がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
SEEDのガンダムを考える
 イージスの1/100プラモを買った。SEEDっていろいろ言われてるけど、ガンダムの出来は歴代アナザーガンダムの中でもかなりよくできてるほうだと思う。
 主役ストライク、可変機イージス、ベーシックなデュエル(これを主役にもってこないところが渋い)、砲撃戦用バスター、フォルムを重視したブリッツ。
 こいつらの形式番号、100番台200番台300番台でフレーム構造が違うという設定はご存知だろうか?

 100番台はスタンダードフレーム。デュエルをベースにバスター、ストライクなど武装を取れば普通のフレームだ。
 デュエルをベースって言ったけど、本当はどうなんだろう?この機体は確かにスタンダードな白兵戦用MSだが、どちらかというとGMライトアーマーのような軽量を生かしての一撃離脱攻撃がウリのようだし。
 本来のベースは101のプロトタイプガンダム(仮)であり、それを格闘戦用に特化したのがデュエルなのでは、という考え方もできまいか。
 というのも、バスターとランチャーストライクの用法がかぶっていることからの妄想なのである。
 ストライクの3つの換装パターンは、1機で102~104のガンダムの機能を果たすというのがコンセプトなのではないか?と。
 だからデュエル→ソードストライクなのではないか、と考えるのだ。もちろんデュエルはあんな馬鹿でかい剣は装備してないが、オプションとして想定されていたのかも・・・なんて思ったりするのである。X102Sとかで。
 まぁ根拠ゼロなんだけどね。SEEDの設定が深く掘り下げられることもなさそうだし(爆)、このくらいいいんじゃない?って思ったり。
 そうすると謎の104はエールのベースとなった高機動型なわけですよ。うん。

 200番台は内装武器を搭載することを前提としたフレーム。いわゆるイロモノ系ですな。
 ブリッツが208なので、それまでに7機あったことになるが、これは特につながりはなく、Wの5体のようにコンセプトはばらばらなのではないかと思う。
 というか他に200系の機体がないので想像のしようがないっすね。イロモノを増やせるようにわざと空けたのかもしれないけど。

 300番台は可変式。イージスは303だから3機目の機体ということになる。
 イージスの可変の意味は「高速移動」と「大出力のビーム」に集約されているといえる。イージスの場合それプラス「クロー」というオプションが追加されるのだが。
 ここから考えるに、301は可変機構のテスト機、302はビーム砲(スキュラ)のテスト機、そして303はそれにクローを加えた完成機と考えるのが妥当なところだろう。

 このように、SEEDのガンダムは結構バリエーションを考えて設定されているのである。
 まぁ後継機がザフト製なので、そのバリエーションもまったく無駄になってしまっているのだが…(苦笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.