がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ネオ・ジオンMS名鑑(16) AMX-015 ゲーマルク
 これでハマーンのネオジオンのMSは残り1体です。ギガンティック・ガザWは設定が少ないのでスルーして、最大最強のMSを残すのみとなります。
 この後どうしようかな~と思ってるんですが、一応ネオジオンと銘打っているんで、シャアのネオジオンと袖付きに進もうかなと思っています。今のところ。

 そういえばゲーマルクはプラモ化してませんね。ドーベンウルフの次にHGUC化しませんかね。

 ところでゲーマルクとドーベンウルフが兄弟機って何に書いてあるんでしたっけ。

AMX-015 ゲーマルク(GEYMALK)
ゲーマルクは、アクシズが開発したサイコミュ搭載型重MSである。

<開発背景>
 ネオ・ジオン軍は入手したMRX-010を参考に、準サイコミュシステムを搭載したAMX-014を開発したが、サイコミュの一般化という観点以外でも、純粋にMRX-010のサイコミュ技術を継承したニュータイプ専用機の開発を検討していた。1つはAMX-004の技術と統合したネオ・ジオンの新たな象徴となり得るMS、もう1つはサイコガンダムの火力を継承した圧倒的な面制圧能力を持つMSであった。
 どちらもMRX-010同様40m級の大型MSとなる予定であったが、エゥーゴのMSZ-010と同等のメガコンデンサーの開発に成功し、通常サイズのMSであっても莫大なジェネレーター出力を賄うことができるようになった。そのため、新型メガコンデンサーを使用した機体として、まず後者のプランが通常サイズのMSに変更されることになった。
 なお、本機はパプティマス・シロッコが開発したPMX-003のコンセプトを発展させたMSと言われており、それ故にネオ・ジオンに流れたジュピトリスのスタッフが開発に関与しているとも言われているが、それを裏付ける確定的な情報は存在していない。

<機体概要>
 本機は計10基以上のビーム砲を全身に備えており、ほぼ完全にMRX-010を小型化したMSと言える。その上、ハイパーメガ粒子砲はエゥーゴのメガライダーの主砲に匹敵する火力を有しており、最大火力はMRX-010を上回っている。
 また、それ以上に本機の最大の特徴となっているのが、多数のチルド・ファンネルを搭載したマザー・ファンネルである。これはファンネルを使用した多弾頭ミサイルと言うべきものであり、これまでのビット兵器が自機を中心にコントロールするものであったのに対し、マザー・ファンネルを中心にファンネルをコントロールすることができるため、より遠距離・広範囲にファンネルを展開することを可能としたものである。それ故に高い空間認識能力とサイコミュへの適性が必要となるため、基本的にはそのシステムに対応するべく強化された強化人間でなければ、性能を引き出すことはできない。

<運用過程>
 本機は強化人間に改造されたキャラ・スーンの乗機以外に存在が確認されていない。パイロット専用の調整が必要であると思われるため、パイロットは限られていたものと推測される。
 キャラ・スーン機は本来ハマーン・カーン機の護衛であるAMX-117の護衛を受けて3機で行動していることが確認されているが、これは護衛というよりも精神が不安定なキャラの監視の役目の方が色濃かったようである。しかし、キャラは本機搭乗時においては目立った不安定さを見せることはなく、ネオジオン内乱時はハマーン側の中核として、グレミー側のNZ-000とAMX-014を抑える活躍を見せている。最後は、グレミーの死後不安定な状態となっていたAMX-004G部隊を一掃したものの、その際に相打ちとなって爆散している。

<評価>
 本機は通常サイズのサイコミュ搭載型MSとしては最大級の攻撃力を持っており、以後に開発されたサイコ・フレーム搭載型MSと比較しても追随を許していない。しかし、その分パイロットに求める能力は大きく、機体にパイロットが合わせなければならないというサイコガンダムタイプの欠点もまたそのまま継承してしまっている。
 このことから、兵器としての性能は高いと言えるが、扱いやすさという観点では極めて効率が悪く、パイロットの養成も含めた対費用効果に見合うかは疑問を呈するところである。
 しかしながら、強化人間とサイコミュに関わる技術体系においては、その最終形であったと言っても過言ではないかもしれない。

<バリエーション機>
なし

<参考文献>
MS大全集
データコレクション6 機動戦士ガンダムZZ
ガンダムウォーズII ミッションZZ
ジ・アニメ 1986年11月号
スポンサーサイト
コメント
コメント
ドーベンウルフもゲーマルクも「サイコガンダムを如何にして性能を落とさずに扱いやすくするか」という命題の回答なんですが出来上がりが両極端なシロモノというのが面白いですね。

しかし・・・ここまでの性能ならばハマーン自身が使っても良かったんじゃ、ともね。

でもあのデザインがお気に召さなかったのかな。
2013/01/04 (金) 09:43:55 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
>ゲーマルクとドーベンウルフが兄弟機

確か「機動戦士ガンダム 用語辞典」(なんかイラスト集の付属本)だったと思うんですが、相変わらず発掘不可能・・・
2013/01/06 (日) 20:06:48 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ゲーマルクとドーベンウルフが兄弟機
これ自分も気になるなぁ。ドーベンウルフのキットインストには「(ドーベンとゲーマルクは)同じ構想のMS」としか書かれてないし、直接の兄弟機って記述はどこからなんですかね?
2013/01/13 (日) 06:13:24 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>ドクトルKさん
ドーベンウルフはハンマ・ハンマ枠で、ゲーマルクはキュベレイ枠だというのが違いですかね。

ゲーマルクのサイコミュは結構パイロットに負担を強いるんじゃないかと思うんです。
ララァも長距離サイコミュはかなり負担だったようですし、
ハマーンにそこまでの負担を強いるのは難しかったんじゃないかと思います。

>とっぱさん
あ、そこまでマイナーな資料でしたか…
まぁ同じサイコMk-IIから派生したという意味では兄弟ですけどね。

>コンラッドさん
設定を拡大解釈すれば、そういう表現に行き着く可能性もないわけではないですね。
逆にその記述を拡大解釈することで、今度はフレームが共通とか更なる解釈が始まってしまう恐れがありますが…。
2013/01/18 (金) 18:06:11 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.