がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
RX-90μガンダムについて真面目に考えてみる
 ガンダム・センチネル内で文字設定のみが記載され、RX-90の形式番号と「サイコ・フレーム試験機」という解説しかないμガンダムですが、当時の連邦軍の情勢などを鑑みた上で、このガンダムが一体どのようなMSであったのか、真面目に考えてみようと思います。

 μガンダムの設定のうち、まずはRX-90という形式番号について掘り下げてみようと思います。この番号は、素直に読み取れば、「0090年に承認された試作機」ということになります。それは、RGM-89ジェガンの翌年に承認された試作機であることを意味します。
 つまりRX-90のナンバーを持つ機体は、RGM-89ジェガンが承認されて以降に企画された、ガンダムタイプの試作機ということになるわけです。このことから、次期主力機であろうジェガンの、次の世代の試作機を意図していたと推測できます。
 実際のところ、ジェガンの次の主力機は、RGM-109ヘビーガンまで存在していません。RX-90が世に出ていない上、その延長にありそうなジェガンの後継機種もないことから、このRX-90の量産を前提とした開発計画は中止になったのだと思われます。なぜ中止になったかといえば、それは連邦政府の軍縮方針によるものでしょう。元々ジェガンの配備すら危うい状況だったということですから、その次の試作機の開発など認められなくてもやむを得ないかと思います。
 ですので、RX-90μガンダムは、「ジェガン以降に計画された次世代試作機であったが、軍縮の方針を受けて開発計画は中断された」という機体であったと考えるのが妥当なところでしょう。

 とはいえ、μガンダムはアナハイム製のガンダムです。ジェガンがそうであったように連邦軍は以降のMS開発計画をアナハイムと共に進めていたと思われます。そしてそのアナハイムは、エゥーゴ用に開発した試作実験機を幾度も流用・改修して運用していました。そのことから、計画が中断されたとしても、生み出された実機は何らかのために流用されたものと思われます。そしてその役目が、「サイコ・フレーム試験機」だったのではないでしょうか。

 ここまでは理詰めでかなり整理することができます。では、実際に開発されたμガンダムは、どのような機体だったのでしょうか。それは、ジェガン以降に開発された連邦系MSから、おぼろげに推測することができます。

(1)ジェガンの発展機
 μガンダムのコンセプトは、その後のジェガンのバリエーションに反映された可能性があります。ジェガンのバリエーションといえば、「ジェガン重装型」「スターク・ジェガン」「ジェスタ」あたりでしょうか。どれも無骨なシルエットの機体で追加装備のあるタイプです。

(2)デルタガンダム系
 ガンダムUCにおいて、0091年頃にデルタプラスが開発されていたことが設定されました。発展機としてデルタカイというMSもありますが、何故この時期に急にデルタ(百式)系が復活したのかは謎のままです。案外、μガンダムが百式の延長のMSとして設計されていたのかもしれません。兄弟機のエプシィガンダムは、ちょうど0090年以降の完成を目指していたわけですし。
 そういえば、「ジェガン改」という機体は百式のコンセプトをジェガンに取り入れた機体です。これらも含めて、この時期に百式系の再評価が行われていたことは間違いなさそうです。

(3)リ・ガズィ系
 同じく0091年の開発コードを持つのが、リファインガンダムゼータことリ・ガズィです。こちらは簡易可変MSとして設計されたMSで、あくまでもZガンダム→Zプラスのコンセプトを引き継ぐデルタプラスとは異なり、宇宙用に特化した高速一撃離脱を可能とした機体です。
 基礎設計はZ系フレームをベースにしているため、デルタプラスとは系譜が異なるMSです。μガンダムがZ系フレームの非可変試作機であったとすれば、リ・ガズィと系譜を絡めることは可能です。

 以上3パターンの系譜を模索しましたが、デルタプラスは百式系、リ・ガズィはゼータ系であることを考えると、それらと異なるギリシャ文字を持つμガンダムは別系譜と考えた方がよさそうであり、どちらかというとジェガン以降の試作機のベースに「再評価されたデルタ系」「信頼のゼータ系」「新設計のミュー系」という3つの案があったと考えたほうが妥当なのかもしれません。


 ところで、μガンダムはいつサイコ・フレームの実験に使われたのでしょうか。「逆シャア」の描写を見る限り、サイコ・フレームが連邦側のスタッフに持ち込まれたのはνガンダムの開発途中です。それも急遽組み込んだように描かれているため、μガンダムで実験していた時間はなかったように思えます。小説版では、すでにMS2,3機分の実験は行ったとされていますが、この時点ですでにサザビーとヤクト・ドーガが完成しているわけですから、実験はそれらのMSで行われたということになります。もちろん、連邦側の試作機でも秘密裏に行われていた可能性もありますが、シャアが動かなければ連邦側にはサイコ・フレームが渡らなかったと思われるため、あまり現実的ではないように思えます。
 だとすると、μガンダムがサイコ・フレーム試験機として使われたのは、νガンダムの完成後であると考えることができます。そして、「νガンダムの完成後」に「サイコ・フレームの試験」に運用されたMSはすでに設定されているのです。それが、シナンジュ・スタインです。

 シナンジュ・スタインは、袖付きに渡る前からMSN-06Sという形式番号が与えられていますが、ジオン系コードをネオ・ジオンが使用する前から与えられているというのは不可解です。百式のMSNナンバーの系譜だということにもできますが、ナガノ博士が関わっているわけでもないでしょうし、そもそも連邦軍のUC計画の一環で開発されたわけですから、ベース機たるスタインには連邦側のコードがあって然るべしです。また、シナンジュ・スタインという名称自体、フロンタルが使用したシナンジュから逆算したネーミングになっていますが、そもそも開発されたのはスタインが先だったわけですから、元々のオリジナルの名称があるべきではないかと思うのです。
 そこで、シナンジュ・スタインの真のコードは実は「RX-90 μガンダム」だったんじゃないかという推測が成り立つわけです。機体そのものはνガンダム以降のデザインになっていますが、そもそもνガンダム完成後に投入されているわけですから、改修されていて当然であると考えます。

 更に言うと、同じUC計画で開発されたジェスタは、ユニコーンガンダムの随伴機として開発された機体です。そのためユニコーンガンダムについていけるだけの機動性が求められ、一説にはνガンダムの9割の性能を持っているとさえ言われています。シナンジュはユニコーンガンダムに匹敵する機動性を持っているわけですから、シナンジュ(スタイン)の廉価版がジェスタと言っても性能的には説明がつきます。シナンジュ・スタインに改修される前のμガンダムは、ジェスタに似た外見だったのかもしれません。


 もう一つ、μガンダムはνガンダムに流用されたとする可能性もあります。デルタガンダムが百式に、プロトZがZガンダムにと、開発中の実験機を流用して別のガンダムにしてしまうというのはアナハイムのお家芸です。そうすることで開発コストと開発期間を縮めることができるわけですが、νガンダムも急ピッチで開発された機体ですから、既存の実機を流用した方が早いという発想が出てきてもおかしくはなく、νガンダムに流用できそうなのは設定上μガンダムくらいしかないと言えます。詳細なデータが残っていないのは、すぐにνガンダムに改修されてしまったからだと考えることもできますし。
 そうなるとサイコ・フレームの実験もνガンダム以前に行われたことになりますが、このあたりはμガンダムが複数あって実験とνガンダムの開発が同時進行していたということであれば問題ありません。アナハイムはだいたい試作ガンダムを複数生産していますからね。残ったμガンダムはHi-νとかシナンジュスタインに流用されたとか色々妄想もできます。

 μガンダムが複数機あったとすれば、μガンダム=シナンジュ説とμガンダム=νガンダム説は両立できることになります。そんなに開発資源が活発にあった時代ではないので、フレームやアビオニクスのレベルの流用は割とあったのかなと思うのです。特に、これらのMSは全てサイコ・フレーム搭載機ですからね。ある程度の共通規格であることは間違いありません。
 

 いやぁ、空白のガンダムは妄想の最高の材料ですねとしか言いようがないですが(笑)、μガンダム=νガンダム=シナンジュ説、いかがでしょうか。

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
個人的にはUC-MSVにてフィンファンネル開発用としてシルヴァ・バレト ファンネル試験型が設定されたので、μガンダムがフィンファンネルに対応する新型サイコミュを開発しており、そのμガンダムを素体にサイコフレームを搭載した状態をνガンダムとしてロールアウト。後に完成したフィンファンネルを外付けしたと妄想しています。
2014/03/31 (月) 22:36:05 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
ロンド・ベルからの最初のオーダーが「サイコミュ実装ガンダム」でμガンダムを流用しようとしたところアムロからのあれやこれやの注文で設計レベルで変更が加わって、さらにサイコフレームの提供も加わり元のμガンダムから別物になっちゃったので新しい「νガンダム」のコードで登録、しかしそのニューガンダムが未帰還となっちゃって大損こいたわけですが、また新たにサイコフレームを試験するためにμガンダムを引っ張り出した、言うならバージョン2というところでしょうかね。これがシナンジュの原型になったと。
2014/04/04 (金) 09:27:17 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
>匿名希望さん
シルヴァ・バレトは事実上量産型νガンダムの実験機だったみたいですね。
一般人用サイコミュの唯一の成功例ですから、まぁ当然といえば当然なのかもしれません。

>ドクトルKさん
Hi-νが「小説版のIF機体」で公式化したことから、公式設定上のMSVとしてのHi-νの立ち位置の延長にあるのがシナンジュなのかなぁ、とか思ったりします。
2014/05/04 (日) 13:29:18 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
(1)ジェガンの発展機の説でいえば他の反映先にFD-03グスタフ・カールもありますね。このグスタフ・カールは軽装型と重装型があるのが特徴です。
このスタークジェガン→ジェスタ→グスタフカールの系譜を見ると、より重装甲の重MS化を目指しつつ、かつ任務によって追加装甲や追加装備を付け場合によってはパージしたりもできる汎用重MS?を目的にしている可能性があります。 そしてその場合、逆算的に考えるとμガンダムは装甲能力を強化した重MS的なガンダムであり、そして追加装甲の換装が可能な機体だったとも推測できます。 
 またその場合、もしμガンダムが追加装甲試験機であるとするのなら、サイコフレームの試験やシナンジュスタインとして偽装する等の外装の改装をするのには好都合な設計の機体です。そして、憶測ですが、この後に出てくる重MSであるオデュッセウスガンダムがペーネロペーユニットを装備することでガンダムペーネロペーとなるようにμガンダム+サイコフレーム=νガンダムまたは、μガンダム+ジオン風偽装=シナンジュスタインであるのかもしれません。
 ただ追加装甲の換装で自身の戦闘力を変更する機体ってなんかF90のような気もしますが…
2014/05/15 (木) 02:32:51 | URL | 化石 #mQop/nM.[ 編集 ]
グスタフ・カールはUCでジェスタとは別のラインだと設定されましたね。
グスタフ・カールの軽装重装の区別はまだはっきりしていないのでなんとも言えないのですが、そもそもジェガンバリエーション自体が追加装備が豊富なので、μガンダムも同様であったと考えることは難しくないですね。
そもそもνガンダムが可変機構を持たない、ガンダムで言えばMk-IIに最も近い構造のムーバブルフレーム採用型MSですから、
フレームを素体として装甲を換装することは元から容易であるだろうなとは思います。
Mk-II系のアップデート版がμ/νガンダムであったとも言えるかもしれませんね。
2014/05/23 (金) 23:31:48 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
νの試作機00531、YRX-90もありますが、
シナンジュスタインと絡める説はめさめさ興味深かったです。
2014/06/03 (火) 23:38:23 | URL | カセクシス #sHxuQVRw[ 編集 ]
RX-90μガンダムは、サザビーであるとするのが従来の見解だったと記憶しています。
νガンダム以前のアナハイムのサイコフレーム試験機ですから。
シナンジュ・スタインはνガンダムの量産試作機だと思われます。
2014/06/08 (日) 09:21:06 | URL | マコトツカサ #neHW.C8Q[ 編集 ]
>カセクシスさん
近藤プロトνシリーズはRX-92もあるんで、そっちに集約させてもいいのかなと思ったりしています。
YRX-90はYRXだからスタインよりもさらに前段階、ということで。

>マコトツカサさん
シナンジュが元々ガンダム系だったならサザビーもガンダム系かもしれない、だとすればそれはμガンダムだろうということは自分も考えましたが、それが「従来の見解」と言われるほどのものであったのは初耳です。あまり詳しくないのですが同人業界でしょうか?
サザビーはディアスと同じコクピット配置なのでγガンダムのようにμガンダムのコードを持っていてもいいかなとは思うのですが、RX-90という型番があるところに現実性を見出せませんでした。こじつけ方はいくらでもありますが…。
2014/06/21 (土) 12:16:12 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.