がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
パプティマス・シロッコの真の使命
 パプティマス・シロッコというキャラクターは、作中の存在感の割に、行動目的がはっきりせず、曖昧なまま死んでいってしまったキャラクターです。
 以前、カガチと絡めた考察をした際には、木星船団の船長という立場に甘んじるには高すぎる能力を持て余し、世界を変えられるだけ変えてやろうとしてしまったのではないか、というような趣旨の推察をしたことがあります。
 ただ、シロッコは、富野監督のZ放映開始時の企画書などを見る限り、人為的に作られた存在であることが仄めかされています。それは、ガンダムUCにおけるフル・フロンタルに近い存在と言えます。だとすれば、本人の意志はともかくとして、何らかの使命を与えられた上でティターンズに参加している可能性もあるのではないかと、思うようになりました。ガンダムUCにおいて、全ての裏にビスト財団がいたことになった以上、裏でなにが動いていてもおかしくないという考察が可能となりましたしね。
 なので今回は、この「シロッコは何者かの意図で動いていた可能性がある」という前提で、シロッコの目的を考察してみたいと思います。


 まぁ、答えは半分以前のティターンズに関する考察で出しているようなものなのですが、そもそもティターンズ及びジャミトフという存在が、連邦軍の主流派幹部にとって好ましくないものであると仮定した場合、その刺客として送り込まれたのがシロッコである、という推測が可能です。
 実際、シロッコがやったことは、ティターンズに参加して徐々に権勢を拡大し、ジャミトフと肩を並べて外交交渉の席に立ったところでジャミトフを暗殺した、ということになります。そして、その後はティターンズの残存艦隊を率いたものの、結局戦死しました。そこには、特に明確なビジョンがなかったように見えます。シロッコはゼダンの門防衛戦にはほとんど参加しておらず、ジャミトフに味方するつもりはあまりないように見えました。
 そもそも、実はシロッコはあまりエゥーゴに対してダメージを与えていません。ジャブロー降下作戦時は、エマの降下を阻止した程度で、適当なところで撤退しています。アポロ作戦においてこそフォン・ブラウン制圧の手柄を立てましたが、ジャマイカンの顔を立てるということで早々に撤退しあえなく奪回を許していますし、そのジャマイカンがコロニー落としを行った際は、アーガマにサラを送り込んでそれを阻止させています。サラを使った爆弾テロ作戦は意味不明でしたが、その後はエゥーゴが失敗した後にアクシズとの交渉を妥結したくらいで、特にエゥーゴに不利益を与える行動は取っていません。レコアに関する因縁はあったものの、これはレコアが勝手に手元に来たようなものですし、その後レコアはバスクの預かりとなって作戦に参加しており、シロッコの指示で動いたのは、バスクを殺したときやハマーンと交戦したときくらいです。シロッコがエゥーゴと正面切って戦ったのは、最終決戦のときくらいでしょう。最終決戦においては、「これではエゥーゴには勝てん!」と言っていたことから、エゥーゴに勝つつもりでいたことがわかります。

 このシロッコの行動をまとめると、以下のようになります。
・最終決戦時以外、エゥーゴとは真面目に戦っていない
・フォン・ブラウンに対してはやけに攻撃的(サラの爆弾作戦も、結果としてフォン・ブラウンの一部を爆破している)
・ジャマイカンやバスクに対しては敵対的、ティターンズの作戦には基本的に真面目に参加していない
・アクシズとは最初の交渉では忠誠を誓ったものの、基本的には敵対的
・ジャミトフには忠誠を誓うふりをして殺害

 ジャミトフ暗殺後の行動によっては、単純にシロッコはティターンズを乗っ取るために行動していたとも言えるのですが、その割にはコロニーレーザーを破壊できたはずなのにシャアを追いかけたせいで発射を許し、あっけなくティターンズ艦隊を消滅させており、シロッコが目指していたものがよくわかりませんでした。
 特に、エゥーゴにも勝つつもりでいたのなら、もっとエゥーゴと戦っていてもいいはずで、それをしなかったのに最後だけ真面目に戦ってあえなく敗れたことを考えると、「まずエゥーゴを潰してから、ジャミトフを殺す」ということは考えていなかったと言えます。
 またジャミトフを殺したタイミングがハマーンとの交渉決裂後であったことから考えると、ジャミトフがハマーンとの交渉に失敗した時点で見限って殺したとも言えます。その後ハマーンとは本気で交戦しているあたり、アクシズとも手を結ぶつもりはあまりなかったのかなと思います。
 ますますよくわからなくなってきますが、要するに、シロッコは「ティターンズの権力者を守っていない」上に、「エゥーゴとは本気で戦わず、最後だけちゃんと戦っている」、「アクシズとも基本的に和睦するつもりはない」ということから、最終的にはティターンズ・エゥーゴ・アクシズの全てを潰す気でいたのではないかという気がします。エゥーゴと本気で戦わなかったのは、まずエゥーゴとティターンズを消耗させて、双方が弱ったところでどちらも潰すという算段だったのかなと。まずティターンズ内で同志だけ集めて、乱戦の中でジャミトフを殺し、エゥーゴも壊滅させた上で、アクシズさえも潰す、という計画であったなら、コロニーレーザーを撃たれるまではほとんどエゥーゴは壊滅状態(ラーディッシュが沈み、まともな残存兵力はアーガマのみ)であったわけですし、ティターンズ艦隊が残っていればアクシズとの戦闘も可能だったでしょう。シャアとカミーユを殺しきれなかったことが、ある意味敗北を招いたとも言えます。

 だとすれば、何故シロッコはティターンズ・エゥーゴ・アクシズの全てを潰す気だったのでしょうか。その後の世界を自分で支配するためと言えばカッコいいですが、全てを滅ぼしシロッコを中心としたティターンズの残存艦隊だけが残ったところで、できることはたかが知れています。最終話の時点で正規軍はエゥーゴ寄りになっており、ティターンズの権限もおそらく停止されていると考えると、生き残ったとしてもシロッコがティターンズである限り、α任務艦隊のような連邦正規軍の討伐艦隊を差し向けられていたでしょう。
 しかし、シロッコが実は「正規軍側」の人間であり、生き残りさえすれば政府から身分が保証される立場だったとすれば、この意味は大きく変わってきます。最初からシロッコはエゥーゴとティターンズの内乱を鎮めるために送り込まれた、正規軍の刺客であったということになるからです。

 シロッコは、元々木星船団の人間です。木星船団は、連邦政府のエネルギー源を輸送しているわけですから、その存在はティターンズのような一軍隊よりもずっと重要なはずです。ましてや、シロッコは過酷な木星船団の任務を円滑に行うために人為的に作られた存在である可能性があるとなると、本人がどう考えていたかは別として、連邦政府にとっては重要な存在であり、かつ便利な駒でもあった可能性は十分あります。フル・フロンタルがシャアの再来として優雅に振舞っていたのが、ジオン共和国に都合がいいように動くだけの「シャアのふりをする器」だったからでしかなかったように、シロッコも、自信満々大言壮語なキャラクターでありながら、実のところ中身は何もなかった、というキャラであったとも考えられるのです。

 シロッコがフォン・ブラウンに対してだけ、真面目に制圧したり爆弾をしかけたりしていたのも、月の表側の「月企業連合体」への制裁も任務の内だったからなのかもしれません。エゥーゴの本拠であるグラナダよりも、フォン・ブラウンの方を狙っているというのが、実にそれっぽいです。月企業連合体は、エゥーゴに資金を出しているだけでなく、アクシズの開発も支援しており、連邦政府的には制裁の対象とみなされても仕方ありません。だとすればシロッコは、連邦政府にとって都合の悪い存在全てを壊そうとしていたとも言えます。

 グリプス戦役の時代、連邦正規軍や連邦政府本体の動きや意図が全く見えず、エゥーゴとティターンズだけが勝手に争っていた印象がありますが、その政府が送り込んでいたのがシロッコだと考えると、また違った勢力図に見えるのかなと思います。実は「逆襲のシャア」におけるアムロとは別の意味で、連邦政府の犬として戦うニュータイプだったのかもしれないのです。


 なおシロッコがビスト財団と関わっていた可能性があるかとういことについては、そもそもグリプス戦役の時代はビスト財団はどう動いていたのか自体を考察する必要があるので、またの機会にします。

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
シロッコって本当に気になる存在です
 お久しぶりです。いつも楽しく拝読させてもらい続けていました。今回の考察、素晴らしくて、思わず指が動いてしまいました。私もUC世界でその出自が気になって仕方ないのが、シロッコでした。後はグレミーかな。どちらも「作り物」「特殊な存在」という設定があるみたいですから。
で、シロッコを考えるうえで、グレミーの人物紹介にある「あのパプティマスシロッコに似た特殊な存在」(=バイオロイド?)、ハマーンカーンの初期解説の「シロッコの背後にいる女性」という二つの文章(既に没設定?)が頭によぎります。そして劇中発言の「戦後世界を支配するのは女だと思っている」という主張、「この戦いが終わった後は恒星間旅行にでも行く」という発言。まあ、発言はハーレム作りのための下心ありの大きな「嘘」かも知れませんが、ああいう場で嘘もつかないでしょうから仮に本当だとしたら。
あの当時、0087、最も地球圏を支配する可能性が高かった女性は、ミネバ様じゃないかと思うのです。実際、ほとんどそうなりかけていましたよね。シャアがミネバを誘拐しなければ。それはさておき、彼はミネバ様にはきちんと挨拶してますし。
なので、私が当時から思い込んでいた「ザビ派のミネバ様ナイト説」を今回も唱えたいです。ハマーンとやり合ったんは、ミネバ様を傀儡にした悪女だからってことで、決して彼はミネバ様に敵対していた訳じゃないって思う訳です。
 今回、連邦の手先という管理人さんの考察、見事です。それを悪用(すみません)して、シロッコを「このような時のために草として忍んでいた」という自説(!)の補強をするためのきわめて強力な考察材料にさせてもらいます。楽しい時間、ありがとうございました。
2016/11/11 (金) 18:50:34 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
 これは大変興味深いです。
 シロッコはやや虚無的な印象があるキャラでもあり小説ではやたら暗殺スキルが推されてたりするのでこういう解釈もアリでしょう。むしろ、シロッコの背後に居る存在が明確ならシャアがエゥーゴを見限った動機付けにだってなったはず。
 シロッコ自体はジュピトリスという一勢力のボスであり、ティターンズにとっては客将のような存在だったので、ジュピトリスさえ無事なら身のふり様はいくらでもあるのでしょう(世界を握れるかはともかく)。ジュピトリスはグリプス2の射線からちゃっかり逃げてたっぽいし。
 アクシズとの同盟も、単なるティターンズの使者なら個人的な忠誠を誓う必要はないと思うので独自にコネを作ってるのかなって印象でしたが、ターゲット=ミネバを操縦してる奴を見極めに行ったようにも見えます。
 ムーンアタックはジャマイカンの下だと好きに動けないので、強引に戦闘を中断させてから自分だけバックレた感じでしょうか。
 アクシズとの同盟は単なる不可侵同盟にすぎず、ムーンアタックもむしろエゥーゴの戦力を温存させてる(月面都市の盾になって死守するほうが損害は大きくなったはず)ので、たしかにエゥーゴを追い詰められてません。
 グリプス2の攻防もティターンズを守るよりシャアとハマーンを狙うことを最優先したと考えれば。小説だとグリプス2をなんとかしようという言動がなく、「世界を動かしてきたのはひと握りの天才だ!」もハマーンのセリフになってるので、ジオで出てからはひたすらターゲットを追い回してる感が強め。
 むしろ中途半端にレーザーを壊したり、ハマーンの気を引こうとしてる(ように見える)TV版のほうがヘンなのかも…
2016/11/12 (土) 12:53:54 | URL | ネイ #sHoHCm3U[ 編集 ]
こんばんは。

シロッコは、コロニーレーザーを、
エゥーゴに使わせないために、
巨大な電球みたいなのをサーベルで切ってたけど、
本気で壊すつもりでしたら、
離れた場所から、ライフルを撃ちまくれば良いと思います。

コロニーレーザーを、自分が取り返した時に、
すぐに修理して使えるように、
少しだけ壊したんじゃないかと思います。
2016/11/12 (土) 19:24:45 | URL | サディア・ラボン #-[ 編集 ]
長文で失礼致します
以前から興味深く記事を読ませて頂いておりましたが今回、管理人様とほぼ同じ意見だったことに驚き、初めて書き込み致します。
私はガンプラブームを経てZ(小5くらい)にドはまりしたクチですが、子供ながら物語に違和感を感じておりました。
その違和感の正体も、今なら『シロッコ』だと言い切れるのですが。幼い私には、彼が何を動機に、何を目的に登場したのか解らなかったのですね。

本人は『歴史の傍観者』と嘯きますが、その行動はチグハグです。
例えばカミーユは義憤で立ち、シャアは贖罪からか一兵士クワトロに徹し、やがて人類の未来に賭けようとしました。
しかしてシロッコは?
序盤は自分の万能を凡人にみせつけ嘲笑い、中盤以降は自らの思惑のため自軍を不利に陥らせることもしばしば。そのくせ最終戦では、『これではエウーゴに勝てん!』の一言…。
その一貫性の無さに、当時の私は混乱したのでしょう。

メタ的には『製作陣迷走の犠牲者(笑)』と言えますが、後付け的に見ればどうでしょう?
UC世界で世を掌握する近道は、やはり連邦議会の掌握です。そして各陣営にはジャミトフ(政治力)、シャア(カリスマ性)、ハマーン(NT能力)と、シロッコをしても侮れない傑物がいます。
しかし彼らはまだ小勢力のトップに過ぎず、排除さえできれば(シロッコの能力ならば)凡百な連邦議会を掌握することも可能でしょう。つまり連邦議会=シロッコにとっての邪魔者、ティターンズ、エウーゴ、アクシズを滅ぼす『地ならし』が目的だったと推察できます。

管理人様の意見に異を唱えるとすれば、『シロッコが政府の犬だった』という部分でしょうか。
他者を支配・利用するならともかく、他者の担保を当てに行動するのは『シロッコの人物像』からは想像できません(だからこそ造られた存在とも見えるのですが…)。
ちなみに私は、シロッコ嫌いのクワトロ大好きっ子ですので、シロッコ贔屓の立場ではないことをここに明言致します(笑)。
2016/11/13 (日) 00:06:07 | URL | 白式 #-[ 編集 ]
シロッコが何をしたかったのかはわかりにくいと思っていましたが、
作り出された存在だと仮定すればシロッコ自身の野望ではなく、
「シロッコの行動で得をしたのは一体誰か」、
という話になるわけですね。目から鱗です。
2016/11/13 (日) 09:33:55 | URL | #cRy4jAvc[ 編集 ]
意味不明の行動の1つにティターンズ残党を連邦軍に復隊させるものもあったと思われます。残党が賊軍となり行き場を失った結果、ネオ・ジオンやテロリストに流れてしまったわけですが、マラサイなどの兵器はさておいて内部情報を手土産にされるわけにはいかないのでシロッコに残党をまとめ上げて元鞘に戻そうとしていたかもしれません。実際はうまくいかず失敗したわけですが、「ジョニー・ライデンの帰還」においてヤザンがゴップの私兵として身分を変えて活動していました。穏健派のコンペイトウチームですら何かと面倒な裁判沙汰になっていましたが、どうみても強力な後ろ盾のないヤザンがどうやって復隊できたのか…今回の説でシロッコのツテを辿ったと見ればものすごく納得できます。

・・・今回の仮設の意外な符号としてスーパーロボット大戦旧シリーズのシロッコが挙げられます。そこのシロッコはクローンが作られ、そのクローンのそのまたクローンまで出てくるという怪現象が起こっていました。異星人が自分たちの都合のいい手駒として扱おうとしたわけですが、最後はそれを知ったことで死を望み、凶行に走るなどしていました。実のところ本編シロッコも旧スパロボシロッコと同じような経緯と境遇だったんだよっ!というMMRのようなびっくり説に発展しそうですw
2016/11/13 (日) 22:50:19 | URL | オタマ・ジャクシー #wr80fq92[ 編集 ]
「UC」のフル・フロンタルや
「ジョニー・ライデンの帰還」のゴップの
言動を見れば、これらの作品の作り手もシロッコは戦乱が長引く事で地球経済を疲弊させる事自体が主目的と捉えているようですが。そこを上手く立ち回る手駒がある程度、必要なためジャミトフの私兵集団と化していたティターンズを乗っ取ったと…。

ただ、御指摘の「フォン・ブラウンへの攻撃だけは割とマメ」という点は言われてみれば面白いですね。攻撃された側がタカ派ティターンズ士官としての行動をどう捉えるかですが。
関ケ原の戦いにおける家康の小早川軍への威嚇射撃は裏切り督促と言われていますが逆効果の結果を招いた可能性もあり水面下における各陣営の思惑や事前の根回しも色々と影響する訳で…。
2016/11/15 (火) 15:10:44 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
シロッコの言う時代を作る女性がミネバだっていう発想は面白いですね、実際にUCでそうなってるし。
ミネバの傀儡としての育てられ方はシロッコの女性の扱い方にも似てますし、実はミネバの教育に一枚噛んでいたと言われても納得できるかもしれません。

>ネイさん
最初から戦いを生む元凶の抹殺が使命だったというのはありかもしれませんね。だから、ジャミトフ・ハマーン・シャアの命を狙ったと。
そんな彼が最終的にカミーユに戦いの元凶扱いされて倒されるというのも、皮肉が効く展開で悪くないですね。

>サディア・ラボンさん
確かにシロッコはレーザーを完全に破壊したくはなかったのかもしれませんね。
結果的にはそのせいで自軍を壊滅させているので、正しい判断とは言えませんでしたが。

>白式さん
連邦の犬と表現したのは、アムロがそのつもりでいるわけではなくても結果的に連邦側最強のニュータイプとして戦ったように、本人の意図は別として連邦政府から見たら最強の駒だったという意味で使ったつもりです。
シロッコ本人は、連邦に反乱を起こして革命のような形で世の中を変えるのではなく、与えられた立場を利用して体制の中で自分の思うように歴史を動かそうとしているというイメージかなと思います。

>名無しさん
不可解な事象は結果的に誰が得をしたかで見ると理解できたりするので、その応用ですね。解釈を誤るとただの陰謀論になってしまいますが。

>オタマ・ジャクシーさん
まぁシロッコ自身がまともだと思う人間だけを選別していたという側面はあるかなと思います。助けてあげるためというよりは、駒として使えるからと言った方が正しいかもしれませんが。

自分も文章書きながらスパロボFのシロッコみたいだなぁと思っていました。それがあったからこそ思いついたともいえます。

>巨炎さん
シロッコは地球が疲弊した後の世界のことまで考えていたような感じですね。
ジャミトフの考え方を肯定しつつ、その先まで考えないとダメだという価値観だったように思います。
戦乱の世界の先を考えて行動していたら、見えていない足元の小石で躓いたのがシロッコなのかなと。

フォン・ブラウンへの攻撃がティターンズへの反感を煽るための行動だったとも解釈できるわけですね。


皆さんのコメントから、また更にシロッコ観が深まったように思います。
・ミネバを特別視していたかもしれない
・組織の要の暗殺を主任務としていたかもしれない
・連邦に反乱を起こしたザビ家やシャアと違い、連邦を利用しながら歴史をコントロールしようとしていたのかもしれない
・常に戦乱の後の世界を想定して動いていたのかもしれない

と考えると、シロッコは自らが理想とする「女性が支配する世界」を目指して、そのための邪魔になる存在を排除していたのかもしれませんね。
2016/12/04 (日) 00:34:48 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.