がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ドーベンウルフとザクIIIが競合した本当の理由
 AMX-011ザクIIIは、AMX-014ドーベンウルフと同時期に完成したことから、火力や推力に劣るため量産化が見送られたという記述がある機体です。
 しかし、ザクIIIはスペック上同時期のMSの中でも突出した推力を持っており、コンセプト的には高速一撃離脱戦を想定した機体であるのに対し、ドーベンウルフはサイコガンダムMk-IIのコンセプトを継承した火力重視の機体です。火力はともかく推力では負けていません。
 また時期が重なったために不採用になったように表現されていますが、コンセプトが全く違うので、時期が重なっても競合しないように思えます。一体この2機は何故比較され、ドーベンウルフの方が採用されたことになっているのでしょうか。


 そもそも、ザクIIIとドーベンウルフは開発背景が異なります。ザクIIIは、ハイザックとは違う真のザクの後継機を目指して開発されたもので、スペック的に考えると、おそらくは一年戦争時代を知るベテランへの配備を想定した機体です。ガザ系のような低コスト機とのハイローミックス運用や、かつてのキマイラ隊のような少数精鋭での単機種運用などを想定していたと思われます。また拡張性が高く設計されており、各部が換装可能となっていることから、単一目的ではなく、多用途に運用することを想定していたようです。

 一方のドーベンウルフは、サイコガンダムを一般兵にも扱えるようにすることを目的とした、準サイコミュの搭載を前提とした機体です。一方で、ネオジオンではそれ以前にハンマ・ハンマという機体を開発していました。これも準サイコミュの搭載を前提とした機体ですが、連邦軍のニュータイプ研究所の技術がない時に開発した機体であるため、完成しませんでした。
 ドーベンウルフとハンマ・ハンマは、同じ準サイコミュの搭載を前提とした機体ですが、コンセプトは異なります。先ほど述べたようにドーベンウルフはサイコガンダム的な火力を持った機体ですが、ハンマ・ハンマはザクIII以上の推力を持った高機動機で、どちらかというとジオングに近いコンセプトの機体です。
 つまり、ネオジオンは同じ準サイコミュ機を開発しながら、コンセプトを変更していると言えます。もちろん、単純に連邦軍からもたらされた準サイコミュ機がサイコガンダムの小型化を目指したものであったからというのはありますが、それを量産化する過程で、ハンマ・ハンマのようなコンセプトにアレンジしていないということは、ネオジオンが求める準サイコミュ機が、高機動機から高火力機に移り変わったと言えます。
 何故そうなったかと考えると、おそらくネオジオンを取り巻く戦局の変化だったのではないかと思います。当初のネオジオンは、地球圏への侵攻を想定しており、連邦軍の拠点を攻撃することを目指していたはずです。しかし、実際には連邦軍との交渉にある程度成功し、サイド3を制圧することができました。そのため、拠点の攻撃から防衛に目的が変化したのだと言えます。実際はグレミーの反乱により攻撃側と防衛側に分かれることになりましたが、もしその反乱がなければ、アクシズはエゥーゴと連邦軍の連合艦隊の攻撃を受けていたはずなのです。その場合、ネオジオンは防衛戦に転じていたことになります。

 そのように考えると、ザクIIIという機体のコンセプトもまた高機動機だったわけですが、これがネオジオンにとって不要な性能になってしまったということになります。ネオジオンが必要としたのは、攻撃のための推力ではなく防衛のための火力だったのです。そのため、ザクIIIの量産のためのリソースは、ドーベンウルフの生産の為に割かれることになったのだと考えることができます。
 もし、ネオジオンがサイド3を制圧できず、未だに連邦軍と交戦状態にある戦局であったとすれば、ドーベンウルフではなく、オーガスタ製インコムを搭載したザクIIIが生産されていたのかもしれません。量産型ハンマ・ハンマという可能性もありますが、同等の性能ならより拡張性が高くパイロットの受けも良いであろうザクIIIを生産した方が何かと都合が良かったでしょうしね。

 つまり、ザクIIIとドーベンウルフは、直接競合したというよりは、「ザクIIIが不要になったタイミングでドーベンウルフの量産が可能になった」というタイミングの一致によるスライドであったと言った方が正しいのかなと思います。

 もう一つは、パイロットの問題です。おそらくネオジオンには経験のあるパイロットがあまり多く残っていません。そのため、ザクIIIとドーベンウルフを両方生産しても、乗りこなせるパイロットがそんなにいなかったのではないかと思います。
 先ほどザクIIIについてキマイラ隊のような運用を想定していたかもしれないと述べましたが、ドーベンウルフもスペースウルフ隊というラカン率いる部隊に配備されていました。そのラカンがザクIIIにも搭乗していたことを考えると、ザクIIIが量産されていればスペースウルフ隊にはザクIIIが配備されていたという可能性も考えられます。
 要するにネオジオンには最初からまともな駒がいないことから、ザクIIIとドーベンウルフのどちらかしか運用できる余力がなかったと考えることもできるのです。運用目的が全く違う2機ですが、それを扱えるパイロットは片方分しか用意できないので、必然的に二択になってしまった、ということでしょうか。

 まとめると、ザクIIIとドーベンウルフは、両方配備しても扱えるパイロットが足りず、どちらかしか運用できないなら、戦局的にドーベンウルフの方が有用であることから、ドーベンウルフのみが量産された、ということになるのではないかと思います。
 もしザクIIIが配備されていたとしたら、ドーベンウルフのカラーで(作中の台詞から、あの色はスペースウルフ隊のパーソナルカラーらしいので)インコムをオプションで装備していたりしたのかもしれません。競作ネタってIF妄想ができるから素晴らしいですよね(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
ネオジオンが存続していたらザク3とドーベンウルフの部隊が両立していた可能性も
>ザク3とドーベン・ウルフ

どちらも練度が要求されそうなマシンですし、「コンセプトが異なるエースパイロット向けの高性能機」という意味での競合って感じですかね。
当初はエースパイロット+ザク3の精鋭部隊を作る予定だったのなら、ラカンがザク3に乗っていたのもその時の名残のように思えてきます。

余談ですが、高火力による防衛というコンセプトではゲーマルクがいますね。
ゲーマルクは数を揃えることができないので、二方面、三方面作戦となった時に対応しきれない気がしますが、ドーベン・ウルフ隊がいればそれにも対応できそうです。
ネオジオン版サイコガンダムMK2と量産型サイコみたいなものでしょうか。 
グレミーの反乱がなければ、地球連邦とエゥーゴの艦隊、三割ぐらいは壊滅してたんじゃ・・・。
2016/01/10 (日) 23:03:49 | URL | ケイ #il1EYvco[ 編集 ]
キュベレイにクィンマンサにゲーマルクに量産型キュベレイ、更に一般兵でも扱える準サイコミュのドーベンウルフとあの頃のネオジオンはとにかくサイコミュ兵器推しですよね
謂わば兵器としてのNTの利用がピークだった、みたいな背景というか風潮みたいなのもあったのかなと
ジオンにしてみればNTにしか扱えない物を扱えるというのは非常に惹かれるものがあったでしょうし
2016/01/11 (月) 08:30:21 | URL | サンイチガ #cUMLT7y.[ 編集 ]
そもそもなんでこの二種が競合してより尖ったドーベンがしかも主力機に採用されてるんだという雑談が付きないこの話題ですが
そもそも設定の段階でどうなのかとか言うのを避けるとすると、やはりアクシズ一つでやって来たに過ぎないネオジオンの勢力事情に落ち着かせるのが無難ってところなのでしょうね

ザクIII自体は個人的に好きなのでどこかで広がりが出て欲しいという気持ちはなくもありませんが
2016/01/11 (月) 15:51:46 | URL | ALT #3un.pJ2M[ 編集 ]
>ケイさん
ラカンはザクIIIとドライセンのテストもしてるんですが、ラカンが乗った機体は基本的にベテランエース向けの機体だったと考えてもいいんじゃないかと思いますね。

ゲーマルクはドーベンのNT用と考えていいと思います。
仰るようにサイコMk-IIと量産型サイコの関係かなと。
あれはガンダムチームじゃないと対抗できなかったんじゃないかと思いますねー。
でもそこにクィン・マンサと量産型キュベレイもいるからやっぱり無理ゲーかもしれません(苦笑)

>サンイチガさん
まぁ、サイコミュやニュータイプの研究が一番進んでいた(旧ジオンの研究を直接引き継いでいる)のはアクシズですし、数的不利を覆すためにも、ミノフスキー粒子下で誘導兵器を使えるサイコミュに勝ち筋を見出していたんだと思いますね。

>ALTさん
限られたリソースしかない状況であれば、より単機あたりのパフォーマンスが高いほうを優先せざるを得ない、ということだったんじゃないでしょうかね。
設定的な意味で言えば、そもそもザクIIIを高級機にしちゃったのがどうなのかとは思いますね。
ファンが求めていたのはギラ・ドーガやギラ・ズールのようなポジションのMSだったと思いますし。
ただスペック的にはシナンジュに次ぐ推力を持つってところがザクIIIのロマンかなという気もするので、シナンジュ的な大活躍は見てみたかったですね。
2016/01/16 (土) 18:07:25 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>シナンジュに次ぐ推力   実は木星圏での運用も想定して、、、、うわ何をするやめw
2016/01/27 (水) 05:58:24 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
赤いやつはプロトネオザクって考え方もできますね!(笑)
2016/01/28 (木) 21:20:46 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ドーベンウルフの頭部をザクにして「ザクⅢ」として量産……という乱暴な考えが頭に浮かびましたが、良くも悪くも象徴になるので、ネオジオンの時代には受け入れられなかったのかもしれませんね。
あとグレミーが嫌ったのかも。
2016/02/02 (火) 19:12:53 | URL | つかさ #-[ 編集 ]
ドーベンウルフは固定武装満載の万能型という意味で、柔軟な装備換装を前提とした汎用型というザクとは対極の機体ですからねー。
開発スタッフがおそらく連邦のニュータイプ研究所系であるというのも理由の一つかもしれません。連邦のスタッフが関わったMSにザクとは名づけにくいですしね。ハイザックは認めないというところから出発したのがザクIIIですし。
2016/02/14 (日) 20:11:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.