がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
GMスナイパーIIとペイルライダーの関係から考えるGMコマンド系列
 RX-80PRペイルライダーが、GMスナイパーIIの延長のデザインとして設定されたことから、一年戦争最強のGMとも言われるGMスナイパーIIの延長線上に、RX-80という新たな機種が作られたことが明確になりました。
 これは、RGM-79Q GMクゥエルをカスタマイズしていったらRX-121ヘイズルになった、というのと同じような事例なのではないか、と思い当たりました。だとすれば、RGM-79SPを最終到達点とするGMコマンドシリーズ自体が、次世代機RX-80を生み出すための高級機ラインだったのではないか、と考えることができます。
 今回はこの観点から、GMコマンドシリーズの立ち位置について考察してみようと思います。


 何故ペイルライダーのベースがGMスナイパーIIだったか、というのは、単純に「その時点で一番性能が高い量産機だから」でしかないと思います。そしてGMスナイパーIIの性能が高いのは、GMの性能をガンダム並に引き上げるスナイパーカスタム系列だから、ということになります。スナイパーカスタム系には、ノーマルGMベースのRGM-79SCと、GMコマンドベースのRGM-79SPがありますが、SC型が元々現地改修機として設定されたものに対し、SP型はそのSC型を参考に正規のバリエーション機として組み込んだものと言えるため、後継機が生まれるならSP型の方であるのは理に適っています。

 このSC型とSP型の関係から考えると、GMコマンド系列自体が、その時点でのほかのGM系のフィードバックを受けて随時改良されている系列であるとも言えそうです。
 例えば、コマンド系列の始祖であるD型は、ノーマルGMとC型の特徴を併せ持っており、ある意味ではC型のデータをフィードバックしたノーマルGMとも言えます。SP型は上述の通りSC型のデータをフィードバックしたタイプです。今では出渕版ライトアーマーもRGM-79GL GMコマンドライトアーマーとされていますが、これもL型のフィードバックということになります。
 一番浮いているのが、実はG/GS型のGMコマンドで、このタイプは頭部がモノアイになっている上、バックパックの形状もそれまでの連邦系MSにはあまり見られないタイプの形状だったりします。そう考えると、G/GS型はどちらかというと実験機てきな側面が強く、SP型含めて3機種は並行開発の関係にあったんじゃないかと思います。MSVコレクションファイルでも、SP型は急遽開発が決定したためGS型のフレームを流用したなんて描かれていましたし、開発時期を考えてもあまり順々に開発している暇はなかったでしょうから、そのように考えた方が都合が良いと言えます。

 G/GS/SP型が並行開発だったとすると、G/GS型がその後の時代にあまり見られないのも、SP型と同等レベルの少数生産機だったからだと解釈できますし、後継としてもSP型の評価が最も高かったからこちらをベースにペイルライダーやネモに繋がっていったと言うことができます。まぁG/GS型自体がコロニー内外に特化した局地戦仕様であるのは確かなので、汎用性としてはSP型が最も優れているのは間違いないと思います。
 つまりGMコマンド系=オーガスタ製のGM系列は、主力機の開発というよりも、主力機のバリエーション機を検討するための系列だったとも言えるのではないか、と思います。ノーマルGMで開発されたSC型やL型を正規のバリエーションとして取り込み、状況に応じて適宜換装して運用できるタイプを作る、なんてコンセプトがあったと考えると、各種にハードポイントが設けられ換装可能な設計になっているペイルライダーにも通じるのかなと思います。
 ただライトアーマーなんかはRX-80ではなくRX-81に設計思想が受け継がれていると言え、装甲の換装による運用の変更というのはRX-81の方に取り込まれていったコンセプトだったのかなと思います。むしろSC型のような、GMの性能向上タイプというコンセプトが、そのままGMの上位機として採用されたことで、RX-80の開発に繋がったと言えるでしょう。

 つまり、GMコマンド系列自体が、様々なGMのバリエーションの統合研究に活用され、次世代の機種の方向性を定めることに貢献していたのではないか…と考えることができるのです。
 一方で、F型のフィードバック機であるGMストライカーに関してはD型ではなくC型ベースであったことを考えると、コマンド系列は宇宙用GMのバリエーション開発に使用されていたと言うことができるのかなと思います。FP型からはストライカー・カスタムなどの発展型が生まれていますが、これはSP型→RX-80と良く似た発展系譜とも言えそうです。ただC型には他に他機種からのフィードバックタイプがあまりないため(TGM-79CやRGM-79SRはフィードバックとはちょっと違うので)、FP型は特殊な実験機の部類に入るのかなと思います。

 GMの現地改修バリエーションがGMコマンド系列で統合された結果、その中のスナイパーカスタム系の評価が高かったため、これを独立機種として発展させたのがRX-80だった、というのが落としどころなのかなと思います。そのRX-80にRX-78-4/5の装備がフィードバックされているのは、RX-78の強化タイプとRGM-79の強化タイプに共通要素が多く、統合化が図られたのだというのは以前の考察の通りです。

 というわけで、GMコマンド系列は基本的に各種GM系のバリエーションの統合タイプであると言っていいんじゃないかと思います。カトキ氏によるリファイン版アクアGMもコマンド系のラインをベースにしてますし、MSV-RのナイトシーカーIIも、ライトアーマーベースとされていますが、実はコマンドライトアーマーベースだったりするのかもしれません。
 主力機としてのGMはジャブローやルナツーが生産していたとして、それ以外のサブタイプの研究をオーガスタが担当していた、という事情があったりしたのかもしれませんね。だから結果的にD型ベースになっただけなのかも。そういう意味では、D型系列は実験的な意味合いの強いラインなので、一年戦争後の後継機はほとんど開発されなかったということなのかもしれません。RX-80が開発中止になった時点で、この系譜は途絶えたということなのでしょう。ある意味では、オーガスタでの真の本命はRX-78NT-1→RGM-79Nのラインだったのかもしれません。実際、GMの上位機としてのポジションを獲得していますしね。
 つまりGMコマンド系列は、GMカスタム系列が登場するまでの暫定実験機ライン、と言えるのかなと思います。それをRX-80に昇華させようとして上手くいかなかった、というところでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.