がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
強化人間物語 ANOTHER Z GUNDAM STORY
 アマゾンで偶然見つけたので買っちゃいました。よく知らなかったんで予備知識なしで見たんですが、これがなかなかいい買い物でした。

 最初の方は主人公がロリ少女で人造人間・人工知能・別人格ネタとなんだこのオタクマインドの結晶みたいな漫画はと思ったんですが、後半になって「第二世代ニュータイプ」と「それを超える者」という言葉が出てきて一気に面白くなりました。設定面はどう見てもオーバーテクノロジーなので(それを作者もわかってるのかこの続編は宇宙世紀1000年代まで飛んじゃうんですねぇ)どう考えても正史には取り込めないんですが、コンピューター用語を巧みに使うことでリアリティを高めており、設定を無視して「なんだかあり得そう」な内容にしているのは凄いと思います。一番いいと思ったのは「きっとプログラマーが優しい人だったんですわ」というくだり。「作られた記憶」ネタはゼノサーガとかスパロボとか最近わりとよくあるネタですが、大抵マイナスの印象を与えるものをプラスの意味で表現している点が秀逸。そもそも普通のガンダムにおいて強化人間は悲劇の象徴として描かれているのに、それを希望であるニュータイプを超える者として描いているというのがこの作品の全てでしょう。続編では「外宇宙」「星間戦争」「ナノマシン」という∀を連想させる単語が出てくるようで、いろんな意味で∀を先取りした凄い作品なんじゃないかと思ったりします。その上SEEDにも通じる部分がありますね。エクステンデッドとかハチとかって、こういう感じだったのかなと思える内容です。しかし、おっそろしくマイナーなのなこれ(笑)主役機ガンダムディフォルティータでググったら5件しか出なかったよ…
 褒めちぎりすぎたので悪い点も。まず絵が恐ろしく雑です。なので何が起こってるのかよくわからず、はっきり言って台詞だけが頼り。MSの絵なんて適当すぎてどんな機体なのかというかそもそも機種の区別がつかない。巻末にMSの設定でも書いてるのかと思ったら何もないし、一体どのMSがどんな名前でどんな機能を持っていたのかいまいちわからないです。ちなみに人間の絵もキツいです。エロさ以外は多分ムンクラ以下かと。これ掲載当時はそれなりに設定があったのかなー…扱ってるサイトが皆無に等しいのでないんだろうな(苦笑)あと結末は相当やっつけなので注意。ネオジオンとか意味わからんしな。そもそも最初のページでカミーユの戦闘データがどうこうとか言ってるのにそれがその後一度も出てこないんですが…
 こういう絵が下手・話が中途半端・極端にマニアックというのは、80年代後半~90年代前半のガンダムコミックに共通する点ですよね。だからいかに当時ムンクラやクロボンが優れていたか、カトキメカが優れていたかがわかります…。

 そうそう、一応補足しておくとこれ、宇宙世紀0088~90年くらいの時期の話です。ありえね~(笑)ほとんど攻殻機動隊ガンダムだしね。押井守を監督にして真面目にアニメ化したらイノセンスより遥かに面白い作品になると思うんだけど、どうでしょう。萌え要素満載なあたりメジャー受けはしないだろうけどオタク市場ではそれなりにヒットするんじゃなかろうか。

 最後に、ディフォルティータ(No.6じゃなくて最初に出てきたSガンに良く似た奴ね)って、実はラムダガンダムじゃなかろうか、といってみる(爆)Sガンダムに似てるし変形するし…サイコミュは付いてないように見えるけど強化人間用ならつけることが可能でもおかしくない…。すでに脳内ではこいつがラムダガンダムになりました(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
強化人間物語
 ダブルフェイクと同様,買っては見たけど読了していない本です。この機会に読んでみようと思いました。確か,続編もコミックで出ていたような?
2005/07/08 (金) 15:40:17 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
 ものすっごい読みづらいので台詞だけを読むようにしないと辛いですよね。続編はアマゾンでは在庫切れでした。ヤフオクでも見かけませんし、こっちの方がレア度が高いんでしょうかね~?
2005/07/08 (金) 20:42:23 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
続編、すでにガンダムのガの字もないので、まあ無理せんでもいいよ(w
私は100円で拾いました。

>最初に出てきたSガンに良く似た奴ね)って、実はラムダガンダムじゃなかろうか、といってみる(爆)

この機体【ZETA TEST-12】のマーキングがあるんだよね。なるほど、【MSA-0012】の【12】と一致しますね。
ちなみにSガンの【MSA-0011】は仮型番で、正式採用されていれば、【MSZ-011】だったわけですが、ラムダガンダムも、もし正式採用されていたなら【MSZ-012】であり、Zタイプテスト機・ナンバー12で問題ないわけだ。

でも、ドーベンウルフだけはなじめないんだよ。このマンガ(w
2005/07/09 (土) 21:45:02 | URL | 突破@激修羅場中 #B8xSsyyA[ 編集 ]
正直無理に探すつもりはないです(笑)興味はあるんですけどね。ガンダムは人+機械ってネタがあまりないんで。

>この機体【ZETA TEST-12】のマーキングがあるんだよね。

見落としてました。作者的には狙ってるんですかね~?正直μガンダムよりも情報が少なかったんで、ようやく現実味のあるネタを見つけたと思っています。

>ドーベンウルフ
台詞だけ出てどこにいるのかわからずしばらくずっと探してました。原形とどめてねぇ…(苦笑)まだガザックスのほうがまともですよねぇ。てかマラサイさえおかしいからなあの漫画…
2005/07/09 (土) 22:27:20 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
>この機体【ZETA TEST-12】

ちなみに起動画面で”サイコミュ”が起動してますよ。
う~む、ますますラムダっぽいぞ。

マラサイさんとハイザックさんはそれなりに好きです。
サイコもちょっとなじめない(w
2005/07/09 (土) 22:31:32 | URL | 突破@激修羅場中 #B8xSsyyA[ 編集 ]
あ、見落としたと思ったらアナハイムで好きなのに乗っていいよって言われてたときのやつのことだったんですね。俺が言ってたのはその後にビグザムと戦った奴だったんで…でも文字設定的にはその前の奴の方が確かにラムダですなぁ。
てか最初のがディフォルティータNo.1で対ビグザムのがNo.2なんでしょーか?話だけ見ると最初のラムダらしき機体とディフォルティータは別の機体に見えますが…
2005/07/09 (土) 23:22:44 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
>最初のラムダらしき機体とディフォルティータは別の機体

じゃないかと。
最初のテスト機がラムダ?
ビグザム戦のがDEF1号機(大破)
その後の【機番2】のがDEF2号機
かな?
2005/07/10 (日) 08:01:21 | URL | 突破@続き #B8xSsyyA[ 編集 ]
なるほど。ほんとわかりにくいっすよねあの漫画…

ラムダはすでに我らの中では確定事項として(笑)
デザイン的にはアレンジがきつすぎて何の参考にもなりませんな…
2005/07/10 (日) 12:11:57 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
でも、ネロの上半身にラムダガンダムの設計が残ってるハズなので、じぇんじぇん似てない罠。
【ZETA TEST-12】は只のZ系テスト機(プラス系かな?)の機番12なだけなのかもしれない(w
2005/07/10 (日) 13:13:39 | URL | 突破@続き #B8xSsyyA[ 編集 ]
「ネロの上半身=ラムダ」という設定もだいぶあやふやですけどね。腕なんてほとんどMk2と同じだし、肩もむしろSガンダムに似てるし…。なにより強化人間物語のMSは基本的に原形を留めていないので(笑)外見的なこじつけはどうにでも出来る気がします。
2005/07/10 (日) 13:42:03 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
ところで、【G・DEF No.1】って、Bパーツを分離して融合炉を自爆させてますよね。バウ?(w
で、更に【G・DEF No.2】には、中に脱出ボールが!
【G・DEF No.6】にいたっては、【G・アイロティア】とFA合体するというトンデモなさ。

でも、確かにテールスタビライザーが機首になる変形方式はSガン系の開発ラインに準ずる機体なのかもしれませんね。
2005/07/10 (日) 19:53:10 | URL | 突破@仕事前 #B8xSsyyA[ 編集 ]
ディフォルティータ何気にゼータ系の総決算ですよね。実はZ計画ってDEFを生み出すための計画だったんですかね(笑)で、カミーユ+ゼータの組み合わせが後の強化人間+DEFにつながると…わかる話です(?)

ちなみにNo.2の変形機構は微妙にクスィーにも似てたりしますね。頭部はなんとなくMk4に似てたり。つーかむしろエヴァ初号機っぽいカットも…よくよく見ると味のある絵なのかもしれません。
2005/07/11 (月) 01:22:23 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.