がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
もしガンダムUCが「Z~逆シャアを経由しないファースト直系の続編」だったら
 先日ガンプラ作りながらdアニメストアのTV版ガンダムUC(Re:0096)を垂れ流しにしていた時になんとなく思ったんですが、ガンダムUCのシナリオって、別にZ~逆シャアの話がなくても成立する気がするんですよね。もちろん、設定的には可変MSやサイコフレームなどが出てきますから、明らかにZ~逆シャア後の世界の話なんですが、キャラクターのドラマだけを切り離すと、ファーストの設定は必須だとしても(そもそもミネバがザビ家なので)、マリーダがプルシリーズであることも話の中では必須ではないですし、基本的な因縁は一年戦争を基点としていて、ビスト財団についても一年戦争以降の動きがはっきりしていなくて、要するにZ~逆シャアの間に起きた出来事があまり話の中で関わってこないんです。アクシズショックについても不可思議な現象としか説明されていないですしね。
 とはいえ、そもそもサイコフレームがないと話が成り立たないという側面もあるので、そこだけ取っ払って単純に「ファーストの続編」とだけ見た場合、どのようなシナリオ改変が必要か妄想してみました。今回はアニメ版をベースに考えます。小説版は、色々過去作品の描写に踏み込んでいるので。


○設定上変える必要がないもの
 ほとんど変える必要はないんですが、ラプラスの箱の基本設定、ビスト家やマーセナス家の設定、バナージ絡みの設定などはそのままで問題ありません。アナハイムも、1年戦争以降急激に勢力を伸ばして今や連邦軍の兵器のほとんどを取り扱っている大企業、という説明で十分です。ネオジオンも、アクシズが出てこないので一年戦争以来各地に潜伏している残党の一つで十分でしょう。ミネバを旗印にシャアっぽい人が実権を握っているというのも特に問題ありません。むしろ逆シャアを抜いているとなるとシャアが死んでないと考えることができるので、フロンタルがシャア本人かもしれないと最後までひきつけることができそうです。

○設定の変更が必要なもの
 MSなどの兵器設定全般は変更が必要ですね。まぁジェガンなどの連邦側は現時点での最新MSで説明できますし(リゼルも最近初めて開発された可変MSでいけるかと)、袖付き側も新規のMSは特に問題ないでしょう。問題は旧作に登場したMS群ですが、まぁその大半はサービスカットなので別のMSに差し替えてしまっても問題ありません。0091年には開発されたことになっていて、Zと百式のコンセプトを受け継いでいるデルタプラスがちょっと難しいですね。「単独で戦線を離脱してそのまま大気圏突入」という機能が物語上必要となってしまうので。まぁ単独大気圏突入はRX-78がやっているので、それに加えてGディフェンサー的なオプションを装備した機体を新規で出せば辻褄は合うでしょうか。いっそのこと最近開発された試作可変MSにしてしまえばいいような気もしますが、明らかにZ系変形機構なので「Z~逆シャアをなかったことにする」という前提だとそのまま扱うのは微妙です。プロトリゼルということでZIIにしてしまうのもありなんですが、ZIIじゃ大気圏突入できませんしね。
 一番問題があるのがユニコーンガンダム自体ですが、νガンダムやサザビーという単語は全く出てこないので、サイコフレームを今回初出の技術にして、初めてサイコミュを搭載したガンダム扱いにしてしまえば大半の問題はクリアできるでしょう。アクシズショックが既知のものではなく今回初めて明らかになったことにしてしまえば問題ありません。
 既存のキャラクターについては、ロンド・ベル隊についても、現在ブライトが率いている特殊部隊ということにしておけばいいでしょうし、カイがジャーナリストになっているというのも初めて明らかになったことで十分です。ベルトーチカは…アニメではアムロの話に全く触れないので問題ないでしょう。
 マリーダに関しては、「かつて研究が進められていたが非人道的実験が横行しすぎて閉鎖された連邦のニュータイプ研究所の実験体の生き残り」でいいんじゃないかと思います。かつてネオジオンにいたというのは物語上特に影響を与えておらず、「捨てられて売り物にされていたところをジンネマンに拾われて、持てる強化人間の力をジンネマンのために使っている」という点が重要なので、出自が連邦でも問題ないというか、むしろその方がバンシィへの適合の説得力が増すような気がします。クシャトリヤはエルメスをアナハイムが研究してMS化したという、キュベレイ的ポジションでいけるような気がします。ギラ・ズールがザク系の延長で、クシャトリヤはゲルググの延長にエルメスの要素を足した感じです。
 つまり文字設定の置き換えで割とどうとでもなりそうな感じがします。存在自体が困るのはデルタプラスくらいですね。あとはアッシマーそのままの可変機構を持つアンクシャとバイアランカスタムあたりでしょうか。アンクシャはデルタプラスとセットの機体に出来そうですが(追加ユニットが重力下用かどうかの違い)、バイアランカスタムは他に飛行できる機体が少ないから難しいですね。イカロスユニット的なものを装備したガンダムタイプにするしかないでしょうか。どちらも物語上はそこまで重要なポジションではないのでカットしてしまってもいいのですが。シルヴァ・バレト?それこそ他のMSで良さそうですね。
 ストーリー的に訪れる場所、インダストリアル7→パラオ→ラプラス→トリントンというのは基本的にZ以降に出てくる場所とは無関係なのでほぼ問題ないと言えます。トリントンも0083とはほとんど関係ないですし、ダカールについても一年戦争後に遷都してたってだけで十分です。最後に出てくるグリプス2も修復したソーラ・レイで問題なさそうです。

○アムロとシャアの扱い
 むしろ一番面倒なのは、アムロとシャアがどちらも生存している前提というところでしょうか。シャアはアニメの描写的に最悪フロンタルがシャア本人でも良かったと思いますが、アムロの扱いは難しいですね。生存していれば間違いなくユニコーンガンダムのパイロット候補の一人だったでしょうし、勝手に死んでたことにするのもファン心理的に微妙です。木星送りにでもなっていて、アムロが当分戻ってこない間の出来事とするくらいしか思いつきません。普通に地球にいたりしたら、バナージと出会うシナリオでも一つこさえなければなりませんし。小説版ファーストの続編にしてしまえば問題ないかもしれません(笑)が、そうなるとジオンが一方的に負けたシナリオにはならないので難しいですね。


 というわけで、文字設定部分と、登場MSの一部を差し替えるだけで、話は普通に成立しそうです。ミネバについて、アクシズ時代の扱いやエピソードが全く影響していないのが大きいですね。
 個人的には、デルタプラスの代替機やクシャトリヤのデザインアレンジ(エルメス・キュベレイ風味の追加)をガンプラで独自に作ってみたら面白そうな気がします。デルタプラスは、アンクシャとリゼルの関係を考えると、ZII系で大気圏突入可能な共通素体が必要かもしれません。
 旧作MS大集合のシーンは、一年戦争時代のMS縛りになると考えると、MS-Xとか使えそうで逆に面白そうかなと思います。ドライセン→ペズン・ドワッジとか、マラサイ→アクト・ザクとか。ギガンはすでにいますね(笑)ドラッツェの役割もこなせます。0083はティターンズに繋がっちゃうんで難しいですが一年戦争外伝はギリギリセーフなんでケンプファーとかも使えますね。ヤクト・ドーガのポジションがMSN-01でしょうか。
 そう考えると絵的に一年戦争のMSばかりになってしまうので、全体のMSの技術レベルを1段落とす必要がありそうです。戦乱が少ない分MSの発展が遅いと考えると、ジェガンではなくGMIIIが連邦軍の主力くらいの方がいいのかもしれません。リゼルのポジションはメタスくらいでいいのかもしれませんね。そうなると、単純にアンクシャはアッシマーで、デルタプラスはデルタガンダムでいいことにもなります。バイアランカスタムも普通のバイアランでいいのかもしれません。とはいえそのままでは味気ないので、連邦軍ですしもう少しフォーマットを共通化させたい気もします。メタスとアッシマーってサイズ感的にも色的にもなんとなく似てる部分があるのでいっそのこと共通素体してしまっても良いのかもしれません。
 ユニコーンガンダムも、全身にサイコフレームを採用していてフレームすべてが光るというよりは、小型化できない代わりに全身にサイコミュを分散配置しているという設定で、露出している部分のみサイコフレームくらいでいいのかなと思います。分散サイコミュのアイデアはMSN-03をベースにしているということで(笑)。ネオジオングはグレートジオングを赤くした感じでどうでしょう。

 話のテーマとしては、ガンダムUC自体が「未来への可能性に期待するか否か」みたいなところだと思うので、かつて未来に期待したシャアが洗脳とかなんとかがあって未来に絶望していて、それでもバナージを試しているみたいな感じですかねぇ。強化洗脳されたシャアがフロンタルでいいんじゃないでしょうか。アムロはジュドーよろしく木星開拓に身を投じているってことにしましょうか。あとはやっぱりダイクンの長子としての運命に縛られてしまったシャアが、ザビ家の運命から逃れようとするミネバを救うって話にはしたいですよねぇ。
 まぁ非富野作品にリアルシャアを出すのは難しいので、実際のUCのフロンタルは落としどころとしては妥当なところなのだと思いますが、ファンが妄想するならこんなガンダムUCもいいのかもしれません、よ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
おはようございます。

今回の記事を見て、

ガンダムの新作を作る時は、
過去作品の続きとして作るか、
その作品だけで楽しめるように作るかの
バランスが難しそうだと思いました。

シリーズの数が多過ぎますので、
過去作品を見なきゃいけないように作ったら、
新規のファンがつかないですし、

その作品だけで楽しめるように作ったら、
過去作品のファンにとっては、物足りないです。
2017/05/12 (金) 07:16:04 | URL | サディア・ラボン #-[ 編集 ]
フロンタルはシャアの形をした別の存在であることに意味があると思っているのでシャアはジンネマンの副官に偽名で収まってる感じがいいと思います、戦後腐ってたシャアに誘いがあったことにしてフロンタルの指導に当たってから降りた感じで。自分の可能性であるフロンタルとアムロではないNTであるパナージを俯瞰する立場で本人はどっちが勝ってもいいから両方に本気で手を貸すけどマリーダの件で腐ってても同じことを繰り返すだけという事に気がついて
パナージの見せた可能性がシャアに再び希望を見つけるみたいな

どこのスパロボみたいだし結局シャアが主人公みたいですね・・・
2017/05/12 (金) 09:55:11 | URL | ノミノラフト #-[ 編集 ]
そういえば逆襲のシャアもZとZZ抜きでも楽しめる作品ですね。過去のいきさつとしてZ〜ZZのくだりを説明する会話や演説のセリフが数回ありますが、正直それら説明部分をカットすれば、物語の展開上ほとんどZ〜ZZ抜きで問題なさそうな気がします。
アクシズは、単に連邦管理下で昔から地球圏にあったものとしても劇中そこまで差し支えないですし、MSや艦艇、ファンネル等は一年戦争の技術が正常に(?)進化したものということで。シャアのネオジオンも、単に一年戦争後に散ったジオン軍残党が難民コロニーを拠点に集結再建したものとして話が通りますし。
2017/05/13 (土) 00:43:58 | URL | a90 #-[ 編集 ]
その「過去作品を知らなくても楽しめる」という点を意識し過ぎて(というかそれが中途半端だった?)失敗したのがF91やVといった後期宇宙世紀作品だと思うのです。厳しい言い方かもしれませんが。

(※自分は1st~閃ハサを前期、F91~Vを後期と呼んでいます。大型MSと小型MSの切り替わり時でもあるし、ジオンとの戦いやアムロとシャアの影響も薄くなくなってくるので)

クロスボーンや木星帝国、ザンスカールはジオンとは直接的な接点がほぼないですし、連邦軍の戦艦やジェガンといったモブMSもそれこそ他のMSでもいい。ジャブローやオデッサといった過去作の地名が出てきたりもしない。ウモンやグレイ・ストークといった前期との接点を持つ人物もほぼ大枠に影響がない……といったように。
だから(当時は知らないので推察ですが)古参ファンからは楽しめず、新規ファンにも敷居が高いように見えて引き付けられず、新規ファンの獲得は、宇宙世紀という世界すら断ち切ったアナザーガンダムに任せられることになったのではないかと。

もっとも、近年ではそこをわかっているのが『Twilight AXIS』や『クロボンゴースト(DUST)』といった、その接点を強調する作品が多く出てくるようになって、それはそれで良い傾向だと思いますが。
2017/05/20 (土) 09:10:49 | URL | #z8HCp6Ak[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.