がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「ザックジャパンの最大の敗因」
 Gレコ感想も書きたいけどこれだけはどうしても書きたかったんで先にアップロードしちゃいます。

 雑誌「Number」で、ザッケローニ監督の通訳だった矢野氏のワールドカップ当時の日記が連載されていました。これが非常に興味深い内容で、色々と事情が分かって面白かったんですが、その中で、個人的に一番感じた違和感というか、チームがうまくいかなかった要因が垣間見えたので、それをピックアップしてみたいと思います。


 まず最初に申しあげておきたいのは、これはザッケローニ監督への批判ではないということです。また日本代表チーム自体が悪いチームだったとも思っていません。個人的に、サッカー日本代表チームの試合をずっと見続けてきた中で、一番面白いというか、ストレスが少ないのがザッケローニ監督の4年間でした。ここまで攻撃が面白いように繋がるチームはなかったし、今までならバックパスしていた局面でも前にパスが出るようになった部分が多々ありました。得点力不足と感じることも少なかったですし、人選でも大きな疑問はなかったんです(どちらかというと、ベストメンバーを固定しすぎたのが問題だったのかもしれませんが)。
 ですから、日本代表が他国の強豪に「油断したら喰われる」と思わせることができたこと、本田や長友はじめ多くの選手が戦力としてヨーロッパで通用するようになったことなど、ザッケローニの功績は非常に大きいと思っていますし、これ以上の人選はなかったと思っています。

 ただ、ザッケローニ監督一人の力では、ブラジルワールドカップという局面は打開できなかったようだ、という話です。


 日記の中で非常によく伝わってくるのが、ザック監督がずっとポジティブなメッセージを選手たちに送り続けていることです。チームの雰囲気も良くしようと努力しているし、そのための協力を選手たちも惜しんでいない。相手の対策も練っていてちゃんと伝えているし、練習もしっかりしている。ただ、逆にネガティブなメッセージが「なさすぎる」ことが気になりました。
 日記を読む限り、選手たちは「本当にこのままでいいのか」という疑問を抱き始めていました。そのことをキャプテンである長谷部はしっかり監督に相談しているし、選手同士で話し合ってもいたようでした。しかし、監督の答えは常に「このまま今まで通りやれば大丈夫」というメッセージでした。

 ザック監督は選手に自信を与えるのが非常に上手い監督だと思います。強豪相手に撃ち合いさえ演じて見せられるようになったのはその点が大きいんじゃないかと思っています。それは今までの日本代表には間違いなく欠けていた要素で、それ故にチームが大きく成長できたんじゃないかと感じていました。
 しかし、ワールドカップに臨むにあたって、ザック監督の出した最終的な答えは「今まで通りやって最大限のパフォーマンスができれば勝てる」というものだったのです。確かに日本代表はアルゼンチンを始め、フランスやベルギーを倒し、オランダと引き分け、イタリアにも冷や水を浴びせて見せたのですが、例えばどんなに事前にたくさん勉強して模試でいい成績を取ったところで、一世一代の本命受験を平常心で受けられるかといえば、そんなことはないと思うんですよ。

 個人的に受けた印象としては、選手はきっと危機感が欲しかったんだと思うんです。「お前らこのままじゃダメだよ、まだあの時のパフォーマンスに達してないよ、こんなんじゃまた負けちゃうよ」という言葉が、この時は必要だったんじゃないかと感じます。ただ、そういう「叱り役」になってくれる人が、あのザックジャパンのメンバーの中には(スタッフ含め)誰もいなかったんだろうということです。それこそが、あの日本代表の最大の欠陥だったんじゃないかと感じました。
 結局、そういう危機感が植え付けられていないから、監督の言った通り今までの自分たちを信じるしかなく、その結果選手たちから出てきた言葉が「自分たちのサッカー」だったんだろうと思います。あれは自身や過信から出てきた言葉ではなくて、そこにしか縋るものを見出せなかったのだと。

 ポジティブなメッセージはネガティブになっている人間には必要ですが、逆にポジティブになっている人間には、ネガティブな言葉で「発破をかける」必要が生じる場合があります。ヨーロッパの選手であれば、そういう言葉に拗ねてしまい逆に実力を出せなくなることもあったのかもしれませんが、往々にして日本人は危機感をもって戦った方が上手くいくことが多いように思います。
 例えば南アフリカのワールドカップの時は、誰かが言わなくてももはや危機感しかないという状況でした。ここで惨敗でもしたら日本サッカーの人気は地に落ちる、という次元に達していたと思います。日韓ワールドカップの時は、地元であるが故に絶対に成功しなければならなかったわけです。しかし、ドイツとブラジルのワールドカップには、そういう「ぜったい負けられない」外的要因が存在しなかった、それが大きかったのかなと感じました。

 極端な話ですが、ワールドカップまではザッケローニが必要だったが、ワールドカップ中に必要だったのはトルシエのような監督だったのかもしれないということです。監督じゃなくても、コーチにでもいれば。あるいは、ベテランの選手でも。最年長だった大久保は、Jリーグで得点王になった「現役」の戦力であって、日韓の中山・秋田や、南アフリカの川口のように「すでに一線級とは言い難い」戦力ではなかったので、チームマネジメントに集中できる存在ではなかったのでしょう。
 これはサッカー協会のマネジメントが必要だったということでもあります。ただ、ここで言っていることも結果論であって、当時事前にそれをわかっていて動くことができたかというと、そうでもなかったのでしょう。ですから、今後はしっかりと対策を講じて欲しいとは思います。

 またもう一つ言えば、日記にある監督の言葉の節々に、すでに「満足」してしまっている様子が見受けられました。当時の監督は、すでに「役目を終えた」という心理状態にあったのではないかと。彼に課せられたタスクはおそらく「日本代表の攻撃力を引き上げたうえで」「ワールドカップ出場を果たす」ということで、ワールドカップでどういう結果を出すかは求められていなかったのだと思います。もちろん、勝ち上がるほどボーナスは出たでしょうが、すでに彼は日本代表が「世界を食うチーム」になった時点で満足してしまっていたんじゃないかと思うんです。
 もし満足していなければ、もっと細部を詰めて厳しくいっていたと思うんですよ。決して素人の監督ではない、百戦錬磨の監督なわけですから、引き出しもたくさん持っているわけで。でも日記から読み取れる(特に開幕前の)監督の言葉は、すでに仕事を終えて過去を振り返っているようでさえありました。
 それは監督自身の問題でもありますが、とりまく環境がそうさせてしまった部分もあるのかなと思います。おそらく今までの人生で一番多くの人たちに讃えられ、感謝された4年間だったでしょうから。いずれにせよ、避けられる問題だったかどうかというと、かなり難しかったのかもしれません。
 だからこそ、せめて監督のほかに誰かいなかったのかと、思うわけです。

 上手くいかなかった理由は、一つではないと思います。色々な事情が重なってはいますが、個人的に一番の問題はそこだったと結論付けることができました。
 アギーレ監督はもう少し厳しいタイプの監督だと思うんですが、いずれにせよ1人の個性では限界があると思うので、是非次の機会では飴と鞭の両方をメンバーに入れてもらえればと思う次第です。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.