がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
4号機以降のRX-78がテストしたかったこと

 RX-78ガンダムは、試作機であり、本来は直接実戦投入することが前提の機体ではありませんでした。その2号機が実戦に出ざるを得ない状況に追い込まれたことにより、逆に存在が際立ち他のガンダムも囮的に実戦に投入されるようになった側面がありますが、本来はフルスペック規格の実験機レベルの存在であったはずです。
 例えばG-3ガンダムはマグネットコーティングのテストのために運用されましたし、ガンダムNT-1アレックスもニュータイプ用とされながら全天周モニターやチョバムアーマーなどのテスト機でもありました。
 だとすれば、大規模改装が行われたガンダム4~7号機も、当然何かしらのテストであったはずです。それが何だったのかを考察してみます。


 まず、ガンダム4/5号機はほぼ同じ改修を受けており、違いはメガビームランチャーに対応したチューンが施されているかいないか、というだけです。そういう意味では、ガンダム4号機はメガビームランチャーという「超高出力兵装」の実験機であったとは言えます。
 それ以外の点としては、宇宙戦に特化した出力と推力の強化がメインであり、MS単体の基礎スペック向上実験機でもあったと言えます。この辺は前回の考察で触れた部分ですね。

 次にガンダム6号機ですが、この機体は背部にキャノン砲を2門装備しているんのが最大の特徴です。では何故こんな装備をしているのでしょうか。ガンキャノンじゃダメだったんでしょうか。
 当時の設定文では、ガンダムのビームライフルのチャージ時間中の火力低下を補うための装備であると書かれていました。イメージ的には、バズーカ2本持った上で背中にビームライフルも装備していた、ア・バオア・クー戦出撃時のガンダムの装備を単体で再現したようなイメージなのかなと思います。
 つまりガンキャノンのような支援用の装備なのではなく、より手数を増やし可能な限り敵機をたくさん撃墜できるようにするための装備であったと言えます。
 なお推力も強化されていますが、これは重量増加を補うためのものであるかと思います。ジオニックフロントでは地上で運用されたので、4/5号機に対して6号機は地上特化改装と考えたくもなりますが、元々はブランリヴァルに搭載して宇宙に打ち上げられる予定でしたので、そんなことはありません。

 そしてガンダム7号機ですが、これはもう語るまでもないでしょう。新しいフルアーマー兵装の実験機ですね。FA-78-1と何が違うかというと、素体から改修を受けているという点と、フルアーマーの上にさらに重装フルアーマーという装備が用意されている点でしょうか。つまりFA-78-1よりも更に重装備を実現するために、素体とフルアーマー状態含めた全てを再設計した機体と言えます。


 総じて言えるのは、これらのガンダムは全て「火力の強化」を念頭に改修されていると言えます。4号機のメガビームキャノンを筆頭に、4/5号機はハイパービームライフルを装備しそもそものビームの出力が強化されているのに対し、6号機は実弾のキャノン砲を追加装備することで総合火力を強化しています。そして7号機は複数の火器を増設できるよう設計されています。
 元々、ガンダムは白兵戦用の機体で、ガンキャノンの支援を受けて近距離戦を行うことを前提とした設計でした。同様に量産型のGMもボールの支援を前提に、より近距離戦に特化した仕様になっています。これはおそらくNT-1においても同様であったはずです(追加兵装は腕部のガトリングのみ)。しかし4号機以降のガンダムは、その支援を前提としない、単機で全てをこなす万能高火力機としてのテストをしていたように見受けられます。

 ある意味では、それは時代を先取りしていたのかもしれません。実際に一年戦争後は、小規模な戦闘が中心になったこともあり、MSの万能化が進みました。例えばリック・ディアスは背部にクレイバズーカを2門装備可能で、ガンダム6号機的な使い方ができますし、追加火器としてメガバズーカランチャーが開発されたりもしました。前衛と後衛の2機種に分けて運用するというスタイルは戦時中だからこその考え方で、戦後になればそんな余裕はなくなるという目論見もあったのかもしれません。
 だとすれば、4号機以降のガンダムは、どちらかというと「終戦後」のMS開発を念頭に置いた実験機でもあったのかもしれません。それは終戦の兆しが見え始めていた時期だったからこそとも言え、本来4号機以降のガンダムは全てフルアーマー化されて実戦投入するというのがFSWS計画だったはずなのに、実際にはそうならなかったのも、「そこまで戦力を投入しなくても戦争は終わる」という予測が立っていたからだったと考えることもできそうです。

 このうち、4/5号機の高出力・高機動化という改修は、分かりやすい全面スペックアップであるため、その達成は難しくなかったと思われます。メガビームランチャーの実用化は、実際にはZガンダムのハイパーメガランチャーで実現したと言え、両脚に2基メインジェネレーターを搭載という構造が可能になったことがその要因であったと言えます。
 6号機の火器追加は、ガンダリウムγ採用による飛躍的なペイロード増加により実現したと言えますが、そのメリットが重装備化よりも変形機構含む推力の強化に使われた節があるため、ちょっと時代に合わないコンセプトだったのかもしれません。最終的にはジェネレーター系の進化によりZZガンダムのような高火力機が生まれたことで達成されたとも言えますが、ZZも一発の威力が高いだけで手数がすごく多いわけではないですからね。ある意味砲門の代わりにフィン・ファンネルを搭載するνガンダムが一番近かったりするのかも。ミサイルポッドを増設できるハイザックやGMIIIもコンセプト的には近いと言えます。
 7号機のコンセプトは、GP03やディープストライカー含むSガンダムが実現したと言えます。ただどちらも実験機の域を出ておらず、量産機レベルでの実用化となるとリゼルのディフェンサーa/bユニットあたりがそれにあたるということになるのかもしれません。

 こうして考えると、NT-1がどちらかというと次世代の基礎技術のベース機的存在であったとするならば、4号機以降のガンダムはもっと先の高性能機を見据えた存在であったとも言えそうです。まぁより未来にデザインされたものなので当然といえば当然なんですが、次期主力機というよりも、次世代のMSの役割をイメージした機体だったということになりそうです。
 4/5号機のコンセプトはRX-80に引き継がれ、7号機のコンセプトはRX-81に引き継がれたとも言えますが、そうなると6号機のコンセプトはどうなったんでしょうね。やっぱり旧ザクに負けた機体はボツになってしまったのでしょうか…(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
ガンダム6号機のコンセプトの失敗
お久しぶりです。
記事を読ませて頂いて気になったのはガンダム6号機のコンセプトが受け継がれなかったのは武装が原因ではないでしょうか。
似たようなコンセプトのガンキャノンですら肩のキャノン砲の口径は220mmだった訳で・・・300mm砲、ましてや実弾だとなると重過ぎて折角の機動力が削がれる上に補給上の問題もありますし、口径が大きいという事は、その分空気抵抗や地球の自転の影響を強く受ける故にこれ以上大きくしても無駄だと判断されたのではないでしょうか。
2017/08/12 (土) 16:25:00 | URL | PYU #OeRJ.efk[ 編集 ]
NT-1は4~7号機とは別の系統なのではないでしょうか?
1~3号機の流れを組むセカンドロットではないとされているのは、NT-1が次世代機開発素体(雛型)なため、一から設計をやり直した全くの新型という可能性はないのでしょうか?
2017/08/13 (日) 11:39:11 | URL | ナナシ #-[ 編集 ]
6号機の"ビームライフルのチャージ時間中の火力低下を補う"っていう目的はEパックの完成で大分必要性が薄れちゃった感がありますね(6号機のライフル自体Eパック式の試作型って話もありますが)
結果ただキャノンが付いてるだけのガンダム(高性能ガンキャノン?)になり、6号機そのものからは引き継ぐような要素が無くなってしまったと
地上に留まらずブランリヴァルで宇宙に上がってたら違った改装が見られたんですかねぇ…
2017/08/17 (木) 09:11:03 | URL | サンイチガ #cUMLT7y.[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.