がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Z終盤から直接ZZ終盤に繋げる展開を妄想してみる
 Zガンダムはメールシュトローム作戦発動前後で話が急に飛んでおり、背景設定の説明も急に雑になっています。この辺りで作品の制作方針に変化が生じたのかもしれませんが、ここを切れ目として、そのままZZ終盤の展開に繋げることで、ZZに繋がらないけど逆シャアにはつながる、真・新訳Zができるんじゃないかと思い始めました。
 具体的には、エゥーゴがサイド3の譲渡をアクシズに認めることにより、そのままアクシズがサイド3に侵攻する、という展開です。

 本来であれば、ハマーンはティターンズとエゥーゴの共倒れの後に行動を開始し、まず連邦政府に承認を迫るという展開になるのですが、結局政府を抑えるのは後回しで問題ないと判断し、まずサイド3を制圧した後で各コロニーを味方につけようとしています。結果的にダカールへの侵攻やコロニー落としは回り道であったことになるため、これを省略していきなりサイド3の制圧に回るという展開に変更しようという意図です。

 第45話「天から来るもの」を始点として、その次の話からの展開を分岐させます。この時点では、アクシズがゼダンの門を破壊し、ティターンズ艦隊が大打撃を食らっています。コロニーレーザーはアクシズが抑えており、ジャミトフやバスクはまだ健在です。
 ハマーンはメラニーとの盟約があるため、エゥーゴや月周辺の連邦軍は、サイド3に向かうハマーンを止められません。サイド3のジオン共和国軍は、実質的な同盟関係にあるティターンズに救援を求めるでしょう。
 問題はコロニーレーザーの扱いです。アクシズはサイド3の領土を欲しているわけですから、コロニーレーザーをサイド3に向けるわけにはいきません。どちらかというと、ティターンズ艦隊を攻撃するためのものと考えるのが妥当でしょう。ティターンズとしては、サイド3に向かいたいが、背中からコロニーレーザーを撃たれる危険性があるということで、部隊を分ける必要があるでしょう。普通に考えると、シロッコのジュピトリスがその役割を担うことになりそうですが、シロッコがコロニーレーザーを手にするとそのままバスクたちを撃ちかねないので、あえてバスクたちがコロニーレーザーの守りに入ると考えましょう。
 アクシズは正史ではハマーンが釣り出されて簡単にコロニーレーザーをエゥーゴに制圧されたので、守りは不十分ということでエゥーゴに防衛の依頼があるはずです。エゥーゴもレーザーでアクシズ艦隊を撃つ可能性は十分ありますから、人質としてシャアがミネバと一緒にいるという名目でアクシズ側に連れていかれるという展開が想定できます。残りのメンバーでコロニーレーザー防衛に回るわけです。

 というわけで、まずはグリプス2宙域でエゥーゴVSバスクのニュータイプ部隊の戦闘が入ります。ただドゴス・ギアの部隊構成がよくわからないんですよね…。とりあえずゲーツとロザミアは確定なのですが、ここにヤザン隊も配備されています。ただヤザン隊はシャアとカミーユがダカールから帰ってきた時はアレキサンドリアに配備されているし、ロザミィ編の時はレコアが配備されていたのにゼダンの門での戦闘の時はジュピトリスに戻っているし、異動の変遷がよくわかりません。とりあえずレコアはドゴス・ギアからジュピトリスに戻り、ヤザン隊はアレキサンドリアからドゴス・ギアに戻ったことになるので、そのままの配置とします。
 そうなると、グリプスでの戦闘はゲーツ・ロザミア・ヤザン隊VSシャア以外のエゥーゴ、ということになります。ここでヤザンはおそらくバスクを殺すことをシロッコから命じられていると思うので、コロニーレーザーを無力化しつつバスクを殺すというタスクをこなそうとします。しかしロザミアのサイコガンダムMk-IIが暴走してプランが狂い、とりあえずバスクだけ殺して撤退、というのがありがちな展開でしょうか。
 一方のティターンズ本隊は、ジオン共和国と合流するわけですが、その橋渡し役をシロッコが引き受け、共和国軍を一気にジュピトリス側に引き入れるという立ち回りが想定できます。正史のシロッコは、正直なところティターンズを乗っ取ったところでろくな戦力が残っておらず、その後どうするつもりなのかいまいちわからなかったのですが、共和国軍を乗っ取ればそれなりに戦力になりそうです。ドゴス・ギアがいない以上、共和国軍に合流したティターンズで目立ったキャラはジェリドとシロッコ一味くらいなので、シロッコは簡単に掌握できるでしょう。

 アクシズ側にいるシャアは、兼ねてよりシャアの味方であったアクシズの兵士たちと合流し、ハマーンへの反乱を企てる展開でよいでしょう(ZZの没展開)。しかし正史のようにアクシズと交渉するためにやって来たジャミトフがシロッコに暗殺され(当然ハマーンがやったことにする)、ジオン共和国とアクシズの全面戦争が決定してしまい、アクシズがやられてしまうと元も子もないので、シャアはやむなく出撃することに。
 エゥーゴが合流することで形勢はアクシズが有利となりますが、そもそもシロッコは戦争に勝つ気はなく、あえてジオン共和国を戦闘に巻き込んでアクシズ・エゥーゴともに消耗させた上で、自分が調停者となって終戦協定でハマーンを暗殺し、ジオン共和国もアクシズも手中に収めるつもりだったということにします。ラスボスなのでもっと悪役らしく(笑)
 その意図をサラとの交流で知ったカミーユはシロッコを倒すことを決意(サラはカツと会話中にヤザンに攻撃されてカツを庇って死亡とかそんな感じで)、ジェリドを蹴散らし、レコアはエマが引き受け、シロッコだけを狙います。一方共和国軍をある程度壊滅させたシャアは、銃口をアクシズ側に向けてハマーンと敵対。シャアの身内に周囲を固められたハマーンでしたが、奥の手のコロニーレーザーを現宙域に向けて放射、シャアや自軍もろとも光と共に消えるとか、そんな展開でどうでしょうか。

 ドラマ的には、カミーユがおかしくなるより先にロザミアが出てくるので、単純に戦争の被害者である強化人間のような悲劇をもう繰り返させないとかそんな感じの決意で最終決戦に向かっていく感じなのかなと思います。正史ではハマーンを仕留めそこなったことでおかしくなったカミーユですが、こちらは最後の最後でシロッコを仕留めるという決意を自分でする、という流れにすることで健全かつ最後が盛り上がるような展開になるかなと。カミーユは崩壊しなくてもいいんじゃないかと思います。真・新訳なので。
 登場メカ的には特に目新しいものは要らないんですが、ジオン共和国側が何を配備しているかとか、アクシズ側もガザCだけじゃないよねとか、ハマーンがシャア用に開発した新型MSがありそうとか、それくらいが新しい解釈を入れられるポイントですかね。ジオン共和国はハイザックとマラサイでいいと思いますし、アクシズ側はせいぜいガザD、ドライセンあたりですかね。シャアの新型機は永野氏にデザインしてもらいましょう(笑)
 ジオン共和国・ティターンズVSアクシズ・エゥーゴという展開にしたのは、最後くらいファーストガンダムのア・バオア・クーくらいの大会戦にしたかったというだけです。正史で死ぬ味方キャラを殺すかどうかは微妙なところですね。この展開だとどこでラーディッシュを沈めるかとか、ヤザンをどうやって倒すかとか、その辺が難しいので。
 イメージ的には、ZZ終盤戦におけるマシュマーとキャラの役割がカミーユとシャア(死なないけど)、ラカンの役割がヤザンかジェリド、プルツーの役割はサラかレコア、グレミーがシロッコということになります。うーんキャラが弱いな。特にプルツー役が微妙です。やっぱり新しいちゃんとした敵ヒロインが必要ですね。

 とりあえず一通り妄想してみました。またなんか思いついたら広げてみます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
劇場版ZガンダムのラストからZZの冒頭に繋げる展開とかは出来ますでしょうか?(さすがに無理ですかね?)
2014/01/02 (木) 00:41:51 | URL | #-[ 編集 ]
それをやろうとするとせっかく無事だったカミーユを壊さなきゃいけませんからね~。
その辺の描写を全カットするならできるでしょうけど。

全く別ストーリーの新訳ZZなら過去にやったことあるんで、IFネタカテゴリを見てみてください。
2014/01/02 (木) 21:26:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
> 2014/01/02(木) 00:41様
> ルロイ様

完全につなげるってわけにはいきませんが、
ヤザンの襲撃とかでカミーユが負傷し、
それに怒ったジュドーがヤザンを退け、
ジュドーがカミーユと接触して・・・・
という流れなら妄想はしました。
2014/01/06 (月) 21:23:07 | URL | #hveLGKks[ 編集 ]
なるほど、ヤザンが卑劣な手を使ってカミーユを追い詰めるくらいはあり得るかもしれませんね。
精神的にもダメージを与えなければならないので、いっそのことハマーンと再戦した結果サイコミュが暴走したとかもありかもしれません。
2014/01/10 (金) 21:58:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.