がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 という年明けのあいさつに合わせて、エヴァ記事です。もちろんネタバレ全開ですのでご了承ください。

 なお、個人的にはあまりエヴァについては「考察」という形をとりたくないと思っています。少なくとも完結するまでは不毛であると今回のを見て本当に思いましたし(苦笑)、そもそも監督自身が、わざとつじつまが合わないように作っているようだからです。
 なので感想と、今後の推測くらいになります。

 今回何よりも強く感じたのは、「この映画はかつてのエヴァ世代向けだ」ということです。今までの2作は、TV版エヴァをベースに、一般受けしそうな描写やエピソードを加え、初見の人やあまりアニメを普段見ない人でもそこそこ楽しめるように作られているように見えました。だから、あくまでも新しいファンに向けた作品だと思っていたのです。
 しかし今作は、旧劇場版からちょうど14年というタイミングで、実際に作中時間も14年経過させてきました。知らないテクノロジーと新しいエヴァがいて、世界の構図も全く変わってしまっている世界を見せられれば、この作品は「リメイク」ではなく実質的な「続編」だったのだとわかります。これまでの2作は続編を作るにあたり、前作そのものも辻褄を合わせるように作りなおしたもの、でしかなかったのだと、見ていてそう思いました。
 ガンダムに例えると、ファーストガンダムのリメイクかと思っていたら、一年戦争が終わらず、それどころか逆シャアぐらいの時間まで飛んでしまった、という感じです。それはもうリメイクではなく、新作ですよね。

 自分はエヴァ放映当時に14歳だった人間なので、それなりに作品に対しては思い入れがあります。それがこの時代になって、その後の話が描かれたとなると、非常に感慨深いものがありました。しかも、いかにもスパロボで母艦にしてくださいと言わんばかりの戦艦まで出てきちゃいましたし。ミサト艦長は、マリュー艦長よりも頼もしく見えましたね(笑)
 序盤はシンジ視点で本当に置いてきぼりなんですが、この置いてきぼり感は当時のエヴァそのものです。昔のエヴァは最終話まで結局ちゃんと説明されなかったんだぜ…とにわかファンに言いたくなるくらいなんですが(笑)、明らかに知らない単語が当たり前のように使われていたり、よくわからないけどすごい技術が使われていたり、リツコさんが意味ありげな言葉を呟いたり、まさに当時初めてエヴァを見たときの感覚がよみがえったものです。
 そういう意味でも、「あの時のエヴァが、14年後の世界になって帰ってきた」というのが最初に見たときの感想でした。ゲンドウの野望に対抗するために立ちあがったミサト達、という構図もわかりやすいと言えます。

 ただ、そう感じたのは、あくまでもヴィレサイドが描かれていたところまでの話でした。

 シンジがネルフに戻ってからの描写は、それまでの置いてきぼり感とは違う説明不足がありました。そもそもゲンドウ・冬月・カヲル・レイ以外に誰もいそうにないという状況でシンジが全然違和感を持たなかったりとか、カヲルがなんでネルフにいて今までどうしてたのかを全然聞かなかったりとか、レイの様子が違うことにあまり違和感を感じなかったりとか、そういうキャラクターの描写不足がすごく目立つようになりました。カヲルとシンジが仲良くなるのはいいんですが、最終的に信じるようになる過程とか、槍を抜くことにこだわるところとか、それまでシンジ視点での置いてきぼりに共感していたのに、どんどん共感できなくなっていってしまいましたね。
 話の流れとしては理路整然としていたのはわかります。シンジがどうしてミサトたちに冷たくされていたのかがわからなくて、それが自分の責任であると知って、それでも自分は綾波を助けたからそれでいいんだと思っていたら、綾波も助けられていなかったことを理解して、もうすがるものがなくなったときに、カヲルからどうにかする手段があると教えられて、そのためだけに行動したんだけど、結局思い通りにならなくて、それどころかカヲルが死んでしまった、というのが今回の話だったの思います。
 ただ、そこを見た人が腑に落ちるように描くことができなかったんだろうなぁと思います。

 ネット上での感想を見ると、説明不足であることを不満に思っている人が多かったように感じるのですが、今作の場合、2つの説明不足が混在するために余計にそう感じるのだと思います。世界がどうなったかとか、設定的な説明不足というヴィレ・サイドでの問題と、キャラの行動や感情表現の不足というネルフ・サイドの問題が両方あるために、色々と腑に落ちなくなっているのではないかと。
 ただ前者の問題は元々のエヴァという作品の特徴であって、今更やり玉にあげるようなものではないんです。問題は後者の方にあると、自分としては思いますね。

 ただそういうことを考えずに今作をざっと振り返ると、結局新劇場版がこれまでにやりたかったことというのは、「セカイ系の否定」だと思います。
 前作の「破」で、シンジはそれまでのイメージを超えて、綾波を助けるためだけに全ての力を使おうとしました。世界がどうなってもいいから女の子を守りたい、という考え方はいわゆる「セカイ系」と呼ばれるアニメや小説の世界観だと思うのです。
 しかし、今作ではその結果世界はめちゃくちゃになって、人類はほとんど滅んでしまった。その責任を全て主人公に背負わされてしまうわけです。しかも、助けたかった女の子はまだ助けられていないとなれば、それはそもそも「世界と自分が好きな女の子を天秤にかける」という考え方そのものを否定しようとしているんじゃないかな、と感じました。
 こういう作品は、直接ではないかもしれませんがエヴァ以降に増えた傾向がありました。エヴァ自体はどちらかというと「世界と自分」だけの構図に閉じこもってしまう話でしたが、それ以降の作品は「世界と自分とヒロイン」だけで完結する作品が多く、「セカイ系」というジャンルでくくられるようになったと思います(認識がちょっと違ったらごめんなさい)。
 そういう作品の総本山がエヴァであるというようなイメージを、ある意味では打破したかったんじゃないかなぁと感じましたね。

 ただ、元々はエヴァの場合、ゲンドウがそういうタイプのキャラなんですよね。世界をめちゃくちゃにしてでもユイを取り戻したい、というだけの人みたいですし。今回、当初の綾波レイも初号機の中にいるっぽいんで、実質的にゲンドウとシンジの目的が同じになる可能性があるんですが、その辺が今後どう描かれるかは注目したいですね。

 設定的なことで言うと、人類補完計画がどうすれば発動するのかっていうのがいまいちよくわからないんですよね。寄り代となるエヴァのコアにロンギヌスの槍を刺すことが必要なのかな、とは思うんですが。旧劇場版だと初号機とリリスで起こしたんですよね。今回のサードインパクトはMark6とリリスで起こしたみたいですね。フォースインパクトは13号機だけで起こしたように見えましたが、その前に第12使徒化したMark6がリリスの亡骸を取りこんだもののコアを食っていたので、それがリリスの代役ってことになってるんでしょうか。
 とりあえず今回の劇場版だと、初号機タイプのエヴァが複数いるので(Mark6と13号機)、これらのエヴァならインパクトを起こせるっぽいですね。TV版ではアダムが1体のみで第1使徒でしたが、今回はアダムが複数いて使徒ではないようなので、このアダムそのものを使用して作られたのが初号機タイプのエヴァなんじゃないでしょうかね、わかんないですけど。
 あとはアダムスの器っていうのが何なのかもよくわからないですね。Mark9のことらしいですけど、魂の入ってないアダムっていう意味ですかねぇ。表現がすごくゼノギアスっぽくて気になったんですが(笑)

 その他感じたことで言うと、今作が「破」ではなく旧劇場版の続きの世界だと思わせるような要素がいくつかあることでしょうか。アスカの当初のプラグスーツのデザインとか、ネルフのマークが旧版だとか。サードインパクト後の世界、という意味では旧劇場版の後とも解釈できますし、実は序と破はシンジの夢オチだった可能性だって考えられちゃうわけです(笑)。カヲルの存在や発言からするとシンジとカヲルは同じ世界にいるっぽい気もしますけどね。
 まぁどっちにしろ5号機以降のエヴァが別にいる時点で旧劇場版のエヴァ量産機と矛盾が生じるんで、たぶんそういうことではないとは思うんですが。
 ただ序の頃から再三カヲルがループ世界っぽい発言を繰り返してるんで、今回の劇場版4作は基本的にループであるという可能性はあるかなと思いますね。最終作でそのループから脱するかどうかってところで。最後のタイトルの記号の意味が「繰り返し」にも「終止符」にも取れるらしいんですが、それもその辺が関係してるのかもしれません。

 あとは「巨神兵東京にあらわる」が庵野監督にとってのナウシカ以前の世界だとするならば、エヴァは実は「ナディア」前の世界なのかなぁとか思ったりもします。当初の企画では、むしろエヴァはナディア後の世界だったみたいですけど。

 とりあえず、今回の「Q」については、14歳のままであるシンジと歳を取った他のキャラとの対比が、いつまでもエヴァに夢中なファンと、実際に経過した時間のギャップを表しているようにも感じました。「おまえらいつまでエヴァでシコシコやってんだ、もう大人だろ」というメッセージなのかなと。かつて富野監督がZガンダムで同じことをやろうとしましたが(笑)、その辺も「新劇場版が旧ファンに向けた作品だった」と思った理由でもあります。
 ただ、エヴァのパイロットが14歳のままだっていうのは、単純に「エヴァは14歳しか操縦できない」という設定のせいだろうなと思います。だからこそ二次創作も含めて時間を経過させたうえでの続編というのはほとんど想定されていなかったのですが、だったらエヴァのパイロットだけ歳を取らせなきゃいいじゃんという発想にたどり着いたのは凄いなと思いましたね。それならキャラフィギュアもちゃんと売れるし(笑)
 だから、エヴァのパイロットが歳を取らない理屈はわかりませんが、単純にそれ以外に選択肢がなかったのだと思います。ただ、それはもう明らかに普通の人間ではないんで、アスカが普通の人間のことをリリンと呼んでいたんでしょうね。

 個人的に、今作はエヴァの「続編」としてアリでした。ただシンジがネルフに行ってから槍を抜くまでの過程は、ちょっと納得いきませんでした。そんな感じの感想ですね。「破」のような映像表現を期待していた人にとっては、かなり物足りないものになったのかなとは思いますが。
スポンサーサイト
コメント
コメント
明けましておめでとうございます。拙い三流ファンですが、今年もよろしくお願いします。

>いつまでエヴァで~
巡り巡ってロボアニメに復帰した自分に言われてる気がします(笑)
エヴァはルロイさんと同様テレビ版ストライク世代でしたが、打ち切りで一気に熱が冷めたものです(製作納期破綻と知ったのは後年です)。
ですが、テレビ版の匂いがあるのなら興味が沸いてきますね。そのためにはブランクを埋める必要がある訳ですが・・・。

ループもの、パラレルものも近年流行りですよね。コンテンツを有効活用できるためか、アニメ特撮問わずいろいろありますが、個人的には新作に合わせたリメイクではない旧シリーズの続編なんかも小説などで読んでみたいものです。
そういう意味ではUCは矛盾もありますがありがたい存在でした。
2013/01/02 (水) 20:33:40 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

個人的にはTV版のぐだぐだになってきた以降の話をやり直した感じがありました。
時間軸はすっとびましたけど。
新劇場版だけ見れば内容としては十分だと思いますよ。

個人的に、ループものやパラレルものが多いのは、ギャルゲーの影響が大きいのかなと思っています。
あの何度もやり直して違う選択肢を選ぶ感じを、作中でそのまま再現した感じがするので…。
旧シリーズの続編って、作者の気分次第なんで難しいんですよね。あるいは作者が没した後に作られるなんてケースも多い気がします…。
2013/01/04 (金) 00:37:03 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.