がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
Gアーマーと可変モビルアーマー
 通称Gパーツと呼ばれる支援ユニットは、RX-78ガンダムの行動半径の拡大を企図して開発されたものであると言われています。あるときはGアーマーとして内部に格納し、あるときはGファイター・Gスカイイージーとして上部に乗せることで、ガンダムの空輸を可能としています。

 一方で、可変MAとして開発されたアッシマーやギャプランは、変形することで重力下においてその行動半径を拡大させることができます。
 このことを踏まえて考えると、Gアーマーと可変モビルアーマーは、目指すところが同じだったのではないかと思い当たりました。この両者の関係を考えてみます。

 まず、Gパーツによりガンダムの行動半径の拡大が検討されたのでしょうか。普通に考えれば、それはグフ飛行試験型が開発された理由と同じなのではないか、と推測できます。つまり、MSの地上における行動半径の問題の解決です。
 一年戦争当時のMSにおいて、重力下を長距離飛行できる機体は存在せず、また陸上の移動速度こそ戦車以上でしたが、二足歩行は脚部への負担が大きく、長時間の歩行は無理であったと推測されます。
 そのため、ジオン軍では様々な方法でMSの空輸が検討されました。一つはガウ、あるいはファットアンクルといった手段での輸送。もう一つは、MSそのものに飛行能力を付与すること。そして最後に、ド・ダイYSをサブ・フライト・システムとして用いることでした。
 連邦軍においても、MSの空輸は一つの至上命題だったのではないかと思います。だからこそ母艦たるペガサス級にはミノフスキークラフトが搭載されていたのでしょうし、さらにガンペリーという輸送機も持っていました。量産機においても、ライトライナーとコルベットブースターという二種類の飛行ユニットが検討され、最終的にはベース・ジャバーが採用されました。Gパーツもまた、このようなMSの空輸手段の検討案の中の一つだったのではないかと思われます。

 単なるガンダムの空輸手段として考えた場合、ガンペリーとGアーマーには大きな差はありません。むしろガンペリーの方が楽に分離できると言えます。しかし、戦闘力という観点で見た場合、ガンペリーにはほとんど攻撃能力がなく、Gファイターと大きく違いが見られます。
 このことから、Gパーツはガンダムを輸送するだけでなく、分離前・分離後の戦闘を想定していると言えます。そして空戦能力という観点で見た場合、ジオンも含めたほかのMS空輸手段と比べても、おそらく最強だと言えるのではないかと思います。というのも、SFSによる飛行ではMSは攻撃を受けた際の落下のリスクが高く、四肢の挙動が制限されMSとしての戦闘力は発揮できず、かといって航空機並みの空中挙動も期待できません。輸送機等の手段ではMSの攻撃能力は全く発揮できず、図体が大きいため戦闘機の的になります。単独飛行するMSは飛ぶだけで精一杯であり、空中戦において宇宙空間のような挙動は不可能でしょう。その点、Gアーマーは形だけなら巨大な航空機であり、通常の戦闘攻撃機と同様に戦うことが可能です。敵戦闘機編隊との空戦というシチュエーションを想定した場合、おそらく最も有利に戦える形態のはずなのです。

 一方、可変モビルアーマーであるアッシマーとギャプランは、それぞれ変形することで飛行が可能となりますが(ギャプランの方は飛行というよりも上昇と言うべきかもしれませんが)、単に飛んで行動半径を広げることだけが目的なのではなく、飛行中にも戦闘力がほとんど落ちないよう設計されています。
 アッシマーはどちらの形態においても主武装の大型ビームライフルしか装備していませんし、ギャプランも両腕のムーバブルシールドバインダーが両形態の主武装です。MA形態が、単に飛ぶためだけの形態ではないことは劇中の活躍からも明らかです。

 つまりこのことから考えると、Gアーマーも、可変モビルアーマーも、「MSの空輸及び飛行中の戦闘力確保」が目的だったと言うことができるのです。となると、むしろGアーマーの延長線上に、可変モビルアーマーがあったのではないかとさえ考えることが可能となります。
 一年戦争時代では、MSを変形させることで長距離飛行させるということは技術的にまだ不可能であり、他の推進手段に頼らざるを得ませんでした。その環境下において、可能な限り飛行時の戦闘力を維持したままMSを収納させる手段として検討された結果が、Gアーマーという形の収納形態だったのではないでしょうか。MSを収納するためのデッドスペースをできる限り縮小した戦闘機、それがGアーマーであったということです。

 アッシマーの変形機構に着目してみると、上半身部は円盤型の装甲に収納され、下半身部は推進器として機能します。これは、GファイターのA・Bパーツの構成と似ていると言えないでしょうか。GファイターのAパーツをガンダムの上半身装甲として機能させ、GファイターのBパーツをガンダムの下半身と一体化させたもの、それがアッシマーの原型だったりしないでしょうか。
 MSの脚部に大推力を与えるという発想は、ジオン軍のドムに祖を持つ設計思想です。そういう意味では、戦後だからこそ連邦軍に可能となったアイデアなのだと思います。

 一方のギャプランの変形機構は、実は単純に機体が折り曲がって背中と太ももがくっつくような形になるだけのものです。そうすることで、脚部と両腕バインダーと背中の推進器が同じ向きで近い位置に配置され、推力を一方に集中させることが可能となります。
 推力の多くをバインダーに依存している点については、アッシマーと異なりますが、バインダーを除いた場合、上半身が変形して下半身の推力に頼る格好になるのは変わりません。Gアーマーに例えた場合、Bパーツの上にAパーツが乗っかったような形態です。腰の構造は極めて細く、一応繋がってはいるものの一回分離して再結合する変形と言っても過言ではありません。
 つまり、連邦軍の可変MAは、上半身と下半身に明確に役割が分離している設計であることが特徴であると言えます。そしてそれは、ガンダムがA・Bの2パーツに分かれた構成であることからの伝統なのです。

 ジオン製MSの場合、流体パルスシステムを用いているため、基本的には主動力炉1つで機体の動力を賄っています。そのため複数の炉を用いて運用するという発想がないため、機体を分割するような設計には至らなかったのだと思います。連邦制MSの場合、フィールドモーター駆動で複数の動力炉を搭載していますので、分割は当初から可能だったのです。

 こう考えると、他の可変MSについても考えたくなります。まず代表格であるZガンダムについてですが、こちらは下半身に推力を依存するところはアッシマーと同じであり、腕や頭の収納を装甲ではなくシールドと背部ユニットに頼る点が異なります。別ユニットを用いることで、MS形態におけるスマートさと両立している設計であると言えるでしょうか。ただ変形機構においては、腕を胸から腰にかけて収納しており、パーツ分割でいうと腰から上と脚とに大別できます。これは、腹と腰の部分で分離するRX-78系構造とは異なるものです。これはメタスも同じですね。
 またシロッコ制のガブスレイとハンブラビも、脚が折れ曲がるだけで腰には変形機構がありません。このあたりも構造的には異なると言えます。

 というわけで、連邦軍の可変モビルアーマーはGパーツとRX-78にルーツを持つ構造を継承しており、それ以外の可変モビルスーツは、また別のルーツを持つ、ということが推論できるという話でした。

 このことを考えると、ZZガンダムは連邦軍製ではありませんが、Gアーマーの構造を継承した系譜の、Z系とは異なる可変MSであるということになります。案外、原型となったプランは連邦軍側から持ち込まれていたのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ドダイみたいなsfsの方が主流になったのは、どうしても機体が複雑化、高価格化してしまうからかと愚考してしまいます。
2013/04/06 (土) 07:38:30 | URL | ナナシ #-[ 編集 ]
サブフライトシステムってどうして爆撃機(支援機)が主体なのですか?
敵戦闘機や敵MSと戦闘するわけですから戦闘機のほうが適任だと思います
装備する武装だって接近戦(ドッグファイト)と対地爆撃じゃ違いますからね。
倒す敵だってドップと母艦ガウじゃ一緒に相手にするにしたって、ドッグファイトでドップを撃破と強力火力でガウ撃破という求められるものが違いますからね
親玉の母艦ガウと子玉である艦載機のドップですからね。
2013/04/06 (土) 23:11:34 | URL | #-[ 編集 ]
うろ覚えですが
確かなんかの資料に、ZZはZとはあまり関係ない新規機体で、ZにあやかってZZと名付けただけ。系譜としてはZの発展型というより初代ガンダムの発展型だ。という説明があったような気がします。
「ZZが初代の発展?どこが?」と思ったもんですが、Gアーマーもいっしょくただと言われれば確かにそうだなぁと納得。

それにしても、がんだまぁっていう昔同じ名前の知り合いがいて、似たようなガンダム考察しててつい懐かしくなりました。
2013/04/18 (木) 14:51:57 | URL | ヒビキ #-[ 編集 ]
>ナナシさん
機械は単純な方が稼働率が高いですからね。
メンテ費用やパーツ数なんかを考えても、SFSが最も合理的な飛行方法だと思います。

>名無しさん
爆撃機なのは、単純に弾薬をたくさん積むようにできているからだと思います。
それだけ積載重量に余裕があるから、MSも載せることができるというおk都です。
戦闘機は空中での運動性や飛行性能を重視して軽量化されているので、MSを乗せて戦うことはおそらく無理だと思われます。

>ヒビキさん
当時からそういう記述があったんですね。
開発目的から考えても、Zの直系とは到底言い難いですからね。

そのお知り合いの考察は是非一度見てみたかったものです。
最近ガンダム考察というとなんかいかに知識があるかの知恵比べみたいになってる気がして、あまり水が合わないんですよね。
2013/04/18 (木) 19:10:56 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
お客様のブログは未更新のため、あと 2 日でテンプレートが切り替わります。 ・・・とのことなんで、 アテルイ伝の最終回の感想もまだですが、 pixivに挙げる予定の絵をUPしておきます
2013/04/12(金) 01:04:03 | ひろさわの人生ダメ詰まり--No Liberty--
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.