FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
PMXナンバーとガブスレイ・ハンブラビの関係
 ガブスレイとハンブラビは、設計にシロッコが関わっていたとされています。そうであるならば、純シロッコ製であるPMXシリーズとも何らかの関連性があってもいいのではないかと思います。
 今回は、その共通点や関連性について考察してみます。


○ガブスレイの特徴
 ガブスレイの特徴は、推進器の配置がこれまでのMSとはかなり異なるというところです。まず背中に推進器を装備しておらず、腰周りと脚、そして腕に推進器が配置されています。これは連邦系のMSにはない設計思想ですし、ジオン系MSとも異なる構造です。
 MA形態では腕は推進器として使用される一方、脚部フレームがマニピュレーターとして使用されます。腕と脚の使い道を逆転させるというのも例にない設計思想です。
 武装はフェダーインライフルの他、両肩に固定式のメガ粒子砲を装備しています。固定装備のビーム砲というのも、キャノン系以外にはあまり見られなかった設計思想です。

 PMXナンバーと比べて見た場合、ガブスレイに似ている設計思想のMSはないと言って良いです。推進力重視という意味ではメッサーラが近いですが、メッサーラが背負い物のブースターに推進力を依存しているのに対し、ガブスレイは四肢と胴体に推進器を分散して配置しています。
 強いて言うならパラス・アテネは胴体の形状が似ているかなと思います。肩にメガ粒子砲を搭載しているという点でも似ていますし、胴体構造、スカートアーマーの接続の仕方、細身の脚部などに共通点があります。ただ、パラス・アテネは変形もしませんし、推進器はほぼ背中と腰のみに依存していますので、運用思想は全く異なっています。


○ハンブラビの特徴
 ハンブラビは、推進器らしい推進器がありません。設定されていませんので(苦笑)。ただ、明らかに背中に推進器はないため、そういう意味ではガブスレイと共通しています。
 MA形態での推進力を考えると、畳まれる脚部にもスラスターはなさそうなので、おそらく推進器は腰部サイドアーマーと肩アーマー、背部バインダーあたりに内蔵されていると考えられます。脚部はランディングギア兼プロペラントタンクというところでしょうか。
 武装は背部のビーム砲と腕部のビームサーベル兼用ビームガンと、固定のビーム砲を搭載している点もガブスレイとは共通と言えます。

 この機体も言うまでもなく、構造上PMXナンバーに似ている点は皆無です。無理矢理関連付けるなら、メッサーラしかないでしょう。メッサーラも脚部に推進器としての機能はありませんし、腕部に武装を内蔵している点は共通しています。外宇宙仕様の大推力機であるメッサーラを、地球圏サイズにしたらハンブラビになった、と考えられなくもありません。まぁ、頭部のトンガリはどちらかというとジ・Oに近いですけど。

○連邦軍の要求性能
 ただガブスレイとハンブラビは、あくまでも連邦製のMSです。シロッコが関わったとは言え、オーダーは連邦軍ですし、仕様をある程度決めてるのも連邦軍と考えるべきでしょう。つまり、PMXナンバーと似ていない点は、連邦側のオーダーという可能性が考えられます。
 例えば、両機とも固定式のビーム砲を装備している点。携行火器がフェダーインライフルと共通している点も含めて、コンセプトに共通性が見られます。おそらく変形可能な点も含め、「MA形態でも使用可能な固定火器を搭載し、携行武器はサーベルと共通のライフルのみでシンプルに」という点が連邦の求めていた可変MS像だったのかなと思います。
 PMXナンバーはジュピトリスで生産されたこともあり独特の形状でしたが、ガブスレイとハンブラビは連邦軍の艦船の仕様に合わせる必要があるため、サイズが通常のMSサイズに収められている(縦だけでなく横幅も)ということも言えそうです。
 また、両機とも変形しても脚部を単純にスラスターノズルとしては使わない点が共通しています。PMXナンバーはメッサーラ以外は普通に脚があるMSであるため、この脚部の使い道の模索というのも連邦側の発想でしょう。宇宙空間でデッドウェイトにもなり得る脚部の使い道を模索している節が見られ、連邦軍としては宇宙用に特化したMSの運用法を可変機に求めていたのかなと思いますね。

 つまり、ガブスレイとハンブラビは、連邦軍が「新たな設計思想の宇宙用MS」を求めて開発したもので、「固定式メガ粒子砲を装備した高出力機」であり「サイズは通常の艦船に搭載可能なもの」、という前提でシロッコが関わったものと考えられます。その際、シロッコはメッサーラやパラス・アテネの構造を一部流用したのかもしれません。ガブスレイは、パラス・アテネよろしく通常のMSに近い構造で四肢に推進力を分散させた設計とし、ハンブラビは、メッサーラのようにほぼMAのバランスで本体を構築し、最小限の変形で推進力と格闘戦性能を両立させたというところでしょうか。

 おそらく、PMXナンバーは、シロッコが異なる運用目的で製作したコンセプトモデルのようなものだったのかなと思います。メッサーラは、木星圏での運用のために可能な限り推力を高めた航宙機に手足を付けて地球圏での格闘戦に対応したもの。パラス・アテネは、スタンダードな人型MSに、可能な限りの火器を搭載したもの。ボリノーク・サマーンは、策敵能力に特化したもの。そしてジ・Oは、人型での機動性を極限まで追求したもの、ということになるでしょうか。
 それに対し、ガブスレイとハンブラビは、シロッコが持つ知見を通常の連邦軍の規格や予算、計画に合わせて作った機体と言え、元から発想が異なるものであると言えます。しかし、既存のMSの構造に囚われない独特なシルエットは、間違いなくシロッコの感性によるもので、故にその後のMSにはあまり生かされていないのだろうなと思います。ハンブラビの原型っぽい機体はなんかAOZ方面にいたりしますが、気にしない方向で(笑)。まぁコンセプトのベースデザインにはなっていそうですが。

 以前、ハンブラビはともかくガブスレイは、グリプスで建造され、カミーユの母もに関わっていたはずのドゴス・ギアに搭載されていたことから、本来はガンダムMk-IIあるいはその後継機の代替として配備されたものなのではないか、なんて考察したこともありましたが、もしシロッコが関わらず、あくまでガンダムMk-IIの延長線のデザインのガブスレイが配備されていたら、どうなっていたんでしょうね。…多分ハイゼンスレイになっていたんでしょうね。TR-Sベースのハイゼンスレイなんかがそうだったのかなぁなんて思います。だからとりあえずハイゼンスレイIIのキット化からお願いします(笑)
 ハンブラビは永野デザインだったり、元々味方機の予定だったけど禍々しすぎて代わりにメタスがデザインされたという経緯があったり、サーベルがリック・ディアスと共通だったりすることから、「実はアナハイム製」ってことにしてもいいんじゃないかなぁと思ったりしています。まぁそれをシロッコがちょっと魔改造しているというような感じで。ジオン共和国から接収したばかりのゼダンの門に登録されているあたりが、急遽外から引っ張ってきた機体っぽいなぁとか思ったりもします。
 その辺も踏まえて、Zのリメイク設定なんかも構築していきたいですね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
シロッコがハンブラビを作ったという設定は、
初放送の時に読んだ本に載ってました。

ガブスレイもシロッコが作ったとしたら、
シロッコは、昆虫をサイボーグにしたような顔のモビルスーツが好きなんでしょうか。
(ボリノーク・サマーンはデザインセンスが違うみたいだけど)

脚の使い方を模索してたというのは、
ガブスレイに関わった技師が、バウンドドックを作ったかも知れないと思いました。

あと、サラがギャプランの欠陥を知ってたのは、
シロッコが設計図を見るか、試乗して欠陥に気付いて、サラにだけ教えたんでしょう。
2018/11/03 (土) 21:34:48 | URL | #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.