がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ゼータガンダムエース3巻
 いつ出たのか良く分からないけど目立たないところにあったのでとりあえず購入。よくよく考えるとゼータの漫画だけで一冊って凄いよな。かつての平成ガンダム三部作でも不可能だっただろうに。

 というわけで内容を一つずつ吟味していきましょう。

・富野監督インタビュー
 自分の感じた3部の欠点、富野監督の限界は大方作った本人も感じてるんだなぁと実感。確かに2部は話としてまとまってない部分があるね。そこをちゃんとまとめるには、やっぱり永遠のフォウを持ってくるしかなかった気がする。あと逆シャアにつなげることは視野に入れていたというのが意外というか…ZZは抹殺しても何も感じないんだなぁと(笑)あとはニュータイプ論は世代論だって結論に落ち着いてる感じだけど、それをファーストの当時から安彦氏は理解していたんだよね(「ガンダム者」から察するに)。回り道してやっと当時の安彦氏に追いついたっていうのが…それがあのラストに繋がると考えると複雑よね。

・Gacktインタビュー
 あぁ、彼もあの出来には不満なのね(苦笑)ゼータが女性の物語っていうのは同意だけど、あくまで男から見た女の物語なんだよね。逆に女から見た男の物語がSEEDなんだけど。

・コミカライズ版「星の鼓動は愛」
 毎度思うけどこの手の編集映画は漫画にした方がはるかに分かりやすいね。詰め込み過ぎっていう感覚がないからだね。映画で納得いかない人はコミック版を読んでみるといいんじゃないかな~って思う。俺まだ読んでないけど。

・犬Zガンダム
 あえてTV版オンリーのネタで勝負するところが凄い。

・デイアフタートゥモロー
 なんか今回は難解だったなぁ。自分のやりたいことをやってるって感じだね。でもこういう切り口は凄く好きなので単行本化したら買っちゃいます。クワトロがなんでシンタとクムをつれてきたのか解せなかった部分があるんですが、ララァの命令だったんですねぇ(笑)

・妹ガンダム
 ノリは好きだ。そう、「ヘルメットがなければ即死」なのだよ。

・クロスディゾルブ
 方向性はうちの「THE EDGE」と同じやね。でもジェリドとヘンケンの組み合わせは意味不明。別に独自の話でいいじゃん。

・星の鼓動はIフィールド
 よく見たらDNAメディアコミックスとかで漫画書いてる人じゃん。この人のクワトロは好きだ。

・バニシングマシン スペシャル
 近藤ワールド全開。まさかPMXシリーズ3機ののプロトタイプを直球で使ってくるとは…。なんかMSN-01と06E-3を合体させたような凄いメカもいたし。ブレイズウィザードみたいのをつけたリックドムもいたし。パラス・アテネは近藤設定的にはギャンの発展型なんだね。確かにシールドは似ているが。

・機動戦士Zガンダム1/2
 アモン・ドッグなんて絶対この人しか思いつかない(笑)でも話としては全然まとまってないなぁ。一作目だけの予定が全部続ける予定になっちゃったんだろうか。とりあえず「体を通して出る力」を否定したいのは良く分かった。

・クワトロ・バジーナの夢で逢いましょう
 クワトロが好きなのは良く分かった、ほんとに良く分かった。

・Zガンダム最終決戦解説
 実は今回の最大の目玉かも。あえて量産型MSに絞って解説してるのが素晴らしい。「ネモの高機動型&火力強化型」「RMS-179は性能が若干向上」「GM系との統合を図ったバーザム」「ハイザック・マラサイのアクシズ独自のバリエーション」「ガザBはAを武装したもの」とレア度ピンキリの記述が満載です。

 で、巻末に「夏ごろに続刊」って…まだ何かあるんですか?第三部のDVDの販促、兼3部作全ての統括といったところかな。一瞬しか出てこないレアMSの紹介集とかやってくれると嬉しい。Z-MSVの復活とかね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
あ、書いてある
続巻予告、気付きました。なんにせよ、ガンダム本が出てくれるのは嬉しいことです。
2006/03/08 (水) 01:41:40 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
え、まだ終わらないの?気が付かなかった(w
1/2も続投?なわけないな。

アモン・ドック最高(w
元々トンデモデザインな機体で弄りにくいのに、さらにトンデモにしてしまう発想は流石としか言いようがないよ。
さすが、メカデザで富野カントクを超えた男(笑)(大外伝参照)
2006/03/08 (水) 16:59:44 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ゼータエースはいつも巻末の編集部コメントにわりと情報が乗ってるんで今回もチェックしてみたのでした。

>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
売れてるんでしょうね。凄い時代になりました(しみじみ)

>突破さん
そこで読みきりの新訳ZZが(爆)

でもアモン・ドックの方がひっくり返せば上半身丸見えなデザインが解消されるので、意外と説得力があるという説が(笑)
大外伝って同人誌ですよね、見たことないっす…。
2006/03/08 (水) 20:00:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>大外伝って同人誌ですよね、見たことないっす…。

要約すると、ザクレロをデザインしたカントクに、クロボンの【ヴァゴン】をダサイと言われたらしい(w
つまり、トンデモさでカントクを超えていると(爆)
2006/03/08 (水) 21:21:57 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
買っちまいました(笑)
オヤジが買うには恥ずかしい本でした。(ある意味WPBのほうがまだマシ。)インタビューのほかにも玉石混交、けっこう情報量ありますね~。
二部三部のつながり具合は監督も自覚してるということで。全体のバランス的に「フォウがくれば」とまで簡単ではないとは思いますが。ニュータイプ論はまとまってるようですけど、結局は相変わらずむにゃむにゃですね。こいつは永遠に続く“根拠のない希望”ってやつなのかなと私は思ってます。あとは、どこまでホントかガンダム卒業宣言(笑)ですね。気分としては本音を吐いているのだと思います。

漫画はチラチラと読んでくらくらと眩暈がしたのでしばらく寝かしときます(笑)
(案外悪くない二次創作もありそうなので、余計に今は、見ると混乱しそうです。)
2006/03/09 (木) 16:15:52 | URL | 囚人022 #TJwDdEqg[ 編集 ]
>突破さん
それは全くの同意です(笑)
ただ富野監督はどちらかというと真面目に考えている気がしますが、
長谷川氏はわざと外している気がしてなりません(爆)

>囚人022さん
同い年くらいの方ででためらわずに買っている方もいそうですけどね(笑)
全体のバランスを意識したからキリマンジャロを外したわけで、あくまで2部だけで一つの物語を完結させるには消去法でキリマンジャロしかないかと。というか永遠のフォウ外しはファンの望むありがちな展開にはしたくないという監督のいつもの無駄な反骨心からきてるだけのような気がします。
ガンダム卒業発言はいつものことで、終わったときはもうやりたくないって思ってるんじゃないっすかね(笑)
でも、監督がガンダムにある心残りはこれでほとんど払拭したんじゃないかと。そういう意味で決着はついたんでしょう。

漫画はガンダムエースはあんなもんじゃないんですが(笑)
それが俗にまみれるということなのですよ…。
2006/03/09 (木) 21:14:35 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.