がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光
 レンタルが半額だったので借りてみました。同じ総集編でもゼータとは目的が違うので、同じ見方はできないのですが…バニングがいつの間にかいなくなっていたり、ヴァルヴァロを直しておきながら戦わないし(ヴァルヴァロ戦がないのは知っていたけど、ケリィのエピソードが丸々削られていたのかと思ってた)、冒頭のコロニー移送のカット(なんかK型ボールみたいなのがいましたよ)を作ってる暇があればそういうところを補完するカットを作っとけよ、とは思いました。正直新訳ゼータの編集の仕方は手放しで誉められた物ではないと思っているんですが、やっぱり富野監督の方が編集には遥かに気を配っていますね。

 オープニングの一年戦争のシーン、パワードジム対ザクの模擬戦が削られているのはともかく、「その姿、忍びない」のセリフが削られているとは何事か!(爆)0083の最大の売りがことごとく削られていたのは流石に残念でしたよぅ。
 でも改めて見て、ソロモン攻撃→コロニージャック→レーザー照射→コロニー阻止限界点突破→ソーラシステム発動→シーマ失敗→コロニー落下の流れは良くできてるよなぁと思います。ここまで手の込んだ作戦は今後どんなガンダムが作られてもないんじゃないかなと。それをメインに据えるのであれば、削られた部分が多いのもやむを得ないという感じはします。でも、ならガンダム強奪シーンでニナがガトーを見たシーンくらい変えとけよとはやっぱり思う(苦笑)
 そうそう、ニナといえばガンダムヒロインの中でも相当嫌われてる人なわけですが、まぁ、彼女は自分に正直すぎるだけなんでしょう。冷静に見れば、ただ目の前で人(しかも元彼)が殺されそうになっていたのを防ごうとしたという行動ですし。一方的にガトーをかばっているようにも見えますが、コウに人殺しをしてほしくないという気持ちもあるように感じました。まぁ、コウの視点で見たらたまったもんじゃないけどねそりゃ。だからそこまで傷つけておいてまた戻ってくるとは何事よ、というのはわかるんだけど(さすがに劇場版ではそこはカットされてる)、コウの性格から考えても、すべてに裏切られた上何も成すことができなかった身だし、ニナの行動は何かの間違いだったと信じてる節はあると思うんですよね。だからコウならニナを許してもおかしくはないのかな、と思ったりはします。

 ところで、新訳Zを見てからだと「この一撃が歴史を変える」という台詞が、あたかも0083という作品によって世界の流れが旧訳Zから新訳Zに変わったという意味にも取れてしまって興味深かったです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
それで許されると思ってるのが…
ニナが嫌いというより、ああいう人間ドラマのいい加減さ自体が許せない印象が強いです。「手の込んだ作戦」はそうなんですけど、それだからこそ余計に「ジャブローではない!」の理由の曖昧さは、既に許容限界点を超えてしまってます。(総集編の作り方もそう。ガンダムってのは投げっぱなしでもあとは適当に解釈してくれるとか、もしやファンに甘えているのではないかと。)
私は「劇場版」⇒「OVA」の順で見たのですが、劇場版で割り切れなかった部分はOVAでもやっぱり割り切れないままでした。…好きな部分もあるのですが。私にも文才があったなら、たぶんジオン側を主人公とした視点で根本的に「補完」したくなる、そんな作品だったように思いました。
2005/06/09 (木) 20:08:33 | URL | ずもっく #TJwDdEqg[ 編集 ]
>ジオンの残光
観艦式のあたりからまとめてみるとお手軽にモチベーションアップ出来るので重宝します(笑)。
SDノイエとリック・ドムIIの時は御世話になりました。
2005/06/09 (木) 21:30:38 | URL | 一文字突破 #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ずもっくさん
0083が基本的には嫌いなんですね~。
確かにドラマはいい加減で、そっちを重視するファンには結構くそみそに言われてるみたいですよね(そしてニナよりもむしろガトーが嫌われている)。人間部分は、割とありがちな内容でまとめられている節もあって魅力に欠けることは確かですね。センチネルにくらべたらだいぶましですけど(笑)
0083という作品はそれこそ星の屑みたいなもんで、スタッフが「漢たちの魂の輝き」を表現できればそれでいいや、みたいな意図が見えますね。作画もアクションも尋常じゃないレベルなんですが、そこで止まってると。まー、戦記ものってそんなものなのかな、とは思うんですけどね。「映像化したMSV」ですよあれは。

>一文字突破さん
確かに、観艦式からかなりテンポが上がるので、そこはOVA版よりテンションあがりますな。ソロモンの残骸のザクがF2だった気がして、あの頃ソロモンでも06F2が配備されたたのか~とか思ってました。
2005/06/09 (木) 23:20:07 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
OVAのスタッフうんちく話
・・・がなければ、たぶん3倍好きでした。(苦笑)
買って買ってとベタに連呼しすぎ…作品の中の人物に対して「失礼」なレベルとさえ。サンライズが公式に制作した映像作品で「どうせ見るのはガノタだろ」みたいに馴れ合った感覚は正直不愉快。
ガトーやデラーズ、あるいはバニングなどの人物は、単純なりに私は好きです。だからこそ「漢たちの魂の輝き」に素直に感動できる話にしてほしかった、と愛憎相半ばするのが正直な実感。映画のテンションには私も興奮しましたので、この話も「新訳」してほしいぐらい。(無理ぽ…
2005/06/10 (金) 13:06:49 | URL | ずもっく #TJwDdEqg[ 編集 ]
スタッフのうんちくとは雑誌のインタビューかなんかでしょうか?見たことないんですが、センチネルのあさの氏みたいな口調なんですかね?だったらただの煽りである可能性もあるわけですが…
2005/06/10 (金) 13:43:59 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
あ、いえ。そうではなくて…。
正式タイトル忘れましたが、OVA各巻の最後に、おまけみたいに入ってたインタビュー等の映像です。きっとご覧になっていると思うのですが。“うんちく”が適切な表現ではなかったかな…。OVA発売の進行をなぞってるんですが、「新たな金字塔を打ち立てた0083!」とか、作品未完の段階で言い募るのがうっとうしくって。へぇカトキさんってこんな顔してるんだ、とかは思いましたけど。
2005/06/10 (金) 19:21:02 | URL | ずもっく #TJwDdEqg[ 編集 ]
そういうことでしたか
あぁ、そういえば入ってましたねそういう画像。
あれは宣伝意図が強烈にあった感じがしました。
たぶん、F91が売れなかったのでこっちで取り返したかったんでしょう(苦笑)
0083は相当気合を入れて作られたようで、スタッフがそれを自覚している節は見られますね。富野監督がああいう人なんで、自分もそういうことを言ってやろうとか思ったりしてるんじゃないっすかねぇ。

個人的には、ニナの声優さんがガンダムをいまいち理解していない感じだったのが笑えました。印象に残ったシーンが無理やり捻り出したっぽくて。
2005/06/10 (金) 22:00:22 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
劇場版があるとは知りませんでした。見ようと思ってまだ見ていません。リアル戦争という雰囲気で作られているとだけきいたことがあります。【ストーリー】宇宙世紀0083。一年戦争が終わって三年の月日が流れた。コウ・ウラキはモビルスーツのテストパイロットとして....
2005/07/16(土) 20:11:36 | ガンダムマニア☆トラックバックセンター
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.