がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛
 あんなに混んでるとは思いませんでした。前作の3倍くらい行列ができてたような…。
 前回までの反省なのか、限定プラモの入荷数が異様に多く、来場者全員が買えるように配慮されてたのが驚きでした。そのせいで劇場にギリギリまで入れなかったですけど。

 というわけで話の内容は以降に。

 結論から言うと正直つまらなかった。そりゃ、シロッコを倒した後の展開は色々と感じるものがあったけど…じゃあそこに至るまでの過程が描かれていたか?というとね…。ファとそういう展開になるなら、「この戦争が終わったら~」の台詞のひとつくらい入れていても良かったと思うし、正直、カミーユに一部ほどの健やかさは感じられなかったよ。そもそもバックグラウンドを変えずにキャラクターだけ健やかにするということ自体が無理があるんだよなぁ。
 総じて言うと、TV版にあった良さが完全に無に帰されている。そしてそれをもって余りあるようなプラス要素も無かった。それがこの作品。この作品の台詞から入った自分としては、その名台詞のほとんどが省略されているのは悲しかった。結局この作品はなんだったのか?ただ戦闘のダイジェスト映像だけ見せられて、最後だけ健やかなシーンを見せれば聴衆は何かを受け取ってくれると本当に思っているのか?だとしたら俺は富野監督を完全に見限らなければならない、とさえ思う。

 もっと表面的な感想で言えば、アクシズがいろんな勢力と何度も交渉していて、その結果どうなったのかは特に明示されていなかったのがわからなかったし、コロニーレーザーはいつティターンズからアクシズに、アクシズからエゥーゴに渡ったのか明示してないし、そういうところを省略してもかまわないと思ってしまう人だったかな…。すごく、やっつけ仕事でやってる気がしてならない。本当にカットとカットをつなげるだけで精一杯だったんだなって思う。本当にサラを二部であれだけ目立たせた意味があったのかというとかなり疑問だし。ヤザンの存在感はないし、それを言ったらジェリドなんて二部三部で存在する理由が無かったけど、もう少し何とかならなかったもんかね、と思う。
 ただ台詞で言えば殆どが「改悪」だったと思うけど、カミーユの台詞に関しては一部さすが!というものがあったのは確か。「女の元へ帰れ!」とかね。でも一番感銘を受けたのは本当に排除しなければならないのは「地球の重力に魂を引かれた人間たちだろう!」という台詞が、「地球の大きさと重さを知らないあなたたちだ!(うろ覚え)」になっていたこと。これは今の富野監督で無ければ絶対にたどり着けなかった台詞だし、さすがだと思った。俺は旧約版の台詞の「地球」をファーストガンダムに例えていたけど、それを使うと今回のは「お前らはファーストガンダムの偉大さがわかっていない」という意味になってしまうのがアレだ(笑)
 後ゼータが変形する意味が最後の最後でちゃんとついていたのはまぁよかったね。あの変形した後の元気ポーズは白富野らしいよ。そしてセイラさんをしゃべらせたことがすごい。ちゃんとオールドファンのツボもついておこうという憎さが感じられる。ラストシーンはまぁ、良かったんじゃないかな。

 ただね、富野監督がようやくゼータをやり直す気になって、それでできたものがこれなの?という気は正直拭いきれない。もう、富野監督はガンダムを作らないでほしいと思った。
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士 ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
こんばんは
はじめまして、とうりがけにきました。
康夫と申します。

ようするに、製作時間がすくなかったと
おみうけします。
自分は、まだみていませんが、キャラク
ターの消化と、時間枠内におさめること
ができていないのですね。

まぁ、これからみてきます。^^
2006/03/04 (土) 20:38:25 | URL | 康夫 #-[ 編集 ]
 「逆襲のシャア」で支離滅裂なストーリー設定をした富野監督に大きく期待はしてませんでしたが、「Zガンダム」に関してはどんな作品になっても受け入れるつもりでいました。
TV放映当時にマジでむかついた私は、当時から映画化に期待していました。ありえない奇跡と言ってよいぐらいの20年ぶりの映画化ですから、期するものはありました。
元々のTV版ができそこないの中途半端な作品でしたから、これを3部作の映画にした労力をもっと評価してもよいと思います。
2006/03/04 (土) 20:45:58 | URL | ゆうじ #-[ 編集 ]
長谷川氏の影響
地球の大きさ云々はクロボンのトビアを思わせます。
クロボンの原作を担当された際、作画の長谷川氏と色々とやり取りがあったのでしょうが、この台詞には長谷川氏の影響を強く感じてしまいます。
2006/03/04 (土) 21:23:14 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
>康夫さん
はじめまして。自分の意見は辛さ200%増しですが要するにそういうことですね。
元々大幅にエピソードをカットしているので時間枠には納まっている気がしますが、
全般的にキャラを生かそうという気持ちが見られませんでした。
ただ元々いるキャラをその通りに描いて出番と台詞をそれぞれ短くしただけというやり方に憤りを覚えましたね。
エマとか、部分的にいい味を出しているキャラはいるんですが、総合的な視点で見たら第二部以下かなと…。

>ゆうじさん
確かに元が悪いことによる限界はありますね。元々話としてまとまっていない物を、継ぎ接ぎで編集しただけで精一杯だったという感じは見えます。
でも、元の良かった部分がほぼゼロになっていたのでそこがどうしても受け付けませんでした。
ゼータという監督のトラウマを払拭するリハビリになったという価値は、あると思いますけどね。

>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
その後のブレンや∀を見ればそう感じますよね。
その延長線上であることが感じられたのは良かったんですが…
カミーユというキャラクターがその台詞に辿り着く理由がなかったのがアレでしたね。
まぁ、TV版の台詞も含めて元々富野節ってみんなそうですけど(笑)
2006/03/05 (日) 12:03:00 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/05 (日) 19:42:29 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
『星の鼓動は愛』感想をネット上であちこち読んでみています。やはり賛否は分かれていますね。ネタバレへの配慮がないところも少なくない。・・・というか「ネタバレ」で検索してく
2006/03/05(日) 22:03:45 | 囚人022の避難所
てわけで10日の金曜日にワーナ?マイカルシネマズ茨木で(新訳)機動戦士Zガンダム 3 星の鼓動は愛を見て参りました。これで3部作とも見終えたわけですが…まぁやっぱり、やるなら
2006/03/14(火) 13:23:11 | delusions box
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.