FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
GPシリーズが作ったコンセプトのその後
 ガンダム開発計画により開発されたGPシリーズは、デラーズ紛争の抹消と共に凍結され、直系の後継機が作られることはありませんでしたが、その設計思想自体は、全くなかったことになったわけではありません。
 今回はGPシリーズの延長と思しきコンセプトが、どのMSに表れているか考察してみたいと思います。


(1)GP-01ゼフィランサス
 GP01は白兵戦特化・運動性究極を目指した機体です。ムーバブル・フレーム全面採用以前の技術で、極めて人体に近い動きを目指した機体ですから、その発想はまさにムーバブル・フレームのガンダムMk-IIに繋がっていく設計思想と言えます。アナハイムにおいては、百式(の前身となった機体)に繋がっていく機体と言えそうです。
 また、この機体はコア・ブロック・システムを採用した機体です。オリジナルのRX-78と違って、コアファイターの推進器が本体のバックパックを兼ねる方式を取っています。この機構は、オークランド研究所のケストレル=グリンブルスティに採用されているので、そこに受け継がれたと言えそうです。強化人間の保護に利用されたということですかね。
 パワードGM譲りの陸戦用のショックアブソーバーをもつという特徴もありますが、以後の連邦製MSはSFSによる空戦が主体になったので、陸上戦の設計はあまり受け継がれなかったのかなと思います。

(2)GP-01フルバーニアン
 宇宙仕様の装備をあえて別機体として区別してみます。この機体の直系の後継機と言えば、「高機動型GMカスタム」ですが、これは非公式かつIF設定です。プラモ誌のオリジナル作例なのに何故かGジェネに拾われて地味に知名度が高いという謎の機体ですね。
 実際に直接受け継がれたのは、ヘイズル2号機のトライ・ブースターですね。これはGP01のブーストポッド+GP04のシュツルムブースターの延長です。GPシリーズのスピンオフとしては、最も直接的な機体だと思います。だいぶ先になりますが、シナンジュにも同様のブーストポッドが採用されています。
 偏向型のバーニアスラスターという意味では、後のZガンダム等に採用されたテールスタビレーターが近いでしょうか。ガンダムMk-II等のバックパックのサーベルラックがスラスターを兼ねているのも、この発想に近いかもしれません。それはどっちかというとGP04ベースですけどね。

(3)GP-02サイサリス
 この機体はデザインの時点でリック・ディアスに繋がるように設定されているため、直接的な後継機はリック・ディアスになります。バインダーを肩にも装備できるという初期設定も、この機体とのつながりを感じさせます。今後プロトタイプリックディアスがリファインされることになったら、GP02とのつながりも多少意識されるかもしれませんね。
 また、この機体はデラーズ・フリートに奪取されたことで、そのデータはジオン残党=アクシズにも流れていると思われます。リゲルグやキュベレイの肩の大型バインダーは、この機体をベースにしているのかもしれません。背部よりも肩に主推進器を装備するという設計思想は他にあまり見られませんしね。ギガンティックという似たようなアクシズ製Gジェネオリジナルメカもありますが、見た目はあまり似ていません。コンセプトだけを引き継いだ機体ですね。
 肩の推進器と言えば、ギャプランにも通じるものがあり、ヘイズルのシールドブースターを含めて、腕部に推進器を搭載する元祖とも言えます。GP02の場合はバックパックに核弾頭を搭載する都合だったのですが、結果的に背部のオプションの幅を広げる思想と相性が良かったようです。
 設計上は、GP01と基礎設計は共有しつつ、戦略核級の攻撃の余波に耐え得る装甲をもち、それでも強大な推進力を確保するための推進器を搭載するという仕様になっています。そこに、ジオン系技術者が関わったことで装甲形状がジオンっぽくなっているというだけなので、中身連邦・見た目ジオンという意味ではガーベラ・テトラに近い機体なのかもしれません。

(4)GP-03デンドロビウム
 この機体は、以前考察したようにFSWSの延長線にある「ガンダムに戦艦クラスの戦闘力を持たせる」思想を具現化した機体なので、この機体の延長かどうかにかかわらず、後に似たような機体は多くあります。サイコガンダムもインレもディープストライカーもその延長かなと思います。直接的には、トワイライトオブアクシズに後継機(というか実機の流用?)が出てきましたね。
 防衛力よりも推進力を優先した設計になっているので、拠点に配備して防衛するのではなく、単機で敵拠点を殲滅する方に重点を置いているのかもしれません。

(5)GP-03Sステイメン
 オーキスと合体するために特殊な機構を持っているだけの機体ですが、テールバインダーはリック・ディアスのバインダーに繋がる設計にも見えますし、フォールディングサポートアームはヘイズルのサブアームユニットに受け継がれているとも言えます。全天周モニター搭載だったりもして、基礎設計はGP01の流用で、そこにあらゆる実験的装備を追加したタイプと言えそうです。
 この機体のバインダーも、合体機構の都合上そのような配置になっているだけなのですが、結果的に後のバインダーに繋がったという、GP02のバインダーと似たような背景を持っています。
 そういえばこの機体、GPシリーズ中唯一大破せずに帰還した機体だったりしますが、その後の扱いは不明ですね。抹消・封印されたものと思われますが、いつか外伝で拾われそうな気がします。

(6)GP-04Gガーベラ
 バックパックがガンダムMk-IIに極めてよく似ていますので、直接的な母体になったとも考えられます。あとはGP02の項目で述べた通り、シュツルムブースターがトライブースターに受け継がれたくらいですね。基礎設計はコアブロック以外GP01とあまり変わらないと思います。
 バックパックのサーベルラックもそうですが、肩にGP02ほどでありませんが大きな推進器を搭載しているのも特徴です。フルバーニアンをよりコンパクトにまとめた、直線の推力よりも3次元の機動力を重視した機体と言えます。
 もしガンダム開発計画が中止されず、そのまま量産機にスピンオフされていたとしたら、直接量産機の母体になるのはこの機体かもしれません。胴体が一番普通の連邦系MSっぽいんですよね。というかMk-IIがこの機体の直系後継機になっていた可能性も。

(7)ガーベラ・テトラ
 中身はGP04と一緒ですが外装がケンプファー系なので、もし受け継がれるなら外装の設計の部分でしょうか。頭部は後のマラサイに近いような気がするので、「実は中身が連邦系」という設計も含めてマラサイに繋がる機体の一つだったりするのかなとも思います。
 これもデラーズ・フリートに渡っていますが、シーマがそのデラーズ・フリートを裏切っているので、データはジオン残党よりもむしろティターンズに流れているような気がします(Mk-IIとGP04Gの類似性を考えると、流れたのは「中身だけ」なのかもしれませんが)。外観上似た機体はあまり見当たらないので、他に派生機はないのかなぁと思います。
 あえて言うなら、初期設定はサザビーに繋がるようデザインされていた節がみられるので、実はバルギルの先祖だったりする可能性も無きにしも非ず。



 総じて、GPシリーズは推進器をわりと多く搭載している機体が多いのですが、これはガンダリウムγ開発前で機体の軽量化が出来ていない中、特殊な機構を採用しつつ機動力を上げるためには、これまでのMSとは違う位置に推進器を増やすしかなかったという事情が影響していそうです。ある意味では、GPシリーズの遺産はこの「いろいろな部位に推進器を追加してみる発想」だったのかもしれません。
 ネタですが、GP01Fbのバックパック、GP02の腕、GP03の腰を同じ機体にまとめるととんでもない推力を持ったモンスターマシンが完成します。ガンダムブレイカーで再現できますね(笑)、モバイルはまだ機体がありませんが。
スポンサーサイト



コメント
コメント
ガーベラテトラ改はどういう存在と解釈するべきですかね…
2019/09/18 (水) 08:13:50 | URL | #-[ 編集 ]
自分もガンブレ3で同じ事をしましたw
ただユニバーサル・ブースト・ポッドが、試作2号機の肩に、干渉(絵的には飲み込まれ)していて残念な気持ちになったのを覚えています。

俺ガンで、試作5号機とか試作6号機とか構想してたのが、懐かしいです。
やっぱりGP計画の機体は、コンセプトから作りからデザインから、面白かっこいいですね。
2019/09/21 (土) 15:26:35 | URL | 影狼 #rY9JFZtk[ 編集 ]
後付け設定とはいえ、GPシリーズはもちろんアレックスもZ以降のガンダムタイプをも軽く凌駕する推力を持っていますが、これらのMSは数値が示す通り、Z以降のガンダムタイプよりも速く飛べるのかが疑問でした。
それともあの数値はアフターバーナーみたいに短時間のみの最大推力で、その気になればZ以降のガンダムタイプも出せる設定なのでしょうか?
2019/10/03 (木) 05:55:58 | URL | samon #-[ 編集 ]
>ガーベラ・テトラ改
これは作中世界には存在しない機体扱いなので、IFですねー。
シーマが生き残っていたらこの姿に改修されていたかもしれない、というくらいでしょうか。

>影狼さん
GP計画はファーストの技術レベルのままZ時代のスペックを実現するために色々装着した機体っていう感じですね。
そういう意味では技術的には決してオーパーツではなような気もします。

>samonさん
「スラスター総推力」の計算式が違うんじゃないかなという気はします。
特にポケ戦の場合、各ノズルの数値をすべて足すような計算になっていましたし。
あとはアレックスやGPシリーズほどの推力はMSには不要だったということも言えるのかもしれません。
2019/10/06 (日) 23:06:59 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.