がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Zガンダムの「何故」を考える4「エゥーゴのナンバー2は誰なのか?」
 エゥーゴの組織構成はかなり謎である。とりあえずナンバー1がブレックスなのは疑いのない事実。で、彼は死の間際にシャアを後継者に指名する。でも、政治家でもあるブレックスとエゥーゴの中ではパイロットでしかないシャアは本質的に違うんだよなぁ。でも議会に出席してたよな…議員資格持ってるのかクワトロ大尉は。しかしどっちにしろ、当のシャアはブレックスの死後すぐにアーガマに戻ってるし、それはTV版でダカール演説した後も同様。ブレックスでもシャアでもない、議会内でエゥーゴとして活動できる人間がいないと議会は統制できないのではないか?何が言いたいのかというと、そういう政治家としてのエゥーゴのナンバー2が居たのではないだろうかということだ。そもそも、いくらティターンズに及ばないとは言え、ブレックスが一人で連邦議会で反抗してたわけではないだろう。今の鈴木宗男じゃないんだからさ。ある程度の派閥は持っているはずなのである。個人的には、そういう人がいたからこそ、「F91」の時点で連邦本部が月に移動していたのではないかと思う。

 政治面でのナンバー2は他に手がかりもないのでそこで保留にして、次に軍隊としてのエゥーゴの指揮官は誰だったのだろうかということを考えてみる。頂点はこちらもブレックスだろうから、その次、ティターンズにおけるバスクのような存在である。階級的にはブライトだろう。それまではヘンケンが務めていたと言える。でも、ブライトもヘンケンも、エゥーゴの全軍を指揮していたようには見えない。シャアもブレックスの生前死後どちらもそのような行動はとっていなかった。エゥーゴには総帥が不在なのか?
 結局、ブレックスの死後にエゥーゴの顔として行動していたのはウォンでありメラニーだった。そう考えると、やはりエゥーゴはアナハイムの私設軍隊の性格が強かったと言える。ジャブローへの攻撃も、TV版ではスポンサーっぽい人たちの会議で決まっていた。エゥーゴというのは極めて私的な組織だ。組織としてはデラーズ・フリート以下とさえ言える。そもそも最高権力者であるブレックスが「准将」なわけで、それ以下ということは将官はいないということになり、すっごいもろい組織なんだろうなと感じられる。だから連邦に吸収されちゃったのね。
 ということで、軍隊としてのナンバー2はいない、ということになる…。そりゃ、アクシズと交渉もしたくなるよな。そうしなければ、ブレックスを失ったエゥーゴは組織を保てなかったのだ。そもそものエゥーゴの目的はティターンズへの反抗だったから、それさえ達成できればよかったのだろう。エゥーゴはブレックスとメラニーという、政界と財界の人間が結託して共通の利害のために作った、ティターンズを滅ぼすための即席組織だったのである。

 こうして考えると、Zガンダムの世界設定ってことごとく「目的」が抜けてるよなぁ…。主義主張だけは立派なんだけど。そういう時代だったのかね、当時は。
スポンサーサイト
コメント
コメント
エゥーゴは確かに脆い組織だったのかもしれない。ZZ初期の対応のクダグダさは凄かったですからね。指揮者不足だったのは明らかですな。
まぁしかし、画面には出なかったけど、補佐的人材はいたのかもしれませんね。
例えば、最近黒歴史から脱出しつつある『アドバンスドOP』ですが、旧エゥーゴ勢力のエライ人が登場しています。【マノフ陸将補】(男・58歳、ペガサス級イルニード正規艦長)です。ロンド・ベル隊創設にも係わっているそうです。でも、ゲーム冒頭で重体(笑)。ようするにポスト”パオロ艦長”なんですよ(w
2006/03/18 (土) 06:29:24 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ナンバー2不要論
 そうですね。確かに政治家がいないと意味ないですよね。私はジョンバウアーなんかがそうなのかと思っているのですが、どうでしょうか?あの人は軍人でしたっけ?
2006/03/18 (土) 08:08:19 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
確認した上で妄想
政府高官のなかでも唯一現状認識のできている人物。ロンド・ベル設立の後押しをしたのも彼で、現場の人間が望む軍備増強も彼のお陰で成功する。ブライトとも顔なじみで、ミライにシャトルの推薦状を書いたのも彼である。アデナウアーが「借りもあった」と言っていたので「コイツもまたダメ高官の一人か」と思われただろうが、とんでもない。
という風に元ネタのサイトでは紹介されていました。私の記憶違いではないようですね。
俺設定ですけど、この人はジョン・コーエン・バウアーが本名(?)で0083の後政界に転出したと妄想しています。
2006/03/18 (土) 08:16:05 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
>突破さん
ダブリンじゃ連邦に逆らえませんでしたしね。
ただ設定にないということは後付けが可能というわけで、
今後出てくる可能性は非常に高い(エコールあたりで)ですね。

補佐がないとアムロはまた幽閉生活だった可能性もありそうなので、
マノフ陸将補はいてもおかしくない人物ですね。
陸将ってことはカラバの人かもしれないけど。
2006/03/18 (土) 10:53:56 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
確かにジョン・バウアーはエゥーゴ系かもしれませんね。
アナハイム製であるジェガンの配備も後押ししてますし、
アデナウアーに借り作ってるあたり、
ブレックスよりも上手く立ち回ってる人っぽいです。

作中だと「連邦にもまともな人がいるんだよ」という位置付けで名前だけ出ている感じなんで、
如何とも判断しがたい感じではありますが。

でもジョンは名前だと思うので、コーウェン中将との関係はちょっと厳しいかもしれません(^^;
2006/03/18 (土) 10:56:54 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
「階級」と「目的」について
こんにちは。
「階級」と「目的」について
は、下記の様に思います。

> そもそも最高権力者であるブレックスが「准将」
> なわけで、それ以下ということは将官はいないと
> いうことになり、すっごいもろい組織なんだろう
> なと感じられる。
それを言ったら、第2次ネオジオンの最高権力者シャア
なんか、「大佐」以上の階級は辞退したので「大佐」
止まりです。 デラーズは(残党軍を維持するとい
う)立場上、自己昇進(!?)で「大佐」から「中
将」に階級を改めただけなので、実質(実績)がとも
なっていないと思います(部下も含めて階級のみスラ
イド)。
 対してエゥーゴの場合、ブライトみたいに中途で、
連邦軍(一般)からエゥーゴ(一応連邦軍)へ参画し
た場合には(特典?で)1階級特進したりしている例も
ありますが、エゥーゴ設立メンバー(ブレックス、ヘ
ンケン)の場合、自分で1階級特進はし辛いし、目的に
照らしてその必然もなかったのでしょう。
 仮にブレックスが「少将」とか「大将」を名乗って
もエゥーゴ側の連邦軍的には問題無いでしょうが、一
般の連邦軍人とかからすれば階級(昇進)の乱用と
映って、ティターンズの「一般の連邦軍人より2階級上
の権限を持つ」と被って、ただ単に連邦軍内の覇権が
欲しい連中と思われる恐れもあり、それは本意では
無かったでしょうし…。
 ちなみにリビアの実質的な元首もカダフィ大佐(と
呼ばれていますが革命時の階級は大尉)です。
しかし、リビア軍の階級には大佐以上の階級(大将や
中将など)も存在します。だから、エゥーゴ(連邦軍)
の階級にも准将以上の階級(大将や中将など)が存在
しても問題ないとおもいます。

> Zガンダムの世界設定ってことごとく「目的」が抜
> けてるよなぁ…。
ティターンズの真の「目的」は不透明ですが、
エゥーゴの「目的」は明確で、「ティターンズ(に代
表される重力に魂をひかれた人々)の専横・台頭を抑
え、正す事」です。一年戦争をきっかけに、地球連邦
政府(地球至上主義者の代表者として)がスペースノ
イドとの(自治的・経済的)確執を深め、弾圧の強化
を推し進めた為、根本的な解決策として、スペースノ
イドの人権に関して連邦政府側の意識改革を迫るとい
う事です。

政治面・軍隊面でのナンバー2は、存在したがTV・映
画では(エピソード的に)重要では無かったので描か
れなかったと考えるのが自然ではないでしょうか?
ダカール宣言でさえCutの映画ですから。
2006/06/17 (土) 19:07:02 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
ども、書き込みありがとうございます。

>それを言ったら、第2次ネオジオンの最高権力者シャア
>なんか、「大佐」以上の階級は辞退したので「大佐」
止まりです。
>デラーズは(残党軍を維持するとい>
う)立場上、自己昇進(!?)で「大佐」から「中
>将」に階級を改めただけなので、実質(実績)がとも
>なっていないと思います(部下も含めて階級のみスラ
イド)。
>ちなみにリビアの実質的な元首もカダフィ大佐(と
>呼ばれていますが革命時の階級は大尉)です。
>しかし、リビア軍の階級には大佐以上の階級(大将や
>中将など)も存在します。だから、エゥーゴ(連邦軍)
>の階級にも准将以上の階級(大将や中将など)が存在
>しても問題ないとおもいます。

確かに階級が低ければ統率できないというわけではないですね。
最高権力者が准将だからという理由で組織が脆いというのは不適切かもしれません。

>エゥーゴの「目的」は明確で、「ティターンズ(に代
>表される重力に魂をひかれた人々)の専横・台頭を抑
>え、正す事」です。一年戦争をきっかけに、地球連邦
>政府(地球至上主義者の代表者として)がスペースノ
>イドとの(自治的・経済的)確執を深め、弾圧の強化
>を推し進めた為、根本的な解決策として、スペースノ
>イドの人権に関して連邦政府側の意識改革を迫るとい
>う事です。

それは「目的」ではなく「大義」です。
「大義」を実現するために何をするのか、という
具体的なビジョンが「目的」であり、
ブレックスの死後は見失われていたのではないか、
と言っているのです。

>政治面・軍隊面でのナンバー2は、存在したがTV・映
>画では(エピソード的に)重要では無かったので描か
>れなかったと考えるのが自然ではないでしょうか?
>ダカール宣言でさえCutの映画ですから。

描かれなかったから、どんな人なのか考えようと
いうのがこの記事の趣旨なのですが…。

政治面のナンバー2はヒントが少なすぎて
具体的な想像は難しいが、
後の歴史で連邦政府が月に移っていることから
ブレックスの遺志を継いだ政治家はいたのだろう
という結論で、

軍事面のナンバー2はクワトロになるはずだが、
戦場においてクワトロはパイロットでしかなく、
戦略はTV版では出資者が練っていたし、
戦術は(少なくとも劇中では)
ブライトやヘンケンが練っており、
アクシズとの交渉もウォンやメラニーといった
財界の人間が行っていたので、
その全てを統括している実質的なリーダーは
ブレックスの死後いなかったのではないか、
という結論の文章です。
もしいるのなら、せめてアクシズの交渉時くらいは
劇中に(名前だけでも)登場すると思いませんか?
2006/06/17 (土) 21:43:27 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
補足
戦略を練る場面、戦術を練る場面、交渉時、
全てのシーンでクワトロが登場しているので、
やはり実質的なナンバー2はクワトロなのでしょう。

ただ彼は自分の意志をエゥーゴ内で
押し通そうとしたことがほどんどありません。
まるでリーダーシップを取らずその場面その場面で
決定権を他の人間に譲っているように見えます。

彼は「ケーキを食べに来た」だけというスタッフの意見が
実に的を射ているといえます。
2006/06/17 (土) 21:49:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
No.2は「ケーキを食べに来た?」
補足まで…。
ルロイさんレス有難うございます。

> それは「目的」ではなく「大義」~
> ~ブレックスの死後は見失われていたのではない
> か、と言っているのです。

なるほど、ルロイさんが使われた「目的」という言
葉の定義は、”「大義」を実現するために何をする
のか、という具体的なビジョン”言い換えると中期
目標とか短期目標という事ですね?(合っているの
かな?)

「主義主張だけは立派なんだけど」という文が後に
有って、『Zガンダムの世界設定ってことごとく
「目的」が抜けてるよなぁ…。』だったので気には
なったのですが…。

そうなると私が書いたのは、長期目標というか大目
標(大儀)になるのですが、 ルロイさん的に"世界
設定"で、”「大義」を実現するために何をするの
か、という具体的なビジョン”をしっかり描いた
作品って何かありました?
Z1部のグリプス宙域でのアーガマ航路決定会議とか
ですか?
私的には具体例がすぐに思い浮かばない無いので…

逆に、ブレックス存命中にブレックスから具体的な
ビジョン(目的)が示されていたという描写はあり
ましたっけ? 無かった様な…。
(ブレックスの死亡前後でエゥーゴの具体的なビジ
ョンに(有->無)の変化が有ったのでしょうか?)

> 描かれなかったから、どんな人なのか考えようと
> いうのがこの記事の趣旨なのですが…。
いえ、それは承知しているつもりですが、裏が取れ
た部分についてのみのコメント書き込みなので、前
回の書き込みの結びとなっています。
時間的・作業的に裏が取れなかった部分については
(思い込みでの)書き込みを基本的に自重しています。

> 政治面のナンバー2は~後の歴史で連邦政府が
> 月に移っていることからブレックスの遺志を継い
> だ政治家はいたのだろうという結論で、
確かに事実として「Vガン時(U.C.0150年代)には
連邦政府中央議会もフォン・ブラウンに移転」して
いますが、時系列的には、0093/03/04ネオ・ジオン
が地球連邦本部(or地球連邦軍本部)の有るチベット
のラサへ5thルナ落としを実行。ラサは壊滅。軍の
上層部は既に脱出。
(逆シャア Zからは約6年後)
閃光のハサウェイ時0103-0104年にはアデレードに
移転。(閃ハサ Zからは約17年後)
バビロニア時0123年もアデレード?記述未確認。
(F91 Zからは約36年後)
で、Vガン時0150年にはフォン・ブラウンに移転済
み。(Vガン Zからは約63年後)
という流れです。
アデレード(0100年頃)からフォン・ブラウン
(0150年頃)への移転の間には50年もの開きがあり
(途中、他の地への移転の可能性も有り)、Zから
は(最長)約60年後の移転なので、ブレックスの
遺志を継いだ政治家の影響は少ない様に思えます。
そもそもブレックスに連邦本部(議会)を地球上
から宇宙へ移すという意思は無かった様に思うの
ですが…。(案外、移転の直接の原因は地球環境
の悪化かもしれません。)

軍事面のナンバー2はクワトロになるはずだが、
戦場においてクワトロはパイロットでしかなく、
> 戦略はTV版では出資者が練っていたし、
頭の痛い描写ですが、スポンサーはスポンサーで
しかなく、戦略にも有る程度素人が口を出してい
たと捕らえるべきだと思います。
直接というか最終の戦略はやはりエゥーゴ軍令部
(最低でも連邦軍月(グラナダ)方面艦隊司令部
等)が行なっていたと思います。
(戦略立案のプロですから)

> 戦術は(少なくとも劇中では)ブライトやヘン
> ケンが練っており、
役職的には、ブライト(アーガマ艦隊司令長官)、
ヘンケン(月方面艦隊司令長官)だったと思うので、
彼等が中心になって戦術を練るのは当然ですがアー
ガマ、ラーディシュともに艦隊旗艦のわりに旗艦機
能を果たす為のスタッフ(副官、作戦参謀等)の
描写が(ジパングの「みらい」の様に)無いのが問
題だと思います。

> アクシズとの交渉もウォンやメラニーといった
> 財界の人間が行っていたので、
> その全てを統括している実質的なリーダーは
> ブレックスの死後いなかったのではないか、
> という結論の文章です。
> もしいるのなら、せめてアクシズの交渉時くらいは
> 劇中に(名前だけでも)登場すると思いませんか?
ブレックスの死後はクワトロがその後継者(エゥー
ゴの全てを統括している実質的なリーダー)になって
いると思いますがどうでしょう?
 ウォンやメラニーはクワトロ(エゥーゴ)総帥の
側近(エゥーゴ上層部スポンサー代表)として交渉
(実務)を行なったという事ではないでしょうか?

> 戦略を練る場面、戦術を練る場面、交渉時、
> 全てのシーンでクワトロが登場しているので、
> やはり実質的なナンバー2はクワトロなのでしょう。
ブレックスがクワトロにエゥーゴを託した事からも、
これは間違いない様に思います。
(なんか上と被っていますが…)

ただ、ナンバー2で有るかどうかは別として、軍隊面
でブレックスの側近(副官)やエゥーゴの軍事中枢の
メンバー等がヘンケン以外にいる事は想像に難く有り
ません。それはTV版の2~3話?のアーガマ艦内にいて
カミーユとの面談にも立会い、後にブレックス、ヘン
ケン等と月の拠点?に移った中年の複数の軍人(黒軍
服とか着用。あんまり高官ではなさそうでしたけど)
も確認されているので…。
 エゥーゴ軍令部も(少なくとも0087/04/21の「グラ
ナダ叛乱」で連邦軍月(グラナダ)方面艦隊が、エゥ
ーゴへの参加を宣言して以降は)存在していたでしょ
うし…。
(月方面艦隊旗艦がラーディシュとか <- こういう台
詞か記述が有ったと思うのですが? )
そういえば、0087/11/02の「キリマンジャロ連邦軍基
地攻略作戦」時のエゥーゴとカラバ共同軍全軍の作戦
指揮を執ったのは誰だったのでしょう?
カラバのハヤト艦長だったでしょうか?

> ただ彼は自分の意志をエゥーゴ内で
> 押し通そうとしたことがほどんどありません。
> まるでリーダーシップを取らずその場面その場面で
> 決定権を他の人間に譲っているように見えます。
確かにこの様な描写は1stのシャア的では有りません。
でもエゥーゴの指導者としては、0087/08/17のブレッ
クス准将暗殺後、0087/11/02のキリマンジャロ基地攻
略(計画立案と総指揮は誰か不明ですが)、0087/11/
16の「ダカール演説」、0087/12/26の「アンマン秘密
会談」(連邦行政府、エゥーゴ間。クワトロ参加は未
確認)等を行ったりして地味目だけど仕事はしていま
す。

> 彼は「ケーキを食べに来た」だけというスタッフの
> 意見が実に的を射ているといえます。
当初のサブタイトル「逆襲のシャア」企画(本来のTV
版Z後半部分)が変更(打ち切り)になり、活躍する
(筈だった)舞台なり場所(話数)が削られれば、後
は「ケーキだけ食べて」次の出番(CCA)までアクシズ
にでも戻って寝ているしかありません。エゥーゴを率
いて(企画を変更させた)株式会社ガンダムにアクシ
ズ落としでも出来れば別でしょうが…。そうさせてし
まった責任の一端はスタッフにも有ると思います。
当時の富野監督とか製作スタッフとクワトロ/エゥーゴ
が重なって見える部分でもあります。

P.S.そういえば、カミーユ・ビダンは軍属扱い(中尉
待遇)で階級なしでしたね。
2006/06/18 (日) 14:51:45 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
>なるほど、ルロイさんが使われた「目的」という言
>葉の定義は、”「大義」を実現するために何をする
>のか、という具体的なビジョン”言い換えると中期
>目標とか短期目標という事ですね?(合っているの
>かな?)

そういうことになりますね。
例えばジオン公国の「大義」は連邦政府からの独立とか
ジオンの自治権の獲得とか、
そういうことになるわけですが、
「目的」は「地球連邦政府の打倒」だよねと。
じゃあエゥーゴは?ということが物語からは見えてこないなというのが

>「主義主張だけは立派なんだけど」
>『Zガンダムの世界設定ってことごとく
>「目的」が抜けてるよなぁ…。』

という言葉の真意になります。
言葉の使い方は悪かったかもしれません。

>「大義」を実現するために何をするの
>か、という具体的なビジョン”をしっかり描いた
>作品って何かありました?

これは他のガンダムは大抵「敵を倒すこと」が目的なんですよ。
でもZガンダムの場合ティターンズを倒せば
それで終わり、という感じでもないんですよね。
やってることはティターンズの横暴への反抗なんですが、
攻撃を仕掛けたのはエゥーゴが先だし、
ティターンズを倒しても政治的目的が達成されないのは
後の歴史を見ても明らかですし。
どうもエゥーゴの行動に一貫性がないというか、
ジャブロー攻撃が失敗してからは
後手に回ってばかりだったというのもあって、
物語の中で何がやりたかったのか見えてこないんです。
そこがシナリオ上見えないから
「目的が抜けてる」と思いました。
アナハイムなんかはスペースノイドのために
エゥーゴに協力していたとはとても思えませんし、
結局はティターンズの存在をよく思わない人間の
寄せ集め組織でしかなかったわけで、
全員が全員同じ目的で参加している組織では
なかったのかな、と思います。

>バビロニア時0123年もアデレード?記述未確認。
>(F91 Zからは約36年後)

すいません、0123年は月に本部があったと思うんですが、
あれは軍の本部でしたっけ?
「0123年にすでに連邦の中枢は月にある」と言うのが根拠ですので、
そこが間違っているのなら完全に思い違いということになりますね。
確かに、連邦の高官が地球でバカンスをしているような
描写はあったように記憶していますが…。

>ウォンやメラニーはクワトロ(エゥーゴ)総帥の
>側近(エゥーゴ上層部スポンサー代表)として交渉
>(実務)を行なったという事ではないでしょうか?

これは劇中では
交渉を決めたのはウォンであり、
「お前元ジオンだから交渉できるんだろ?」
みたいな感じでクワトロも一緒に行くことになった
というシナリオの流れになっていたと思います。
エゥーゴは基本的に発言力が出資者>軍人でしたよね。
この辺は当時のサンライズとバンダイの関係だったんでしょうけど。

>そういえば、0087/11/02の「キリマンジャロ連邦軍基
>地攻略作戦」時のエゥーゴとカラバ共同軍全軍の作戦
>指揮を執ったのは誰だったのでしょう?
>カラバのハヤト艦長だったでしょうか?

カラバがキリマンジャロを攻撃しようとしているから
エゥーゴも協力するぞ、という流れだったと記憶しているので、
立案したのはカラバ側でしょうね。
カラバの指揮体系はよく分かりませんが、
大抵の資料ではハヤトがリーダーだと言われているので
やっぱりハヤトなんじゃないでしょうか。

一応論点は自分が
「軍のナンバー2はいない」と言ったことに対し
ねもさんは
「ナンバー2は劇中にはいないけどいるだろう」
という点だけでよろしいでしょうか?
2006/06/18 (日) 15:39:19 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
> 一応論点は自分が
> 「軍のナンバー2はいない」と言ったことに対し
> ねもさんは
> 「ナンバー2は劇中にはいないけどいるだろう」
> という点だけでよろしいでしょうか?

はい、という点だけで良いです。
論点が拡散気味でとりとめのない内容になりすみま
せん。

> P.S.そういえば、カミーユ・ビダンは軍属扱い
> (中尉待遇)で階級なしでしたね。
これはエゥーゴという組織が正規軍では無いこと
の再確認として書きました。「階級」絡みで。

> じゃあエゥーゴは?ということが物語からは見え
> てこないなというのが
(当面の)「目的」は単純に「ティターンズの打倒」
になるんじゃないでしょうか? 確かにブレックス
を含めティターンズ打倒後どう行動するのか?とい
う点は希薄な感じがしますが。(富野さんも含めて)

> やってることはティターンズの横暴への反抗なん
> ですが、攻撃を仕掛けたのはエゥーゴが先だし、
TV版の1話以前に、30バンチ事件が先にあり、エゥ
ーゴを含めた反地球連邦政府運動組織とティター
ンズの小競り合いも複数有った様な記述もあるの
で、TV版の1話でどちらが先に攻撃を仕掛けたかは
あまり意味が無い様にも思います。
 ライラはアーガマ臨検時に(Mk-2強奪時に宣戦
布告さえ行なっていない)エゥーゴの存在を知って
いましたし。そうだとするとティターンズとエゥー
ゴの初回の戦闘なり、宣戦布告はもっと以前に行な
われていたと思うのですがどうでしょう?

> ティターンズを倒しても政治的目的が達成されな
> いのは後の歴史を見ても明らかですし。
ティターンズが権勢を誇っていた時期よりもスペー
ス・ノイドへの弾圧は弱まっているので、政治的目
的は一応達成されたのではないでしょうか?

> ジャブロー攻撃が失敗してからは
クワトロは時期尚早として反対しましたが、スポン
サーに押し切られましたからねぇ。。。

> 交渉を決めたのはウォンであり、
> 「お前元ジオンだから交渉できるんだろ?」
力関係はウォン>クワトロ>メラニー>ウォンと
ジャンケンみたいですね。

> 0123年は月に本部があったと思うんですが、
> あれは軍の本部でしたっけ?
F91関係は、あったとしてもフィルムコミックくらい
しか手元にない(しかも仕舞い込んでる)のですぐ
には確認出来ません。すみません。
2006/06/18 (日) 17:15:44 | URL | ねも #CNcRxVIA[ 編集 ]
論点が軍のナンバー2の有無であるなら、
ブログでやると長くなりそうなんで、
うちのサイトの考察掲示板の方に移動しましょうか?
作劇と設定だけで判断できない以上
ある程度の想像力が必要となりますし、
なかなか興味深い話題です。

>そうだとするとティターンズとエゥー
>ゴの初回の戦闘なり、宣戦布告はもっと以前に行な
>われていたと思うのですがどうでしょう?

データコレクションのZガンダム下巻には、
「UC0087年3月2日。グリプスにおける試作MSの
強奪事件によって、エゥーゴとティターンズの対立は
決定的なものとなった。実際には、それまでにも
エゥーゴによる反地球連邦活動は続いており、
エゥーゴは一般的に公国軍残党と同次元で
報道されていた。
しかし、この日を境としてエゥーゴは事実上
ティターンズに対して戦線を布告したといえる。」
という記述があります。
明確な宣戦布告はどうもなかったようですね。
2006/06/18 (日) 19:10:34 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.