がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
推力重量比からネオジオンのMSの運用目的を考える
 以前、推力重量比からMSの連携関係を推測する考察を行い、それを元にエゥーゴのMSについても考察を行ったのですが、今回はそのネオジオン版になります。



 なお、前回Rジャジャのスペックがバウと同じだとしていたのですが、やはりあれは誤植のようで、正しいスペックっぽい情報を入れたバージョンでお送りします。

推力重量比ネオジオン



(1)ガザEについて
 アクシズのMSの推力重量比を算出した中で、最も低い値だったのがガザEの0.870でした。これは、ゲルググA型以上ゲルググC型以下というスペックです。
 ガザEに求められたのはSFSとしての運用なので、長距離移動以上の戦闘速度は求められていなかったのかもしれません。逆にMS形態になっても、ゲルググくらいの性能が出ればいい、という要求スペックだった可能性も考えられますね。

(2)キュベレイの護衛機
 AMX-004キュベレイの推力重量比は1.077です。これに対し、AMX-003ガザCが1.092、AMX-117ガズL/Rは1.079と、近い値になっています。これらは、ガザCやロイヤルガード仕様のガルバルディは、キュベレイとの連携を想定していることがよくわかります。
 ちなみに正しいスペックのRジャジャも1.070とほぼ同じ位置にいますが、これはキュベレイの護衛機というよりは、ガザCとの連携運用を想定していたという方が正しいかもしれません。GMとボールに対応するのがRジャジャとガザCだったとか。一応、Rジャジャも量産機を目指して開発されていたはずですしね。

 なお、ギラ・ドーガも1.063という近い位置にいるのですが、この頃はSFSがセットで運用されていたので、単体の推力はセーブされていたのかもしれません。機動力は非可変ガザ程度、と考えると、ガザBやグザとの関係を妄想したくなりますが。

(3)ドーベンウルフとゲーマルク
 以前の考察でも触れましたが、ドーベンウルフは1.172、ゲーマルクは1.174と非常に近い値です。兄弟機とも言われる両機ですが、ある意味ではドーベンウルフがゲーマルクの護衛機的ポジションだったのかもしれませんね。ただドーベンウルフとゲーマルクは何の因果かグレミー軍とハマーン軍に分かれていたので、それは実現しませんでした。本来なら、二―とランスはドーベンウルフに乗っていたのかもしれません。

(4)単機種運用前提のガザD
 ガザDの値は1.436であり、他に近い値の機種がありません。つまりガザDは単機種運用が前提であったのだと思われます。あくまでもキュベレイを砲撃で支援するガザCとは違い、主力量産機として運用される予定だったということでしょう。なお、ガザC改の値は1.331であり、ガザCを単機種運用するためにスペックを引き上げたタイプと言えそうです。
 ちなみにジャムル・フィンも1.412と近い値だったりします。3DはガザD部隊を率いて出てくるべきだったのかも。

(5)宇宙と地上の主力機
 ガルスJは1.557、ズサはブースター込みで1.616、ドライセンは1.614、ガ・ゾウムは1.586という数値になっています。似通った4機は宇宙でも地上でも主力を担える(ガ・ゾウムは宇宙用でしょうが)機種で、連携運用を想定していると言えます。ガザの上位機のポジションは、このくらいのスペックがラインだったのでしょうか。
 開発の意義を考えると、ガルスJとズサは地球侵攻作戦用に開発された機体で、リックドム後継のドライセンはガ・ゾウムとのハイローミックス運用を想定していたような気がします。ただ、ドライセンも地上でも運用可能なので、結果的にドライセンの配備が進んだのかなと。ただガルスJとズサも不採用になったわけではなく、宇宙でも十分運用可能だったので、結果的に3機種とも宇宙でも地上でも使われるようになったというところでしょうか。非効率極まりないですが(苦笑)
 特に宇宙でのドライセンとズサは、かつてガッシャとリックドムが連携運用を想定していたのと同じようなコンセプトで運用可能です。本来ズサの相方であるはずのガルスJはガ・ゾウムの方が相性がよさそう。ガルスとガ・ゾウムは肩のユニットが共通だという裏設定もありますし、ガルスJとズサがセット運用だったのは、あくまでも重力下での話だったのかもしれません。というか、そもそもズサって陸上で運用された描写が原作になかったような・・・

(6)推力重量比2以上の高機動機
 ザクIII(2.527)、クシャトリヤ(2.702)、シナンジュ(2.260)といったあたりの機体は、連邦にもほとんどいない2以上の数値を叩きだしています。圧倒的な推力で一気に母艦を沈めに行くイメージでしょうか。クシャトリヤやシナンジュの無双戦闘は記憶に新しいですが、ザクIIIもそれくらいのクラスの機体だったということになります。ザクIIIは、完全にエース用の機体だったということになりますね。

(7)ハンマ・ハンマとローゼン・ズール
 同じコンセプトのこの機種はどちらも推力重量比3を超える凄まじい推力の持ち主(ハンマが3.252、ローゼンが3.543)です。おそらくはかつてのジオングのように、高機動戦闘しつつサイコミュ攻撃を行う、ゼロ・サイコミュ攻撃を前提としていたのではないかと思います。ハンマ・ハンマとドーベンウルフは同じ準サイコミュの運用がコンセプトの機体ですが、運用方法は全く異なっていたと言えますね。ジオングとサイコガンダムの設計思想の違いとも言えます。
 どう考えても追随できる随伴機はいないので、キュベレイやゲーマルクと違って、単独運用が前提だったのだと思われますが、ザクIII後期型(3.070)なら、なんとかついていけそうです。もしかしたら、ザクIIIはハンマ・ハンマの随伴機として計画されていたのでしょうか。だとしたらそれが、ドーベンウルフとゲーマルクに取って代わられたのかも。

(8)シャアのネオジオンのMS
 シャア総帥時代のネオジオンのMSは、皆値がバラバラです。ギラ・ドーガは1.063、ヤクト・ドーガは1.269、サザビーは1.868と、連携はほとんど想定していないようです。ヤクト・ドーガの数値はジェガンに近いことを考えると、敵量産機の駆逐はヤクト・ドーガが担っており、ギラ・ドーガはSFSに乗っての対艦攻撃が主な役目だったのかもしれません。
 サザビーの値はνガンダム以上、Zガンダム級の数値です。Zタイプの可変機の最新型が出てきてもついていけるように、というのが想定スペックだったんでしょうかね。

(9)袖付きのMS
 袖付きの新型機ギラ・ズールの値は1.125という微妙な数値です。それまでのMSで相当するのは、バウの1.112でした。フロンタルがバウを乗機にする予定がありましたが、もしかしたらギラ・ズールの指揮官機をバウにする予定もあったのかもしれません。実際は、そんな余裕もなさそうでしたが。
 なお、そのバウについては、近い値の機体が少ないことから、元々グレミー軍の主力量産機として単機種運用する前提だったのかもしれません。同時期に開発されていたのがギャン改だったと考えると、本来のポジションはRジャジャの競作機あたりだったんでしょうかね。


 以上をまとめると、まずハマーンのネオジオンのMS運用は以下のようであったと思われます。

(1)初期
 ハマーンのキュベレイの圧倒的な戦闘力を大前提に、それを護衛するガザCという部隊構成。ガズL/Rもキュベレイの護衛を想定して開発。その後、Rジャジャ(もしくはバウ)とガザCの運用を想定するも、連邦軍のMSの進歩が予想以上であったためよりスペックを引き上げた機体の開発に方針変更。

(2)中期
 ガザDを主力機に、侵攻機としてガ・ゾウムとドライセンを運用。地球侵攻作戦用にガルスJとズサが開発されるが、ドライセンも重力下運用が可能であるため優先して配備された。結果的にガルスJとズサの生産は少数に終わり、後期配備分は宇宙での部隊配備に回された。

(3)後期
 準サイコミュを採用した主力機としてハンマ・ハンマを開発し、随伴できる一般機としてザクIIIを想定していたが、開発に失敗し連邦製準サイコミュを採用。以後連邦のニュータイプ研究所の成果をベースとしたMS部隊運用に方針が変更される。ザクIII開発の意義が薄れドーベンウルフを優先的に採用、フルスペックサイコミュ機としてはゲーマルクが開発される。

 かなり脳内解釈を入れましたがこんな感じだとそれっぽいかなと。

 シャアのネオジオンは完全に分業制で、ヤクト・ドーガが敵機を露払いしギラ・ドーガ部隊が侵攻、サザビーは敵エース機の迎撃に特化。
 袖付きネオジオンは配備MS自体が寄せ集めなのであまり統一性がないのですが、ギラ・ズールはかつてのグレミー軍主力機バウに近い運用を想定しており、クシャトリヤやシナンジュはパイロット能力を最大限に生かした単独運用を前提としていた、というところですね。

 割と綺麗にまとめることができた気がします。やはりMSのカタログスペックは、数値の正確性という意味では疑問があるものですが、比較ツールとしては便利かなと思いますね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
つまりギラ・ドーガ ヤークト(駆逐)タイプでヤクト・ドーガって事かな
劇中ではジェガンとろくに戦って無かった気が^^;
2015/05/23 (土) 18:33:24 | URL | #tcdP/z..[ 編集 ]
あーそうか、ネーミング的にもピッタリではあるんですね。

劇中ではヤクト・ドーガは専らアムロ機と戦ってたイメージですね。
5thルナ戦ではむしろアムロのリ・ガズィがヤクト・ドーガの食い止め役に回っていたのだと思います。
アクシズ戦ではどちらかというとνガンダムの駆逐に回っていましたね。
2015/06/06 (土) 14:47:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.