がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
オーガスタ研とオークランド研
 前回から派生したネタ。オーガスタ研究所とオークランド研究所の関係というのはいまいち曖昧です。それも当然で、本来はオーガスタで一本化されるはずが、オーガスタの頭文字はOじゃなくてAなので、オーガスタ製を意味しているはずだったORXがオークランドのOに変更されたという背景があるからです。つまり設定上はオーガスタ製なのに、型番だけオークランドということになっているんですね。一応、当時はオークランド製とする資料もあったようですが、今ではほとんど死滅していて、ORXナンバー=オーガスタ製と言われることがほとんどです(なので、うちのMS辞典もORXナンバーの機体をオーガスタ製に分類しています)。しかし新訳Zでオークランドの名前が出てきたので、またこの問題も再燃しそうな感じです。

 で、実際問題、ORXのOがオークランドでないと意味が通じなくなるので、これは確定ということにします。しかしギャプランやMk-Vは「オーガスタ製」と言われるのが普通です。オーガスタも開発に関わっていることは確かです。そういうわけで、先駆者の間では「オーガスタ設計・オークランド製造」という説が一番無難な解釈とされているようです。しかし個人的にはこの解釈には違和感を感じます。設計しただけでオーガスタ製と言われるか?というところが疑問だからです。
 どちらかというと、オーガスタとオークランドの関係はエゥーゴとアナハイムの関係に近いのではないかと思うのです。この場合、エゥーゴは設計を全面的に行っているわけではありません。エゥーゴの行っているのは基本的には「発注」と「運用」です。それでもリックディアスやネモ、ゼータといった機体はエゥーゴ製と言われることがありますよね。実際はアナハイム製であるにもかかわらず、です。オーガスタとオークランドの場合、少なくとも「運用」を行っているのはオーガスタですよね(A.O.Zでもそういうことになっています)。このケースなら、製造はオークランドでオーガスタ製と言われてもおかしくないんです。MSAのAはエゥーゴではなくアナハイムの意味ですしね(そうしないとMSA-120の説明が出来ない)。
 つまり、オーガスタ研は運用機関、オークランド研は開発機関ということになります。ムラサメ研は両方の組織を併せ持っていたんでしょう。会社に例えれば、ムラサメ研は自社開発できる大会社、オーガスタ・オークランドは売り手とメーカーのような関係、もしくは親会社・子会社関係であるといえるのです。ムラサメ研はガンダムタイプを開発しているので、連邦軍から優先的に資本援助を受けていた可能性があります。それに対抗するためにオークランドとオーガスタが手を結んだ…あり得る話です。

 ちなみに、一年戦争の頃には「オーガスタ基地」というのがあって、少なくともアレックスはそこで製造されたことになっています。ジムコマンド系の機体もオーガスタ製らしいですが、これも実は実際に生産を行っていたのはオークランドだったのかもしれませんよねぇ。当時は生産地域で型番を分けたりしていませんでしたし、可能性がないとはいえないと思います。
 しかしもっと現実的な解釈をするなら、当時北米はジオンの勢力圏だったわけですから、オークランドはジオンの施設だった可能性もあるんです(オークランドという地名はオーストラリアにもありますが、オーガスタとの関係を考えてアメリカの方と断定します)。つまり、「オーガスタにも生産能力はあったが、ジオン系の技術を多く抱えているオークランドで製造した方が都合がよかった」ということになるんじゃないかと。こうなるとオーガスタとオークランドの関係は単純な発注・生産関係ではなくなる気もしてきますね。実は大人の事情があったのかもしれません。うーん奥が深い。

 とりあえず結論は「オーガスタは純連邦施設、オークランドはジオン系施設。両者は戦後協力関係になり、技術と人員の開発はオーガスタで、MSの製造はオークランドでというように分担されている。そのため両者を併せると、その規模はムラサメ研と同レベルになる」ということでどうでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
思わず、某所の過去ログ読み返しちゃったよ(w

密接な関係にあるオークランドとオーガスタですが、ムラサメ研とも交流があってなかなか複雑です。
さらにムラサメ研は”Σ~サイコ~ZZ”絡みでアナハイム2研との関わりがあり、オーガスタ/オークランドにはフジタ博士が出向(?)していたり、量産型サイコはアナハイム4研で開発されていたりとかアナハイムとの絡みもあり難しいものがありますな。
2005/10/14 (金) 18:49:08 | URL | 一文字突破@血まみれチュ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ムラサメ・オーガスタは、単にフォウを失ってパイロットのいないムラサメ研とギャプランを失って機体のないオーガスタ研が組んだ感じだと思うんですよね。
問題はアナハイムですか。オーガスタとアナハイムは元々何らかの交流があって、それがあってのギャプランのカラーリングと後のギャプラン改、そしてMSF-007とインコムの技術交換があったと考えていますが、ムラサメ研はどうなんでしょうねぇ。サイコなんて量産する設備がないので単純に生産だけ委託していた感じでしょうか。
2005/10/14 (金) 19:29:48 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>MSF-007とインコムの技術交換

ちなみに量産型サイコにもインコムは装備されているので、イプシロン事件のもみ消しと引き替えに政治的取引でアナハイム側に技術提供されたと考えるのが妥当なところ(シークレットフォーミュラー本編に描写有り)。
2005/10/15 (土) 01:33:38 | URL | 一文字突破@血まみれチュ #B8xSsyyA[ 編集 ]
え、描写があるんですか?うーん…イプシロン事件からSガンダム完成のタイムラグが短すぎる気がするんですが…まぁあの時代のMSはみんなそんな感じなんで今さらではあるんですけどね(苦笑)

2005/10/15 (土) 06:22:34 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
建前、建前。
実際は量産サイコ開発時にすでに4研から技術漏洩してるんですよ(w
MK-IIも強奪前に基礎データは1研から漏洩済み(w

ちなみに3研のFA百式改のFAデータはインコムのデータと共にEXSガンの参考にされた模様。
曰く「増加装甲に遠隔操作システムを組み込む予定」だそうだ。
2005/10/15 (土) 07:24:15 | URL | 突破@ガンダムTV再放送中 #B8xSsyyA[ 編集 ]
あ、そりゃそうですよね。アナハイムのことですからそれくらいは当然か…アナハイムを適当に絡ませればどんな設定も作れる気がしますね(笑)

FA百式改→Ex-Sは初耳でした。確かに似通ってる部分はありますからねぇ。開発順を考えるとやっぱりきつきつなんで、FAZZ→フルアーマーZZみたいに、開発は平行させつつもとりあえず百式改で実験したってとこですかね。
2005/10/15 (土) 19:03:42 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 私のお気に入りMSである『リック・ディアス』は2年前くらいにMGを買いました。やっぱり、作品中初めの方しかクワトロ専用機出なかったのですが、やはり赤い機体と言えばクワトロ(シャア)ですよね。1話で最初に『リック・ディアス』が出てきた時は指からトリモチランチ
2005/10/22(土) 14:07:09 | バイトでゲーム・ガンダムオタク!
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.