造物?orこれが反透過ミラーフィールド
(対物側)の発生器である可能性も…)が見受けられ、最大直径は
3km以下になる物と思われます。(画面上からの判断)」

次に、グリプス2のSide2-18バンチ狙撃時のコロニー破壊痕の穴直径は
200mとの記載があるので、確かにビーム(レーザー光の直径)を絞る
事も可能な様です。(でも絞るって言うのか?)まぁ増幅(レーザー発振)
させる時の反透過ミラーフィールドの直径を調整する事で行なうんで
しょうね。レーザーは原理的に集束はさせない様です。(Zの時代では可能
になっているかもしれませんが…)

最初、Zヒストリ化のおかしな(?)概念図に惑わされてたんですけど、
レーザー光の直径を調整する事は可能ですね。(Zヒストリ化の概念図では、
コロニーレーザーの原理は良く分かりませんが(笑))
2006/07/06 (木) 00:56:34 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
なるほど。ある程度絞れるにしても、反射するには物凄く巨大な反射器が必要になりそうですね。
技術的に不可能ではなくても対費用効果で難しいということなのかもしれません。
2006/07/06 (木) 20:01:55 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コロニー・レーザーの”レ”

> 反射するには物凄く巨大な反射器が必要になりそうですね。

直径4km+アルファ(マージン分)の巨大な円形の鏡(実体だと
反射率95%以上、高出力レーザー対応)で、グリプス2だと、
レーザー発振に使う半透過ミラーフィールド(光源側相当)、
これを使えば良い訳ですね。

> 技術的に不可能ではなくても対費用効果で難しいということ
> なのかもしれません。

費用対効果的にも難しいという事は無いのではと思います。

 ダカール宣言以前であれば、ジャミトフの政治力を駆使すれば
予算の獲得は十分に可能だったのではないかと思われます。

 コロニー落とし攻撃の迎撃兵器の補修用部品(5個分)として
申請すれば良く、コロニーの輪切り状(ドーナツ型)の構造物に、
半透過ミラーフィールド発生装置をマウントし、核パルスエンジンを
設置しておけば良い(ついでに補修用のMS運用ブロックも設置)の
ですから…。

 実体の鏡としては、多層コーティングの臨界半透膜(これも最低、
ソーラ・レイの宇宙港側に使用された物と同程度の性能「高出力
レーザー対応」が必要)を利用すれば良いのですが、1回で使用不能
になるのがネックです。

実際の運用上も、複数の偏向器を同時に多方面から同時に戦場に
投入すれば、相互に敵を陽動する事が出来、万が一敵の手に落ちても
レーザー砲本体が無ければ、相手陣営的には、ほぼ無用な長物化する
点でも有効だと思います。
2006/07/12 (水) 21:51:00 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
うーむ、「対費用効果で難しい」というのは、
金がかかるから難しいと言う意味ではなく、
かけた金に見合うだけの効果が得られるかどうかが怪しいと言う意味ですから、
問題になるのはどう用意するかと言うよりも、
どのような結果を出せるかということだと思うのですが。
ましてや
>1回で使用不能になるのがネックです。
ということだと、まさに「対費用効果に見合わない」
ということになるかと。

原理は良く分かります。物理の知識は中学レベルなので(苦笑)
勉強になります。
2006/07/12 (水) 23:01:35 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
「自航式の反射器」でエゥーゴを釣る
「対費用効果で難しい」
 = どのような結果を出せるか?についてですが、

これは、建造費も高く、建造に時間もかかり、尚且つ、実
際の運用上、射角的な問題から危険な前線の狙撃可能点へ
コロニー・レーザーを移動させる運用を行なった場合(Zでの
ティターンズの運用ですが)、万が一、敵方の手に落ちたら、即、
自陣営を窮地に陥れる"諸刃の剣"としてのコロニー・レーザー
本体を、より安全な場所(ゼダンの門の位置)から運用出来る様
になるという効果を得る事が可能になります。
「自航式の反射器」の場合、必要な護衛の規模も「コロニー・レー
ザー本体」に比べ少なくする事が可能になります。

ちょっと戦術的な話になりますが、
用意する「自航式の反射器」は全てが本物である必要は無く。
バルーンのドーナツでも良いし、廃棄コロニーからの切り出し
でも良く、それを護衛する(同慣性系の)艦船も9割以上が
ダミーバルーンであっても良い訳です。
「自航式の(コロニー・レーザー砲の)反射器」をティターンズが
保有しているという事実が有る以上、幾つかの偽者の中に
本物の「自航式の反射器」を混ぜて運用すれば、陽動目的としては
良いわけです。(逆シャアでのラーカイラムの核ミサイルと同じですね)
阻止側(Zではエゥーゴ)はそれらに反射器としての可能性がある
以上、全てを破壊もしくは占拠する必要が有るわけで、敵(エゥーゴの
小規模艦隊)が餌(本物でも偽者でも可)に跳び付いたら、ティターンズ
としてはそれこそコロニー・レーザーで各個撃破(根こそぎ)です。

「対費用効果に見合う」結果というか効果を、得られると思うのですが、
どうでしょうか?

>> 1回で使用不能になるのがネックです。
> ということだと、まさに「対費用効果に見合わない」
> ということになるかと。

書き方が悪かった様で…。

"1回で使用不能"になるのは、ソーラ・レイ・システムで、当時(0078)、
使用された「反射鏡の役割」を果たした「実体の鏡的」な"試作"多層コー
ティングと同程度の完成度の臨界半透膜をそのまま使用した場合です。
大戦後7年間での性能・製造面での改良(普通に戦艦やMSの装甲表面に
使用されているコーティング技術との事ですので)等は考慮していません。

「反射鏡の役割」を果たす物として、"グリプス2"(0087年)で、実用
化・採用された技術の、「半透過ミラーフィールド(光源側相当)」を
使えば、何度でも使用出来ます。
2006/07/13 (木) 01:18:48 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
要するにコロニーレーザーをわざわざ移動させるリスクに比べれば自走式反射器は遥かに安全であり、
前線に出たコロニーレーザーの破損をその都度修理することに比べれば、
結果的にコストパフォーマンスも良いということですね。

アクシズが介入してこなければ、
そのくらい建造できる時間が十分あったのかもしれませんね。
2006/07/13 (木) 22:22:57 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
「Titansはcolony laserを何の為に造ったか?comment 1」
2006/08/05(土) 22:00:00 | Zの書
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.