がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダム戦記完全版
 売ってたので即確保。上下合わせて3つの話が追加されてる以外は特に変化ないんだけど、好きな作品にはお布施しないとね。というわけで主に追加された話についての感想を。
 上巻の2つはマットとケンの初動編。二人はいかにして戦いに身を投じたかって話だけど、な~んかとってつけたような感じが…。マット編なんか戦闘なしの大胆シナリオだけど、本編の一話が長いからボリュームが少なく感じるのかな。レガシーも最近複数話にまたがることが多いし、夏元氏は時間をかけたほうがいいものをつくれるんだろうなぁと思った。
 ケン編は作業用ボールがいるとかザクがカッコいいとかメカにばっかり目がいってた。夏元ザクってカッコいいよね。MGのラインをあそこまで絵にできる人もいないよ。肩が黒いケン専用ザクは作りたいと思っちゃうもんなぁ。話のネタ的は種のエルちゃんと大差ない感じ。本編もそうだけど、戦記ってやっぱ種を意識してるのかな~?
 下巻のおまけは決着編。すっかり忘れ去られていたゲーム中のステージもちゃんと出して、色々な意味で総仕上げって感じだった。しかし結局互いに一歩も譲らないまま違う場所で戦争が終わって「あーよかった」ってのは種とは大違いやね。そこで「いつまでも戦争は終わらない」って言っちゃったのが種だしね~。マットの「戦いを早く終わらせるために戦う」っていう主張も結局は「より多く敵を殺せば早く終わる」ってことになっちゃうわけで、そこを掘り下げても良かったのにと思ったりもする。でも一兵士にスポットを当てるという意味ならあれで正解なんだろうね。結局個人でできることなどたかが知れてるし、戦う理由がどうなんてのも個人の自己満足でしかなく。下手に全体論に持っていこうとして見事に滑った種と違って分はわきまえてるってことなのかな。そういう意味でもやっぱりこの漫画はちゃんとガンダムをやってるんだな~。連邦の兵士はアマちゃんばかりっていう外伝物のお約束はあんまり好ましくないんだけどね。それで主席なんだもんなぁ…世の中そんな上手くいかんよ。
 あとがきを読むと、戦記は夏元氏がかなり楽しんでいたとのこと。やっぱり過去の設定や商業展開に縛られた「閃光」は辛かったのかなぁ。売れるかどうかは別として、漫画って作り手が楽しんで書いてるときが一番面白いんだよね。作者の感情って作品の中に表面化することが多いから、そういう意味で戦記とそれ以外の夏元漫画の温度差ってのも良く分かる気がしたのでした。レガシーはたまに毛色ががらっと変わるから今後に注目したいですな。よく知らないんだけどフォルドとエイガーがティターンズにってマジですか?
スポンサーサイト
コメント
コメント
>>フォルドとエイガーがティターンズにってマジですか?
マジです(笑)
フォルドはジムクゥエルでエイガーがジムキャノンIIです
この二人にあってる機体ですな。
そういえば漫画でジムクゥエルがザクマシンガンを至近距離で跳ね返していましたが、ジムクゥエルはルナ・チタニウム装甲ですか?

夏元さんの描くMSはどれも好きです。あとSEEDHGの箱絵描いていらっしゃる森下さんも好きですな
お二人ともMSという素材を最大限に生かしているのがまた凄い。
2005/09/26 (月) 22:15:08 | URL | CRS #-[ 編集 ]
実はまだ入手していないんですが・・(^^;

>上巻の2つはマットとケンの初動編。二人はいかにして戦いに身を投じたかって話
これは,内容からしてアレかな,ガンダムA特別編で書き下ろされた奴・・?
個人的には結構好きだったりします。
ホントは,レガシーには,こういうちょっと戦線からはずれた単発物を期待していたんですが・・・
とはいえ,現在の物も嫌いではないんですけどね(^^;
2005/09/26 (月) 22:49:08 | URL | あさぎり #GCA3nAmE[ 編集 ]
マニピュレータで
跳ね返してたのでATフィールドの線が濃厚です(おい)
さすがにザクマシンガンでもああいう場所には効くだろうって思いますよね
2005/09/26 (月) 23:38:49 | URL | スウ #-[ 編集 ]
ボクは新しいモノ好きなので、設定に縛られるのは判っていますが、
ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア、海洋などをバリバリ観てみたいです。
統合を取るのは難しいことですが、チャレンジして欲しいと思います。
めさ勝手な願いではありますが…。
言っちゃえば、マガジンZ版のコロ落ちの冒頭シーンとかの
日常ちっくなのも好きだったりいたします。
2005/09/27 (火) 00:50:22 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
>マガジンZ版のコロ落ちの冒頭シーン
ギャース、覚えてない...いいかげん単行本化キボン。

今月のレガシィは戦記系キャラオールスター(兼販促)といった意味合いですが、展開にはちょっと無理がある気もする。
そのために悪役にされてしまったあの人がちょっとかわいそうやね。


2005/09/27 (火) 07:13:14 | URL | 一文字突破@血まみれチュ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>CRSさん
二人ともガンダムパイロットなんで、能力的にも経歴的にもティターンズに抜擢されておかしくないわけですが…彼ら地球至上主義についてどう思うんでしょうかねぇ。フォルドとかもろ反発しそうですけど、その辺が話の内容に関わってくるんでしょうか。

HGの箱絵めちゃくちゃカッコいいですよね。ガンダムウォーでも書いてるんでしたっけ。イラスト集とか出して欲しいです。

>あさぎりさん
おそらく特別編の書下ろしで間違いないです。ザニーが出るやつです(笑)
つーかレガシーの単行本はいつ出るんですかねぇ(汗)

>スウさん
ザクマシンガンがガンダムの装甲に弾かれるのはジーン達のザクが作戦後でまともな弾薬を持っていなかったからだって解釈もあるんで、ジムクゥエルに対するそれもそういうことだったのではないでしょうか(^^;

>カセクシスさん
レガシーは設定を意識しつつも、実に上手く直撃を免れている印象がありますね。過去の設定そのまんまでもなく、かといって否定してるわけでもないというのが実に今のガンダム業界らしいです。
個人的には「灼熱の追撃」とかのコミカライズを希望したり(爆)

>一文字突破さん
まだガンダムエース見てないんですが、レガシーってたまに東映まんが祭りみたいなことしますよね。面白いとは言え、中身がおざなりになるのは夏元氏の良さを半減させている気がします。

マガジンZでコロ落ちなんてやってたんですね…読みたいなぁ。最近復刻多いから単行本化は期待したいですね。
2005/09/27 (火) 19:24:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
> ルロイさん
連邦編を祭丘ヒデユキさんが、ジオン編を木下ともたけさんが描かれています。
どちらも3話くらいのストーリーだったと思います。
講談社ですので、期待できるかも知れませんね。
そう言えば、今月のエースはゲルググG型も紹介されていました。
> 突破さん
ジオン兵が連邦にMSがいるかどうかを賭けている場面です。
しかも、マゼラアタックに乗ってるんですよぅ。
2005/09/27 (火) 21:58:43 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
連邦とジオンに分けるあたりが戦記の雛形っぽいですな~。復刊ドットコムにもありますね。うちのサイトの1日のヒット数全員が投票すれば確実に100票いくのでみんなで投票しましょう(爆)
2005/09/27 (火) 23:06:31 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.