がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
各種GM系の「仮想敵」を考える
 RGM-79はRX-78の量産型、そのRX-78はV作戦において白兵戦用のMSとして運用することを前提に開発された機体です。RGM-79もまた、RB-79の支援を前提に運用されていたように、白兵戦を前提としたMSと言えます。すなわちRGM-79の役割は駆逐MS機であり、対MS戦を大前提に開発されたと言えます。
 ジオンのMSより後に開発された対MS戦用MSであるならば、当然その仮想敵はジオンのMSであったはずです。そして複数あるGMのバリエーション機は、それぞれ仮想敵とするMSが異なっているのではないか…と想像できます。その観点から、RGM-79バリエーションを考察してみようと思います。


○RGM-79(G)/(E)
 早期に開発された陸戦・宇宙戦用の初期型GMについては、まず間違いなくMS-06が仮想敵であったと言えます。この時点では、MS-07以降の新型機を連邦軍は確認していないはずだからです。そのため、特にちゃんとした部隊に配備され実戦運用されていた陸戦型GMなどは、スペック的には「重力下における」MS-06を上回っていれば十分というレベルでの調整だったのかなと思います。多彩な武装は、地上戦における対MS戦でどのような武器が有効か試験する意味合いもあったのかもしれません。

○RGM-79
 素のGMに関しては、アムロのRX-78の運用データが反映されている可能性はあるものの、タイミング的にソフトウェアレベルでの反映が限界で、ハードウェアレベルではRX-78-1時点のデータまでしか反映されていないのではないかと思います。そのため、基礎スペックレベルではやはりMS-06以上の仮想敵は想定していなかったんじゃないかと思いますね。だからこそ、スナイパーカスタムなどの底上げが必要になったのかなと。
 カタログスペック上はリックドムと同等以上であっても、運用上はザクに勝てればいいというレベルでチューンされていたんじゃないかと思います。

○RGM-79L
 ビーム兵器戦を想定した高機動モデル、という設定なので、基本的にビーム兵器搭載機、すなわちMS-14との戦闘を想定したタイプであると考えられます。ビームライフルは当たったら即死なので、装甲を強化しても無意味なので軽くして回避率を上げよう、という発想です。現地でゲルググに遭遇した部隊が、通常のGMでは対抗が難しいということで考案したアイデアというところでしょうか。

○RGM-79SC
 逆にビーム兵器の運用能力を高めた出力強化モデルがこのスナイパーカスタムです。対ゲルググも想定していないわけではないと思うのですがガンダム並の火力を求めたタイプということから、どちらかというとリックドムやMAなどの重装甲機への対抗策を想定していたんじゃないかと思われます。
 特殊任務用という記述もあることから、確実に一撃で敵機を仕留めたいシチュエーションでの運用を想定していたとも言え、対○○というよりは、状況に応じた運用バリエーションだったのかもしれません。

○RGM-79HC/KC
 ガードカスタムとインターセプトカスタムは、基本性能はスナイパーカスタムと同等ですが、艦隊護衛に配備されたタイプとされています。これもシチュエーションによるバリエーション機と言え、特定の機体に対抗するためのMSというわけではないのかなと思います。ただまぁ、ザクなら通常のGMで対応可能なわけで、GMでは対処しきれない機体が対艦攻撃してきた際の対抗機となると、必然的にリックドムやMAなどになるのではないかなと思います。

○RGM-79D
 旧コミック版(高山版)ブルーディスティニーでは対ドム用と明言されていたこの機体、カタログスペック上はノーマルGMと大差ないものの、ノズルの数が増えているなど機動性には若干の強化が施されていたと考えられます。おそらく、地上でのドムのスピードについていけるよう、瞬発力などが強化されているんじゃないかと思います。
 ただ、当初から対ドムを想定していたというよりは、元々瞬発力を強化していたモデルがドムに対抗可能であったために駆り出された、という感じなんじゃないかと想像します。タイミング的には、ドムの存在を確認してからの開発では間に合わないでしょうし。宇宙においてMS-06R系の存在が確認されて、それに併せた機動力強化型モデルが開発されていた、というところでしょうか。

○RGM-79G/GS
 GMコマンド系については、コロニーの内外運用という明確な局地運用を想定した機体なので、あまり仮想敵は想定していなかったんじゃないかと思います。ジオンの攻撃にも割となす術なくやられていたので、仮想敵としてはノーマルGMレベルから大して進歩していないのかもしれません。スペック上は、D型よりも対ドムに向いているはずですが。

○RGM-79SP
 SC型をさらにブラッシュアップさせたタイプです。スペック的にはガンダムに匹敵するので、投入時期を考えてもゲルググと対等に戦うくらいの想定はされているんじゃないかと思います。とはいえゲルググのデータが連邦側に入ったのは大戦末期も末期でしょうから、「対ガンダムを想定した、いずれ投入されるであろうジオンのハイスペック機」を考慮に入れたくらいの感じかなと思います。

○RGM-79C
 一年戦争中に開発されたGMの中では最後発となる機体のため、あらゆるジオンの機体のデータは入っているはずの機体です。ただスペック的にゲルググには負けているので、対抗できるレベルとなるとドムまでなのかなと思います。そういう意味では、D型のアップデート版と言ってよい機体でしょうね。

○RGM-79N
 C型で対抗できない機体を相手にするのがGMカスタムの役目というところでしょうか。実際ゲルググMとも互角以上に戦っていましたしね。ある意味設計段階から想定された対ゲルググ用MSというところかもしれません。
 ついでに言うとGMクゥエルはティターンズがコロニー鎮圧用に運用していた機体なので、GMカスタムの局地仕様というのが近い位置づけかなと思います。D型に対するG型のような機体です。


 このように考えた結果をまとめると以下のようになります。

・MS-06系までを想定:RGM-79(G)、RGM-79(E)、RGM-79
・MS-09系までを想定:RGM-79D、RGM-79C
・MS-14系までを想定:RGM-79L、RGM-79SP、RGM-79N
・局地運用型:RGM-79SC/HC/KC、RGM-79G/GS

 ほぼ同一機なのに一部の装備違いで型番が区別されているタイプは、特殊な任務に対応したタイプと言っていいのかもしれませんね。またゲルググまで考慮したタイプは、RGM-79、79D、79Cのそれぞれ上位機という感じになっています。

 ここまでで挙げませんでしたが、アクアGMなどの水中用タイプは、当然ながらジオンの水陸両用機への対抗を想定したタイプと言えます。実際に対抗できていたかはまた別の話ですが。対抗し切れなかったから水中型ガンダムのようなカスタムタイプがあったんだと思います。
 また、MS-07を考慮に入れたタイプはないのか?というところですが、これがRGM-79F系列なのかなと思います。基本的に装甲を強化していますしね。装甲強化型GMだけはドムまで考慮に入れてるタイプと言ってもいいのかもしれません。ホバー移動できるし。F型の延長にあるGMストライカーなんかは、完全に格闘戦用なので、グフかそれ以上の格闘戦に優れたMSへの対抗まで想定したタイプなのかもしれませんね。

 こうなるとGMコマンドはやはりコロニー制圧用、ガードカスタム・インターセプトカスタムは大艦隊戦用と考えることができそうです。ただ一番設定が古いスナイパーカスタムの運用シチュエーションが一番謎なんですよね…。大戦末期の戦局を考えると、対要塞戦用…でしょうか?体中に武器を装備できる設計になっているのが、最終決戦仕様のガンダムっぽいですしね。
 GMナイトシーカーなんかも特殊任務用ですし、GMシリーズは「対MS用駆逐機」と「特殊任務用機」に大別できるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
一年戦争以後のRGMシリーズはどうでしょうか?自分で考えるとこんな感じです。

ジムII→ゲルググ(ジオン残党がゲルググ以上のMSを持っているとは思えないので)
ジムIII→マラサイ(旧式化したジムIIを最低でもネモと同等以上にアップデートする、となると)
ジェガン→ドライセン(アクシズ製MSの中では最もプレーンな性能で投入数も多そうなので、ネオジオン機の性能基準として)
ヘビーガン、ジェムズガン→なし(明確な敵対勢力が存在しない時代なので)
ジャベリン→デナン・ゾン(ショットランサーは言わずもがな意識しているし、クロスボーン・バンガードの性能基準としても)
2017/11/27 (月) 22:33:06 | URL | #z8HCp6Ak[ 編集 ]
あくまで個人の主観なんですが
アクアジムは対ジオン水陸両用MS
ではなく敵沿岸拠点への上陸がメインのMSではないかと思っています。
ジオンの水陸両用MSが
丸みを帯びた体、ほぼ内蔵式の武装
水中に合わせた体型(ズゴックの頭等)
なのに対しアクアジムは
角ばった体、ハープーンガン等内蔵式の武装はありますがビームピックとライフルは手持ち、ほぼ人間型の体型
とあまり水中での機動を考えてなさそうなのでビームピックなどを見るに全く
対水陸両用MSは想定していないというわけではなさそうですが基本は揚陸が
メインのMSではないかと思っています、
連邦の水中MS技術が未熟だったという
ことから本当にあの仕様で対水中MSがメインだということも充分考えられますが....。
2017/12/02 (土) 09:22:07 | URL | ジム4 #-[ 編集 ]
ジム・ガードカスタムは、連邦にしてはかなり特殊なモビルスーツですよね。巨大なシールドでビームを防ぐというのはゲルググの盾と共通している気がします。ミノフスキー粒子下で戦艦の長距離ビームを防ぐのは、ニュータイプかムウ・ラ・フラガでないと無理だと思いますが(笑)防御力で突進する強襲用モビルスーツという事なのでしょうか?
そう考えてみると、連邦の量産モビルスーツは防御面より攻撃力や機動性を重視したカスタマイズが多いと思います。陸戦型ジムからルナチタニウムを廃し、陸戦用ジムやデザートジム、装甲強化型ジムは被弾の多い箇所の部分的な強化。本格的に防御面を重視して設計されたのは戦後のジム・キャノンⅡからでしょうか?
ジム・ライトアーマーのような装甲を薄くして機動性をあげるという危険な代物よりはジム・ガードカスタムに乗りたいですねえ。
2017/12/14 (木) 11:46:51 | URL | hakugeki #mQop/nM.[ 編集 ]
>#z8HCp6Akさん
戦後のMSも少し考えたのですが、資料的な手がかりが少なく断念しました。
大まかには仰るイメージで良いのかなと思います。ジェガンの仮想敵だけちょっと難しいというか、ヘビーガンやジェムズガン同様仮想敵よりも配備上の都合で決められたスペックのような気がしなくもないですが。
なんとなく「~ガン」シリーズは仮想敵をもたない連邦系量産機なのではないかと感じます。

>ジム4さん
確かに、アクアGMは運用上は陸上での運用をメインにしているように感じますね。
ジオンの水陸両用機が水中からの上陸戦を想定している以上、防衛側の連邦機は上陸後の戦闘がメインでしょうし、理にかなっています。
水中運用はGマリナーなどの支援機を想定していたんじゃないでしょうかね。

>hakugekiさん
ガードカスタムの盾は冗談にしか見えないというか、ガード用だからでかい盾という非常に安易な発想で設定されたものだと思うので、個人的には否定したい設定です(苦笑)
現実的に考えても、実験的に開発された特別な用途のシールドであって、本来のガードカスタムの一般兵装ではない、というのが落としどころだと思います。
一番装甲を考えたGMはストライカーだと思いますね。盾を持ってて増加装甲も装着してますし。
2017/12/22 (金) 22:44:18 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.