FC2ブログ
がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「eスポーツを日本で流行らせるには」
 久々にガンダム以外の話を。最近なんとかしてeスポーツを流行らせようとしている動きを見かけるので、それについての私見を述べたいと思います。
 まぁ、流行らせたい気持ちはわかります。日本は世界トップレベルのゲーム大国で、その技術は海外でも認められているにもかかわらず、プロゲーマーが出てくるのは海外ばかりで、日本製のゲームの大会が海外で盛り上がっているような状況ですからね。かといってそのままゲーム会社が拠点を海外に移すわけにもいかず、海外と日本で同時に商売したいのであれば、日本でもeスポーツを盛り上げたいというのがゲーム会社の気持ちでしょう。

 ただ、日本という国は「スポーツ」という概念が非常に特殊なんだろうなと思います。巷を騒がせている日大アメフト部の問題なんかも、ある意味それと関連していると言えますが。


 というのも、日本においてスポーツとは「体育」を意味するんですよ。全てにおいて日本のスポーツは学校教育の一つである「体育」をベースとしていて、あらゆるスポーツがその延長線上にあるんです。もちろん学校ではやらないようなスポーツもありますが、それらの基本的な精神=スポーツマンシップという言葉の源泉も、日本においては体育教育的な概念に根差しています。

 海外において、ゲームがスポーツの一種と捉えられるのは、スポーツをする人間がスペシャリストの一つとしてリスペクトされているからなんだろうと思います。あくまでも優れた技術を持ち、そのために必要な修練を積んだ人間がするものがスポーツであるが故に、ゲームであってもその範疇に入るのかなと。
 しかし日本においては、スポーツは教育の延長なんです。そしてゲームは、教育を疎外するものとして教育の世界からは忌み嫌われてきた存在です。故に、ゲームとスポーツが結びつくような土壌はほぼ存在していないと言えます。そもそも日本ではスペシャリストであるというだけではリスペクトされない文化があるんですが、それは本筋から外れるので今回は掘り下げません。

 もう一つ、日本においてスポーツを特殊たらしめている要素が、スポーツ=芸能の一つという概念です。この国では、アマチュアスポーツは体育の延長ですが、プロスポーツは芸能界の一種として認識されているようです。典型的なのが、大相撲とプロ野球ですね。この2つはテレビ中継と興行で成り立っており、必ずしも「真剣勝負」を良しとしません。どちらかというと、「空気を読んで、あえて勝利を捨てて盛り上げに徹する」という行為が賞賛される世界です。どちらもテレビ番組でよく取り上げられ、芸能人との接点も多いのが特徴です。アマチュアとプロの違いはそのスポーツだけで給料を得ているかの違いですが、給料を得るためには勝負よりも客が多くのお金を払ってくれることの方が大事なので、ある意味では当然の部分と言えます。
 このプロスポーツ=芸能という側面は、海外でも同様に見られるものです。そういう意味では、eスポーツの切り口はこちらにあるのかなと思います。

 例えば、「太鼓の達人」なんかは、ジャニーズのメンバーがテレビ番組でプレイする事によって大きな人気を得ていました。ああいう、芸能人が遊んでいるところを見て楽しい、と思えるのはゲームにおいて重要な要素なのではないかと思います。
 それと比べた場合、日本のプロゲーマー、あるいは全国大会に出てくるようなガチプレーヤーというのは、申し訳ないが非常に華がないんですよね。当たり前ですが、ゲームが上手いというだけで上り詰めてきた人たちですから、見た目はお察しですし名前も知られていない。そんな人間が急にテレビに出てきても「誰このキモオタ」で終わりなんです。歴史ある将棋でさえ、かつての羽生義治や今の藤井聡太レベルの特別な才能が出てこないと一般人には目に入らないわけで、いくら日本でプロゲーマーを育てても、多分地下アイドルレベルにも浸透しないと思うんです。
 じゃあ、ジャニーズのような芸能人をプロゲーマーに仕立てあげればいいかというと、それもおそらく違います。ガチゲーマーというのはそれだけに時間を注ぎ続けた結果生まれた常軌を逸するレベルの存在なので、付け焼刃の芸能人ではとても太刀打ちできません。あまりにもやらせが強すぎてしらけられてしまうでしょう。

 そもそも日本のゲーマーはちょっと「ガチ」に寄りすぎなのかなと思います。オンライン系のゲームでは、キャラを選択できるゲームの場合、勝率の高い「強キャラ」に偏ってしまいますし、ガチャがあるゲームなんかはどうしてもお金をかけないと手に入らないキャラやカードを強くしますので、基本的に「偏る」現象が起きます。ただこれは見ているが分からしたら面白くない。野球チーム全てに大谷がいたら面白くないんですよ。
 ガンダムのゲームで言うと、以前VSシリーズの全国大会での使用機体がほとんど同じ組み合わせばかりで、ゲストの古谷徹氏が「なんでみんな同じなの?νガンダム使ってよ」みたいなことを言ったという記事を覚えています。こういうことが起きるのは、興行としては非常に良くないです。

 そこで思うのが、日本におけるeスポーツでは、「ゲーマー」という個人単位で勝負するのではなく、その「キャラクター」での勝負を見せるべきなのではないか、ということです。ストリートファイターで例えるなら、最強のリュウ使いとか最強の春麗使いとか、各キャラごとの最強プレイヤーが集まって、今年の大会ではどのキャラが勝つか、という観点で興行にしていくほうがよいのではないかと思うのです。基本的にプレイヤーは顔を出さず、あくまでもキャラ同士が戦っているという演出にします。アニメにおける声優の扱いに近いですかね。
 ストIIが一番流行ってた頃は、ゲームセンターを題材とした漫画がコロコロやボンボンでも連載されていた記憶がありますが、その登場人物には必ず持ちキャラが決まっていて、基本的にはそのキャラしか使っていませんでした。(たまにアムロがガンキャノンに乗るみたいな感じで別キャラ使うこともありましたが)
 「ガチゲーマーの顔を出しても受けない」「ガチゲーマーがガチで戦うとキャラが偏る」という欠点を解消するためには、大会をキャラメインにしていくという考え方が必要なのだと思うのです。バーチャルYouTuberとかもそんな感じじゃないですか。オタクの顔出しなんかよりキャラクターの方が絵的には良いはず、元々キャラクターがいるゲームならなおさらです。

 そこで各ゲーム会社には、大会のレギュレーションをキャラ単位にすべき、と言いたいですね。全国ランキングとかもキャラごとに作って、その上位だけが大会に出れるとか。強キャラからは1人しか出れないし、1人しかいないなら対策は立てやすく事故で負けることもあるでしょうから、キャラ差による偏りは出にくいはずです。カードバトルならデッキの属性(色とか種族とか)とかで分ければ良いでしょう。複数のパーティーを組んで戦うタイプのゲームなら、運営側が組み合わせ方に縛りを設けるべきですかね。ポケモンならタイプ単のみとか。
 もう一つ提案したいのは、「観客が見ていて楽しい」ゲームを作ることです。例えばウイニングイレブンなんかはeスポーツとしては適切ではないです。何故ならばいくらリアリティを高めたサッカーゲームでも、テレビで第三者として見るなら本物のサッカーを見るのと大差ないので、面白くないからです。どうせゲームとしてやるなら、キャプテン翼とかイナズマイレブンばりの、ゲームでしか表現できない非現実的なサッカーを見た方が面白いでしょう。昔は友達が複数集まっても、テレビは1つしかなかったから、ゲームを実際に操作しているのは数人で、あとはみんなそのゲームを見ているしかなかったんですが、それでも十分面白かったんですよね。今のゲームプレイ動画が受けているのもその延長上だと思っています。そういう風に、「プレイヤーとして見なくても面白い」ゲームというのがないと厳しいだろうと思います。いくらリアリティや操作性にばかりこだわっても、商売にはならないでしょう。

 キャラ同士が毎年ガチバトルを繰り広げる、という天下一武道会方式ならマスコミも話題にしやすいし、一般人や子供もとっつきやすいと思います。キャラ好きがそのキャラだけを応援するということもあるでしょうし。あとは芸能界を巻き込むことでしょうか。スポーツという観点では体育系よりも芸能系に寄せたほうが現実的なので、芸能事務所や芸人、アイドルなどを盛り上げ役に使っていくしかないでしょう(「イベントを盛り上げる」という能力においては、やはり芸能人のレベルは高いですから)。

 というかこれくらいしないと日本ではeスポーツは無理だと思います。日本のゲーム業界は、あまりにもマニアックな世界になりすぎていますので。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ぼくは、SDガンダムオペレーションズをやってます。

シャアが好きなので、シャア専用のモビルスーツを使っていて、

ホルモンの病気で、体が男らしくならなかったという、特殊な外見なので、
セイラやララァ(エルメスが無いのでハンマ・ハンマ使用)や、
レコアとハマーンとナナイ(レウルーラっぽいのでアルジャジャを使用)とクェスの機体も使ってます。

Zガンダムは、時々、ヤザンを倒す場面みたいに、ビームサーベルが大きくなる技を使えますし、

ウェイブライダーは、時々、強力な体当たりを使えますけど、その時は、一瞬、Zガンダムの姿になったりします。

名場面を再現した動き方をする機体は、少ないと思うので、
増やして欲しいと思います。

ニューガンダムが、シャア玉パンチをするのは無いので、作って欲しいとは思いますけど、ふざけ過ぎのような気もします。

サザビーが、両手でビーサーベルを振り回すのは、
ゲームでは見た事は無いですけど、
駄々っ子みたいな動き方なので、
ファンじゃない人にはウケると思います。

一番の傑作だと思ったのは、
バーニィのザクIIが攻撃をする時に、
サンタが出るエフェクトです。
大会をやって、テレビで放送したら、
ガンダムを知らない人にもウケそうです。
2018/06/02 (土) 10:20:01 | URL | サディア・ラボン #-[ 編集 ]
昔は少子化前でゲーム番組が山ほどありましたが
今はゲーム番組は皆無ですからね
無料放送で全国展開のテレビ番組はアニマックスの無料放送枠のゲームアニマックスとBS11のアニゲーイレブンぐらいしか知りません
昔はゲーム王国などもあって、見ていましたよ。
他にもテレビチャンピオンなどもあってゲーマーの勝負企画もあって面白かったです。

今となってはそんな番組は、ドリフの大爆笑で近所トラブルの報復合戦のコントなど
このご時世で倫理的に絶対に放送できないなどもありますが
視聴率の数字が取れないという理由で作られないでしょうね。


ポケモンGOのように流行語にもなった物のゲームで
プレイヤーの年齢性別体格やプレイ時間や課金額あるいは消費電力量(モバイルバッテリーを何mahまで持ち歩くとか、スマホ本体の消費電力と電池容量も考慮し、電池の劣化状態も考慮)などを縛ってプレイして共感を得られる企画やアドバイスも一緒に行うと、マツコの知らない世界のモバイルバッテリーのように面白いと思います。
2018/06/02 (土) 18:09:16 | URL | #-[ 編集 ]
僕らは未来の社会人!が今は大人になっているのです。
ゲームは子供が遊ぶものでありいい年した大人が遊ぶのはどうなんだという価値観が根底にあるんじゃないかとおもいます。そもそも「スポーツ」という単語が体を動かす運動全般を指す単語なのにどうしてそれが体を動かさないコンピューターゲームと結びつくんだ?というツッコミをいかにしてこたえればよいのか・・・

また、どうやって収益化するのかも問題になってきます。かつてはゲーム会社が名人タレントをつくっていましたが結局定着しなかったことと(高橋名人ももともとゲームが得意ではなかった、イメージを崩さないように四苦八苦していたというエピソードもありますし)、「ゲームは1日1時間」という標語が今でもいろいろ縛り付けているような気がします。実際にかつてゲーム大会を開いていた企業は倒産やら何やらでほとんど残っておらず、収益化できないまま「どんちゃん騒ぎ」に終わってしまった失敗事例から「ゲームイベントはもうからない」という考えが根付いてしまい、今でもかなり尾を引いているような気もします。賞金が出せないという法律的な制約をクリアしたとしても、まず収益化できるノウハウがなければ誰も運営をやりたがらないのでそれ以前の問題になってしまいます。

さらに、1つの同じゲーム(コンテンツ)でいったいどれだけ引っ張るんだという意味でもテレビ映えしづらく飽きられてしまうことと、格闘ゲームやシューティングゲームなども露骨に敷居や難易度が高くなりすぎて初心者お断りな状態になってしまい素人からみたら「引かれてしまう」ことと、実際に海外で開かれているeスポーツの大半は銃でバンバン撃ち合うFPSばかりでこれまた日本人受けしづらく代わり映えしづらいのと、長く続けてしまうと熟練度や実力差が露骨にあらわれるのでゲスト出演のタレントが逆転するという演しゅtsu(以下自主規制)。

結局、テレビ映えや一般受けするゲームといったら、かつての東京フレンドパークや今のVS嵐のような、ゲームセンスに左右されにくく運やイレギュラーに左右される(左右することができる)ような体感型ゲームや番組しか・・・という悲観的な考えになってしまいます。将棋や囲碁のようなテレビや新聞社がスポンサーがついた、(これを本職が聞いたらカミーユパンチ食らうこと間違いなしですが)1つの同じゲームを長く続けられるような体制を構築しない限り、日本でeスポーツが普及するのは非常に厳しいんじゃないかな・・・とおもいます。
2018/06/05 (火) 00:12:54 | URL | オタマ・ジャクシー #0yjcIOd6[ 編集 ]
本文を読んで、日本で車やバイクなど動力付き乗り物を使う競技が長らく「モータースポーツというスポーツの一分野」と扱われてこなかった(最近はマシになりましたが)理由に非常によく似ていると感じました。
自動車やバイクのレースも、暴走族とイコールで結ばれ、教育界から嫌われてきたものですし。
日本で最も人気があるレースが、ドライバー以上にマシンの個性に重点を置いたスーパーGTである事も、「人は裏方、車種というキャラクターが重要」という主張を裏付けています。
2018/06/05 (火) 11:08:39 | URL | ブラス #Ntcr1Rgw[ 編集 ]
どうでしょうか?ニコニコ動画やつべを漁ると格ゲーなどの大会が盛り上がっているのがみて取れますし。

eスポーツが盛り上がる土壌はできていると思うんですが、それを妨げる要素が多々あると思うんですよね。
自まとめですみませんが一例を挙げます。
ttps://togetter.com/li/1196547
2018/06/06 (水) 04:31:56 | URL | PYU #-[ 編集 ]
>サディア・ラボンさん
ガンダムのゲームでeスポーツに一番近いのはやっぱりアーケードのVSシリーズだろうなと思います。
ただあれも外から見ると速すぎて何が起きているのか分かりにくかったりしますね。

>ゲーム番組
確かに、昔はテレビゲーム専門の番組なんかもありましたね。
なくなっていったのは単純にテレビゲーム業界の問題だとは思いますが、個人的にはテレビ業界にいるような人はゲームに興味がない層が多いのも大きいんだろうなと思います。
芸人やスポーツ選手にはゲーム好き多いんですけどね。

>プラスさん
なるほど、モータースポーツも確かに似た世界かも知れませんね。一時期F1が凄いブームになっていましたが、一瞬で廃れてしまいましたし。
モータースポーツの場合は、ショッキングな事故が起き得るので危ない競技と認識されている面も大きそうです。

>PYUさん
好きな人たちの中ではそれなりに盛り上がっているということは認識しているつもりです。
ただ業界の成熟を待たずに急いで盛り上げようとしている感じがあるのが気になります。悪質な業者が混じってしまうのもそのせいなのかなと。
なんか、クールジャパン戦略みたいな無理矢理さを感じるんですよね。Jリーグチームにウイニングイレブン大会開かせたり。スクエニはeスポーツ目指して作ったゲームがほとんど失敗してますし、まだ業界全体の理解が進んでいない印象の方が強いです。
2018/06/07 (木) 20:16:16 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>アニメにおける声優のように基本的にプレーヤーは顔を出さず、
あくまでもキャラ同士が戦ってるとい演出にするべきでしょう

碌に表に出なかったために低く扱われているのが声優なわけでして
(最近は色々と改善されたそうでしがそれでもやりがい搾取業界とされています)

それなりに歴史のある声優業界ですらそうなのですからより歴史の浅いプロゲーマーが低い扱いを受けるのはほぼ確実です。

ですからそのやり方でeスポーツが広まってもそれは「やりがい搾取業界」以上のものにはなりえないと思うのです。

結局「人は裏方でキャラクターが主」という考えに問題の源泉があるような気がします。
2018/06/10 (日) 00:31:58 | URL | #-[ 編集 ]
声優の扱いが低いのは、どちらかというと「声だけの演技は演劇や映画などよりレベルが低い」という昔からの俳優界での問題かなと思います。顔が表に出ているかどうかという話ではないかと。
俳優も本人の個性よりも役柄を演じる力が物を言う世界ですから、eスポーツもそっちの方向に進むべきだと自分は思います。
2018/06/15 (金) 20:54:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>俳優は本人の個性よりも役割を演じる力が物を言う世界ですからeスポーツもその方向に進むべきだと自分は思います。

格闘技の人気が衰退していったのは
「選手の技量が高まった結果地味な技の応酬や膠着状態が続くようになってエンタメ性を失っていった」事が一因としてあげられていたりします。
そういう意味ではエンタメ性を重視するのは正しいと言えるのですが
エンタメ性を重視した競技であるプロレスの人気が衰退(最近は多少盛り返しているようですが)したのは
「プロレスは真剣勝負、最強格闘技などと宣伝しておきながら総合格闘技の登場後はプロレスラーが弱い事が露呈してしまいプロレスがショーインチキな興行と認識されるようになった」のが一因としてあげられているのです。
ですからeスポーツに本記事の提案を導入してエンタメ性を高めたとしてもすぐに八百長、インチキなどと言われてしまい、一時のブームになるのが精々な気がするのです。

長文失礼しました。
2018/06/16 (土) 00:53:51 | URL | #-[ 編集 ]
ご当地キャラでバトルというのはどうでしょうかね。
キャラを抱えた地方がそのままその選手のスポンサーになってくれれば色々と楽ですし。
競技種目を複数、球技、ダンス、格闘、と複数にしてしまい、合計ポイントを競う形にすればキャラ別の優劣の問題も軽減できます。
2018/06/16 (土) 11:07:51 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
>格闘技の衰退
全体的にショーからガチンコに志向が変わっていったことは間違いなく、野球の人気が落ちていったのにもそういう側面があったと思います。
ただゲームをガチにしすぎてしまうと、みんな同じキャラだけを使うようなことになってしまうので、それだけは避けなければならない、と思うのです。

>DNさん
高校野球が今でも屈指の人気コンテンツになっているということから考えて、地方別の全国トーナメントにはそれなりの需要があるとは思います。
まずはゲーム甲子園から始めるという考え方もありなのかもしれませんねぇ。
2018/07/13 (金) 20:59:10 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
本記事を要約すると
「eスポーツはゲームのキャラを売りにした興行にしてプロゲーマーは裏方に徹するべき」という事なのでしょうがこのやり方だとプロゲーマーは歌舞伎でいう黒子でしかないわけで
そういう人間が厚遇されたり魅力的に見えるのかというと疑問ですし(黒子は介助を受ける役者の弟子やその場面に出番のない脇役がやる事が大半ですし演劇の世界では見えないもの、居ないものとして扱うのが約束事のようです)
なにより「キャラを売りにした興行」をするのであればプロゲーマーを使う必要性が薄い
(ゲームのキャラを売りにするのであればコンピューターに操作させた方が安上がりだしイメージがいい)気がします。
ですから本記事の主張は何かずれている気がします…

長文失礼しました。
2018/09/08 (土) 18:39:16 | URL | #-[ 編集 ]
どちらかというと、言いたいのは「効率重視で戦うと同じキャラばかりになって観客としては面白くないので、プロゲーマーくらいキャラ固定にした方がいい」ということです。
主目的はキャラを売ることではなく、キャラかぶりを防ぐことで、キャラを売ることやゲーマーを表に出さないというのはその副次効果として考えたものです。
2018/09/09 (日) 17:06:33 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
十種競技方式
十種競技方式というのはどうですかね。

複数の競技の合計ポイントで争う形にして、競技ごとにキャラクターを変えるのを禁止します。
たとえばジムというキャラクターは射撃は得意だけど格闘は苦手というパラメーターにしておきます。
そんでザクは射撃は下手で格闘を得意にしてきます。
そして射撃で競うゲームと格闘で競うゲームを入れてきます。

この場合、例えば射撃が得意で格闘が苦手なプレイヤーでも。

「射撃は得意だからジムを選んで射撃で優勝して高得点を目指して格闘は低い得点でよいと割り切る」
「射撃は腕でカバーできるからザクを選んで苦手な格闘でもできるだけ高い得点を目指す」

という二種類の選択肢があるわけです。
こういう方式ならみんな同じキャラ現象は減らせるのではにかと。
2018/09/11 (火) 23:27:45 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
ヘビーゲーマーは効率を最優先するので、その場合でも射撃・格闘の両方を高いバランスでこなせるキャラ一択になってしまうおそれはありますね。
もちろんそういうキャラを運営が作らなければいいだけなんですが・・・。
2018/09/15 (土) 15:39:25 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
まあスポーツの興行目的から選手に取らせたい行動と、スポーツ選手のルールに合わせて最適解を取った結果の行動が異なるのは「スポーツあるある」だと思います。
サッカ―のワールドカップの予選リーグでの日本チームの行動も興行側からすると面白くない行動ですし。
ただ普通のスポーツはルール改定は極論をいえば紙一枚で可能ですが、ゲームでルールバランスを変更するのは大変ですね。
つまり普通のスポーツでルール改定は選手側が労力をつかってルールに合わせるわけですが、eスポーツですと興行側が金銭的に負担をかけることになるわけです。
あと、設備面でも製作者側が想定していた行動とプレイヤーが取っていた行動が異なることがあったそうです。
韓国で開かれた格闘ゲームの大会でゲームコントローラーでなく、PCのキーボードでプレイするプレイヤーが多くて大会側がそれに対応しきれなかったという事があったそうです。
一部の国ではPCに入っているゲームとしてプレイする人のほうが多かったのが原因だそうです。
2018/09/15 (土) 22:34:41 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
普通のスポーツは人間の身体能力によって必然的に差が生じるので、ゲームとはルールの意味がちょっと違ってきますね。
サッカーで選手全員がスペインやブラジルの代表チームのようにプレーすることは出来ませんが、eスポーツのサッカーでは全員がスペインのチームを問題なく使えてしまうので。
もちろんそこに技量の差は出るのですが、そういう意味では技量の差が生じる余地が大きいゲームの方がeスポーツ向きなのかなと思います。
2018/09/23 (日) 17:48:42 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.