がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
コミック版「アドバンス・オブ・ゼータ」
 本屋で見かけたので今さら衝動買い。A.O.Zってカード化されたりメディア的な援護は凄い受けてるくせに話が良くわかんなかったので。
 で、感想。「が、ガンダムのコミックなのに普通に内容がある…!」いや、だってガンダムの漫画って設定資料的価値か、年表の空白を埋めるエピソードの概略的価値しかないじゃないですか(笑)でもこれは、ちゃんとそれなりに漫画やってるんですよ。
 そりゃ、オリジンとかクロボンとかムンクラに比べたらたいした内容じゃないですよ。でも、「宇宙、閃光の果てに…」みたいにステレオタイプすぎるキャラがありがちな台詞を吐くだけの話じゃなくて、それなりに人間を描いてる。多分、ガンダムピクシーの話くらいには(分かりづらっ)。
 それまで俺的にはA.O.Zって新設定のMS以外に価値のないものと思ってたんですが、だいぶイメージが変わりました。「単機で「ガンダム」を相手にする、その意味がわかっているんだろうな!」カッコイー!(爆)バニング系の人がガンダムに乗ってる話って珍しいですよね。

 ところで、アドバンスオブゼータって「ゼータの次」って意味ですよねぇ?今のところ完全にゼータの前ですけど。最終的には次までいくのかな?最初に戦後が描かれてたし。てか、劇場版ゼータといい感じに噛み合うことをあらかじめ計算されてたんだろうか?だとしたらメディアワークス恐るべし、だなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.