がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Zガンダムヒストリカ12
 まず表紙がいい。このカミーユはカッコよすぎる。これが新訳のカミーユだ!…これだけでお腹いっぱい(爆)

 でも中身もかなり凄いクォリティ。これね、映画見てプラスでもマイナスでも感情的なものを感じ取った人は絶対買わなきゃダメよ。絶対。

 話の組み立てというか、そのキャラがそのキャラと絡んでいる描写は全て意味のあるものなんだねってことがよくわかった。確かにそれはそう。カミーユがほぼ全ての事象を見ることができるように仕向けられてる(シロッコとは最終決戦までまともに顔を合わせていないが)。そこで精一杯になったんだろうな、とは思うな。
 スタッフのインタビューも概ね本質を突いたものばかりで、さすがに12冊やった経験も生きてるのかなぁと思ったりする。でも、やっぱり最大の肝は富野監督のインタビュー。

 ネタバレしますよ、買う予定の人は読むな!(笑)
 ヘンケンとエマがカミーユに対する見本だったとか、レコアはファの反面教師だったとか、ZZにハマーンが出ていたことさえ忘れてたとか、ハマーンを殺すラストも考えたとか、カミーユはほんとはエマが本命だったとか、真面目な奴とはしゃいでる奴が死ぬとか。
 でも最大のサプライズはやっぱりね、「ミネバは実は男だと思う」ってやつ。そこはぼかしてるんだけど、確かにファーストの時点じゃ男女の明言はされてないのな。それは凄いわ、と思う。そしてZZに続いてムンクラも黒歴史になりましたよ、と(笑)
 やっぱり富野監督はさすがだな、と思う反面、第二部でシャアがいつの間にか地球にいていつの間にか宇宙に戻ってることはどうでもいい、なんて言っちゃう人になっちゃったんだなと思うと残念になる。確かに理屈はどうでもいいかもしれないけど、もう少し見る人の立場になろうぜよ。
 とりあえず実は男のミネバ様、同人界では大ヒットになる予感(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
私も大ショック!
まじミネバがって思いましたよ。私も読み終わって。ムンクラ黒歴史は猛反対!
2006/03/11 (土) 01:40:16 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
ま、あのメイファはほんとにクローンだったということにすればまだなんとか。
ZZ黒歴史化によって登場するジュドー達や重装改(ZZ)の位置取りも微妙ですし、
新訳Zの設定を継承した新訳ムンクラが新しく制作されればOKです(笑)
オファーを出すんだガンダムエース編集部!
2006/03/11 (土) 13:16:04 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
一番困るのはスポーンと脱がしてしまった長谷川氏(笑)。
劇中だと確かに性別偽っていても判らないし、シンタも男と間違えてるし(w
しかも、最近は”M様木星圏亡命説(イボルブ)”まで登場してるんで余計困るよなぁ(苦笑)。
2006/03/11 (土) 19:37:26 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
まー、逆ギガもイボルブもZZが抹消された時点で黒歴史化なわけですが…(苦笑)
きっと旧訳は女で新訳は男なんですよ。歴史の分岐点はそこで変わったということで(爆)
2006/03/11 (土) 21:21:37 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 Ζガンダムヒストリカ12巻、おかげさまで発売なりました。11巻に続き、今回も一読者のつもりでの感想というかご紹介など。あくまで私的なコメントなので公式見解というものでもありませんのでその点よしな
2006/03/18(土) 23:57:04 | むいむい星人の寝言
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.