がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ティターンズという組織の目的の変遷
 ティターンズの設立目的はジオン残党狩りですが、Zガンダム劇中においてジオン残党を捜索しているようなシーンは全くありません。実際には、その時により短期的な目標は随時変わっているように思えます。その変遷を追ってみます。

(1)ジオン残党狩り
 設立当初の目的がこれであることには変わりありません。その直接的な契機はデラーズ紛争であり、これによりジオン残党が想像以上に大きいことをやってくるということが明るみになったため、そのような事態に対処すべく専門のチームが必要とされた、ということなのだと思います。
 実際のところは、ある程度意図的に起こされた蜂起であり、これをダシにしてティターンズを作り、それにより以降の目的を実現させていこうというジャミトフの陰謀だったのですが。

(2)反政府運動鎮圧
 ティターンズの当初の裏の目的はこれでした。ジオン残党を捜索するという名目でコロニー内に立ち入り、ジオンとは関係ない反政府運動を行っているスペースノイドにジオン残党容疑を押し付けて取り締まる、というものです。こういうことを平気で出来るように、なるべくスペースノイドに偏見を持っているアースノイドが登用された側面もあるのかもしれません。
 結果的に、この行為はスペースノイドの神経を逆撫でし、エゥーゴという軍事組織設立へ向かっていきます。

(3)エゥーゴへの対抗
 やがてブレックスとメラニーを中心に設立されたエゥーゴは、完全にティターンズの仮想敵となっていきます。カミーユも、ジェリドを殴ったことによりエゥーゴ容疑をかけられて取り調べを受けていました。ただし、当初ティターンズ側もエゥーゴというものが何なのか正確には把握していませんでした。ジオン残党のような、反政府運動のような、でも連邦軍内にもシンパがいる…というくらいの認識だったように思います。
 その後、アーガマの部隊がガンダムMk-IIを奪取し、それを追撃する部隊がエゥーゴの拠点が月の裏側にあることを突き止めたことで、現実的な戦略目標を月に定めるようになっていきます。

(4)地球連邦軍の統制
 ティターンズ設立後、部隊の統率はバスクに任せ、ジャミトフは政治工作に奔走していました。その結果の一つが、「地球連邦軍をティターンズの指揮下に置く」という法案の成立です。ティターンズが単なるジオン残党狩り特殊部隊ではなく、連邦軍全体を統括する統合参謀本部と実質イコールになったということでしょうか。
 これにより、ティターンズは各拠点における連邦軍を自由に動かすことができるようになり、逆に言えばエゥーゴに協力しようとする連邦正規軍を抑制することができるようになったと言えます。
 なお、TV版においてこの法案成立のための人質となったのが、アポロ作戦によって制圧されたフォン・ブラウン市でした。

(5)グラナダへの攻撃
 エゥーゴの実質的な本拠地がグラナダにあると判明して以降、ティターンズは積極的にグラナダへの攻撃を検討していました。ジャマイカンの独断によるコロニー落としをはじめ、コロニーレーザーを建造しグラナダを直接潰すという計画を実行に移そうとしていました。
 だったら数に勝ってるんだし普通にグラナダを武力攻撃すればいいんじゃないかという気がしますが、おそらく明確にグラナダが連邦政府に対して反乱を起こしているわけではないので、表立って攻撃するだけの理由がなかったのだと思います。コロニー落としなら星の屑のように事故で済ませられるということなのでしょう。コロニーレーザーはなんでしょうね…誤射?
 ティターンズは連邦軍を指揮する権限があるので、それによってグラナダに無理難題を突き付け、拒否したらその命令違反として攻撃…ということくらいはできそうですが、そんな描写はありませんでした。

(6)アクシズとの交渉
 ティターンズにおける対応の中でも疑問が残るのは、実際に現れたジオン残党・アクシズへの対応です。当初の設立目的はどこへやら、シロッコを使って交渉し、ザビ家の復興を認めて同盟を結んでしまいました。その結果アクシズをぶつけられ、コロニーレーザーを奪われ、最後まで立場を逆転することはできませんでした。
 好意的に考えると、アクシズを攻撃すると側面からエゥーゴに攻撃される可能性がある、かといって放置するとエゥーゴと同盟を結んでしまう可能性がある、だったら先にアクシズに要求を聞いて懐柔してしまおう、という発想だったのかなと思います。その後エゥーゴをある程度鎮圧した後で、アクシズの対処を考える予定だったのかなと。
 もしくはコロニーレーザーの建造自体、エゥーゴよりもアクシズへの攻撃を念頭に置いたものだったもかもしれません。同盟を結んでおいて、遠距離から消滅させようという意図なのであれば、アクシズがエゥーゴ側についてコロニーレーザーを奪取したのもわかる話です。実際にTV版ではエゥーゴがコロニーレーザーを使ってグラナダへ向かうアクシズの進路を変えていますから、コロニーレーザーがアクシズという質量兵器の対抗手段になっていることは間違いないです。ゼダンの門にぶつけられた時は、グワダンが先にアーガマを狙うふりをしてコロニーレーザーを攻撃しているので、迎撃できなかったということでしょう。


 このように考えると、ティターンズの行動で一番不可解なのは、グラナダを色々な方法で潰そうとしていたことでしょうか。判断が稚拙なバスク・ジャマイカンあたりが短絡的にそうしようとしていただけ、ということなのかもしれませんが、ティターンズ全体の方針とか、ジャミトフの方針が特に描かれていないだけに、よくわかりませんでした。
 まぁティターンズがザビ家の復興を認めるってのもかなりまずそうな気がしますけどね…。とはいえアクシズの目的も実は不明確なのでそこが問題を複雑にしている感じです。劇場版では、ただミネバを地球に送り届ける(のとシャアの回収)のが目的という感じでしたが、TV版ではZZ含めて考えると、ジオン共和国を認めずジオン公国の復活を目的としているのでしょうから、そのためにジオン共和国を再度公国制に移行させるか、新しい領土を得て新生ジオン公国を作ることが目的だったような感じがあります。そう考えると、ジャミトフが戦争の継続を企図しているのであれば、ジオン復活は願ってもないことなので認めた、ということなのかもしれません。

 ティターンズ(ジャミトフ)が敗れた直接的な原因は、エゥーゴとアクシズのどちらを仮想敵として残し続けるかを、判断しきれなかったことなのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ティターンズが連邦内でどれだけの力を持っていたのかというのが時期によって変わってきているのかもしれませんね。

特にアクシズと接触した時期は宇宙のエゥーゴも地上のカラバにも手を焼いている状態でそのあとダカール宣言で勝敗が決しちゃうわけだし。

グラナダに関してはニューディサイズの主張を裏付けるわけではないけどコロニーとは違って根こそぎやるにはいろいろ問題が多かったと。普通にやろうとするとまずエゥーゴとアナハイムの必死の抵抗を受けるのは確実ですからね。
2013/03/02 (土) 17:41:18 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
これは。。。
ハマーンがティターンズをうまく出し抜けたから、だと思っています。切り札の見せ方の勝利。

ハマーンはデビュー戦でティターンズの最精鋭を大兵力で一方的に壊滅させています。「ジオン残党をすぐにどうにかしろ」といっても現実的に無理だったと思われます。

さらに、対処をなにかする前に第一発見者のシロッコが「あいつら強かったけど、エウーゴともめてるみたいだし渡りつけてきましたよ(ドヤァ)」するわ、エウーゴ問題の片はつかないわで、より脅威度の高いエウーゴの方から先にどうにかしようとしていたのではないでしょうか。

そのエウーゴは、といえばジャブローを焼くわハマーンを背中から切るわ、普通に危ない人たちです。

地球圏の治安やら秩序を考えると、やっぱり、ねぇ。。。エウーゴ先に潰した方がよろしいかと。
2013/03/08 (金) 14:48:22 | URL | さわK #.ZWFf9ps[ 編集 ]
Ζディファイン内では、少なくとも連邦の議員さんはグリプス戦役自体が月経済を生かすための方便と取ってるみたいですね。バスクがMk-II強奪を黙認した上、更なる情報提供してマラサイに代わる量産機(多分バーザムかと)を発注したりと0083があったためかアニメ以上にアナハイムは死の商人と描かれてますね。

まだジャブローも経過していませんが、こちらでは月攻撃も事前にある程度打ち合わせしてそうな予感がします。
2013/03/11 (月) 19:01:21 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
>ドクトルKさん
確かにダカール後にティターンズの立場が弱くなっていたことは大きいですね。
当初は余裕をもってアクシズとも接していたけど、いつの間にかエゥーゴにアドバンテージを取られてなりふりかまっていられなくなったという感じでしょうか。

キリマンジャロでの描写から、ジャミトフは敵にシャアがいることは知っていたようなんですが、演説をやってのけるとは思ってなかったんですかねぇ。

>さわKさん
ダカールでエゥーゴに主導権握られちゃったせいで余計エゥーゴ優先にならざるを得なかったんでしょうね。
それまでは、月も恫喝してブレックスも殺して法案通して、もう勝ち確と思っていたんでしょうけど。

>匿名希望さん
あーディファインだとバーザムがアナハイム製になるんですか?
それはバージムとの整合性を取りやすくなりますが、AOZ設定は無視ってことですかねぇ。

グリプス戦役自体がきな臭い人たちの自作自演戦争だったって考え方は面白いですね。
それを利用して立ち回ろうとするシロッコと、振り回されるカミーユと、その間にいるシャアって感じですかね。
2013/03/15 (金) 20:38:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.