がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムXアストレイ
 古本屋で売ってたので2巻とも買ってみました。このコミック、設定内容からしてアニメがある程度進んだ時点で急遽制作されたような作品だと思うのですが、その割には内容がしっかりまとめられていてるんですねぇ。アストレイキャラやMSVキャラ登場のサービスを除くとシンプルに構成されてるのが要因だと思います。キラの失敗作とかハイペリオン対Xアストレイの決着の仕方とか、アイデアはすごく好きなんですよねほんとに。
 設定的に面白かったことと言えば、アメノミハシラの存在と「サイクロプスで捨て駒にされたのはほとんどユーラシア連邦の人間だった」ということでしょうか。前者はオーブを脱出した人間がそこへ行っているということになっており、よくよく考えるとシンはそっちへ行くべきだったのでは(指導者であるロンドはコーディネーターだしね)という…トダカ一佐って実は物凄く余計なことをしたんじゃなかろうか(苦笑)
 後者は、地球連合軍の中でも大西洋連邦以外の人間は捨て駒にされているという話で、これはデスティニーになってから一部連合側でろくな扱いを受けていない人間がいる(ファントムペイン含め)のも、実はそいつらは大西洋連邦所属じゃないからなんじゃないかという推測が可能になるということです。
 こういうところがしっかり練られているんだからちゃんと受け継げば、種デスももっと面白くなった気がするんですけどね。完全に無視してるもんなぁ…自分の作った作品を他人に勝手に改竄されるのが嫌な気持ちはわかりますが、バンダイのプロモーションと真逆の展開にしたり、福田監督って確実に富野監督の二の舞を踏んでる気がしてなりません。

 さて、肝心の話の内容はというと、やっぱり粗はあります。でもカナードがベジータ系の愛すべきひねくれ者なので、それで許せてしまうという(笑)やっぱりアストレイなので、ちょっとノリが少年漫画っぽいんですよね。ドレッドノートとハイペリオンという二つのガンダムだけを巡る内容なのでちょっと狭いというのがインパクトを弱めてる部分があって、そこでリジェネレイトやベルグランデみたいな凄い奴とかが出てきてもっと大きな舞台に立つことが出来たら、もう少し面白かったんだろうなぁと思いました。
 なんにせよ、ストーリーが二転三転している気がする(種と種デスの空白を埋める話だったはずが、いつの間にか種デスの尻拭いをさせられている)Dアストレイでも、カナードやロンドといったキャラの活躍をさらに期待したいと思わせるくらいの内容だったとは思います。ロウは逆にいなくても良かったのかもしれないなぁ。キャラが強すぎて他が消えてしまうので。単純にレッドフレームとロウに焦点を絞った作品がもっと見てみたかったかも、とも思います。ドラゴンボール並の長さでアストレイRを読みたかった(爆)

 あー、Xアストレイ最大の欠点は主役ガンダムがあんまカッコよくないことかな(苦笑)ハイペリオンは性能とパイロットの割にデザインがシンプルすぎるし、ドレッドノートは追加のドラグーンの形状が…。やっぱりガンダムはカッコよくて何ぼだよね、というのは福田監督が示した強烈な現実だったとも、思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.