がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
クワトロ・バジーナの華麗なる(?)戦歴を振り返る

 シャア編に続きクワトロ編です。逆シャア編はあえて作るまでもないでしょう。
 クワトロ時代は味方側ということもあって、強敵との戦闘よりもザコ敵との戦闘の方が多いため、交戦数でカウントするのはとても大変なので、戦術レベルでの勝敗をカウントすることにします。指揮官だし、途中から事実上のエゥーゴの代表になりますからね。例によってTV版ベースです。
 ちなみに、やたらと散発的な遭遇戦が多いので、目的を持った作戦のみに絞ることにします。

(1)ガンダムMk-II奪取作戦(1~2話)・・・○
 前作同様サイド7でガンダムと遭遇するわけですが、今回は敵役ではないのでなんとガンダム2機の奪取に成功します。まぁ、9割方カミーユのおかげなんですが。

(2)ティターンズの人質作戦対応(3話)・・・△
 カミーユの母ヒルダを人質にカミーユとガンダムMk-IIの返還を迫るティターンズへの対応。カミーユの暴走の影響でヒルダは死亡してしまいますが、ガンダムMk-IIの死守に成功したので戦略的にはマイナスではありません。これが伏線となってエマの脱走を引き起こしていますしね。なおその前のライラ隊の追撃は華麗に迎撃しています。

(3)リックディアス奪還作戦(5話)・・・△
 エマがカミーユとフランクリンを連れて脱走してきたものの、フランクリンはリックディアスを奪取しティターンズ側に戻ろうとしてしまいます。結果的にフランクリンは流れ弾に撃墜されてしまいました。リックディアスがティターンズに渡るのは防げたものの、撃破されてしまったので痛み分けです。

(4)ホウセンカ降下作戦(6話)・・・○
 レコアをジャブローに送り込むため、低軌道衛星の太陽光発電施設を破壊する作戦に出ます。破壊には成功、レコアの降下も成功したため作戦は成功と言えます。その隙をライラ隊につかれて艦艇を1隻撃沈されているのはいただけませんが、まぁ作戦は成功ですので。

(5)サラミス奪取作戦(9話)・・・○
 グラナダに寄航した後、ジャブロー迎撃の艦隊編成のついでにグラナダに停泊中のティターンズ艦奪取を目論見ます。これは難なく成功するも、アーガマがカクリコンの奇襲を受けエマが窮地に。それを察知したカミーユのおかげで追い返すことができました。

(7)ジャブロー降下作戦(11~12話)・・・×
 エゥーゴはジャブローへの一大降下作戦を敢行。しかしジャブローはすでに引越し後であり、しかも核爆弾がセットされていました。被害は少なかったものの、戦力を多く投入したにもかかわらず無駄足に終わっているため、事実上の失敗と言えます。

(8)ケネディ打ち上げ作戦(13話)・・・○
 ジャブローに降下した部隊のうち、第一陣の宇宙への帰還を目指すエゥーゴとカラバ。ブラン率いる連邦軍に攻撃を受けるものの、なんとかシャトルの打ち上げに成功。代わりにロベルトが撃破されました。

(9)ヒッコリー打ち上げ作戦(16話)・・・○
 第二陣の打ち上げ。今度はクワトロが自ら宇宙に戻ります。合流したアムロと、残留せざるを得なくなったカミーユの連携でアッシマーの撃破にも成功し、無事打ち上げできました。

(10)フォン・ブラウン防衛戦(23話)・・・×
 しばらくラーディッシュに搭乗していたため出てこなかったクワトロですが、ティターンズがフォン・ブラウンに侵攻しているため迎撃に出撃。アーガマとも合流します。しかしジェリドを囮にしたシロッコのドゴス・ギアの強行降下により防衛失敗。なおこのタイミングでクワトロはブレックスと議会にでるスケジュールがあるため離脱します(いいのかそれで)。久々に戦闘に出たのにシロッコに出し抜かれただけでした。

(11)アクシズとの交渉(32~33話)・・・×
 基本的にアーガマにいないので物語に出てこないクワトロですが、アクシズとの直接交渉に赴くためようやく表舞台に出てきます。しかしハマーンが育てたミネバの姿にキレて交渉失敗。脱出には成功したものの、当初の目的はまるで果たせませんでした。

(12)キリマンジャロ攻略戦(35~36話)・・・○
 キリマンジャロの攻略自体は、カラバの戦略爆撃により成功するのですが、そもそもクワトロが地上に降りたこと自体、撃墜→大気圏に落ちるところをZガンダムに救われるなので、予定外もいいところです。でも演説は準備してたっぽいからどっちにしろ降下する予定があったんでしょうか。

(13)ダカール議会ジャック(37話)・・・○
 クワトロ本人は戦ってないけど、議会ジャックに成功して世界中に演説してティターンズの評価を下げたのでとりあえず成功。

(14)ゼダンの門攻略戦(43~45話)・・・○
 ハマーンに改めて頭を下げ、協力依頼を取り付けた上で、合同作戦でゼダンの門を破壊、コロニーレーザーの奪取に成功。どさくさに紛れてコロニーレーザーをアクシズに奪われたけど、とりあえず目標は達成しました。

(15)メールシュトローム作戦(47話)・・・○
 アクシズからコロニーレーザーを奪うための作戦。カミーユがハマーンをひきつけ、その間に奪取に成功しました。ただ、カミーユの精神はこのあたりから疲弊し始めていたんですねぇ。

(16)グリプス2防衛戦(49~50話)・・・○
 コロニーレーザーを制圧できたものの、ティターンズ艦隊の総攻撃に晒されるエゥーゴ艦隊。アーガマは援護のために戦力フル投入。ティターンズを攻撃しようとしていたアクシズの戦力を、メガバズーカランチャーで根こそぎ消滅させることに成功したクワトロは、結果的にそこにいたシロッコとハマーンの両方に攻撃を受ける羽目に。MS戦では無理ゲーなので肉弾戦に持ち込むことに成功するも、逃げ込んでいたコロニーレーザーが発射されようとしていたので慌てて脱出。その後ハマーンにタイマンを挑まれ、すでに半壊+エネルギー切れの百式では自爆を装って目くらましが精一杯でした。
 最終的には作戦の成功はブライトのおかげなのですが、クワトロがアクシズのMSを潰し、ハマーンとシロッコの注意を引き付けていたが故でもあるので、そういう意味では赤い彗星の面目躍如・・・なのかもしれません。その結果本人は消息不明、カミーユも精神崩壊とほとんど共倒れに近い形ではありますが。
 完全勝利のためには、ハマーンを殺し自軍の被害は最小限である必要がありました。クワトロが消滅させたアクシズの軍勢は完全に「ジュピトリスのみ」を狙っていたので、ハマーンとシロッコに潰し合いをさせ、その間にエゥーゴはティターンズ本隊(コロニーレーザーで消滅させた艦隊)をメガバズで狙うのが正しい選択だったような気がしなくもありません。まぁ、アーガマが先に補足したのがアクシズの方だったからではありますし、ただの結果論ですが。


 こうしてみると、基本的にジャブローまでは順調、ジャブロー以後は失敗続きであるものの、ダカールで一発逆転してハマーンに頭下げてなんとかティターンズは潰せましたよ、というのがクワトロ・バジーナとしての戦歴ということになるでしょうか。クワトロの名を捨ててシャア及びキャスバルとしての素性を公にし、プライドを捨てて過去の女にひざまずくことで得た結果だと考えると、グリプス戦役でのシャアは、自分の殻を破り開き直るまでの物語だったとも言えます。そりゃ、吹っ切れて逆襲のシャアに続きますわな。
 なお新訳の場合は、ダカールがない分、単にハマーンに対して大人の対応ができたかどうかという問題に集約されたことになります。こちらの場合は、ハマーンという過去の女を振りほどくまでの戦い、だったということでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
取り敢えず上手く行った"けど"、なパターンがちょいちょい入ってる感じですね
カラバという味方がいるとはいえエゥーゴの規模自体はあまり大きいとはいえないでしょうし、ティターンズやアクシズ相手にこれくらい立ち回れたのなら上々と言えるんでしょうね
まぁ結局アクシズ(ネオジオン)にはしてやられてますが
2016/08/25 (木) 08:41:47 | URL | サンイチガ #cUMLT7y.[ 編集 ]
キュベレイの後ろのガザC軍団が
巨大なビームで消滅する場面を見た事があるけど、

ギャグみたいなので、誰かが作ったMADだろうと思ってたけど、
49話で実際にあったんでしょうか。

ZZで、Zガンダムがゲゼと戦う時の、
パンチの連打は、
パロじゃなくて本編にあります。
2016/08/26 (金) 06:51:40 | URL | #-[ 編集 ]
演説はブレックス暗殺後から、いずれはやらねければならないと考えていたのかもしれませんね。

最終決戦はシロッコ&ハマーンに一見するとボコられっぱなしですがコロニーレーザー発射の時間は稼いでいるし。

二手三手先を読んでいるのか微妙な展開も多いですが。
2016/08/31 (水) 16:20:14 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
>サンイチガさん
ストーリーを最後まで考えないで作ってたんだろうなというのは感じますね。
実際のところエゥーゴがやろうとしたことは最初のジャブローでほとんど終わってしまっていて、後はカラバとアクシズがカバーしてくれただけなんじゃないかという気がしなくもありません。

>名無しさん
実際にあったシーンですよ。ぜひ原作を見てみてください。
ちなみに劇場版ではコロニーレーザーの発射と同時にメガバズを撃つという描写でカットを省略するという荒業が使われていました。

>巨炎さん
ジャブロー攻略失敗後のエゥーゴの目標は、議会ジャックだったのかもしれませんね。
本当はブレックスがやろうとしていたけど直前で暗殺されちゃったってところでしょうか。
そもそもエゥーゴ自体の戦略があいまいなので、二手三手どころか一手先も読めてない印象です。
2016/09/04 (日) 16:43:51 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.