がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
白兵戦用MSとしてのガンダムとその仮想敵
 RX-78ガンダムは「白兵戦用」のMSであり、要するに対MS駆逐機であるということをこれまでの考察でも述べてきました。対MS用に特化しているのであれば、設計段階から想定されているスペックは仮想敵に対抗できる水準を目標としているはずであり、それはどのような敵MSであったか、というのをGM系やその後のガンダムタイプを含めて考察してみたいと思います。

 なお、エゥーゴ用に開発されたアナハイムガンダムは除外します。これらは名称こそガンダムですが、運用目的はどちらかというと攻撃機的であり、対MS戦を主目的とした機体が皆無だからです。


○RX-78 ガンダム
 ファーストガンダムは白兵戦用MSであり、ザクを研究して作られた機体ではありますが、そのスペックはザクをはるかに上回っています。これはフルスペック検証機であるという側面もあるからで、特定の仮想敵を目指して作られたというよりは、可能な限り最高の性能で一回作ってみようという発想で作られたのだと思います。
 これはNT-1アレックスについても同様かなと思います。あれはアムロの操縦能力がガンダムを凌駕してしまったために開発されたアップデート版ですからね。

○RGM-79 GM
 ガンダムの簡易量産機であるGMは、フルスペックのガンダムを現実的なレベルに引き下げたタイプです。これこそ、ガンダムを対ザクレベルに対抗できれば十分という性能に落とし込んだタイプと言えるのではないでしょうか。
 また、ソースがコミックオリジナル(ブルーディスティニー)ではありますが、RGM-79Dは対ドムを想定した推力と反応速度の強化モデルであると言われています。GMコマンド系自体が、対ザクから対ドム系レベルにスペックを引き上げたタイプであると考えることも可能です。過去に算出した推力重量比で見ると、素ジムはMS-06Fの推力重量比の約1.5倍、D型GMもリックドムの推力重量比の約1.5倍となっているのが興味深いところです。そこだけが比較対象ではないと思いますが、一つの指針となっているのかもしれません。推力重量比という意味では、GM改は素GMとD型の中間くらいのスペックとなっており、単純に素GMの強化版でチューン次第でD型クラスに対応できるくらいのタイプと言えそうです。センチネル版GMなんかは、コマンドのバックパックを装備しているので対ドム特化型ジム改だったりするのかもしれません。
 対ゲルググタイプはゲルググの配備確認が遅かったのでどれほど対処されているか不明ですが、ライトアーマーやスナイパーカスタムはゲルググに対抗できる用ビーム兵器の強化を狙ったタイプと理解して差し支えないかなと思います。戦後モデルで言えば、GMカスタムがまさに対ゲルググ想定のMSなのかなと思います。推力重量比の比較ではMS-14Aの約1.4倍です。

○GPシリーズ
 アナハイムのGPシリーズは、RX-78同様のフルスペック検証機なので、おそらく特定の相手の想定はいなかったのではないかと思います。白兵戦用と言えるのはGP01とGP03S、それにGP04Gあたりでしょうか。GP04は強襲用なのでどちらかというと攻撃機なんですが、資料によっては「対MS戦最強を目指した機体」なんて言われるので、一応。
 GP01・03と04は開発スタッフが違いますので、もしかしたらGP04自体がGP01を目標にして開発したMSだったりしたのかもしれませんね。

○RX-178 ガンダムMk-II
 ガンダムの直系後継機であるMk-IIですが、実際のところ白兵戦用であるのかは微妙なところです。コロニー内での戦闘を主目的に開発されている時点で他のMSとはちょっと運用目的が違いますし、エゥーゴではリック・ディアスと同タイミングで出撃するなど攻撃機的運用も行われていました。配備された部隊の性格にもよるのかなとは思いますが、ティターンズの開発目的から考えても対抗機種はいなかったような気がします。当時ジオン残党がどのようなMSを開発しているかという情報もあまりなかったでしょうし、実際にMk-IIに相対するようなMSもありませんでしたし。
 あえて言うのであれば、アナハイムが開発している未知のMSを警戒していた可能性はあるかもしれません。リック・ディアスの情報があったかどうかは微妙ですが、事前にRX-107がもたらされている時点で、マラサイ級のMSを開発する技術力があることはわかっていたでしょうし。

○RGM-86R GMIII
 GMIIは単なるアップデート機ですが、GMIIIは新型機なので想定スペックがあるのかなと思います。おそらくはマラサイやバーザムが視野にあるのではないかと思うのですが、支援機としての役割も持っているため、純粋に白兵戦を想定しているMSではないのかもしれません。全備重量はミサイルポッド等のフル装備を想定しているため、それらを取り外せば本来のGMとしての白兵戦を行えるのだとは思いますが。

○RGM-89 ジェガン
 ジェガンはネモとGMのハイブリッド機であり、ネモには攻撃機的性格があるため、純粋な白兵戦用ではないのかなと思います。どちらかというと、ザク寄りの汎用機ですね。推力重量比もネモと同程度です。
 ジェガンは特定のMSに対抗するためのMSではなく、全域配備を想定した主力汎用機として設計されたのではないかと思います。

○RX-93 νガンダム
 アムロが設計したνガンダムは、明らかに対サザビー用のMSであると言えます。サザビーを見てから作られたものですし、基本的にベーシックなガンダムタイプの設計を継承していることからも、白兵戦重視だと言えます。フィン・ファンネルは防御にも使えることから、サザビーのファンネルやビーム兵器へのカウンターとしても想定されていたんでしょうね。
 ちなみにRX-94量産型νガンダムは、ヤクト・ドーガやサザビーが量産された際の対抗機種として開発されたMSですね。実際にはそのクラスが量産されることはなかったため、ガンダムUCには登場しなかったのかもしれません。

○RX-0 ユニコーンガンダム
 ユニコーンガンダムは設定からして対ニュータイプ用MSの駆逐機です。NT-Dによりファンネルでも捕捉できないスピードで挙動し、サイコミュジャックによるファンネル乗っ取りも可能な、まさに対サイコミュ搭載機ですね。おそらくはνガンダムのコンセプトをさらに発展させ、αアジールやクィン・マンサクラスのMSであっても対抗できるレベルを想定していたのではないかと思います。サイコガンダムも含め、巨大サイコミュ搭載機はほとんど不意打ちや事故でしか撃破したことがありませんからね…。


 このように考えると、以下のようにまとめることができます。

・対ザク→GM
・対ドム→GMコマンド
・対ゲルググ→GMカスタム
・対マラサイ・バーザム→GMIII
・対サザビー→νガンダム
・対ヤクト・ドーガ→量産型νガンダム
・対サイコミュ搭載ワンオフ機→ユニコーンガンダム

 傾向としては、当初はジオン系MSへの駆逐機としてGM系があったものの、戦闘頻度の減少や常時配備機のコスト削減等の状況変化から、主力量産機が戦闘攻撃機化していき、逆にガンダムタイプが敵主力機の駆逐機としての役割に特化していったという、非常にわかりやすい経過を辿っていると言えそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ジオン陣営はギャンなどもっと白兵戦特化で格闘戦を中心とした系統がギャン改やガルバルディのαとβ、Rジャジャ、カズエルとカズアルやギャン改までありますからね。
ゲルググの時点で対ガンダムや対GMを想定でしょうからね。
支援機や攻撃機は白兵戦用の格闘機を砲撃で支援攻撃し対艦や対拠点に特化した機動性を犠牲にしてでも重装甲にしていますけど
白兵戦用の機体は装甲を犠牲にしてでも格闘戦のため機動性を高めたタイプが多いですね。
2013/08/13 (火) 15:16:00 | URL | #-[ 編集 ]
白兵戦用を重装甲にすると運動性が落ちて接近戦できませんからね。
相手よりも少しでも早く動いて死角から攻撃、というのが白兵戦用のセオリーなのかなと思います。
2013/08/16 (金) 21:38:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.