がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムコミックを語る13「バトルフィールドオブパシフィスト」
 とうとうガンダムWまでやってきました。先日突然ガンダムWのコラムを追加したのはこれの伏線です。ガンダムファイト7thが入ったんで大幅に遅れてしまいましたが…。

 さて、この話はTV版とエンドレスワルツの間の話です。この他にもいくつか同時期の話はあるんですが、それはまた今度の機会に。ただその中でも最も公式度が高いのがこの作品だと思います。G-UNIT同様ときた洸一作品であり、機体とパイロットがGジェネFにも登場しているからです。そして、サンライズの監修を経てTV版の脚本家が原作だというのだから、ガンダムファイト7thとかジャミルの若い頃の話とは全然違うのです。

 原作の脚本家が関わってるだけあって、話の内容は実にウイングのノリを引き継いでいます。主役5人が敵味方に分かれたり、敵の理論がぶっ飛んでたりするところが、ですかね(笑)
 話の主軸は、武器を放棄した世界で封印された資源衛星ウルカヌスの戦力をめぐって争うということなわけですが、実際のテーマは「本当に武器は捨てるべきなのか?」という点になります。その問いをヒイロ達は突きつけられて、「じゃあ捨ててやるよ」ということでエンドレスワルツのガンダム太陽投下に続くわけですね。話としては良くまとまっています。良くも悪くもときた氏なので非常に薄っぺらく見えてしまいますが。

 宇宙世紀ガンダムというかファーストが第二次世界大戦をモチーフにしていたのに対し、ガンダムWシリーズは戦後の世界をモチーフにしている点が特徴として挙げられます。だからテロリスト対世界国家という図式になり、政権交代はクーデターで行われるわけです。そして、完全平和主義という左よりの思想が主張されるのも、戦後ゆえの話になります。この作品に登場するパーフェクト・ピース・ピープルという団体は、今で言ういわゆる平和団体というかNGOにあたるものです。そういう要素を持ち込んだことが、ガンダムWの特徴であり、批判される点でもあります(ガンダム的なものを好む人ほど、この手の平和的思想を嫌いますから)。ちょっと見せ方が極端すぎたのは分かりやすさ(ターゲットが女性ということもあるんでしょう)を狙ってのことなんでしょうが、そういう意味では、本当に最後まで理想論を貫いたリリーナと違って、胡散臭さを見せたP3の方がリアリティがあって良いと思うんです。とはいえ私が世界の監視者になる!というのがラスボスの理想だったわけですから、まぁアフターコロニーにはまともな考えを持つ奴はいないということになるんですが(笑)、その極端さがガンダムWの魅力であり、それを受け入れない人はほかの作品をどうぞということになるんだと思います。
 何が言いたいかといえば、ガンダムWって極端な話なんだよねということなんですよ。ある程度のリアリティを確保しつつ、キャラクターをかなりデフォルメしているという。そういう意味では、ファーストも似たようなものだったと思うので、やっぱりウイングはファーストに近いよねという結論になります。

 そういうことを踏まえておくと、なかなかガンダムコミックの中では得意な価値のある作品ということに成ります。でも…作品単体としては微妙です。ロボットアクションとしては内容が薄いですし(ウイングゼロは最後の最後しか出てこないし)、じゃあキャラクターで楽しめるかといえば、そっちを直球で狙った作品に比べて特にファンが喜ぶ内容でもなく。非常に中途半端な作品です。スコーピオも何が凄いのか良くわからなかったし。シナリオの奥に秘められた意味を考えないと、ちょっと評価できる作品ではないですね。途中で連載雑誌が廃刊になったりしてスケジュールがきつかった部分もあるようなので、仕方のないことではあるんですが。そういう意味じゃ、やっぱりコミック冬の時代の作品だったともいえます。

 とりあえず、ビルゴIIIは「ビルゴキューブ」って読むんですよということだけ、付け加えておしまいということで(爆)

「新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST」
原作:千葉克彦
作画:ときた洸一
連載:覇王マガジン97年4~5月号、コミックボンボン97年夏休み増刊号
ボンボンKC版:1997年10月6日初版(絶版?)
廉価版:2003年4月初版(絶版)
ボンボンKCDX版:2005年12月22日発売
スポンサーサイト
コメント
コメント
小説のエンドレスワルツ
 ビルゴキューブが、小説版エンドレスワルツでは、プリペンダー(でしたっけ?)に接収されていて、有事の際に使用出来るようにされているという描写がありましたな。
2005/12/15 (木) 12:13:16 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
外伝系は割と全部繋がっていますからね。実はアストレイのはしりだったのかもしれません。確か小説版はエピソードゼロのネタもカバーしていた気がします。
2005/12/15 (木) 20:35:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.