がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムコミックを語る9「ムーンクライシス」
 ついにここまできましたよ。アウターガンダム第二弾にして松浦コミック最高傑作です。この作品の優れているところは以下4点。

1.U.C.0099年というミッシングリンクもの
2.一話完結ではなく連続ドラマでしっかりまとまっている
3.燃える渋い見せ場が多い
4.ZやZZのキャラ・MSがサービス的に登場しまくる
5.主役機がゼータ系(既存のMSの延長線上)

 こんな感じですかねぇ。クロスボーンガンダムはどちらかというとTVアニメ的ですが、こっちは劇場アニメっぽいと言うとわかりやすいかもしれないですね。シナリオ量とか演出手法を含めて。個人的にクロボンより好きなのは、シナリオや設定・演出のハードさもそうですが既存の作品の要素がふんだんに散りばめられている点が大きいです。クロボンもF91のキャラを引っ張っていますが、基本的には全く違う敵との全く違う話だし、主役機もF97のナンバーを持っているとはいえF91の面影はほとんど無いですからね。
 実際のところシナリオ・メカアクション・ファンサービスを兼ね備えている上に作品としてまとまっているというのは長谷川作品を抜くと皆無と言ってもいいはず。初めて本屋で見たときは「絵がしょぼっ…0099年でミネバが出る?どうせ同人レベルのしょーもないストーリーなんだろ」と思ってしまったんですが、買って読んでみたら面白すぎて目から鱗って感じでした。

 ただやっぱり松浦コミックの真髄は「台詞+絵+シチュエーション」の1カットで魅せることですよね。「俺が…生まれた街だ」「今日この日に…英霊達の祝福あれ」「ガンダムか…なんと因果な…」「死は誰にでも平等だぜ」「ならば、地球連邦が崩壊した後は、誰がこの世界を統治するというのだ」「血塗られた道だ!免罪など乞わん!」「おやじ…おふくろよ…俺は最期まであんた達を 許さなかったぞ」とね。
 思えば悪役が悪役らしいのもこの作品の特徴の一つですかね(クルーゼに近い部分がありますが、バックグラウンドの深さが違いすぎる)。深く突っ込むともう少し掘り下げられるんじゃないのとか、設定的におかしいところあるじゃないのとかあるんですが、本当はちゃんと理屈も考証しているしそれよりもノリと勢いを優先したのがまた、ガンダムらしいかなと。グランジオングかっこいいしなぁ。
 逆ギガが長谷川氏のガンダムへの回答であったなら、この作品が松浦氏の回答だったんじゃないかと思う部分は多いですね。従来のガンダムの要素を全て内包している側面がありますから。ただそれを既存のキャラを使ったか新しいキャラを使ったかの違いかと。ちなみに主人公はタクナ・新堂・アンダースンという名前ですが、戦記のノエルと血がつながってるんじゃないかと勝手に思ったりもしてます(爆)

※追記:アンダースンの名は養父母の名前でした。むしろ養母がノエルってことでオッケー(爆死)

 ちなみに同時収録の短編コミックもなかなか面白いので一見の価値ありです。キャラ絵に我慢できるなら、まず読んでおくべき作品かなと思います。クロボンより短いですしね。
 では次回はいよいよおまちかねのクロスボーン・ガンダムでいきましょう。

「機動戦士ガンダム ムーンクライシス」
作画:松浦まさふみ
連載:MS SAGA Vol.1~6
メディアコミックス版:1995年1月30日初版(絶版)
電撃コミックス版・上巻:1997年11月15日初版(発売中)
電撃コミックス版・下巻:1998年1月15日初版(発売中)
スポンサーサイト
コメント
コメント
ガンダムマンガベスト3!
 私にとってはクロボン、逆ギガ、ムンクラはガンダムマンガベスト1(同率1位)なんですよね~。
 とかく、松浦先生は絵だけが叩かれますが、そうじゃないんですよね!管理人さんの『「台詞+絵+シチュエーション」の1カットで魅せることですよね。』の分析通りだと思います。こんなに燃える台詞を言えるのは、松浦先生と長谷川先生だけですよ。
 ムンクラは松浦先生が言われているように、映画を意識した作りだそうです。最初に状況説明、以後、10分おきに戦闘シーンを入れて、観客がだれないようにしてあるとのこと。また、ミネバの胸をちょっと大きくしてファンサービスにも務めてそうです。
 長くなりそうなので、また次回ということで。
2005/10/21 (金) 06:59:15 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
 あ、やっぱり意識してるんですね。松浦作品はわりと緻密にプロット組み立てて設定もちゃんと固めて作られてるのが凄いと思います。ぶっちゃけ長谷川作品よりアニメ化しやすいと思うんですが、まぁ無理でしょうね(苦笑)
 長谷川作品と松浦作品は燃えの方向性がだいぶ違うわけですが、そこのところはじゃあこちらも次回ということで(笑)

 というか、言い忘れてたこともあったんでパート2を書こうと思います。できれば今日中に…。
2005/10/21 (金) 19:41:30 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.