がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
続・ガルバルディβは何故ルナツー製なのか
 Gレコ感想ばかりだと他の記事を書けないので頑張って2回更新。以前まったく同じテーマで記事を書いていたので、その詳細版という形になります。

 RMS-117ガルバルディβは、ジオン軍が開発したガルバルディαを連邦軍が改良した機体です。以前の考察で、ガルバルディαはゲルググの生産ラインを流用できる設定だったから、ガルバルディβも連邦軍が接収したゲルググ系の生産ラインが使われているんじゃないかという話をしましたが、そうであるならば、何故ガルバルディβは連邦宇宙軍本部である純連邦拠点のルナツーで開発されたのでしょうか。むしろ旧ジオン拠点で作られるべき機体だったんじゃないのか、という話です。
 以前の考察では「もっともGMに近い機体だから」ということでまとめましたが、だからといってルナツーでなければならない理由はないはずです。ルナツーには、ジオン系の工廠は全くないはずですから、旧ジオンの設計流用ならジオン系の工廠がある場所で作った方がいいはずです。

 ちなみに、17のナンバーを使いたいから117になっただけというのはなしで(笑)だとしても、11をルナツーのナンバーにしなければよかっただけの話ですから。
 
 以前の別の考察で、ティターンズは連邦軍のMS拠点をゼダンの門に集約していて、その結果ハイザックとガルバルディもルナツー登録になったんじゃないかという話もしたのですが、ガルバルディがルナツー登録なのは開発当初からであり、それはグリプスが作られるよりも前の話であるとされています。だとすれば、ガルバルディはティターンズの方針とは全く関係なくルナツーで開発されていたことになります。

 上に上げた2つの考察の中でも述べていますが、この拠点番号は開発拠点を示すものであり、生産拠点ではありません。だから、ガルバルディがゲルググ系ラインで生産されていたとしても問題はないのですが、だとすればガルバルディβはあえてルナツーで開発されたことになります。ハイザックやマラサイはアナハイム製であるが故にグラナダ登録であるわけですが、裏を返すとガルバルディはアナハイム製ではなく純連邦製ということになります。
 ということは、当時の連邦軍は、自前でガルバルディの新型機を開発したということになります。もしジオンの機体をそのまま流用していたのであれば、旧ジオンの番号がそのまま使われるはずであり、それこそMS-17Bの型番で登録されていたはずです。何故、連邦軍はガルバルディをルナツーで改設計する必要があったのでしょうか。

 ここで比較する必要があるのが、ハイザックの扱いです。当ブログの考察では、ハイザックは接収した旧ジオン系MSで構成された部隊への補充機として開発された新設計機で、ジオニックを吸収したアナハイムだからこそ開発できたザク互換の新型連邦MSであると考えています。そしてジオン機をあてがわれていたのは、その多くは一年戦争後に設立・再編成された部隊であり、戦後に徴用された新兵はジオン機を中心に訓練を行ったのだと思います。0083でもザクを使っていたのはコウとキースでしたし、Zでティターンズがハイザックやマラサイを多く使っていたのは、作中のティターンズが設立間もない部隊でありGM系の新型機が少なく、また構成員の大半が新兵であるためザク系の方が慣れていたことが大きな要因であったと考えると、一応の筋が通ります。
 となると、「新兵を中心とした」「ジオン系MSの配備部隊」向けの新型機がハイザックであるということになるわけですから、そうでない部隊、つまり「ベテランを中心とした」「連邦系MSの配備部隊」にはハイザックはあてがわれていないことになります。そういう部隊に与えられたのがガルバルディβだったとすれば、ルナツーのライラ隊にガルバルディβが配備されていることが綺麗に説明できます。

 では何故「GMの新型」ではなく「ガルバルディの改良型」が開発されたのでしょうか。GMIIではだめだったのでしょうか。GMIIは作中においても「旧式機」の扱いであり、ガルバルディ以下の扱いでした。そしてそれ以降の新型GMの開発はGMIIIまでおあずけとなっていますし、そのGMIIIも支援機中心の運用で、上位機の扱いではありません。
 おそらくは、「GMの上位後継機」の開発は中止されていたのだと思います。何故ならば、直近の上位GMであろうRGM-79N GMカスタムは、デラーズ紛争後にRGM-79Qとしてティターンズ向けに配備されたからです。GMの上位機はティターンズに奪われてしまったのです。しかし連邦正規軍もGMの上位にあたる機体が欲しい、けど別ラインで新型機を作るだけの予算がない、ということで白羽の矢を立てられたのが、すでに設計済みのジオン製のガルバルディだったのではないでしょうか。

 実際、過去にバンダイが設定した年表では0083年にRGM-79RとRMS-117が開発されたことになっています。これはおそらく、GM系中心の正規軍においては、GMIIとガルバルディβのハイ・ローミックスを想定していたのではないでしょうか。あくまでも新型GMの代替機としてのガルバルディ、ということであれば、ルナツーで開発する必要があったことも理解できます。案外、MS-17BとRMS-117の違いは、「中身にGM系と共用のパーツが用いられているかどうか」の違いだったりするのかもしれません。

 このように考えれば、そのガルバルディの後継機がその後登場しなくなった理由もわかります。GMの上位機はその後アナハイムが開発しているからです。GMIIIを一般機としてネロ、あるいはジェガンといった機体がまず特別編成の部隊に優先配備されていったことがそれを裏付けています。その後はジェガンをベースにした上位機に主力が移行しています。
 ガルバルディβはGMカスタムの後継機、という解釈であれば、ティターンズに配備された後もGMクゥエルの後継機扱いされていたのだと想像がつきます。GMクゥエルは何故Zガンダム作中に登場しないのか、その設定的な辻褄合わせもこれで可能になるわけです。

 まぁ何が言いたいかというと、GMカスタムカラーのガルバルディβを作りたいからビルドファイターズ名義でガルバルディをキット化しろ!Gレコには出たぞ!という話です(違)
スポンサーサイト
コメント
コメント
劇場版Zガンダム
劇場版Zガンダムにジムカスタムファミリーが出ているが
2015/08/25 (火) 22:00:57 | URL | ななし #68h4/fuY[ 編集 ]
No title
あれは残っていた機体を引っ張り出したか、
配備されていた正規軍がたまたまエゥーゴに参加していたかかなーと思います。
トリントン基地配備機のような型遅れの二級品かなと。
2015/09/11 (金) 22:43:56 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.