がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムショップ2をようやく見た
 思い出したかのようにチェック。やっぱりZ版MSVの内容は収穫多いっすねぇ。

ジムSC:「ジムIIと同様の改修」「脚部サスペンションシステム」
マリンハイザック:「RX-106の水中戦仕様」
ジムキャノン:「ザクデザートタイプと共にキラービー隊に配備」
ザク強行偵察型:「リニアシート搭載」
ザクキャノン:「背部(?)に宇宙用バーニアをアタッチメント」「キャノン砲はビームではない」

 だうで。個人的にはスナイパーカスタムにびっくり。じつはパワードジムの設計でも流用されてるんだろうか。

 あと例によって知られざる設定が数多く載っているZZにもまだまだ変な記述がありました。

ドライセン:Rジャジャ、バウ、ハンマ・ハンマなどと競合
バウ:一旦量産計画は破棄、試作機がグレミーに渡ってから再設計
ハンマ・ハンマ:一般人にサイコミュ兵器を使えるようにする補助デバイスがバイオ・センサー。マシュマー機のほかに、バウのように分離できる機体がある

 こうなると、AMX-100系って量産計画から漏れたカスタムタイプで確定のような気がするなぁ。しかし分離型ハンマ・ハンマって何なんだろう…
スポンサーサイト
コメント
コメント
お見事ですね!
 あの読み辛い画面からここまで多くの情報を得られたとは、さすがですね。管理人さんの目が痛くなっていないことを祈っています。
 とはいえ、ガンプラのインストには多くの情報が載っていますからね。そこに大きな魅力を感じます。分離型ハンマハンマなんて、想像もつきませんが、どこかの同人サークルがイラスト化してくれそうな気もしますね。
2005/10/24 (月) 21:40:46 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
 すっげぇ痛くなりました(笑)ZZの方は割と読みやすかったんですが、Zのほうは辛かったですね…
 ハンマハンマは分離型ジオングの量産型だったのかもしれませんねぇ。腕部のビーム砲はジオングの発展型みたいに書いてありましたし。バイオセンサーの定義にもびっくりです。
2005/10/24 (月) 22:39:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>キャノン砲はビームではない

どこかにビームキャノンの記述もあったハズなので、複数の仕様があったのかもしれません。
06Eもシールドマウント有無の仕様があったそうなんで、個体差が多いんでしょうな。

>バイオセンサー
このデバイスってどこから入手したもんなんでしょうね。
011MC型にも搭載されていますが。
シロッコは独力でこのデバイスを開発していますが、木星船団には旧ジオン技師達も存在していたというし、アナハイムは恐らく3研に在籍する旧フラナガンの連中が関与してるんじゃないかと思われるんで、原型となるデバイスは
旧ジオン時代に存在していた可能性がありますね。
2005/10/25 (火) 06:48:41 | URL | 突破@塗装中乾燥待ち #B8xSsyyA[ 編集 ]
>しかし分離型ハンマ・ハンマって何なんだろう…

ハンマ・ハンマのラフデザと思われる機体”ラジャスタン”が上下分離して、軽MAとなるんで、これのことかな?
初期のMS大全集に載ってるっす。

>ジムキャノン:「ザクデザートタイプと共にキラービー隊に配備」
めさめさタイムリー(w
2005/10/25 (火) 20:13:00 | URL | 突破@塗装中乾燥待ち #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ザクキャノンのビーム砲
MSVインストにそういう計画があったって書いてあったような…
まぁ接収したジオンの施設でそのまま生産したんでしょうから、陸ガンレベルの生産数・パーツ数なんでしょうね。

>バイオセンサー
通常とのサイコミュとの関係はMT車とAT車みたいなものだと思うんで、雛形の技術があれば割とどこでも開発できたんじゃないですかね~?
実はノイエ・ジールにも搭載されてそうですよね。誰でも使えるけどそれなりの技量を要する有線クローアームの設定がハンマ・ハンマのそれっぽいし。

>ラジャスタン
WEB拍手でも同様の指摘をいただきました。たぶんそうでしょう。
まさか没メカをフォローしてくるとは…これがアリならコアブロック搭載型Mk-3とかもありですよね(爆)

>めさめさタイムリー(w
ストライクマラサイカッコよすぎっす!
2005/10/25 (火) 22:25:02 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.