がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ウイングガンダムゼロについて考える
 就活で真面目に更新している暇がないのですが一度くらい更新しとかないとなぁということで更新します(爆)

 今回は目先を変えてWの話です。以前MGでウイングガンダムver.kaというのが出ましたね。あれカッコいいし、俺も好きなんだけど納得いかない点が1つあります。それは、外見がゼロカスタムとほとんど同じであること(違いはウイングと腕と武装と色くらいです)。
 そもそも、ウイングゼロの設定は「5機のガンダムの元になった機体」です。決してWガンダムだけの原形機じゃないんです。TV版のウイングゼロはぱっと見確かにWガンダムに似てるけど、実は外見上の共通点は1つもないんです。
 まぁ、カトキ氏もそれはわかっているようで、「GUNDAM FIX」ではかなりTV版に近い形状のWガンダムが描かれてるんですが、一般的には多くの人がウイングゼロはWガンダムだけの原形機だと思っているのではないでしょうか?

 とにかく、アフターコロニーの世界ではウイングゼロが初めて「ガンダム」という名称で呼ばれた機体なので、少なくとも完成当時は、ただ「ガンダム」と呼ばれていたはずなんです。ウイングゼロと言う名称は後からできた他のガンダムと区別するための名称でしょう。
 では、なんで「ウイング」ガンダムゼロなんでしょう。見た目が似てるから?コンセプトを継承しているから?作り手としては、あくまで後継主役機だからそういう名前で、そういう外見にしたんでしょうが、劇中では実際主人公であるヒイロが乗ることになったのは初登場からかなり後になってから。それまでゼクスを含むメインキャラ全員が搭乗しており、あくまで劇中では「5体のガンダムの原形機」というポジションを貫き通しています。
 俺が思うに、カトルが組み上げたウイングゼロは、かつての原形機であるガンダムとは別の機体なのではないでしょうか?おそらく、原形機の設計図にWガンダムの設計を応用して完成させた機体なのではないかと。その理由は、おそらくそうでなければカトルでは再生することができなかったのでしょう。
 そう思う根拠は、ウイングゼロはWガンダム以外の4体のガンダムの特徴を全く持っていないからです。まったくもって何も共通点がありません。それ以上の理由もないですが(笑)

 じゃあ本来のウイングゼロ、すなわち「ゼロ・ガンダム」はどんなのだったのか?と言われると、たぶん凄いビーム砲と凄い近接武器(シールド一体型)を持った、5機のガンダムの最大公約数とトールギスの中間みたいな機体なんでしょう。どんなだよ(死)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.